テーマ:九州

日本三大松原・虹の松原

呼子で大満足した後は福岡へ向かうだけ。 その途中にあるのが虹の松原。 佐賀から福岡に行くには、この虹の松原を通って欲しい。 日本五大松原の一つがこの虹の松原。 気比の松原(福井県)、京都の天橋立、美保の松原(静岡県)、風の松原(秋田)の5つが数え上げられます。 この虹の松原を車で通過しても、…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

呼子・涎が出ても知らへんで

ブログ仲間のnyankoはんが、このGWに九州に行ったという話を読んで、そんなに美味いものがあるのならとワテも旅に出た。 神崎宿を過ぎて、車は一路西へ西へと唐津を目指して走るだけ。 唐津は城下町だが今日のお目当てはお昼ご飯。 唐津のはずれにある呼子はイカの水揚げで有名な港。 そこで獲れるイカは、そりゃもう…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

『がばいばあちゃん』

今日は母の日でもあるし、人のお母さんですが紹介してみましょう。 今回の旅は目的があるようでない。 慌てる旅でもないので佐賀に向かって国道をのんびり走っていると、神崎宿の看板が目に入った。 そうそうまだ言っていませんでしたが、ワテの車にはカーナビが付いていません。 だから運転中は目ん玉だけはキョロキョロさせておりま…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

阿蘇外輪山はドライブに最高や

夢大橋から一路阿蘇方面に走ると、○○温泉とかいた標識が目に付きます。 今回はそのうちの一つ、筋湯温泉に向かいました。 放牧場の周りは牛馬優先の標識もあって、山菜取りの人達が山に入っています。 好天気なのでドライブしていても本当に気持ちがよかった。 筋湯温泉の公衆浴場では1回300円…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

日本一の吊橋・九重夢大橋

昨年完成した九重夢大橋は、長さで日本一の吊橋です。 橋の長さは390m、地上からの高さは173m、幅は1.5mです。 観光バスも夢大橋はコースに入っており、平日なのに大変な人でした。 ワテが10時頃に到着した時は駐車場もスムースに入れたが、1時間後に出るときは長い列が出来ていました。 ここは今一番注目…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

鹿児島・名物色々あれど

鹿児島もこれが最終回。 最後に鹿児島の名物って何やろ? まず出てくるのが薩摩切子に薩摩焼、芋焼酎、そして他にもあるけど 薩摩揚げでしょう。 その中から幾つか書いてみます。 薩摩焼には白薩摩と黒薩摩があります。 白薩摩は上流階級に好まれたようです。 串木野に向かって走ってると、沈壽官窯があったので入りました。…
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more

鹿児島・指宿・あぁ開聞岳

知覧まで来たならついでに本土の最南端、指宿温泉にでも浸かって旅の垢でも落としたい。 早速飛び込んだのが砂むし会館。 館内に入ると浴衣に着替えて海岸へ。 砂浜には小さなパラソルが立てかけている。 そこには浴衣のママで寝転がって、おばちゃんが砂をかけてくれる。 これが砂むし温泉。 最初は程良い暖かさだが、…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

鹿児島・知覧・神風特攻隊で散った若者たち

薩摩半島を南に向かって走ると知覧の町に出る。 山に囲まれた何処にでもある町だが、この町から61年前に17才から20才くらいの若者が、沖縄洋上の米艦隊に向け飛び立って行った。 そして再び帰らぬ人となって、海に散って逝った。 知覧の町を訪れると、道の両側に灯籠が並んでいるが、それは海に散って逝った若者たちの…
トラックバック:0
コメント:22

続きを読むread more

鹿児島・桜島に上陸

鹿児島港から桜島港へはフェリーでわずか15分で到着します。 車を積み込んでイザ出航。 目の前に桜島を見ながら港を出たら、なんやもう到着やんか 15分はアッという間でした。 桜島の夕景。 穏やかな海に夕陽が沈む。 この瞬間が一番好きやなあ 画像はお借りしており、画像と爆発年代は違います。 …
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

鹿児島・磯庭園から見る桜島噴火

鹿児島市内に入ると島津邸の別邸であった、磯庭園に向かった。 目の前の雄大な桜島を借景としており、この雄大な庭園は確かに天下の名庭園でしょう。 発電所跡 28代島津斉彬による「集成館事業」が展開され近代日本発祥の地として、全国から注目を集めている。 獅子乗大石戸燈篭 飛び獅子の乗っかっ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

宮崎・高千穂峡

阿蘇から高千穂に向って山を下りていくと、千枚田が綺麗に見える。 高森の町でR325に入って一路高千穂へは約1時間半のコース。 神々の世界・高千穂は何となく神秘的。 真名井の滝 そこから少し走ると、名所高千穂峡がある。 高千穂野写真と言えばこの景色。 ここ数日の豪雨で水かさを増しているので、遊覧ボートは運行…
トラックバック:0
コメント:26

続きを読むread more

熊本・阿蘇は火の山 火の国よ~

熊本に来ると阿蘇山に登りたくなる。 阿蘇は火の国~と、歌にもあるけど、ワテが一人で来ると阿蘇は晴れるのだが、嫁はんを連れてくるとどういう分けか雨降りになる。 阿蘇は女が嫌いの活火山、ましてカップルなんて以ての外。 阿蘇だけはどうも嫁はんんいは相性が悪い。 一度も草千里も見たことがないし、まして火口など飛んでもない。 …
トラックバック:0
コメント:28

続きを読むread more

大分・竹田・荒城の月

大分から竹田に入るには国道10号線で犬飼町に出て、国道57号線で朝地町に抜けて竹田に入ります。 国道から竹田市街に入るには、トンネルを抜けるしか入れない。 山向こうに竹田の町がある。 この写真はお借りしました この写真はお借りしました 夏の大手門 竹田は7万国の城下町。 岡城祉は明治…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

大分・一村一品運動・関鯖と・・・

大分を縦断する国道10号線には、美味しいものがあります。 大分には一村一品運動があって、我が町の名物はこれだと自慢するものがあります。 その中から二つとワテの好きなもの一つを紹介します。 まずはご存知佐賀関で獲れる関鯖・関アジ。 佐賀関で上がる関鯖・関アジと言えばブランド名。 餌で釣るのではなく、餌無し…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

長崎・修学旅行の思いで

高校の修学旅行で始めて長崎に入ったのは、今から43年前でした。 この地に原爆が落とされて、多くの方が亡くなっています。 昭和20年8月9日、当時の長崎市 の人口は約24万人の住む町に落とされました。 死者の数7万3884人、負傷者は7万4909人にのぼり、罹災人員12万820人、罹災戸数1万8409戸という途方もない数…
トラックバック:0
コメント:17

続きを読むread more

長崎・島原大変・普賢岳大噴火

1990年11月17日に長崎県島原市の普賢岳(1360m)は200年ぶりに噴煙が上る始める。 この噴火が後に大災害をもたらすほどになるとは、想像もつかなかった。 この写真はお借りしました。 この写真はお借りしました。 翌91年には溶岩ドームが出現したが、初めて聞く溶岩ドームってナンジャラホイ? 日ご…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

長崎・有明海のギロチンにもの申す

1997年4月14日、有明海の海上に並べられた「ギロチン」と呼ばれた293枚の鋼板を、国は問答無用の如く、一斉に降ろしてしまった。 この2枚の写真はお借りしました。 有明海を遮断する長さ7050mの潮受け堤防のうち、開いていた1240メートルが僅か45秒で閉鎖してしまった。 国は何十年も前から農地拡大を…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

佐賀・古代のロマン・吉野ヶ里は卑弥呼の里か

九州道は福岡を過ぎる鳥栖JCで長崎道と、大分道、九州道に別れる。 長崎道に入って最初の東背振インターで降りると、すぐに吉野ヶ里遺跡に到着します。 1986年からの発掘調査によって発見され、弥生時代の600年間の歴史が、此処では色々と見られる。 弥生時代は日本では稲作文化の始まりであり、家を中心として一定の地…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

福岡・柳川はのんびりと

福岡に来て紹介するものは、天神、長浜ラーメン、博多祇園山笠と色々あるが、この三つはハッキリ言って行ったことがない。 そうなると柳川を紹介するしかない。 柳川の町にはまず目に入るのが白壁の町だろう。 明治43年に当時のお殿様である、立花家の迎賓館として建てられたのが御花。 明治の面影は鹿鳴館様式として残しており、柳川の中心的な…
トラックバック:0
コメント:17

続きを読むread more

福岡・門司港はレトロな街

福岡の玄関口は門司港。 ここから鹿児島本線の始発駅。 構内には0哩標(ゼロマイル)があります。 鹿児島本線の基点「0哩(ゼロマイル)」の記念碑 こんな文字が刻み込んでいます。 九州の鉄道の起点となったところです。 明治24年4月1日、この門司港駅(当時の門司駅)から、玉名駅(当時の高瀬駅)で鉄道が開通…
トラックバック:0
コメント:21

続きを読むread more

九州の玄関・関門海峡

大阪から九州に向かって走っていくと、本州の西端は下関市。 大阪からの距離は516kmの地点。 これは吹田-山陽道-中国道のコース しかし吹田-中国道を走っていくと540kmになる。 この中国道コースを走ると計算上は20分余分にかかるが、実際はもっと違う。但し値段は一緒。 中国道の終点のPAは壇ノ浦。 壇ノ浦のPA…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more