テーマ:関東

たまにはミーハー

夜になると東京在住の同級生を呼び出します。 それが楽しみで東京に行くわけで、多いときで8人くらい来てくれる。 東京で働いていても、日頃から顔を合わせているわけでもなく、「有朋自遠方来、不亦楽乎」で集まってきてくれる。 そういう機会でないと、男どもはなかなか集まらない。 それぞれが職場の付き合いもあって、同級生で集…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

佐倉と佐原 行き先が違ごうとるがな

実はこの旅を計画した段階で、よく調べもしないでパッと決めたので、行き先間違いをしてしまいました。 行きたかったのは水郷の町・佐原でした。 佐原は古い町並みが残り、水郷を利用した産業が興った町でした。 しかし駅を降りたのは佐倉。 駅前の観光案内板を見たら、どうも様子が違う。 おかしいなあ~おかしいなあ~と思いなが…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

千葉・佐倉の町ってどんなところやねん

まずは佐倉の駅で降りてみました。 予備知識ほとんどゼロ(笑)やけど、城下町で栄えた町くらいは知っている。 駅からブラブラ武家屋敷のある方に歩いていると、正岡子規の句碑が建っていた。 句碑を見るとそんなに古いものではない。 草むらを見ていると所々に花が見える。 雑草でしょうか、あまり見た事がないのでカ…
トラックバック:0
コメント:17

続きを読むread more

新幹線から見える富士

冬から春にかけて東京に行くときは、必ず左側に座るようにしている。 この時期は白い雪を頂いた富士が綺麗に見えます。 特に12月は晴れることも多く、富士が一番見える確率が高いとか。 このところ天気が良くないので、富士が顔を出さないことが多いのでは。 新幹線に乗って、ワアワア騒ぐのは、東海以西に…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

中央道・八ヶ岳

甲府から中央道に入ってしばらく走ると、右側に八ヶ岳が見える。 クッキリとした山並みが迫ってきて、直ぐそこに手が届きそうな距離。 次のインターで降りて八ヶ岳に登りたくなる。 高速を走っていると、写真を撮りたくなる場所がある。 でもそこは道路上。 車を停車させて撮るのは違法。 でも撮りたいなあ~と思いながら走ることに。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

沼津・美味しんぼう

沼津や焼津には港がある。 港があれば美味しいものが食べられるはずや。 焼津にはマグロがよく上がることで有名である。 じゃあ沼津はナンジャラホイ。 そこで沼津港に行ってみた。 何処かに美味しい店はないものか? 港で聞いてみたところ、○天食堂が美味しいものを食べさせるらしい。 料理雑誌にも紹介された店だという 行っ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

東海道・三島の松並木

東海道五十三次を往来していた頃は、こんな松並木が続いていたんでしょうね。 三島の町には綺麗な松並木が続きます。 車を停めて松の間から覗いてみると、富士山は間近に見えます。 この風景を東海道を旅する人達も感激したやろなあ
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

伊豆半島・修繕寺温泉 桂川

修繕寺温泉を流れる桂川。 真っ赤な紅葉が川面に映えます。 直ぐ横にある竹林の小径を歩くのもお奨めです。 人が少ない平日だったので、ゆっくり散歩が楽しめます。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伊豆半島・修繕寺温泉 

伊豆半島のほぼ真ん中にあって、伊豆長岡、修繕寺は中伊豆を代表する名湯。 源氏三代にまつわる話が多いのも、この修繕寺小野特徴。 多くの文人墨客もこの地を訪れている。  桂川の両岸に情緒豊かな温泉街が続いている。 修繕寺の中心部には弘法大師が手に持っていた独鈷(鉄製の佛具)をもった像があり、川の中州には露天風呂の跡があった。 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

富士の見える風景

富士山 どこから見ても富士は美しい。 普段見ることがない者にとっては、富士山は神々しく思う。 そんな富士の素顔に迫りたくて、富士山が見える風景を訪ねました。 アルバム・富士の見える風景には各地の富士山を載せています。
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

伊豆半島は温泉天国

伊豆半島には一体幾つ温泉があるのだろう。 車で走っていると次から次ぎに温泉の名前が変わる。 温泉にゆっくり浸かった後は、海の幸にはこの熱燗が良いなあ お酒を注文したら、木桶にとっくりが入って出て来た。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伊豆半島・土肥温泉は海越の富士が見える

下田から一路西海岸を走ると土肥温泉に出ます。 ここから富士山が相模湾越しに見えると聞いていたので、何年も前からチャンスをうかがっていた。 妻を伴って昨年伊豆に行くことになって、早速土肥温泉に予約した。 夕焼けの富士と朝焼けの富士が運が良ければ見られるはず。 その為に早めに宿に入って夕陽を待つことに。 部屋の窓から富士がク…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

伊豆半島・下田

伊豆半島の東側を走ってると、太平洋が見える露天風呂なんて看板が目にします。 右にも左にも○○温泉の看板がやけに目に付く。 じゃあ何処で入ろうかなと思いながら、車は一路南に向かって走っていく。 最南端の下田は黒船騒動では日本人は度肝を抜いたらしい 初めて見る艦船にはさぞかし驚いたことでしょう。 その下田を目にしながら車を停…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

伊豆半島・浄連の滝

石川さゆりの歌に天城越えがありますが、そこで歌われたのが「つづら折り、浄蓮の滝」。 どんな滝なんだろうと興味津々で乗り込んだ。 この高さで伊豆最大級とか。 川端康成の小説、伊豆の踊子で伊豆の名前はメジャーになったが、伊豆半島にを走ると温泉が焼けに目立つ。 温泉好きにはちょっと車を停めて温泉に入れます。 このドライブコース…
トラックバック:0
コメント:15

続きを読むread more

神奈川・鎌倉 長谷観音参道

秋が深まってくると鎌倉を思い出す。 鎌倉と言えば大仏に鶴岡八幡宮 車を鎌倉駅近くの市営駐車場に預けて、江ノ電に乗って鎌倉を歩いてみた。 電車の窓から手を伸ばすと届くのではと思う程、線路際の家から伸びた枝には果実がなっている。 駅を降りてブラブラ長谷観音へ向かう。 見事に紅葉した参道を登り海が見える境内に出ると、遠く葉山の…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

東京・相田みつを美術館

有楽町駅から徒歩5分、東京国際フォーラムの地下一階に、相田みつを美術館があります。 相田みつをと言えばありふれた言葉を書くことで、一躍有名になった書家。 生前は恵まれなかったが、死後になってブームが起きた。 しあわせは いつも じぶんのこころが きめる    そこにいるだけで あなたがそこにいるだけで その場の…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

特別編・千葉ロッテマリーンズ優勝

プレーオフ第2ステージは3:2でマリーンズが勝った。 優勝がかかった第5戦、どちらが勝ってもリーグ制覇。 死闘の末マリーンズが逆転勝利。 22日からタイガースとの日本一をかけて、シリーズが始まります。 しかしパリーグのプレーオフ制度。 どうしても納得が出来ないなあ 何でリーグ第1位のダイエーが日本シリーズに出られないの…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

栃木・日光

宇都宮から日光線に乗り換えて50分ほどで日光に着く。 駅前から循環バスが出ているのだが、地図を見ると東照宮までそんなに遠くはない・・・と思った。 そこでボチボチ歩くことに。 5分経っても一向にそれらしき建物が見えない。 10分、20分、・・・・・・・40分してやっと神橋が見えた。 橋は30mほどの真っ赤な綺麗なアーチ型の橋。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

東京・皇居の広場

この空間が何とも言えないくらい綺麗やなあ ご存知皇居の周囲はこのように綺麗です。 公園の向こうには人口1000万人の町がある。 なんとも不思議な世界に迷い込んだみたい。 大阪にはこのような空間が存在しない。 大阪城に行っても、これだけの緑はない。 それだけ間近見見られる東京都民は幸せかも。 でも余りにも綺麗すぎるなあ
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

東京・深川八幡

東京の下町、江東区深川。 深川芸者なんて言葉があるくらい、深川の名前は知れ渡っています。 木場で宿を取ったと言ったら、深川が近くにあるので是非見ていったらと教えられて、地図を片手に深川の町を見て回りました。 その初っぱながこの富岡八幡、地元では深川八幡と呼ばれています。 仲店通りから少し入ってみると、昔懐かしい店が軒を並べ…
トラックバック:0
コメント:13

続きを読むread more

東京・皇居

2日から6日まで旅に出ます。 ついでに小さな旅に出ます。 今回の旅はこの江戸城と関係の深い所に行ってきます。 写真は竹橋付近
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

東京巣鴨・お婆ちゃんの原宿

山手線の巣鴨駅を降りて、横断歩道を渡ればお婆ちゃん達の原宿があります。 両側の商店街には、お婆ちゃんの衣類でてんこ盛り。 軒からはみ出して売り出して店もある。 お婆ちゃん好みの衣類がズラ~と並んでおり、ここに来れば何でも揃う感じ。 何でこの商店街には、お婆ちゃん達の衣類が揃うの?と思いますやろ。 この商店街の先には、東京…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

浅草・映画は三本立て

映画館の看板を見ると、若かかりし頃の森重久弥や寅さんシリーズ、マイトガイ小林旭のポスターが目に入りました。 見ると三本立てで上映しています。 昔は3本立てでしたなあ、一日遊べた気がします。 娯楽と言えば映画館くらいなもの、盆とか正月になればすし詰め状態 今じゃ映画館に行っても1本しか見せてくれまへん。 娯楽の殿堂も廃れる…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

浅草6区通り

浅草寺の界隈には芝居小屋がありました。 今は有名になった芸能人も、貧しかった頃の修行の場として、この6区通りを歩いたことでしょう。 伝説のストリップ劇場、浅草ロック座は多くの喜劇役者を送り出しています。 街灯の看板にある渥美清、右側のエノケンさんもやっぱりここから出世しています。
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

東京・浅草寺

日本中のお寺で提灯の大きいのは沢山あります。 この提灯を見たらかなりの人がもしかして浅草寺ではと答えるでしょう。 それくらい有名な提灯ですね。 今まで何度も東京に行っているのに、浅草寺に行ったのは初めて。 上野近くのホテルに泊まった機会に、ブラッと散歩をしました。 浅草界隈には懐かしい名前の芝居小屋もありました。 浅草六区…
トラックバック:0
コメント:34

続きを読むread more

東京・府中の欅並木

東京府中のラーメン屋、円楽の門をくぐったのは1年前の秋でした。 ワテは東京で所用があって出向いたおり、会議まで少し時間があったので府中まで足を伸ばしました。 府中の駅を降りてもラーメン屋円楽を知っているわけではない。 何処にあるのか住所もわからず、わかっているのは府中の円楽と書いた、赤いテントのあの写真だけ。 テントには電話番…
トラックバック:0
コメント:19

続きを読むread more

群馬・白根山の湯釜

この白根山の湯釜、何とも神秘的な色だろうか。 エメラルドグリーンのこの水はどうして出来たのだろうか。 そう思わせるものが、この白根山の頂上にある。 白根山は那須火山帯に属する標高2160mの活火山。 湯釜、水釜、涸(から)釜の3つの火口湖がありますが、見たのはこの湯釜だけ。 山麓のレストハウスに車を止めて徒歩10分 ゆ…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

群馬・草津温泉

草津よいとこ一度はおいで~どっこいしょ お湯の中にも こりゃ花が咲くよチョイナチョイナ~と歌われた草津温泉。 草津温泉へのルートは色々ありますが、大阪から行くと長野県の須坂から入るか、 信州中野から入るルートになる。 今回は信州中野で降りて国道292号を山道をひた走り。 途中で夕立に遭ったお陰で大きな虹を間近に見て興奮し…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more