テーマ:北海道

No991 See you again No10 

曇り空だった旭川も出発の頃になると一部で青空が見えている。 道央を出る段になって晴れてくるってそんな殺生な。 今日の予定はバスで札幌に向かいます。 9時に乗って札幌駅には11時10分着。 11時半に札幌駅でと待ち会わせ。 その前に思い荷物はホテルに預けたい。 そうしないと足早のあの人には着いていけないから(笑) …
トラックバック:0
コメント:29

続きを読むread more

No990 旭川でもしかして・・・No9

大阪を出る前日、ブログにこんな書き込みがあった。 アラ・・・思うことあって北へ旅たち。どちらでクロカン? 私は、明日から3泊で札幌へ。甥の一周忌です。昨年の今頃は出会ったことの無い天候でえらい目にあいましたよ~。今年は???土曜日は勇気を持って2度目の旭山動物園へ行くつもりです。でも天候しだいですけど。。。楽しみ。  B…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

No8真冬の美瑛を訪ねて・そして別れ・・・

美瑛も今日が最終日。 天気は相変わらず曇り空だが、少し薄日も差している。 さてどうするべえか 美瑛の風景をもう少し撮りたい、その後は富良野方面に出てみよう。 午後から旭川に向かう予定。 朝食を終えたあと一人が先に帰るというので、みんなで玄関に集合。 オーナーが車で駅まで送ってくれるので、一人旅できても安心です。 …
トラックバック:0
コメント:22

続きを読むread more

No7真冬の美瑛を訪ねて・お洒落なレストラン

車は美瑛の町からやがて白金温泉に向かう道 それまで除雪されていた道も、やがて真っ白な道に変わってしまった。 やれやれこれからどないなんのんか。 ワテにもわかりゃしまへん 20分も走ったでしょうか、唐松林の中に洒落た店があった。 名前はどう読むのやろ。 読めまへんがな Valare an…
トラックバック:0
コメント:22

続きを読むread more

No6真冬の美瑛を訪ねて・とほ宿「星の庵」

今回宿泊した「星の庵」 ペンションみたいやし、民宿の様な雰囲気はあるし、ユースみたいな交流もある。 じゃあどんな宿なのか。 建物はどちらかと言えばペンション風 出される料理が和洋折衷で、洒落ているようで泥臭い(笑) こうした宿をジャンルではどう呼ぶのか、泊まっている客に聞いてみた。 最初に親しくなった大阪から来たネエ…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

No5真冬の美瑛を訪ねて・星降る宿のはずが・・・

青い納屋を曲がると、遥か200mほどの先にその宿はあった。 宿の名は「星の庵(anne)」 真冬の寒々とした風景↑と、夏場の花が咲く風景↓。 周りは同じでも、季節によってはこんなにも違います。 この写真はお借りしました 美瑛の宿を検索していたら、この宿を発見 名前に惹かれて宿のHPを見てみると、民…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

No4 真冬の美瑛を訪ねて・旭川の天気は晴\^o^/

飛行機は着陸態勢に入りました。 旭川空港周辺は晴れ~~~ やっぱり晴男だ~~~ 上空から見る旭川の町は、これからレンタカーで走るだけに、道路状況は気になるところ。 国道は除雪されていて黒いアスファルトが見えている。 これなら走れるでぇ~~~ しかし国道から一歩田舎道に入れば、真っ白な道路が続いている(゚_゚i…
トラックバック:0
コメント:22

続きを読むread more

No3 真冬の美瑛を訪ねて・お先に失礼!

JAL2611便は順調に飛行して、新潟県の糸魚川辺りで 日本海に出て、一路北に進路を取りました。 12時58分、山形県の酒田市です。 最上川が見えますが、鳥海山はこの写真では見えないなあ。 この辺りまで来ると陸地から結構離れており、写真を撮るにも少し遠すぎます。 それと東北は曇り空の予報だけに、所々で雲もか…
トラックバック:0
コメント:22

続きを読むread more

北海道旅行No9 機上から見る夕焼け

最終回です。 新千歳18時発のJAL機は、雲に覆われた上空目指して一気に上昇していくと 雲の上は青い空が拡がっていた。 飛行機の下には雲海に覆われ、時折太陽が顔を見せる。 そう、太陽は雲の下にあったのだ。 雲の切れ間から輝く太陽 そのうちもしかして夕焼けが見られるかもと、チョッと期待していた。 そして少しずつ茜…
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more

北海道の旅 No8 小樽その2

小樽の町にはもう一つの顔がある。 北一硝子やオルゴール館があります。 北一硝子の方は余りにも有名なので、今回はオルゴール館を紹介します。 なに?硝子が見たい? 無理を言ってもアカンでぇ(笑) 倉庫を改造したオルゴール館が交差点の所にあります。 中に入ると色々なオルゴールが売られています。 女の子には…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

北海道の旅 No7 小樽の町1

積丹を出発したのは11時でした。 お昼ご飯はオプションでしたので、添乗員から今日のお昼ご飯は、積丹の何処かに立ち寄って、名物のウニ丼を予定していますが、時間的に少し早いのでお腹も空いていないでしょう。 そこで小樽に一気に向かって、小樽でお昼ご飯は如何でしょうかとの提案があった。 お昼はオプションなので、ウニ丼限定のメニュー?(…
トラックバック:0
コメント:15

続きを読むread more

北海道の旅 No4 富良野・レインボー畑

早朝の美瑛の丘を見た後、今日はこの旅一番のお目当て、富良野の富田ファームです。 富田ファームには何度も来ていますが、いつも花一杯の場面に出くわしたことがなかった。 あのレインボー畑は何処にあるんや? 今まで幻のレインボー畑を追い求めてきましたが、それがやっとこの時期に咲くことが分かったので、今年こそはと気合いを籠めて参…
トラックバック:0
コメント:20

続きを読むread more

北海道の旅No3 美瑛の夜と朝

今回の旅行の最大の特色は、富良野に泊ってゆっくり富良野・美瑛を見る。 これだったら夕方一杯まで見られるし、朝の風景も楽しめる。 これは願ってもないプランでした。 初日は美瑛の丘を最後にホテルに戻ったのですが、欲を言えば夕日のシーンまでおりたかったけど、ツアーではそうもいかない。 6時前にホテルに到着 夕食後…
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

北海道の旅No2 美瑛の丘

午後4時に美瑛の町に入りました。 さすがに地元のふらのバスだけあって、美瑛の丘を熟知されています。 渋滞するであろう箇所を避けて、スイスイ移動してくれました。 懐かしい風景です。 美瑛には何度訪れても良いなあ 解説はいいでしょう 写真だけお楽しみ下さい。 …
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

北海道の旅No1 満を持して

来年の今月今夜のこの月を・・・の台詞は金色夜叉。 この花を見るのはこの期間だけ。 その思いを一年間暖めてきました。 そしてようやくその時が来ました。 35度の猛暑が続く大阪を離れて、富良野・美瑛・旭川動物園・積丹半島 2泊3日旅に出たのは21日でした。 お目当ては富良野にあるファーム富田に咲くレインボー畑。 昨年こ…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

北海道旅行No20 日本海に沈む夕日

北海道旅行もいよいよ最終回。 6泊7日の旅もおお詰めを迎えました。 3時過ぎに後部甲板のデッキに行ってみると、先ほどの札幌の御仁が一人カメラを構えて、海を撮っている。 まだ夕暮れまでには間がありますが、まず三脚を出すための場所を確保していました。 そこから延々太陽の下で夕方までじっと待つだけ~ おか…
トラックバック:0
コメント:22

続きを読むread more

北海道旅行No19 360度何もない世界

小樽港を出港した船は、真夜中の日本海を南下します。 前夜は同室のお客のイビキで悩まされ、逃げるが勝ちとロビーの長椅子で横になった。 それなりのフカフカのソファーなので寝心地は満点。 ビールを飲んでそのまま深い眠りに。   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 朝日が上がるのは青森…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

北海道旅行No18 夜の小樽運河

夕張を出た列車がようやく小樽に着いたのは、19時48分でした。 お腹も減ったし何処かで腹ごしらえでもするか。 ところが小樽駅ってこの時間に、なるとなんもないところ。 しゃあないなあ フェリーの出航は23時45分。 それまでには十分時間もある。 ゆっくり食事する時間もあるので、商店街のあるところまで歩くか。 …
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

北海道旅行No17 ついに来たぞ夕張へ

北海道も今日が最終日。 今夜の船で大阪に戻ります。 その前に丸1日時間があります。 さて何処に行くべえか? 辺鄙な場所に行くならレンタカーが必要。 しかし天気はあまりいいとは言えない。 天気がよければ積丹ブルーの海岸線が見たいけど、 この天気じゃいつ降るかわからない。 青春18切符を使ってブラッと出かけるべえか。…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

北海道旅行No16 札幌薄野の夜

富良野から札幌には各駅停車の旅になりました。 ここは青春18切符の使いどころ。 旭川駅から富良野ラベンダー臨時駅まで乗車して、その後は旭川に一度戻って、岩見沢から札幌までのルートです。 富良野ラベンダー臨時駅を2時過ぎに乗り、札幌には7時前に到着します。 7時に札幌に住むミズRさんと待ち合わせ。 久しぶりの札幌です…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

北海道旅行No15 富良野のスイーツ

富良野のスイーツと書いたら、早速手を出す人がいるのでは(笑) スイーツを出さないと、おばちゃんたちがうるさいからなあ(゚_゚i)タラー さて何から行こうか 入り口から紹介していこうか。 まずはソフトクリーム そんじょそこらの商品とチャイまっせ。 ラベンダー入りのソフトクリームや。 ラベンダーの香りが…
トラックバック:0
コメント:20

続きを読むread more

北海道旅行No14 富良野の花

毎日暑い日が続いている大阪ですが、北海道の天気予報を見ていると、季節か秋に入っています。 道東などは気温が15度にもなっており、大阪の半分以下という涼しさです。 さて長らくお待たせしました。 富良野にはこの時期、花は咲いていなかったのかとの疑問を持たれますと困るので、咲いていた花を紹介しましょう。 一応こ…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

北海道旅行No13 FARM富田 

富田FARMに入るのは無料ですが、何でここに入るのが無料なんだろうと、いつも思っています。 富良野の施設は何処も無料なのかというとそうでもない。 この富田FARMなど一部の施設が無料です。 入場料を取ったらどれほど儲かるか。 年間入場者数はすごい数だと思う。 それでも花を見るだけの観光客には、一円たりともとっていな…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

北海道旅行No12 富良野ラベンダー畑・・・

駅から5分でファーム富田に着きます。 これからあのラベンダー畑が見られるぞ~\^o^/ 早速ずっと見たいみたいと思っていたあの風景! それが何だこれ! 唖然(゚_゚i)タラー ワテが楽しみにしていたのは、この風景じゃない。 目に焼きついているのは、七色の花の帯の風景や。 ラベンダー娘?が…
トラックバック:0
コメント:24

続きを読むread more

北海道の旅 No11 ノロッコ号

稚内を18時12分に出発した特急が、旭川に着いたのは21時38分でした。 旭川動物園は現在ブームとなっており、全国の注目の的です。 ツアー会社は旭川動物園を組み込むため、そのため旭川でホテルの確保が難しく、ようやく見つかったのが駅から15分の距離。 市役所前にどんと建っているホテルは、安くはないでとはっきり示している。…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

北海道の旅 No10 納沙布岬

宗谷岬を見たんだから、この際納沙布岬まで見てやろう。 稚内駅からバスで15分ほどの距離だから、往復しても電車には間に合いそうです。 といってもここも急ぎ足の旅。 バス停は駅から5分ほどの距離。 納沙布岬行きのバスが走っているのは、このバス停に行かないと乗れません。 仕方がないのでバス停まで歩くことに。 6時0…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

北海道の旅 No9 宗谷岬

稚内港に降りたったのは12時40分でした。 夕方の特急電車までには5時間ほどあるので、ここまで来たのなら行ってみたいのが宗谷岬。 宗谷バスの案内所で、これから稚内観光をしたいが、観光バスは出ていますか?と聞いてみました。 観光バスはないけれど、宗谷岬行きのバスに乗ったら、観光して帰ってこられるようだ。 ほんじゃそ…
トラックバック:0
コメント:22

続きを読むread more

海峡列車

津軽海峡線は1988年に竣工され、津軽半島と松前半島の間延長53kmと世界最長です。 そのうち海底部は23kmあります。 津軽海峡の最大水深が140mもあって、海面下100mの所を列車が走っています。 難工事であったことはNHKのプロジェクトX似て放映されましたのでご存知かと思います。 写真は海峡トンネルを走る快速電車。 …
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

函館山から見たらこの景色

100万ドルの夜景で有名なのがこの位地から見える風景。 残念ながら夜景を見た頃はデジカメはなかったので、お見せできるものがない。 左に函館湾、右に太平洋が見えます。 この夜景を見るために観光客は夜になると賑わっています。 初めて登った8月の夜は寒かったなあ~
トラックバック:0
コメント:17

続きを読むread more

函館・坂道が素敵な町

函館は坂道と海の見える景色が素敵な眺めです。 この景色を見てワッと思うのは余程の通。 坂道と海の見える組み合わせなんて、何処にでもありそうな風景なんだけど、やっぱり違うんだなあ そう言わないと菜っ葉ちゃんやめだかちゃんがブーブー言うだろうし(笑) 坂道降りたら函館の朝市で美味しいもの食べよっと。 写真提供Satsukiさん
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more