心の旅・遠くへ行きたい 1

アクセスカウンタ

zoom RSS 5日目で辞任した大臣

<<   作成日時 : 2008/09/29 11:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

地元宮崎の集会で中山国交省大臣の発言は、就任してたった5日間で辞任に追い込まれた。
大臣席の雛壇に一度も座ることなく去っていく男に、こんな男を大臣に適格者だとして任命した、麻生首相の任命責任は問われて当然だ。

この中山という男は文科省の大臣を一度やっており、文教族を重視した今回の大臣の中でも、一際日教組を敵視した考えを持っている。

それはそれで自分の考えだから仕方がないとしても、公の場での発言には個人の考えでは通らない。

今回問題になった発言を見てみると、成田空港の地権者に対して「ゴネ得」と言った発言は、単なるお金にするために立ち退くのを嫌がっているのではない。
先祖伝来の土地を守りたいと願う地主さん達の熱い思い
それをゴネ得と言ったら、農民の心を踏みにじることになるし、開発に関わっている人たちの苦労を省みない発言である。


2つ目は 9月25日に行った共同通信社など報道各社とのインタビューで、「日本は随分内向きな、単一民族といいますかね、あんまり世界と(交流が)ないので内向きになりがち」と発言。

この発言が与野党からの非難を受けて、同日に「誤解を招く表現であったので撤回します」との声明を発表しているが、こうした考えをする政治家が実に多い。

2005年10月総務大臣の麻生太郎が、九州国立博物館開館記念式典の来賓祝辞で言っています。
「一文化、一文明、一民族、一言語の国は日本のほかにはない」「今は(世界各地で)人種、地域、宗教でいろんな争いが起きている。日本は一国家、一文明、一文化圏で、そういう国はあまりない」と発言日本は単一民族である

他には山崎拓、鈴木宗男なども同様の発言をしている。
こうした発言の流れは、自民党の考えそのものと言っていいくらい、常識を逸した発言です。

このアイヌ民族という固有の民族を法的に初めて認め、国などに同文化振興策の実施を義務づけた、アイヌ文化振興法(新法)が施行され今年の6月国会に置いて、日本には固有のアイヌ民族がいたと決議されております
その時自らも国会の議決に加わっています。

3つ目は日教組攻撃です。

自民党の一部の中には、未だに過去の戦争責任を認めない風潮があります。
南京大虐殺事件などはあれは中国の誇大宣伝だと吹聴しており、日中両国の友好が未だにギクシャクしている。
靖国参拝も然り、A級戦犯を合祀して海外からも批判が出ている。

日の丸君が代を式典で強制的に歌わせようとする文科省
歌わなかったり起立しなかったら、行政処分した石原都知事
これは一つの思想の押しつけです。
ここまで国民に押しつけるのは、一体何だろうか。

子供だって主義主張があります。
先生方だって思想信条の自由があります。
権力者の好きな方向で思想を押しつけるのは憲法違反です。

第二次世界大戦の反省の上に立って始まった戦後挙教育です。
それは可愛い教え子を戦場に送り出して、死なせてしまった反省から、教育者の心に重くのしかかっていました。
そして先生達は心を一つにして、「教え子を再び戦場に送らない」ことを心の支えとして、戦後教育が始まっています。

そして先生方にも労働組合が出来ました。
その中核となったのが日教組です。
日教組の方針については色々な考えもあるでしょうが、戦後の教育界をリードしてきました。

その間勤評闘争、主任制度の導入など大きな社会問題にもなっています。
先生を評価する、これは今もやられようとしており、文科省や知事などが圧力をかけています。

大分教員採用試験を例に取ったのか、こじつけなのか分からないが、今回の中山発言。
日教組の教える子供は能力が低い
この思想が根底にあって、先の2つを合わせての差別発言。

教育=日教組だと言わんばかりですが、現在の日教組の組織率は昔と比べて落ちています。
問題なのは日教組ではなく、文科省の一部の連中の考え方であり、教育界に民主主義を認めさせない今の教育方針です。
その最たる人物が今回の中山国交省大臣。


国の大臣ともあろう人物が、特定集団とか一組織をつぶしてやるなんて発言はするべきじゃない。
これはファッショ意外なんでもない。

小泉元首相が自民党をつぶすとか、ぶっ壊す発言をしたと彼は引き合いに出していますが、内部で改革するのは幾らやっても構わないが、第三者の組織を気に入らないから、ぶっつぶすなんて発言するのは、ヒットラー並のファッショ政治そのものだ。
こんな男に国会議員をやる資格は全くない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
風さん♪
今朝の新聞記事にもいろいろ書いてあった。
後任に金子氏って書いてあった。
私達も政治にもっと参加しなきゃね。
もっと政治のこと勉強しなきゃいけないね。

高齢者医療は見直しでまた変わるの知ってる?
もう受付疲れるよ〜ん。(老人医療が安くなればいいよね。所得制限の
負担割額変更するらしいね。)♪
ソナチネ
2008/09/29 21:34
ソナチネさん今晩は
後期高齢者医療制度を1年後に見直すと、今日総理が所信表明演説で言っていましたが、見直すと言うことは廃止することではなく、制度そのものは続けて、年金からの天引きを見直す位のものです。

医療現場では受信するお年寄りの保険制度が違うため、計算がメチャ煩雑していますね。
今までこの国を支えてきた人たちが、安心して老後を過ごしていける、これは我々の未来のことでもあり、看過できるものではありません。

お年寄り虐めの政治は止めて欲しい。
若者が生き甲斐を持てる政治、これが今求められています。
風の旅人
2008/09/29 21:48
今日のニュースで大阪ガスが、来年から一家庭月平均250円だったかなアップすると言っていました。
なんだ250円なんて思わないで欲しい。

6万円未満の年金しかない家庭で、250円の負担増は大きいですよ。
もしかして1食分のおかず代になるでしょう。
ランチ1600円で安い!何て言っている家庭では、この痛みは分からないでしょうが(゚_゚i)タラー

ガス代の値上げは、他の諸物価の値上げも連動される。
ガソリン代然り、輸入穀物の値上げ然りです。

これ以上の値上げが続けば、悲鳴を上げている家庭が続出しています。
国民の生の声を麻生のオッチャンみに聞いて欲しいけど、痛みを分からない今の政治家では期待が出来無いなあ
風の旅人
2008/09/29 21:49
風さん♪
小麦粉は値上げでたこ焼き屋のおばちゃんも悲鳴上げてた。
パン屋さんも値上げしてた。パンも小さくなってた。(泣)
もうこれ以上値上げしないでほしいね。
日本の未来は?長寿国ニッポンは大変だね。
定年が60歳は早いね。私も働きたくないけど頑張る。♪
ソナチネ
2008/09/29 22:29
ソナッチは働くことが好きだから、65くらいまで頑張りなさい。
とても笑顔が素敵な人だから、患者さんの好感度も抜群だと思う。

各種の値上げで末端は本当に大変だね。
粉もん屋さんにしても酪農家にしても、これだけ飼料や原料が上がっては、経営が立ちゆかなくなる。
日本経済はこの先どうなるのか。

米国のプライムローンの破綻から、世界的に経済不安になっている。
国家が緊急処置として援助しているけど、これも国民の税金で賄われている。
世界も日本もどうなるのか、資本主義の末期的な症状でしょう。
風の旅人
2008/09/29 22:38

コメントする help

ニックネーム
本 文
5日目で辞任した大臣 心の旅・遠くへ行きたい 1/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる