鳥取・月の砂漠をはるばると

画像


鳥取と言えば鳥取砂丘に二十世紀梨、そして水木しげるのゲゲゲの鬼太郎や~

まずは東西16km南北2.4km最高起伏92mにも及ぶ鳥取砂丘。
一体どんなもんじゃと言われると、こんなもんじゃ。

鳥取砂丘は長い年月を掛けて、千代川が運んできた砂が堆積して出来ました。
河口の東方に広がる面積約545㌶の浜坂砂丘を鳥取砂丘を言います。

画像


車を停めると目の前に砂丘が見えます。
砂丘に向かって歩いていくと砂山に登ることになる。
不思議なことに向こうがどうなっているのか、どうしても見たくなります。
砂山の向こうは海と分かっていても、矢っ張り登りたい。

画像


登り始めると砂に足を取られて、ズルズル滑るだけ。
ようやく息を切らせて登ってみると、その向こうに又砂山。
幾つかの砂山を登ると、やっと海が見えるという、何とも大変な思いして来たのがこれかいな(゚_゚i)タラー

昔話に砂丘に入ってしまい、道に迷って遭難した話もあります。
本当かウソかその点は分からないが、実際迷うのかなあ

画像


観光用のラクダの背に乗って、砂丘を巡るのも面白いかも。
砂に足をとられながら斜面を登るのも辛いので、ラクダに乗りたいが、それにはチト恥ずかしい。(゚_゚i)タラー

画像


鳥取砂丘の特徴の一つに、スリバチと呼ぱれる凹地が見られる。
昔は30近くあったらしいが、今では随分と少なくなった
追後(おいご)スリパチ、合せヶ谷(あわせがたに)スリバチ、六児(むつご)スリバチなどがその代表的なもの。

その中で砂丘南側にある追後スリバチがもっとも大きなスリバチ。
もっとも深いところでは40メートルにも達するらしい。

画像


サハラ砂漠にも見られる風紋は、砂丘でも風紋があります。
風紋は、「砂のさざ波」ともいわれ、風速5~6mの風が乾いた砂丘を吹き抜けるときにできます。
早朝や夕方の風紋は素晴らしいようですが、ここで一泊するしか見られないなあ

画像


砂丘から日本海に沈む夕陽を、是非一度撮りたいなあと思っていますが、なかなか実現しないなあ
在職中は数日の休暇で来ていたが、どうしてもゆっくり出来なかった。
定年したからには時間の余裕もあります。
今年の課題にしておこうかなあ

画像


二十世紀梨は千葉県で発見された品種ですが、鳥取には1904年に入ってきました。
鳥取の土壌が適したので、鳥取と言えば二十世紀と言われるまでになりました。
二十世紀梨の上品な甘さが人気の秘密ではないかなあ

画像


そしてもう一つ鳥取を有名にしたのは、妖怪漫画ゲゲゲの鬼太郎を世に出した、境港市出身の漫画家水木しげる氏の存在だろう。

鳥取の中心部には水木しげるロードが出来ており、鬼太郎始めネズミ親父などのキャラクター人形が並んでいます。
その数102体のブロンズもあるらしい。

今回使用した写真は全てお借りしました

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年05月15日 09:08
風さん、(=^-^=)ノ オハヨ♪
鳥取砂丘は2回行きましたよ。
主人と、慰安旅行とです。。。
やっぱり、広大ですよね~。
こっちにも浜岡砂丘があって見に行ったのですが規模が違いすぎてがっかりでした。
そうそう、ラクダを写真に取りたくって、ラクダの前に立ったらラクダを連れてるおじさんに、乗らないと駄目だよ!って断られました。(゚_゚i)タラー
風の旅人
2006年05月15日 09:20
ぷーさんおはよう~
2回行ったら上出来ですよ\^o^/

始めて行ったときは、どんな所なんだろうとワクワクしましたが、見てしまうとなんだ砂山かいな(゚_゚i)タラー

もっとロマンチックかなと思っていましたが、イメージが違ったなあ
砂山に登るのがあんなにしんどいものかと、改めてビックリ。
これではシルクロードの旅には、とても行けないなあ(笑)

ラクダの写真は撮らしてくれなかったのですか。
お客でないとアカンとは、チャッカリしているというか、そこまでしなくても良いのにね。
ラクダの背に乗ろうとしたら、料金は高過ぎるでぇ。
2006年05月15日 10:03
こんにちは。砂丘の写真とってもきれいですね。今年近くまで行ったのですが混んでて砂丘はあきらめました。残念です。また行ってみたいですね。
風の旅人
2006年05月15日 10:08
はこふぐさん おはようさん

この写真は全部お借りしたものです。
砂丘に行ったのはデジカメを買う以前でして、写真は撮っていますが、現像したまま放ってあるのか?幾ら探してもありません(゚_゚i)タラー

もう一度砂丘に行って、撮り直してきたいなあと思っている次第です。
休みの日に行くと砂丘は混んでいるでしょうね\^o^/
2006年05月15日 13:55
>ラクダに乗りたいが、それにはチト恥ずかしい。
わかりますぅ!
他にも ここにあった馬車とか、観光地の人力車ね、
お世話になるの 恥ずかしい~~~
で、鳥取砂丘 nyankoも我がアンヨで歩いたよ~
テクテクっちゅうより ズリズボって感じで。
やまちゃん
2006年05月15日 15:11
一度だけ行った事があります。
小学生と幼稚園だった3人の子供を引きつれて、
海の見えるところまで行きました(^-^*)
らくだ、子供は怖かったようです。
子供をダシにして乗りたかったのに・・・(笑)
風の旅人
2006年05月15日 15:54
nyankoはんもやっぱり恥ずかしいのかいな
観光地では人力車に乗っている人を見るけど、自分が乗りたいとは思わないなあ
何とも照れくさいなあ

砂丘を登るのは、見ると簡単なように見えるけど、しんどいもんでんなあ(゚_゚i)タラー
風の旅人
2006年05月15日 15:57
やまちゃんの子供はラクダに乗ったん?
それやったら記念撮影しているやろ?
その前に怖くて泣いてしまって、降りたのかなあ(゚_゚i)タラー
もしそうなら勿体ないなあ\^o^/
s・s
2006年05月15日 18:41
砂丘へも行ったのですね。鳥取砂丘は広いです。そして夏は足の裏が焼け付くように暑いです。風が強い日は目を開けていられません。
それでもこの砂のお山の向こうには何があるだろうと見に行きたいのです。
なかなか写真のような風紋は見られませんね。
よほど根気良く砂の上に陣取っての撮影なのでしょう。
風の旅人
2006年05月15日 20:10
s・sさん今晩は
真夏の砂丘は大変でしょうね。
今頃の時期と12月頃に行きました。

砂の向こうに何かがある、矢っ張り思うことは一緒なんやなあ

真っ昼間では風紋があっても、人が入ってしまえばそれで終わりでしょう。
人がいない時間帯を狙うしか撮れないと思う。
2006年05月15日 23:24
風の旅人さん、こんばんは。
砂丘の風紋、自然のなせる芸術ですね。
実は、学生時代の失恋旅行に選んだのが鳥取砂丘(^^ゞポリポリ。
夕日の沈む砂丘に心傷ついた乙女の足跡が…って云うのをイメージしてね♪
…で、行ってみたら 人&人…!!そういう場所じゃなかったわい。
でも、その風紋の下に私の失恋の思い出を全部埋めてきましたぁ(^^ゞポリポリ。
風の旅人
2006年05月16日 08:45
harusikaさんおはようさん

鳥取砂丘には思い出を埋めに行った場所ですか。
深夜放送で流れていた「心の旅・遠くに行きたい」のタイトルバックに流れたのが汽車の音。

思い出を秘めた女性が旅に出る話は、当時とても人気のある番組でした。
harusikaさんの思いも、心の旅そのものやったんやなあ

人人人の波の中で悲しみを埋めようとしても、結局は人に押されて舞い戻ってしまった。
結局そうかも知れないなあ

失恋の痛手を何時までも悲しんでいられない。
砂丘で元気を貰って帰ってきたんだから。

本当はこんな話を狙った掲示板&ブログだったのですが、最近は路線変更してしまった。(゚_゚i)タラー 
2006年05月16日 15:31
本当に日本なの?って思っちゃうね~

コンタクトレンズ入れているから
砂丘や砂の所は恐怖で行こうと思わなかったけど
メガネにして行けばいいのよね。

風紋がそこによって違うのだろうな~ぐらいは思っていたけど
比べなきゃ分からないよね~

水木しげるロードは子供が行きたいって言っているの
鳥取だったんだね~
遠いな~。。。。
風の旅人
2006年05月16日 21:22
鳥取は関東からだと遠いなあ
夏休みに遊びにおいで。

その時はゴーグルでも付けて、砂漠を横断しておくれ。
PANさんだったら、アラビアのローレンスやでぇ\^o^/
はんなりと・・・(ぷぅ♪)
2006年05月19日 10:02
鳥取砂丘は置いといて・・・(苦笑)
水木しげるロードに関してはちょっとだけマニアでっせ(^_-)-☆
といっても4回という回数はホンマのマニアさんから見ればかわいいもんでしょうけどね(^^ゞ
全て鬼太郎に頼ってるとはいえ、素朴な商店街の姿を残してるという不思議な妖怪ロードです(笑)行くたびに像が増えていて、またそろそろ行きたいな~って思ってるぷぅ♪でございます。
風の旅人
2006年05月19日 12:16
ぷぅさんは水木ロードのマニアですか\^o^/
それとも鬼太郎ファンかな?

今までに4回も鳥取に行ったのですか。
そりゃ大したものや。
その内3回はカニを食べに行ったんとチャウか\^o^/

鳥取の町が鬼太郎の出現で観光客を呼んで、町の活性化に繋がるといいですね。