テーマ:中国

Holiday in Kurashiki No2

倉敷の美観地区の一角にアイビースクエアーがあります。 元倉紡の工場跡地 と言うよりもっと歴史をさかのぼれば、この地に幕府の代官所跡だった。 この建物は明治22年に建てられた倉敷紡績所を利用して、現在はホテルとして利用されており、それが倉敷アイビースクウェアーです。 倉紡と言っても今の若い人にはピンと来…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

Holiday in Kurashiki No1

オフ会の翌日は特に予定もなし。 さてこのまま大阪に帰るのはMottainai。 ホテルの窓から見える岡山駅には、人の動きはまだ見えない。 ローカル列車の通過する音が、窓越しに聞こえてくる。 あの列車に乗ってどこかに行こうかな? なんて考えていると、またぞろ出たがり虫が騒ぎ出す。 岡山に2年間単身赴任し…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

岡山のオフ会に行ってきました

ブログ仲間のnyankoはんが、岡山でオフ会をするというので、ちょっくら冷やかしに行ってきました。 急に決まったオフ会だったのに、ブログの訪問者から行きた~いの声が凄かった。 それだけnyankoはんの人柄がいいからでしょう。 ワテも厚かましくも参加を希望して、姫路の祭り屋台を見た後で岡山に入りました。 今回のグ…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

山口・萩・長門・津和野

山陰の小京都・津和野、その津和野を訪れたことがあります。 現在の道路事情はどうなっているのか知らないが、当時は山に囲まれて津和野の入り口も見落としそうなほど、田舎であった。 小さな盆地に広がる美しい津和野の町並みは、日本中に幾つもある「小京都」の中でも、その名に相応しいものです。 白壁に鯉が泳ぐ町。 …
トラックバック:0
コメント:31

続きを読むread more

山口・おいでませ山口へ

JRの宣伝文句に釣られて、山口に行った観光客は大勢いたんじゃないかなあ 山口県には何度か訪ねているが、残っている写真を見ると一つも風景を撮っていない。 写っているのはワテの嫁はんばっかり写っている。 そんな写真を次から次ぎに見せると興冷めされるだけ。 今回の山口の旅は、10年以上前に訪ねた地を思い出しながら、書いてみたい…
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

広島・安芸の宮島は相性の悪い島や

昨年の1月、宮島で見たいものがあるので立ち寄った。 宮島は松島、天の橋立てと並ぶ日本三 景の一つ。 現在は世界遺産にも登録され、四季を通して訪れても楽しめます。 桟橋に行って船に乗ったのは午後3時を回っていた。 狙いは宮島の最高峰、弥山に登ること。 単に弥山(みせん)に登るのではない。 弥山の頂上にあ…
トラックバック:0
コメント:24

続きを読むread more

広島・尾道・日本一にも色々あるけど

千光寺山に登ろうと標識を頼りに路地を入ったら、なんやこの狭い道は!と思うほど車がやっと通れるような道だった。 急坂を歩いて登るのはチョッとしんどそう。 ロープウエーに乗ってスイスイ。 尾道の町を標高137mの千光寺山の山頂から眺めてみると、日本で一番美しい町とも言われているのも、あながちウソではないようだ。 尾道水道…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

島根・縁組みの神様頼んっます

出雲には何度か行っているが、行ったのはデジカメ以前が殆ど。 写真を探すんだが、もう一つええのがない。 殆ど嫁はんが写っているので、使えないものばっかり(゚_゚i)タラー どの写真を見ても、人物を入れて風景を撮っている。 唯一デジカメで撮っているのが出雲の旅。 米子道を走っていくと、右手に大山が見えだすと出雲の入り口…
トラックバック:0
コメント:13

続きを読むread more

鳥取・月の砂漠をはるばると

鳥取と言えば鳥取砂丘に二十世紀梨、そして水木しげるのゲゲゲの鬼太郎や~ まずは東西16km南北2.4km最高起伏92mにも及ぶ鳥取砂丘。 一体どんなもんじゃと言われると、こんなもんじゃ。 鳥取砂丘は長い年月を掛けて、千代川が運んできた砂が堆積して出来ました。 河口の東方に広がる面積約545㌶の浜坂砂丘を鳥取砂丘を…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

岡山・県北の旅・親子孫水車の町

岡山県と広島県の県境にある新見市には親・子・孫の水車があります。 この辺りは神郷町と言って、良質の紙を生産している地域でした。 今も紙の原料になるミツマタが栽培されています。 町中を流れる神代川のほとりに「日本一の親子孫水車・紙の館」があります。 ワテが訪れた7年前までは日本一大きい水車として宣伝していましたが、その…
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

岡山・県北の旅・鶴山公園

岡山シリーズも残すところ県北だけになりました。 県北というのは中国山地に近いところ。 簡単に言えば鳥取に近い所かな(笑) 津山はこのブログに登場されますC・Cさんの田舎です。 津山は古くから開かれ、本能寺の変で討死した森蘭丸の弟、森忠政によって築いた津山城があります。 …
トラックバック:0
コメント:17

続きを読むread more

岡山・備中の小京都高梁・八墓村

岡山三大河川の一つ、高梁川の上流域に備中の小京都と呼ばれる高梁の町はあります。 先に紹介した石の風車のある町です。 市内を見下ろす臥牛山があり、山頂には備中松山城があります。 信長の時代には歴史的な事件がこの城では起…
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

岡山・平家物語・沙羅双樹

6月のある日、源平ゆかりの寺である倉敷市の藤戸寺で、沙羅双樹が花が咲いているというので出かけました。 40年前に植えたナツツバキが、今では大きくなって7センチ程の白い花を沢山咲かせていました。 花は朝咲いて夜には散り落ちる事から、人の世のはかなさに例えられ、平家物語にも沙羅双樹は詠われています。 庭に散り落ちた花は、そのま…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

岡山・倉敷・大原美術館

倉敷駅から歩いて5分の距離に、古い街並みを保存された地区があります。 通称美観地区。 倉敷川を挟んで両側には大原美術館や郷土玩具館、蔵を利用した喫茶店や証券会社などがあります。 過半には柳並木が植えてあり、初夏に春と涼しげに揺れています。 …
トラックバック:0
コメント:28

続きを読むread more

岡山・備前長船・温泉で爆発して水攻め?

へんてこりんなタイトルになりましたが、まあボチボチ読んでつかさい。 時代劇を観ていると、日本刀を目利きする場面に出会います。 備前長船祐定の・・・・拵えなんてい言っております。 平安時代よりこの備前長船の地で、刀鍛冶の歴史が始まっています。 この土地…
トラックバック:0
コメント:28

続きを読むread more

岡山・邑久・竹久夢二

山陽道赤穂ICから海沿いにルートをとると、日生(ひなせ)の町に入ります。 日生には瀬戸内海で獲れる魚介類の水揚げが出来る漁港もあって、 五味の市を覗いてみると、大勢の観光客が来ています。 水揚げされた牡蛎を始め蛸や穴子など色々な魚も売られており、おばちゃん達の威勢のいい声に売…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

岡山・国分寺の秋・柿

国分寺の一角には柿畑があります。 10月になると赤く熟します。 誰も取るものがいないのか? 何時までも放ってあります。 赤く熟した柿畑の見える風景です。 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

岡山・閑谷学校

岡山を案内したいベスト2は備前にある閑谷学校(しずたに)。 備前焼の窯元が集中している伊部の里。 多くの窯元が軒を連ねています。 窯の煙を見ながら少し山に入ると、大きな屋敷が見えてくる。 真ん中に鶴鳴門がありますが、この門が実にいいなあ(重要文化財)…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

岡山・風で石が動く?

岡山には1998年~2000年まで、2年間単身赴任しました。 この2年の間がワテの生涯のなかで、一つの転機となりました。 単身赴任でも何かの役に立つだろうと、パソコンを持っていった。 しかし填る性格なので、ネットには繋いでいなかった。 でも半年も経つと次第に生活のリズムも決まってくると、どうし…
トラックバック:0
コメント:32

続きを読むread more