心の旅・遠くへ行きたい 1

アクセスカウンタ

zoom RSS 岐阜・津屋川・川面に映える彼岸花

<<   作成日時 : 2008/09/25 23:12   >>

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 32

津屋川って何処?
そう聞かれると思うので、まずは位置関係を。

桑名東ICから大垣方面に走るR258を約20km走ると、途中で分かれ道になります。
養老線が横を走っていますので、取りあえず美濃津屋駅の目指すと良いでしょう。
津屋と書いた交差点を右折すると村の中の道ですが、やがて着きます。
チョッとわかり難いかも。

車を駐車場に入れると、この日はラッキーなことに空いている。
直ぐ横が撮影ポイントの橋があるが、この橋の名前は何だっけ?
一応あると思うけど、名前までは確認しなかった。

ズラッと並んだ三脚を見たら、三脚の数より人が少ない。
もしかして待機?
普通はこんな場合はカワセミなどの小鳥を狙う時の撮影スタイルです。


画像



もしかして誰かを待っているな?
その相手は・・・・船頭さんかも。

津屋川の土手には真っ赤な彼岸花が見事に咲いている。
HPでこの日が満開だと載っていた。
どのくらいの数の彼岸花だろうか。
地元の子供達が協力して彼岸花を育てていると聞いています。

数年前に新聞で取り上げられてから、大勢の方が見えられるようになったとか。
この日も大阪からバスでやってきたグループがいました。
どうも船頭さんを呼んだのは、このグループらしい。
まっこと良き日じゃ(笑)


そして登場したのは、イケメン(笑)の船頭さん

画像


まさにあの唄を思い出す〜

♪俺は河原の枯れススキ
同じお前も枯れススキ〜

この船頭さんは田舟?というのかなあ
小舟を撮影ポイントまで移動して、投網を打ってくれます。
それも何回も何回も。

画像



投網がパッと綺麗に開く瞬間を狙ったんだけど、風のために綺麗な円にはならなかった。
それでも何回も投げていただいた。

画像


後で聞いた話によると、この船頭さんは申し込みがあると舟を出してくれるそうです。
土日の人手が多いときは、村の方から要請があるらしく、その時は一人300円の撮影料を取られるとか。

画像


今回はどうも大阪のグループが依頼してあったのか、臨時徴収はなかった。
ワテにとってはよかばってん\^o^/

網を投げて貰ったら、皆さんから感謝の言葉が掛かりました。
勿論ワテも言いましたでぇ
おりがとさんって\^o^/

画像



一時は30人ほどがバシャバシャ撮っていましたが、終わってしまうと人もやがて離れます。
そして土手を行くもの、対岸を歩くものに別れてしまう。

画像


土手を歩いてみました。
しかしこの位置から見ても、余り綺麗じゃない
はやり遠目で見る方が断然綺麗じゃないかなあ

水に浮かぶ彼岸花の花。
これは土手側からでは見えません。


画像



アチコチ撮影ポイントを探しに、梅園の中をウロウロ
時には美味しそうな栗の実が・・・。
拾いたいなあ\^o^/

画像



柿がなっているがな
パクって食いたいなあ(笑)

画像



生け簀の中にはもしかして、今話題の国産ウナギが入っているかも
蒲焼きにしたら美味いでぇ

画像



誘惑に駆られながら、ここは我慢のしどころや。

川面を揺する風がぴたっと止まると、まるで絵はがきのような景色が。

画像



川面を泳ぐ数羽のカイツブリが気持ちよさそうに泳いでいる。


画像



道行く親子連れでしょうか、湖面に反射している。

画像



川面が鏡のようになったら、これはたまりませんで。
この瞬間を待っていたんや


>


この一枚にこの日の全てがあります。



そろそろ日も西に傾き出す頃、養老山も川面に映し出しました。

画像



穏やかな川面に浮かぶ彼岸花
こんな時間になると撮影する人もまばら。


画像


もうチョッと粘って欲しかったなあ〜大阪のグループさん


画像


一枚くらい彼岸花のアップも欲しいところです。

画像



撮る位置によって、全然違う感じになります。


画像



先ほど船頭さんが乗った田舟が係留されています。
そこで記念の一枚





真っ赤な彼岸花が咲き終わると、いよいよ秋本番に入っていきます。
コスモスが咲き、ススキが咲き終わると紅葉前線が南下してきます。
もう秋はそこまで来ている感じがします。

画像



夕日が養老山に落ちてしまうと、やがて夕焼けを迎えます。
しかし真横に山がある関係で、夕焼けを入れたくても、彼岸花が見えなくなる恐れがあります。
ここら当たりで撤収するしかないかなあ

画像


半日がかりの撮影でしたが、天気に恵まれ団体さんに恵まれて、それなりに納得できる写真が撮れました。
最後にワテの写真でもどうぞ


画像


すまんのう
顔は勘弁してや
なに足が長い?
気のせいや\^o^/

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ガッツ(がんばれ!)

コメント(32件)

内 容 ニックネーム/日時
風さん♪
写真すばらしーい。最後の写真も素敵。
川面に写る彼岸花綺麗です。ため息がでるわ。神秘的。
彼岸花が見たくなったなあ。見たい見たい。(*^。^*)
姫路にもあるんだけどこことはくらべられない。
週末お天気なら彼岸花探してみよう。♪
ソナチネ
2008/09/26 00:45
ソナチネさん今晩は
川面に映る彼岸花がいいでしょう。
粘り勝ちです。
ほとんど同じ場所に数時間もジッと待っていた。

週末に行っておいで
きっと素敵な彼岸花が見られるでしょう。
風の旅人
2008/09/26 00:52
毎朝4時半に起床しているかっちゃ。登場♪

くり、食べたよ〜近くの山でじぃが拾ってきた
おっと、食べ物の話じゃないね(笑)

鏡面っていうんだっけ?
川が鏡のようになってる瞬間、ですね
自然からのすばらしい贈り物♪
撮影するには、根気が必要のようなきがします
彼岸花を栽培してるところがあったんあだけど
何せ営業の途中〜田んぼの真ん中〜〜
撮影にはいたりませんでした

>すまんのう
>顔は勘弁してや
 いい男は、出し惜しみするんすよね(笑)

>なに足が長い?
 まさに自然の贈り物(爆)

かっちゃ。
2008/09/26 07:58
画像のマウスオンは記事の中に追加編集しました。
今、みんなブログネタに困っているのか、通常の編集では飽きたのか画像の加工や変った表示がしたいみたい…

寝屋川の彼岸花は有名でカメラマンがこの時期は押し寄せるみたいねぇ〜ラッキーなチャンスに恵まれてよかったね!!
写真…ソナチャンは優しいなぁ〜
私なら、一番下の写真はゲゲッ!!
せっかくのいい写真がだいなしやんかぁ〜いらんでぇ〜と言います。
季実花
2008/09/26 08:04
かっちゃ。おはようさん
毎朝4時半に起きて、牛の世話でもしてるんか(笑)

もう栗も口に入ったのかいな
やっぱり早いなあ
早く採らないと熊の餌になってしまうし、人間と熊が競争しているのでしょう。

水面が鏡面になるのは、日が陰ってくると綺麗になるね。
太陽が真上にあるときは、水面が反射してイマイチでしたが、粘り勝ちでした。

実態を知っているだけに、かっちゃ。には誤魔化しがきかないなあ(笑)
風の旅人
2008/09/26 08:28
季実花さんおはようさん
リクエストの件、ありがとさん
あとで見に行って利用させて貰います。

津屋川に1時頃に到着して撮り出しましたが、太陽が真上にあるトップライト状態で、これではもう一つ深みのある写真にはならなかったが、日が西に傾くといい感じになりました。

なに?ソナッチと評価が二分するのかいな。
まあこれも遊びですから、いいじゃないでしょうか(笑)
風の旅人
2008/09/26 08:33
昨日はお騒がせ〜(恥ずかしい)
ここにたどりつくわけないか〜 (笑)

それにしても いい写真がずらり。。
秋らしい。。。 お彼岸 らしい 写真ですね。

紅葉の時期には 早いのに。。紅葉をみてるようです。。
川の水に映る 赤が また すばらしい。。
お出かけできてよかったですねー
hiro
2008/09/26 08:39
hiroちゃんおはようさん
昨夜はエライ目にあったなあ
ネット社会の閉鎖性を垣間見ました。

彼岸花が川面に映る景色を堪能できましたでしょうか。
家から130kmの距離ですが、走ってしまえばどうちゅうことはない。
綺麗に晴れた青空の下、ドライブには最高でした。
たまにはこれもいいかなあ\^o^/
風の旅人
2008/09/26 09:40
超忙しくなる前のつかの間の時間ですね。
本当に綺麗ですね。
鏡面になった川面に映った彼岸花と空・・・。うっとりです。
うちの近所の田圃や川の土手にも彼岸花が沢山咲いて、黄色の稲と綺麗なコントラストを作り出しています。
それに青い湖、青い空、最高です。
ayaya
2008/09/26 13:38
ayayaさん毎度〜
3年越しの計画だったし、しばらくは自分の時間も作れそうにないので、思いきって行ってきました。

琵琶湖を借景として、彼岸花の配置するのも悪くないなあ
それこそ来年にでも、湖畔道路を巡ってみようかな
その時はこれぞと思う場所を紹介してください。
風の旅人
2008/09/26 14:37
この一枚にこの日の全てがあります>まさに、
そのとおりですねぇ〜。お見事な一枚!!
澄んだ水面に、青い空、赤い花、
ここ一番のお写真は大きくすると大迫力ですネ!!
風さんの影?(^o^;アハハ決して足は長く見えませんよ(笑)
sayuri
2008/09/26 15:35
sayuriさんコンチャ
朝から雨が音を立てて降っている大阪です。

試しに画像を大きくしてみました。
これはと思う画像は大きくすると迫力がありますね。

足の長く見えませんか
チョッとショックやなあ(笑)

今度撮るときは深まりゆく秋にでも撮ろうかなあ\^o^/
風の旅人
2008/09/26 15:41
しかし見事に咲いてますね♪
ちゃ〜んと名前の通り、お彼岸のころ咲くんですから自然ってすごい!って思います。

別名に、「ハミズハナミズ(葉見ず花見ず)」っていわれてるのご存知でしょうか?
言われてみれば、花の咲く今頃は彼岸花の葉っぱって見ませんものね。
私だけかしら?
葉っぱを知らないのって。。。

あ、おせっかいか?とは思いましたが^^;

NO.32とNO.33が同じ記事になってました。

キウイ
2008/09/26 19:11
な〜んだ、やっぱり足が長く見えるのは、気のせいなんですね。
私の目がどうにかなったのかと心配しました。

私、最後から4枚目の“係留されている田舟の写真”に惚れ込みました。
素晴らしいです。
何度も何度も見直しました。
この一枚から小説が書けそうです。
津屋川…初めて聞きましたが、有名なところなんですね。一つお利口になりました。
ちなみに、こちらは先週末は30℃近くあったのに、今日は20℃ありません。じいちゃんはセーター着てました。徐々に秋が深まっていく、という自然の法則に逆らっています。風邪ひきそうです。
マミー
2008/09/26 19:14
キウイさん今晩は

彼岸花の葉っぱが出るのは、冬になってからと聞いています。
花の咲く頃は葉っぱの形もない。
そう言うワテも葉っぱなんて見たこともない。
どんな形をしているのか、誰か知らないかなあ

>同じ記事になってました

サンキュー
間違っていましたので、早速修正しました。
風の旅人
2008/09/26 19:38
マミーさんコンチャ
最初の5人はワテの素顔を知っているので、誤魔化しが出来まへん(゚_゚i)タラー

秋の日差しを浴びて長い影が出来たので、チョッとでも長く見せようとしましたが、所詮は胴長短足メタボですからバレバレですわ(笑)

田舟の写真ですが、水面に逆さに写る彼岸花に、もう少しピントが合っていれば言うことなしですが、わずかにさざ波が出ていたのが惜しまれます。
欲を言えばキリがないですね。

今日はこちらもかなり涼しくて、今も外出から帰ったところですが、半袖では少し寒く感じます。
そちらはセーターですか。
そこまで寒くはありませんが、これからは日に日に寒くなりますね。
風邪など引かないように気を付けてくださいね。
風の旅人
2008/09/26 19:49
水に映る彼岸花はきれいですね。
怖いお話と一緒に思い出されるキツネバナの印象が変わりました。
ところで今日聞いた話です。わが町でもここから20kmくらい北に行くと彼岸花はないそうです。この辺りが彼岸花の北限とか。
日本中どこにでも咲く花と思っていました。
風葉
2008/09/26 21:50
すっごい彼岸花の群落ですね!
もし、ここを知らなかったら、そう叫んでいたことでしょう。

船頭さんにも遭遇することができたのですね。
土日なら・・、それも必ず会えるとは限らないのに、
平日に会えたなんて、本当に、ラッキーでした。

川面に反映した彼岸花がとても綺麗です。
初めて行って、最高の状況で撮影できて、ホント良かったですね。

今度は、愛知県半田市、新美南吉の「ごんぎつねの里」にもおいで
下さい。矢勝川堤に100万本の彼岸花が咲き乱れています。
ともっぺ
2008/09/26 22:34
風葉さんのお住まいの県北では咲いていないのですか。
自生は秋田とも言われており、この部屋に来られている「かっちゃ。」さんは青森の方ですが、青森では植えられていると書いておられます。

となると寒い秋田や青森で育っているので、県北には彼岸花が見当たらないのは????

このブログのお客様で米子にお住まいの「まさら」さんがおられますが、米子では見られるかな?
九州の柳川では咲いていたのを見ています。
風の旅人
2008/09/26 23:02
ともっぺさんが一日違いで撮影に行かれたので、ほとんど同じ構図かなと思っていましたが、撮る人によって狙いが全然違う写真になっています。

船頭さんが登場したのは、本当にラッキーでした。
お金も払っていないものが言うのは変ですが、注文をつけるとしたら、もう少し場所を移動しながら、撮らせて欲しかった\^o^/

半田市の「ごんぎつねの里」は、新美南吉さんの事も含めて、大阪発行の新聞でも取り上げています。
来年は遠征しますか(笑)
風の旅人
2008/09/26 23:11
ヒガンバナの素晴らしい写真の数々のオンパレード・・・
タメイキものですね!
水面に映る画像に見惚れます。
そして川舟に船頭さんの投網ときたら、もうグラビア写真そのものです。
流石私のカメラの師匠、風さんの写真に見入りましたよ。

我が家近辺にもヒガンバナは見られますが、西日本の方が断然規模が大きいような・・・
田んぼのあぜ道に咲く彼岸花の群生を見るのが夢でしたが、水辺の美しさを知り、ここも加えます。
教えていただきありがとうございました。
naoママ
2008/09/27 11:59
naoママさん毎度〜でおます
彼岸花の咲く風景をこれまでに見てきました。

奈良・明日香村にある稲渕の棚田の風景も良かったけど、この津屋川の水辺に咲く彼岸花が一番綺麗ですね。

彼岸花の名所としては、関東では埼玉の日高市にあるきんちゃく田が有名です。
この時期には大変な人が来るとか。
関西では有名な彼岸花の名所は聞かないですよ。
風の旅人
2008/09/27 12:40
見事な彼岸花の群生ですね!
水辺に咲いているのが、一段と見栄えがして素敵ですね!
あちこちに群生地があるようですので、一度観てみたいと思っています。
白い彼岸花の群生地も何処かに有るのでしょうか?
mugen
2008/09/28 11:00
mugenさん今晩は
日が早く落ちるようになりましたね。
雨がパラパラしている関係でもう真っ暗です。

水辺に咲く彼岸花は本当に綺麗でしょう。
今回津屋川に行って大正解でした。

白い彼岸花が群生している所はブログで見ましたが、愛知の半田川の彼岸花の中に、白い彼岸花がまとまってありました。
この津屋川は赤い彼岸花だけでした。
風の旅人
2008/09/28 18:00
たくさんの彼岸花! 見事ですね。
わたしは、どちらかというと、
   紅い花なら、マンジュシャゲ(曼珠沙華)♪
という、歌詞を思い出す古いひとなので、
こちらの名前が好きですが(笑

naoママさんのところの記事で、
風さんの彼岸花に拍手とありましたから、
そりゃ行ってみなくちゃ、、と、飛んできました。
今年はまだ、彼岸花をみておりませんでしたから・・
群生も見事ですが、アップもすてきですね。
今日はネットで、彼岸花めぐりをしてみましょう☆



michy
2008/09/29 12:07
michyさんコンチャ
昨日から降り出した雨は寒さまで運んできました。

最近は彼岸花が一般的になって、曼珠沙華とは呼ばなくなりましたね。
古い歌の中には何度か曼珠沙華が登場しています。

住んでいる地域でも場所によって、早咲きもあればまだ蕾の所もあります。
お彼岸になると一斉に咲き出すって面白いですよ。

このアップの写真を壁紙にしていますが、自分で言うのも何ですがとても素敵な風景写真です。
良かったら使ってみてください。
ただし添付したものは解像度を落としているから、イマイチかも知れません。
風の旅人
2008/09/29 14:46
彼岸花、綺麗に赤く染まっていましたね。
イケメンの船頭さんにも、会えましたし、わての写真も?拝見できましたし、ご案内ありがとうございました。伊勢海老ラーメンは、食べないようにしますね。
風の旅人さんの見事な写真とおもろいお話を、楽しみに、前記事にも、少し前から、立ち寄らせていただいています。時間をかけて、風の旅人さんワールドをのぞかせてください。もうのぞいていますが・・・わッ!!エッチ〜自分で言っといて懐かしい言葉ですね。
にこにこ通り
2008/09/30 22:34
にこにこ通りさん今晩は

岐阜県に先日行ってきました。
今までにも彼岸花は見ましたが、スケールの点から言っても、ロケーションの素晴らしさから見ても、本当に見事な彼岸花でした。

ワテの写真?果て何処にしまってあるかなあ(笑)
わざわざ探したのですか\^o^/
ブログの中に何枚かあります。

このブログの目次もトップページに書いていますので、それを参考にお好みの所を覗いておくれやす。
出来たら読んだページで、感想などを書いていただければ幸いです。

にこにこ通りさんの郷土の話も楽しみにしています。
風の旅人
2008/09/30 22:47
風の旅人さま。

101回目のコメントです♪
わー、絵になりますね!! そのうえ、背景に
ビルやマンションなどが写り込まないのがイイですね〜。

土手の上を、江戸時代の旅姿をした人が歩いていたら
その時代の写真に見えちゃうかも。

「この瞬間を待っていたんや」とおっしゃる写真・・・、
これ本当にバッチリですね! 美しいと思います♪♪
こんなにキレイなら、私も行ってみたいです (^_^)
Aki
2008/10/01 18:30
101匹のワンちゃんと言う映画があったけど、Akiさんの登場は嬉しいですね。

土手に咲く彼岸花がいいでしょう。
初めてこの地を訪れて、すっかり虜になりました。

さざ波が起きると花が乱れますが、一瞬の静寂がこのように鏡のごとくなりました。
いつ綺麗になるかは待つしかありません。
ただジッと待って波が消える瞬間を狙う。
文章に書いたら簡単ですが、これは運以外なかったなあ

と言うのは平日で人も少なく、この時間帯になると人もまばら。
しかし横着なカメラマンは何処にもいるんですよ。
三脚を構えてその場所から動こうとしない(トップの写真を参照)

一番いい場所は誰もが入りたい。
しかしこの場所はワシのものだと、長時間居座り続けられたら、後から来る人は迷惑この上もない。

上で待っていても、交代しようともしない。
これは腹が立ちまっせ。
短時間で景色は変わりませんから、交代で写せばいいのにと思ってしまう。
喧嘩も出来ないので、諦めて違う角度で撮るしかないのです。

今回の写真はその中でも、本当に偶然の産物でした。
風の旅人
2008/10/01 18:47
こんばんわ 
久々の気ままな生活 堪能していますか。
岐阜県の津屋川のまんじゅしゃげ、ブラボー
撮る腕前もあるでしょうが、カメラマンが
構えるわけですねー
 さすが 狙った圧巻写真 脱帽ですねー
楽しませていただきましたよー
和さん
2009/09/21 19:22
和さん今晩は
丁度今頃が彼岸花の見頃だと思います。
普通だったら見に行くのに、5連休になったので凄い渋滞。
これでは遠出なんかしたくない。
出て行きたいのをジッと我慢しています。
約半日の撮影でしたが、帰りを気にしながらも粘った甲斐がありました。
最後に良いのが撮れました。
風の旅人
2009/09/22 00:06

コメントする help

ニックネーム
本 文
岐阜・津屋川・川面に映える彼岸花 心の旅・遠くへ行きたい 1/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる