歌声喫茶は青春時代を思い出す

今頃になってアップするのもなんだけど、記事が残っているのでアップしまっさ。

半月ほど前に京都に行った時、夕方から歌声喫茶に行きました。
ここを訪れるのは2度目だけに、先ず大丈夫と思っていたのに、会場を通り過ぎてしまった。


画像


かなりボケが回っているなあ(゚_゚i)タラー
と言うのも前回は冬だったので、夕方になると街に灯りが入る。
灯りが入ると以外とわかりやすいもので、今回のように陽のある内に会場入りとなると、どうも勝手が違う。

画像



まあ何とか時間前に着いたけど、会場に入るともう満員状態。
ようこれだけ入るなあと思うほど、人いきれで蒸し暑い。

今回も前回と同じように、お客さんのリクエストを中心に進んでいきました。
お客の層でリクエスト曲が違ってきます。






「どこまでも幸せ求めて」のリクエストがありました。

この歌は若い頃よく歌いました。
作詞作曲した長谷治はよく知っているので、この歌は特別な思いがあるなあ

今回のお客さんはどちらかというと、文部省唱歌や若い頃歌った歌謡曲などがリクエストされていました。

画像


今回はロシア民謡もなく、青春の血をたぎらせた歌もでなかった。
そこら当たりが少し消化不良気味だったかも。

画像


前回も国労の歌声サークルから今回もやってきて、この二人が歌っていました。
懐かしい「俺達のシルクロード」を聞かせてくれました。
この歌は国鉄だった時代の、反合理化の戦いの中で生まれた歌でした。

その後JRに民営化する中で、国鉄で働く大勢の人たちが職場を失ったり、配転などの差別と戦っており、未だにこの問題は解決していません。




俺達のシルクロード

この時期の歌として、「緑のそよ風」のリクエストがありました。
何年ぶりだろう
すっかり忘れていました




緑のそよ風

「桑畑」にリクエストがありました。
この歌が出来た背景は、1957年米軍が砂川に基地を作ろうとしたときに生まれています。
建設反対に立ち上がった農民の心の叫びでした。
農民の生活のしなやかさとしぶとさ、そして楽天性を香り高く歌いあげる叙情歌として、当時よく歌われました。




桑畑

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年05月22日 11:13
おはようございます~。
同じ場所でも 昼と夜では 
雰囲気が変わりますからね~。(女性も ^-^)
間違えても無理はないでしょ~~。
今回は ロシア民謡がなかったんですか~。
残念でしたね~。
さすがに UPされた曲は
全く知りませんわ・・。 ^-^;
2008年05月22日 12:21
今このような思い切り唄えるとこは少ないかと
だからみなさん とても嬉しそうに唄ってますね
ここに参加した気分になりました。♪

たくさん唄いたいと思います終わるのが寂しくなります
みんな唄い終わって帰るのさみしいような気がします。

いっぱい唄いましょうねぇ♪♪

風丼♪ 
たくさん聴きましたよぉぉ!!
ありがとう~~~~~☆
       ほい☆\(*^∇^*)/
風の旅人
2008年05月22日 21:12
みるきぃさん今晩は
今回アップした曲は少なくても40年前以上昔の曲です。
ワテもこの頃が青春まっただ中でした。
今と違ってスッキリした体型やったでぇ(笑)

この日はロシア民謡はほとんど歌わなかったですね。
その日の参加者の層によって、リクエスト曲も違ってくるのは仕方がないことです。
風の旅人
2008年05月22日 21:15
あじ丼毎度~
歌の大好きなあじ丼なら、こここならリクエスト曲をバンバン出してください。
歌集を貸してくれますから、その中からリクエスト曲が寄せられます。
リーダーがどの曲を選ぶか決めますが、時間いっぱい歌いますから、1つや2つは希望の曲が歌えます。
新宿などにもありますから、良かったら覗いてみて。
2008年05月22日 22:36
風さん、こんばんわ!知ってる知ってる!みどりのそよ風・・・
ああ~懐かしいなあ~。殆ど唄わなくなっちゃってるけど。いつごろ唄ってたのかしら。遥か昔の少女時代だわね。でも残念ながら他の歌は知らなかったなあ。しかし風さん、良く知ってるねえ~。感心するわ。。。
風さんの声、良く通っててすぐ分かるよ。
風の旅人
2008年05月22日 22:46
さよちんさん珍しく遅くまで起きているなあ
このところは屋根が続いているので、こんな時間は寝ているかと思っていたで。

「緑のそよ風」
この曲はいつ頃なんだろう
10代の頃に歌っていたと思う。
そうなるとラジオ歌謡で流行ったのかも。

10代となると半世紀前。
ワテらも年も取るわなあ(笑)

ワテの声が入るのはレコーダーが前に置いてあるせいや。
出来るだけ入れないようにしているんだけど、どうしても大きな声で歌うでしょう。
入ってしまうんや。

これ以外の曲を知らないのは、青春時代の環境でしょう。
60年安保から70年安保にかけて、日本では激動の時代でもありました。
若者も学生も、働く勤労者も農民も漁民も、多くの人たちがこの国の将来を心配をして町に出て、デモの中に加わりました。

自分たちの未来がどうあるべきか、平和な世の中にしたいなどの要求に満ちあふれていた時代です。
その中で生まれた曲が、歌声運動の中では今も歌われています。
ソナチネ
2008年05月22日 22:58
風さん♪
さよちん、「風さんの声、良く通っててすぐ分かるよ。」
ハハハハ・・・。本当だねえ。うるさいくらいすぐにわかる。
なにが言いたいかって?しーらない。ハハハハ~。
声がいいんだよ。大きな声で響いてるんだよ。素敵ねえ。
風さんのソロで他はバックコーラスって感じねえ。

歌っていいなあ。歌うことは楽しいなあ。♪
風の旅人
2008年05月22日 23:03
ソナチネさんコンチャ
ワテの声は直ぐわかりますか。
困ったなあ
次回録音するときは気を付けよ(笑)

うるさいくらい?
それが言いたいんやろ。
まあええけどな

歌えば最高
ストレス発散するにはもってこいや。
いっぺんカラオケいこか。
ソナチネ
2008年05月22日 23:44
風さん♪
声が大きいのはボイスレコーダーが
近くにあったらしかたないよ。
さよちん、ちょっと元気みたいで嬉しい。
私もブログお休みしようかな。
風さんもネタがないって休んでたなあ~。♪
風の旅人
2008年05月22日 23:54
ソナチネさん~休むんかいな

それは構わないけれど、最近ブロガーさんがよく休むでしょう。
休まれると寂しいもんですわ。
コメント閉めてあるだけでも結構寂しく思うのに、新規アップがなかったらそれこそもっと寂しい。

何か急用があるとか、心因性のものだったら仕方がないけどね。
健康な状態ならマイペースでやってくれた方がワテも嬉しいなあ

さよちんさんも元気が少し復活したけど、まだまだみたいや。
ホンマに元気な頃って、今のような調子じゃないもの。
言葉が弾んでいたでぇ。
とにかく会話が弾まない、弾むようになってくれると嬉しいんだけど。
ayaya
2008年05月25日 00:47
あら~残念!!!
私、毎回行ってるのですが、たまたま5月は次の日の朝一番の飛行機で九州に行かなければならなかった為、宝塚の娘宅に泊まりました。
「うたごえ喫茶」に行っていたら遅くなるので、今回はお休みしました。
是非又の機会にお逢いしましょう。
風の旅人
2008年05月25日 00:56
ayayaさん今晩は
2回目のこの日は前回より少し感動しなかった。
というのは進行役が少し元気がなかったので、盛り上がりに欠けていましたね。
会場は超満員で空いている席はほとんどない状態だけに、もっと張り切って進行して欲しかった。

リクエストカードの提出にはもっと積極的にいかないと、同じ人ばかりがリクエストしている感じがしました。
結局それは歌の内容にも影響します。
幅広くリクエストを貰うように心がけて欲しいと思いましたね。

又いつか何処かでお目にかかる日があるでしょう。
楽しみにしています。