No994 懐かしい歌が流れてきた・出発の歌

ボケッとテレビを見ていたら、懐かしい顔が写った。 髭ぼうぼうのオッさん二人。 久しぶりに見る彼らの風貌は、昔と余り変わっていない。 二人とは上条恒彦と小室等 上条恒彦と六文銭として第2回世界歌謡祭に出場(1871年11月27日) 見事グランプリ受賞したのが、今日歌われた「出発の歌~失われた時を求めて~.…
コメント:22

続きを読むread more