心の旅・遠くへ行きたい 1

アクセスカウンタ

zoom RSS 真っ暗な本堂で笛の音が響く・糠月調 No2

<<   作成日時 : 2008/11/24 17:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 9

毎年恒例になっている、和尚さんの尺八の独奏です。
いつも月を見ながら本堂で練習されており、堂内に籠もる響きは格別なものとか。

いつもお寺から漏れてくる尺八の音を、村の方は耳にしているとか。
なかなか風情のある一時かも知れません。


さて都山流の大師範である塩田慈山さん、前回はこの時期ならではの「木枯」という曲を演奏されました。
堂内の灯りを全部落として、蝋燭の灯りだけで演奏され、その時の印象が強烈だったので、その旨をアンケート用紙に記入しておきましたところ、今回も期待通り堂内を暗くして、演奏が始まりました。

画像



この日の演奏は糠月調(こうげつちょう)

糠月調についてパンフレットには次のように記載されており、参考にしてお聴き下さい。

月に糠(嘆)く曲である。
河内観心寺の境内に立って、さえわたる秋の月を仰ぎ、胸中のなげきを感情のおもむくままに表現している。
有名な蘇東坡の「赤壁の賦」の中の「その声鳴々然として怨むが如く、余韻弱々として耐えざること縷の如し」の句をそのままに、尺八特有の音色と手法を用いて表現している。

初段は月の出る前の静寂にむせぶ、やるせない感情、二段はいよいよ中天に昇った月にうったえる悲痛ななげき、三段は残月に胸せまり、、消え入るような思い。
格段それぞれに変化があり、全曲を通じて胸にあふれるなげきを吐露し続ける曲である。

尚、全曲を演奏すると15分もの大曲なので、この日は時間の都合上初段と二段の演奏です。
お聴き下さい。

和尚さんの姿が写っていないので、写っている写真をどうぞ。

画像



糠月調  流祖中尾都山作曲

尺八  塩田慈山





糠月調

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
コメント欄が抜けていました。
申しわけありませんでした。
風の旅人
2008/11/25 15:11
真冬状態の札幌からこんばんは
本当にこの寒さの名か聞いていると、余計にやるせな〜〜〜く
なっちゃった!
もうちょっと暖かい所でゆっくり聞きたいなぁ!
魔女
2008/11/25 20:53
昨夜、コメントを入れようと思ってオロオロしてしまいました。
もう一度聴き直していますが、何度聴いても良いですね〜
お寺の本堂の灯りを消した中でこれを聴いたら、まさに幽玄の世界に導かれる感じがしたことでしょう。

私の山仲間の一人がお琴の先生で、定年退職したご主人の趣味が尺八・・・
二人で夫婦演奏会をあちこちでやっています。
前回アップされたお琴との合奏を聴いた時に、彼女夫婦の姿を思い出しました。

まだまだ続く尺八の調べ・・・
私も聞き惚れています。いいなぁ〜
naoママ
URL
2008/11/25 22:17
魔女さん今晩は
ここは京都と言っても人里離れた山の中、冬の訪れも早くてこの日はストーブを幾つも焚いていました。

今朝のニュースでもやっていましたが、北海道の北部の町ではマイナス20.8度という、今年最低気温を記録していますね。
札幌の町もさぞかし寒いことでしょう。
そんな中で尺八の音は、余計寒さを感じさせるかも知れませんね。
風の旅人
2008/11/25 23:10
naoママさん今晩は

コメント欄が亡くて迷惑かけましたね。
どうしてなくなったのか、ようわかりません。
いつもと変わりなくアップしたのに付いていない。
不思議でしょうがない。

naoママさんのお友達にも、夫婦で演奏会をされておられるんですか。
素敵な趣味があって良いですね。

真っ暗にした本堂で、和尚さんの尺八の音が響きます。
最初の一枚はそのイメージに添って表現してみました。
しかし人物が写っている方が、臨場感もあるかと思って、追加で載せています。
目を閉じて静かに聴くと、その場の臨場感が少しでも感じられるのではないでしょうか。

まだまだ続きますので、お楽しみ下さい。
風の旅人
2008/11/25 23:16
尺八の音色が響いていますよ…
静かに…ちょっと寂しい深く澄んだ音色が聞こえます。

風さんは本当に西に東に飛び跳ねていますねぇ〜
今度はどこに行くのかな?
写真も撮らないといけないし、尺八の音色を録音しなきゃいけないし…
風さん、大忙しね!!(*^-^)ニコ
季実花
2008/11/26 00:01
季実花さんコンチャでおます。

秋の夜更けに尺八の音を聴くのも、乙なものでしょう。
招待があれば何処にでも出没しまっせ(笑)

今回は車で30分ほどの近場ですから、行くのも楽でした。
演奏中は出来るだけ写真を撮りたくなかったが、最小限の枚数に押さえています。
演奏中はフラッシュを発光させるのも避けていますから、手ブレを承知で写しています。
録音もしないといけないし、写真もでしょう。
耳は塞ぐわけにはいかずで大忙しです。

次回ですか?
月末に高山・白川郷当たりに行く予定はありましたが、相手の都合で中止になってしまいました。
ヒマしていますのでお誘いがあれば受けまっせ(笑)
風の旅人
2008/11/26 00:13
風さん!やっとコメント出来ますわぁ〜(笑)
メインの和尚様の尺八の記事にコメント欄無いなんて、
可笑しいと思ったんですよ。。。
お蔭様で何回も拝聴出来て幸せでしたが。
現在この曲をしっかり吹ける方は数少ないのではないでしょうか。
私も初めて聞かせて頂く曲でしたが、秋の夜長、
侘び、寂の世界を堪能させて頂きました。
近所にお住まいの方々は、尺八の音色を常に聞いて
おられるとか、お幸せですよね。
何時か全曲聴いて見たいものです。
sayuri
2008/11/26 10:40
sayuriさん今日は
コメント欄が消えていたのが不思議でならないのです。
昨日アップしたのは今までと変わらずにアップしたのに、チャンと付いています。

sayuriさんも糠月調を初めてお聴きですか。
三部作で15分もかかる演奏とか、時間の都合で二部までになっていますが、sayuriさんのリクエストを和尚さんが読んでくださったら、そのうち全曲聴ける機会があるかも知れませんね\^o^/
風の旅人
2008/11/26 13:08

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
真っ暗な本堂で笛の音が響く・糠月調 No2 心の旅・遠くへ行きたい 1/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる