テーマ:温泉

鹿児島・霧島・庭園温泉とはナンジャラホイ

高千穂を4時過ぎに出て、とにかく夕食時間もあるので走るしかない。 途中で休憩1回しただけで、一気に走ってKホテルに到着したのが7時半。 フロントから到着するなり、直ぐに食事をして9時までに上げて欲しい。 遅く着いたのはこちらの責任なので、取り敢えずは風呂に入りたかったが、これも仕方がないところ。 案内されて席…
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

熊本・菊池温泉は美女になれる湯だって

黒川温泉で3カ所のお湯を巡ったお陰で、2日目の名勝宿菊池渓谷にある、菊池温泉に向かった。 菊池渓谷の秋は、紅葉が見事だと言われている。 でも行った時期は8月。 暑い最中に渓谷を訪ねるのも良いが、それより天気が悪すぎる。 晴れ男のはずなんだが、どうもメンバーに雨女がいるらしい。 黒川温泉でも雨に降られて写真どころじゃ…
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

熊本・黒川温泉・露天風呂巡り

黒川温泉には竹田から国道442を走ると、山間の中に黒川温泉があります。 熊本県の最北部に位置しており、昔は湯治場でしかなかったものが、村おこし町おこしの中で、どうしたら観光客を呼べるのかを、温泉街の皆さんが考えました。 まず宿に露天風呂を作ることになったそうです。 いやしの宿 樹やしき (混浴) …
トラックバック:0
コメント:20

続きを読むread more

大分・別府温泉地獄巡り

黒川温泉に直行しようと思ったが、その前に別府の湯でもどないでっか。 別府温泉には2年前の7月に行きました。 近所の夫婦と一緒に4人で、大分から熊本、宮崎、鹿児島への旅でした。 そのおりに別府に一泊しています。 臼杵を後にして別府温泉まで東九州自動車道をひとっ走り、夕方6時にはホテルSに到着。 早速風呂に直行~~ …
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

島根・玉造温泉にアタック

もう30数年も前の話で申し訳ないが、ワテがまだ独身だった頃の話です。 ワテの同僚に「にわか仕立て」のスポーツマンがいた。 どう言うことかと言いますと、スポーツの好きな男がおりましたんや。 この男がある日、一念発起してジョギングをやりだした。 ジョギングくらいなら今では当たり前のように、皆さん走っておられますが…
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

鳥取・三朝温泉はありゃりゃ

三朝温泉に入ると三徳川が町中を流れています。 清流の流れは夏には涼しく感じられます。 温泉に入って夕食をとると、温泉街を散策したくなりますね。 浴衣を着てブラブラ歩いていると、自然とこの三徳川の橋の上にやってきます。 橋の上から河原を見下ろすと湯煙を上げており、一応よしずに仕切られた露天風呂が見えます。 橋…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

桜前線を追いかけて・信州・保科温泉のトホホホ

上越道は妙高付近では雪がまだまだ残っていますが、長野まで来ると雪は全くありませんでした。 途中雪の心配もありましたが、何事もなく長野ICに到着したのは4時20分。 今夜の宿として、何年か前に泊まったことがある、国民宿舎松代荘に車を走らせた。 フロントで今夜は空部屋があるかと尋ねてみると、満室で泊まれないとのこと。 …
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

桜前線を追って北上・山代温泉はええとこやった

福井の町でも宿が決まらず、時間はすでに7時半を回っている。 ソロソロ腹も減ってきたし、コンビニに入って何か食料を仕入れるべきか、何て事も頭にチラチラしてくる。 こりゃ金沢まで行くしかないなあ 金沢は大きな町や、ビジネスホテルも何処か空いているはず。 この辺りが無鉄砲な旅の面白さというか、不安な所です。 取り敢えず車…
トラックバック:0
コメント:21

続きを読むread more

し・ば・ら・く・旅に出ます

これを送信したら、桜前線とともに北上する予定です。 何処まで行くかは不明です。 予定もなし宿もなし 草分け行って仮の宿みたいなもんや。 ではしばらくの間、ごきげんよう 山あれば山を観る   雨の日は雨を聴く   春夏秋冬   あしたもよろし   ゆふべもよろし        山…
トラックバック:0
コメント:34

続きを読むread more

岡山・備中の小京都高梁・八墓村

岡山三大河川の一つ、高梁川の上流域に備中の小京都と呼ばれる高梁の町はあります。 先に紹介した石の風車のある町です。 市内を見下ろす臥牛山があり、山頂には備中松山城があります。 信長の時代には歴史的な事件がこの城では起…
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

岡山・湯原温泉の露天風呂

全国に温泉は数有るけれど、有名な温泉で屋外に露天風呂があるところは意外と少ない。 部屋内の露天風呂は温泉ファンが増えた昨今、当たり前になってきているが、公衆の面前で混浴で入れる温泉は、岡山には湯原温泉と奥津温泉の2カ所あります。 奥津温泉は道路の直ぐ横を車が通るため、混浴は恥ずかしいのでしょう、女性の姿を見なかった。…
トラックバック:0
コメント:28

続きを読むread more

群馬・白根山の湯釜

この白根山の湯釜、何とも神秘的な色だろうか。 エメラルドグリーンのこの水はどうして出来たのだろうか。 そう思わせるものが、この白根山の頂上にある。 白根山は那須火山帯に属する標高2160mの活火山。 湯釜、水釜、涸(から)釜の3つの火口湖がありますが、見たのはこの湯釜だけ。 山麓のレストハウスに車を止めて徒歩10分 ゆ…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

群馬・草津温泉

草津よいとこ一度はおいで~どっこいしょ お湯の中にも こりゃ花が咲くよチョイナチョイナ~と歌われた草津温泉。 草津温泉へのルートは色々ありますが、大阪から行くと長野県の須坂から入るか、 信州中野から入るルートになる。 今回は信州中野で降りて国道292号を山道をひた走り。 途中で夕立に遭ったお陰で大きな虹を間近に見て興奮し…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

栃木・鬼怒川温泉、竜王峡

栃木は中学の修学旅行が日光、中禅寺湖、華厳の滝コースだった。 それ以来栃木には足を運んでいない。 一枚の写真が手元にあるが、それには竜王峡と書いてある。 さて竜王峡って何処かいなと探したら鬼怒川温泉にあった。 一度は入りたいと思っている温泉です。 鬼怒川のHPを覗いてみると、鬼怒川ライン下りがありますが、温泉街の もっ…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

山形・銀山温泉

山形に入ったのは2年前の2月でした。 真冬の山形のイメージは、雪深いところだろうと思っていました。 真冬のドライブはワテにはどだい無理。 友人に運転を任せて走り出したら、国道は完璧に除雪されている。 道の両脇には2mを越す雪が置いてあるので、雪の量が半端じゃないのがわかる。 銀山温泉は大正建築の粋を集めたような建物でした…
トラックバック:0
コメント:31

続きを読むread more

乳頭温泉・大釜温泉

温泉人気No1は秋田県の乳頭温泉ではないかな 昨年の秋に乳頭温泉に行きました。 ワテの旅にしては珍しく雨になってしまった。 車は山の中にドンドン入って行くと乳頭温泉に着いた。 冬場に来たらドカ雪になるのではと思うほどの山の中だった。 早い到着だったので露天風呂は一人だけ、乳白色の温泉に浸かっていい気分でした。 それ…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

八幡平・玉川温泉

鹿角市からR341を八幡平方面に向け走っていた。 夕方近くになったので、今宵の一夜の宿を求めて本をめくったら玉川温泉が出て来た。 一人だけど泊めてくれますか? 突然の電話だったが空き部屋があるのでOKとのこと。 でも相部屋ですが宜しいでしょうかと聞く。 えっ相部屋?まあしょうがないか。 それでやってきたのが玉川温泉だっ…
トラックバック:0
コメント:13

続きを読むread more

函館は烏賊ソーメン

青函連絡船で渡った頃は4時間で函館に着きましたが、今では海峡線が走っています。 函館といえば夜景、函館山に登ればダイヤモンドを散りばめたようで観光客の目を奪います。 朝市に行けば新鮮な魚が売られており、食通を唸らせます。 函館から少し東に行けば恵山岬。 真っ白い灯台が目の前の太平洋を照らしています。 その真下にある露…
トラックバック:0
コメント:19

続きを読むread more

連れて逃げてよ~ついておいでよ~

道行きなる言葉があった時代、手に手を取りあって渡ってであろう矢切の渡し。 東京の外れ葛飾柴又。 あの寅さんの舞台があったところ。 江戸川の流れが静かに流れています。 ふと降り立った柴又駅は小さな駅です。 寅さんが笑顔をふりまいて、その当たりからでてきそうです。 帝釈天までの門前町は土産物屋だったり、草団子のお店など…
トラックバック:0
コメント:40

続きを読むread more