阪神大震災から14年経ちました

今年もやってきました。
あの日の記憶が今も蘇ります。

画像



1995年1月17日1月17日午前5時46分52秒。
かって経験したことがないほどの大きな縦揺れの後、激しい横揺れに阪神一帯は襲われました。

画像


この大地震が未曾有の災害発生になっているとは、この時点では全然分からなかった。
とにかくまずは家族が無事でいるかを確認するしかない。

この日前日からの風邪気味のため、5時過ぎから起き出していた。
腹も減ったので茶を沸かし、お茶漬けでも食べてやろうかなと思って、ストーブにあたって湯の沸くのを待っていた。
その時大きな地鳴りと共に縦揺れがきた。

幸い家族は全員無事だったが、この時大阪の震度は5だった。
テレビの速報を見ながら、震源地は神戸らしいけど、どんなんやろとボケッと考えていた。

それからのことはみなさんもご承知の通り。
エライことが起きています。

画像


ワテの職業はこんな時こそ出て行かなアカン
風邪気味であろうが何であろうが、取りあえず人が職場は絶対人がいる職業

その日は夜勤だったが、社までの電車はどうにか動いている。
普段なら夕方から出るのだが、この日だけは昼過ぎに家を出た。

画像


職場に着くとシッチャカメッチャカの状態。
社の方でも非常事態宣言が出され、社員全員の情報を手分けして集めている。
その日から6ヶ月、とんでも無い事態になるとは、想像もしてなかった。

画像


多くの義犠牲者が出た阪神大震災。
被災した当日の現場の様子はテレビなどで、みなさん見ておられるのでここでは省きますが、
地獄図だったと聞いています。

この二日前の日曜日、我が娘は成人式に参加しています。
成人式はこれまでの人生の中で、一番華やかだった日。
まさかこの二日後に大地震が起きるなんて、想像もしていません。


同じ日に成人式を済ませた、神戸の娘さんの写真が新聞に載りました。
どんなに悔しかったことか。
人生の一番華やかな瞬間を、震災は奪ってしまったんですから。

戦争だったら怒りも沸きますが、自然災害では怒りの持って行き場がありません。
6437人も犠牲になっていますが、遺族の悲しみは14年経っても決して忘れることはないでしょう。

今日も神戸を中心に、各地で慰霊の模様下のが行われています。


画像



尊い命を奪った地震災害に、安らかに眠って下さいと祈るしかありません。
                               合掌

写真はお借りしました





千の風になって



"阪神大震災から14年経ちました" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント