徳島・祖谷渓・かずら橋

画像


徳島の秘境と言えば祖谷渓(いやだに)
山深い祖谷渓に800年前、平家の落人がやってきた。
吉野川は別名四国三郎と言われるほどの四国きっての大河です。





画像


全国を探せば別名、○○太郎なんて名前があります。
関東の利根川の坂東太郎、九州は筑後川の筑紫次郎とともに、日本の三大河川に数えられ、大雨で増水すれば暴れ川になって、日本三大暴れ川の称号も頂いています。
その吉野川の渓流域に祖谷渓があります。






画像

大歩危(おおぼけ)小歩危(こぼけ)辺りは狭い谷間を流れるており、両側には結晶片岩の切り立った崖になっています。
これが約8Km程続いており、そのうちの一部を遊覧船が渓谷を案内してくれます。

大歩危は、「足場の石の間隔が狭く、大股で歩くと危険」
小歩危は、「足場の石の間隔が広く、小股で歩くと危険」だとか。
でも車で来る観光客は船に乗るだけで、岩場を歩かないでしょう。





画像
平家の落人伝説というのは、屋島の合戦(瀬戸内海)で源氏に敗れた平家は、源氏の追っ手を逃れて山へ山へと入っていった。
追っ手の目が届かなかった祖谷渓が、此処で村を興したようだ。

山深いこの地に辿り着いた平国盛は20余年の後に亡くなり、子孫は代々阿佐姓を名乗っており、現在も東祖谷山村には阿佐姓があります。
阿佐家の屋敷は「平家屋敷」と呼ばれており、独特の建築様式です。
西祖谷山村には「平家屋敷民俗資料館」があり、平家の生活用具などが展示されており、寄り道をするのも面白いかも。






画像

祖谷渓には名物の橋があります。
かずら橋は植物のかずらで編んだ橋で、渡る時は注意が必要です。
ぐらぐら揺れるし足下は丸太が渡してあるだけ。








画像



しかも下を見れば吉野川、丸太の隙間から足がすとんと抜ける。
よそ見しながら歩いたら、まあ無事にはスマンやろ(゚_゚i)タラー
何年か前に大人だったかな?子供だったかな?
確か落ちて亡くなっているはず。

それでも怖さ半分で渡りたがる観光客は、500円払って渡ります。
橋の長さは約45m、高さ14mだけど、まあスリルはありまんなあ。

この橋はシロクチカズラと言う種類です。
安全確保のため3年ごとに吊り換えているので、まさか切れることはないやろ。(゚_゚i)タラー

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント

めざまし時計
2006年03月16日 04:31
>大歩危は、「大股で歩くと危険」
小歩危は、「小股で歩くと危険」・・・へ~ぇ、そうなのか~!
この漢字の意味がはじめて分かりました。
四国の中央部、山の中って感じが良く出ていますねヽ(^o^)丿
2006年03月16日 08:18
おはようございます。数年前行きました。かずら橋はなかなか怖かったです。人がいっぱいで振動ですごく揺れますね。スリル満点でした。吊り橋がある所は平家の落人伝説がありますね~。私も岩場を歩かず舟に乗ってしまいました^^;また機会があれば歩いてみたいですね。
如月メイ
2006年03月16日 10:22
おはようございます、風の旅人さん。
かずら橋は、私の母が行きましたね。
とても怖かったようで、へっぴり腰になりつつ、友人にしがみついて渡ったようです。
私!?
無理ですよ~(笑)
高所恐怖症ですから!
黒四ダムで懲りましたよ!
福寿草
2006年03月16日 10:48
('-'*)オハヨ♪ 今回の記事~^懐かしさ満載ですよ(^_^;)
友人と旅行したコース其の儘です♪ 大歩危・小歩危・勿論
遊覧船で岩肌に歓声を上げていました~~
かずら橋~~1歩が踏み出せず・・・隣の立派な橋(^_^;)を渡りました。
友人は立派に(*^m^*) ムフッ~~渡りきりました~^^

思い出させてくれて~~アリガト♪(*'-^)-☆パチン
風の旅人
2006年03月16日 12:12
めざまし時計さんまいど~
大阪は朝から曇っていましたが、雨が本格的に降り出しました。

近所の木蓮の蕾が膨らんできました。
週明けには花開くかも知れません。

大歩危小歩危に行くまでは、なんで大ボケ小ボケと言うのかなあと思っていましたよ。
もうチョッとええ名前を付けたらと思うで。
現地で名前のいわれを知って納得しました。
風の旅人
2006年03月16日 12:21
はこふぐさんコンチャ

この吊り橋は先の谷瀬の吊り橋と違って、写真で見ても分かるとおり、丸太が組んでいるだけ。

下の河原が丸見えだけに、恐がりには渡れません。
スリル満点でも渡ったら、なんだこんなもんかでしょう。
ワテはこの距離で500円も取るな!と怒っています(笑)

このブログの9月7日付でも書きましたが、富山県の五箇山も平家の落人の里としても有名です。
今は高速道をも開通して便利になりましたが、一昔前は幾つもの山を越え、谷を越えて行くしかなかった。
秘境の里とはそう言うもんやなあ
風の旅人
2006年03月16日 12:27
メイさんまいど~

メイさんは恐がりですか?
そりゃまたこんな所は大変だ。

黒四ダムも怖い?
あんなもん上から見るだけですやん。
落ちそうと思うのかなあ?

黒四で怖かったら、上から見るところは何処も弱いのかなあ(゚_゚i)タラー
風の旅人
2006年03月16日 12:32
福寿草さんいらっしゃい

ははは貴女も怖いんや
かずら橋を渡るのが怖かったら、せっかく見に行って、手前の橋から見ているなんて、勿体ないことやでぇ

トップの写真を撮った位置が鉄筋の橋からですが、ここからではなあ(゚_゚i)タラー
死ぬ思い出渡って欲しいなあ\^o^/
如月メイ
2006年03月16日 13:43
あのね、黒四ダムの横に、ず~~~と階段あるでしょ!
あの階段を登ったのよ!
屋上に上る階段みたいに、足元がすこすこ見えてね、
死にそうだったのよ!
自宅のベランダも、端っこに行くのは苦手!
2006年03月16日 13:44
吉野にも「谷瀬のつり橋」がありますが、ここは観光化されていて昔に比べると怖さも少しましだけど、イタズラで揺らす人がいるので足がすくみます。地元の人はバイクで走ってますけどね。一度は行って見たいと思っていた「かずら橋」だけど、写真見せていただいただけでやっぱりパスします^^:
2006年03月16日 15:01
「かずら橋」見ただけで恐ろしい^^;
いつもながら、風さんの説明と写真だけで充分満喫です!!
余談ながら、風さん毎日おそ~くまで編集してるんですね~
記事は楽しみなんですけど、睡眠はちゃんととってくださいね~~~♪
風の旅人
2006年03月16日 15:07
メイさんその建物に上がっただけで震えたの?
確かそこの建物では、黒四の歴史をビデオで上映しているところやなあ
食堂や土産物売り場もあったはず。

あそこかいな(゚_゚i)タラー
これでは通天閣なんか、以ての外やなあ
見晴らしいのになあ

この前南港の WTCがコスモタワー55階に上ったけど、大阪中が全部見えて綺麗やったで。
12月25日付見たら出ているで。
でも怖かったら見んときや\^o^/
風の旅人
2006年03月16日 15:12
sasaraさんまいどです

地元の人がバイクで走るのは谷瀬の吊り橋、高さでは怖いけど、安全性で言えば谷瀬の吊り橋です。
でもかずら橋は足が抜ける丸太橋\^o^/
恐怖感はこっちの方でしょう。

見ただけで止める?
そんなことしたら村の観光協会に怒られるがな。
宣伝してるんだから、行って欲しいなあ\^o^/

風の旅人
2006年03月16日 15:17
kakomamaさん今日は
札幌はまだまだ冬でっしゃろなあ
大阪はいよいよ春でっせ。
先ほども書いたけど、木蓮の花がほころんできました。

ワテの睡眠時間ですか、寝ていますから大丈夫でっせ。
在職中は夜勤職場でしたから、夜の仕事は慣れています。

こういった編集の仕事も、夜中の方がはかどります。
その分昼間はボケッとしているかも(笑)
好きでやっていることは、少々のことでも疲労は感じませんよ。
2006年03月16日 18:17
 こんにちわー 怖そーですねー。これ渡らないと駄目なんですか。それとも怖い人は見るだけ‥ビビリますね。昨年2月に四国へ家から日帰りした記録あります。家ー名神ー中国津山ー岡山ー高松-鳴門-明石ー名神ー家、お寺参りだけが目的でした。瀬戸大橋は通行車は3台ほどでスイスイ‥あまり儲かっていないようですね。これからはシーズンなので混むかも‥
 高松自動車道は1車線区間が多いので、鳴門まで走り難い道でした。
 家内と交代で運転したので帰れたけど、一人なら無理ですね。
 帰途に四国八十八箇所の一番札所見つけたので、いずれ又と思います。
風の旅人
2006年03月16日 20:12
たそがれさん今晩は
夕方から強い風雨が吹いておりますね。

このかずら橋は観光用です。
写真を撮っている位置に橋が架かっており、怖い方はこちらを渡ればOKです。
片道500円ですから往復する人はいないでしょう

四国88カ所の札所の1番は霊山寺で始まり、最後の88番目は大窪寺まで。
言うのは簡単ですがお参りとなると昔だったら命がけ。

名神から岡山回って、徳島、鳴門コースはワテもバスで日帰りしました。
乗っているだけですが、やっぱりハードですよ。
栗林公園や金比羅さんにお参りしましたか?

この写真があったんだが、行方不明ですわ。
2006年03月16日 22:59
行くぞ!って思った時に台風が来て、高知までの高速も通行止め!なんてことになって、断念した祖谷渓観光。。。(T_T)
四国村とかいうとこでミニかずら橋渡ったけど、十分揺れてスリルがあった。。。お金がいるんや~って思ったけど、そっか!隣に橋が架かってるんやね。相方さんは立派な橋を渡って私がかずら橋を渡る!これやったら連れて行ってもらえそうや~\(^o^)/
風の旅人
2006年03月16日 23:14
台風だけはなあ
どないもこないもナリマヘンなあ

台風の進路によっては行けるけど、無理はしない方が良いなあ
何せ秘境だけに雨には不足せんとこや。

相棒が怖がりさんかいな。
それやったら大丈夫、隣にしっかりしたコンクリートの橋があるからと言ってあげるとええで(笑)

これで実現しそうやなあ\^o^/
2006年03月17日 08:16
おはようございます。五箇山みせて頂きました、きれいでした。富山ですか、山深い所ですね。いつか行ってみたいです。
風の旅人
2006年03月17日 08:51
はこふぐさんおはようさん

五箇山をご覧になりましたか。
冬の五箇山は2mの雪でした。
合掌造りの里と最近では冬でも観光客が来ていますが、
当時は大変な苦労があったようです。

民宿の女将さんの話を聞いていると、五箇山の自然の厳しさと人の良さを感じましたね。
2006年03月17日 12:00
初めまして

私も一昨年の秋に行きましたが、確かに歩きづらかったですね。
橋自体は横に揺れるので左右のバランスが取れず、足下の板(棒)の間隔が靴より広いぐらいで前後のバランスがとりにくい。
写真を撮るのにカメラを構えようとしても、左手に手提げ鞄で掴まることが出来ず難儀しました。

またあの途中の道が狭くてクネクネ、ボンネットバスが有名ですが、私の乗ったのは普通の箱形バスでしたから、逆に前が見えすぎてよけいに怖い。

また、これからもおじゃまします。
風の旅人
2006年03月17日 17:03
あらんさんいらっしゃい

かずら橋はホイホイとは渡れませんね
うっかりすると足を踏み外したら大変でっせ。

高さ以上に恐怖感はありまっすね。
バスだったら道も狭く感じるでしょう。
やっぱり秘境でっせ。
2006年12月21日 09:24
「阿波の国もありまっせ~」と言われたら探さずにはおれない阿波女。
でも、古い記事にコメントしてもいいものなのかしら。ま、いいや、書いちゃえ!

おー、阿波観光の王道、大歩危・小歩危~秘境コースだ!
写真、すばらしいですね。ベストアングルから撮ってらっしゃる。
こういうのは下調べしてから行くんですか?
平家落人に関する記述も、徳島の人が知らないようなことまで・・・。
うーん、まるでガイドブックですね!

かずら橋は、これのまだ更に山奥の「東祖谷」というところに、
もう1本かかっています。
昔昔は、いっぱいかかってたそうですが、今はもうこの2本だけだそうです。
この東祖谷の「奥祖谷のかずら橋」の方がもっと怖いです。
ところで、阿波観光のもうひとつの王道「鳴門のうず潮」はいかがでしたか?目が回りましたか?(笑)
風の旅人
2006年12月21日 12:31
ねこまっくさん 毎度~
コメントは何処に書いても、お知らせメールが来るのでわかります。
何処にでも遠慮なさらずに、書いておくれやす。

祖谷渓などに行くときは、事前にした調べもしません。
人があそこは良いぞと言われると、行ってみたくなる。

東祖谷にもう一本の吊り橋ですか。
それは知りませんでした。
今度行くときは是非探していきまっさ。

渦潮の話はNo279にありますよ。
でも出航時間が少し悪くて、大渦が出なかったので、怖いと言うことはなかったなあ