心の旅・遠くへ行きたい 1

アクセスカウンタ

zoom RSS No992 古時計がやってきた

<<   作成日時 : 2009/02/28 00:05   >>

ナイス ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 16

とあるブログにこんな記事があった。

この時計は1月までは動いていました。
とうとう遅れ始めました。もう寿命だろうと諦めて架け替えました。

画像


我が家にはこんな古道具が満杯です。
私たちも古道具の仲間入りのこの頃 どのように処分するかで悩みます。
ゴミの処分も有料です。残していたら後の人に憎まれそうです。



これを読んでゴミで放るんかいな。
それやったら欲しいなと直ぐに申し込みました。

二日後に送られてきた荷物を開けたら、古時計と一緒に蕗の薹や、白菜の漬け物と大根の漬け物まで入っていた。
ワテの大好物の三品まで送っていただき、感謝感激雨霰ですわ。

この古時計はゼンマイ式で、左右のネジを巻く方式。

画像


ワテが子どもの頃に、我が家にもこの時計とよく似たものがありました。
柱に掛かっていた時計はすすに汚れて真っ黒でした。
コチコチと振り子の音が心地よく、ボーンボーンと鳴る時報の音もよく響きました。

それに比べてこの時計は、見た目もかなり綺麗な状態です。
よほど普段から手入れされていたのでしょう。
残念なことにもう動かないとのことでしたが、修理をすれば動くようになるかも知れないが、最近は時計の修理屋ってあるのかなあ

試しに針を合わせるとボーンボーンといい音が鳴ります。
この音を何とか蘇らせたいものや。
時計が遅れるくらいなら許せる範囲。

修理が出来ないものか裏を見てみると、ありゃまあ墨書きがありました。

画像


昭和10年11月購入  
○○村
○○○所有

へえ〜この時計はワテの生まれる10年前に、購入されていることが判った。
と言うことは今年で73年目やんか
ワテの年より古い時計だなんてこれは感激。

この時計を買った人は、貰った方のお祖父さんが購入したのかも。
裏面に記述を書いて残して置かれたのも、この方の几帳面な性格だからでしょう。

見るからにアンティークな色合いをしており、振り子の色も鈍くはなったが金色に輝いている。
二つのねじ回しも揃っており、これで動いたら完璧や。

画像


蓋を開けて中に小さな紙切れが貼ってある。
文字が小さくて読みづらく、ルーペで調べた保険証、今で言う保証書でした。

画像


そこにはこんなものが書いてあった


  証険保
ジ損常非切○全    ○は判読不明
料無間年壱向外

○○16年9月10日  ○はおそらく昭和でしょう 16,9,10は手書き
復修売販鏡眼計時
村○○○郡○○    ○は?
店計時林小

何じゃこれ?
何が書いてあるんや????
よく考えれば右から左に読めばいいわけや。
一度修理をしたようで、保証期間消滅のために線が入っている。

持ち主に聞いてみたところ、よく似た村はあるという。
小林時計店は今も営業しているのでしょうか

そんな風に考えると、この時計の運命も面白いものだ。
何にしてもワテの所にお嫁入りだけに、これは大事にしたいなあ

箱の中に入っていた蕗の薹
早速蕗の薹味噌にした。

画像



先ず水洗いした後、水分をふき取る。
千切りにした後砂糖、味噌、味醂を加えてすりつぶす。
出来上がったものがこれや。


画像


画像



今回は蕗の薹独特の苦みと香りを残したいため、味噌の量を少なくしました。
小さい目の蕗の薹が五個入っていたので、少しだけでしばらく楽しめます。


画像



昨年市販の蕗の薹を買ってきて、蕗の薹味噌を造りましたが、苦みが全然でした。
それに比べて今回の蕗の薹は、まさに自然のもの。
苦みが全然違います。
久しぶりに美味い蕗の薹味噌が食べられました。

白菜の漬け物も糠漬けのもので、食べると糠漬け独特の甘い味がして美味しかった。
沢庵漬けも大量に漬けるのでしょう、昔懐かしい味がして、まさにお袋の味がしました。

今回は送られてきた古時計を初め漬け物には、六〇年前の子どもの頃を思い出すには十分すぎるほどでした。




大きな古時計

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 15
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い 面白い 面白い
驚いた 驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!)

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
古時計のところ、コメントできませんのでここに書かせてね。
うちにも昔(写真で見たのですが)こういうのがあったようです。
伊勢湾台風で壊れた、と聞いてます。
今は亡き父が(昭和4年生まれ)毎朝「ねじ」を巻いていたとのこと。

父が生きてたらきっとこういう時計、懐かしむと思います
キウイ
2009/02/28 19:32
キウイさん毎度
コメント欄が閉まっているのを確認不足でした。
コメントをこちらに移しました。

この時代に家にあった時計は、何処の家にも同じような柱時計が掛かっていました。
この写真を見た瞬間、昔我が家にもあった時計みたいで、懐かして捨てるくらいなら欲しいとお願いしました。

伊勢湾台風と言えばS33年くらいかな?
凄い台風でした。
伊勢湾は満潮のため名古屋を中心にして、大きな被害が出ました。
その時に壊れたと言うことは、キウイさんの家も大きな被害に遭われたようですね。
風の旅人
2009/02/28 19:38
風さん:今晩は!
昔は何処の家にも柱時計が掛かっていましたね?
我が家にも一台ありますが水屋の柱に掛ったまま目を覚ましません。
暇な時に動くか否か試してみようかな?
孫達が見たらどんな反応を示すか愉しみ・・・
愛ちゃん
2009/02/28 22:30
愛ちゃん今晩は
何時の頃からか電気時計になってから、ネジ巻き式の時計は消えてしまいました。
昔の時計はみんな振り子時計。
懐かしさで一杯です。

愛ちゃん宅の時計もネジを回せば動くと思う。
チョッと遅れるくらいが愛嬌かも。
時報の音がとても良いですよ。
風の旅人
2009/02/28 22:37
いいお話ですね。
70数年間の時代を見つめながら、時を刻み続けてきた古時計。
風さんに貰われて、又生き返った気持ちです。
少し位遅れても、いいじゃないの。
ゆっくり気分良く歩いて行こうじゃないの。
なんか身につまされる気がします。
持ち主さんも、風さんに貰ってもらえて、ホッとしていらっしゃる
ことでしょうね。
蕗のとうやお漬物を添えて・・、温かい人の交流も素敵!
ともっぺ
2009/03/01 14:56
大きな古時計♪歌っている風さん〜上手ですね。

写真の時計
レトロで雰囲気ありますね。
風さんのところで大事にされることになり喜んでいるかも
本当に長い年月、時を刻み続けてきた貫禄もみえるようです。
ミルキーウェイ
2009/03/01 15:28
ともっぺさん今晩は

自分の年齢より古い時計ですから、貴重な時計です。
買った日付もしっかり記入されているので、これほど確かなものはありません。
残念ながら現在は動きませんが、修理屋があれば直るでしょうが、昔何処にでもあった修理屋も、今では見かけなくなりました。

季節の野菜や漬け物まで一緒に入っていました。
心遣いが嬉しいですね。
風の旅人
2009/03/01 21:02
ミルキーウェイさん毎度〜でおます。

この歌は平井堅が歌ってから、一気にはやりました。
それまで知ってはいたが、人前で歌うことはなかった。

最近カラオケで童謡や唱歌を歌いたくなるときがあります。
同世代の方が演歌ばかり歌われると、こういう歌もあるやんかと言う風に、この歌などを歌います。

この掛け時計が100年目を迎えるまで、ワテは生きているかなあ
そう思ってしまうなあ(笑)
風の旅人
2009/03/01 21:06
ぜんまい式の柱時計、昔ありました。二カ所のぜんまいを回した記憶があります。でもどこで回したんだろう…私の家かな、ばぁちゃんちかな。記事を読むのを途中にして暫く考えてましたが思い出せない。どうしちまったんだなぁ〜私の記憶は(^^; 古時計と一緒に白菜ですかぁ。いいですね。何だか凄く温かい感じがしていいです。しかし…その緑色の食べ物は何ですか?漢字も読めないから変換出来ないし。わさび?もしかして、ふきのとう?あらっ!ふきのとうって書いたら『蕗の薹』になった。私、エライ!読めた〜(笑)蕗の薹ならあと一ヶ月もすると家の前にたくさん出て来ます。でも私、苦手だから積まないでそのままにしてます。タラボ(たらの芽)は好きなのでその時期には積んで食べるんですけどね。では蕗の薹は大阪空港まで送っておきますo(^-^)o
みや
2009/03/01 22:47
みやさん今晩は
ゼンマイ式の時計から電気時計に変わってから、すでに30年以上になるでしょう。
ワテが結婚して37年経ちますが、時計を買いましたが電気時計だった。
振り子の時計もありますが、ゼンマイ式ではなかったなあ。

蕗の薹は苦手ですか。
熱いご飯に掛けて食べたら美味しいのに。
大人の味でっせ(笑)

タラの芽が食べられるんだったら蕗の薹も大丈夫や。
挑戦してみておくれやす。
大阪空港に送ってもらっても、手元に入りまへんがな(笑)
風の旅人
2009/03/01 22:58
こんにちは
すごく古い時計なんですね。
左右をネジで回す時計・・以前の会社にありました
ネジ巻き係りが私だったので面倒臭くて
よくサボってました ^-^;

蕗味噌〜〜 美味しいですよね
私の実家では 赤味噌でつくりますので
もっと黒いです〜
でも チビチビ食べながら お酒飲むと
どれだけでも飲めますね〜〜
みるきぃ
2009/03/02 13:17
ネジ回しをサボったみるきぃさんは首や!!
そんなもんサボってどないすんねん(笑)
もしかしてその時計は会社の顔じゃなかったか?

ワテの会社にも古い時計が今も動いています。
ねじを回すのはこの写真にあるようなチャチなものじゃなく、結構大きいハンドルでした。
ハンドル回す担当さんがいて、たまに見る機会がありましたが、何日に一度か聞いていないなあ
その写真を一度撮ってこようかなと思うのだが、なかなか撮る機会がない。
会社の時計が鑑定団にもし出すことになったら、いくらくらいの値段がつくだろうか。
相当な値段になると思うでぇ。

蕗の薹味噌をみるきぃさんも食べるんだ。
苦み走った味はまさにワテのようでっしゃろ(笑)
ついでにワテも食べてんか(爆)
風の旅人
2009/03/02 13:31
我が家にも、私が小さい頃、ねじ巻き式の古時計があったな〜。
ビビりだった私は、時を知らせる音が怖かった…
アレどうしたでしょうね。何回も引っ越ししたから、きっと捨てたんだろうな。今となれば、もったいなかったです。

蕗みそは大好き♪この苦味が分かるのは、やはり大人の証拠ね。
このあたりも、もうすぐ出るでしょう。
マミー
2009/03/02 18:58
マミーさん今晩は
子どもの頃はビビリだったのか
大阪では大人でもビビリだったら、こいつはビビンチョやでぇと言われるけど、まさか大人になってもビビッていないでしょうね(笑)

引っ越しをする時、新しい家に似合わないと言って、容赦もなく古いものは捨ててしまう。
今から考えると本当に勿体ないことしたね。

蕗味噌が大好きなのか。
やっぱり大人やんか
この味が判るのは、子どもでは無理だね。
雪が融け出そうとしている新潟、間もなく顔を出すでしょう。
春はもうそこまで来ているよ。
風の旅人
2009/03/02 21:19
風の旅人さま。
懐かしい形の柱時計ですね♪

巨大な床置き時計を置いているような裕福な家はともかく、
普通の家庭ではみんなこんな時計でしたよね。

私の家もコレでした。
加減を知らぬ私は、やり過ぎて
ゼンマイを巻き切ってしまったことが何回かあります。

昔の人って、よく購入日や購入先や名前を
あのように持ち物の裏に書き付けしてましたよね。
それがあるせいで、「へえぇ、そんなに前のものなのか」
って判ったりすることが多くて興味が湧いたり (^_^)

それにしても、右から左へ表記された保証書が付いている
なんて、年代物の時計なんですね〜・・・(^o^;
Aki
2009/03/06 03:06
Akiさん毎度からでおます。
73年前の古時計を見て、自分の年より古いものに出会う
なんか凄く懐かしいものにあったようで、このまま廃棄物として捨てるのは勿体ないですよ。

我が家にも同じような時計がありました。
今も残っていればこの時計より古いでしょう。
でも引っ越しをしたときに、真っ黒だったので捨ててしまったのでしょう。
惜しいことをしました。
しかし今回この時計を貰ったときは、あの時計が返ってきたようで凄く嬉しかった。

当時のシールが貼られていますが、これも大事な生き証人。
時計屋さんがこのシールを見たら、案外欲しがるかも知れません。
たかがシールですが、時代を反映していますね。
最初何が書いてあるのかよく分からず、後でジックリ考えたらなんだ〜〜
めくらなくて良かったですよ(笑)
風の旅人
2009/03/06 15:50

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
No992 古時計がやってきた 心の旅・遠くへ行きたい 1/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる