心の旅・遠くへ行きたい 1

アクセスカウンタ

zoom RSS 北海道の旅 No7 小樽の町1

<<   作成日時 : 2008/08/01 16:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 15

積丹を出発したのは11時でした。
お昼ご飯はオプションでしたので、添乗員から今日のお昼ご飯は、積丹の何処かに立ち寄って、名物のウニ丼を予定していますが、時間的に少し早いのでお腹も空いていないでしょう。
そこで小樽に一気に向かって、小樽でお昼ご飯は如何でしょうかとの提案があった。

お昼はオプションなので、ウニ丼限定のメニュー?(でもないか)より、小樽には名物の寿司屋街もあるし、各自好みも違うので小樽に向かう事に決まりました。


画像


小樽では二時間の自由時間がありました。
お昼をどうするか、寿司屋に行くかそれともウニが食べに行こうか?
結局迷ったあげく割烹店に行くことに。
ここならメニュー見て決められる。

画像


店の前に立ってウインドーを見ていたら、何を見ても美味しそうや
迷うなあ〜ホンマに迷いまっせ(笑)

画像


丁度呼び込みのオッチャン(店主だと思う)が出てきて、今日のお薦めメニューを教えてくれました。
これにビールかウーロン茶をサービスに付けまっせ。
この一言で決定\^o^/

画像


店内に案内されてカウンター席に着いた。
丁度そこは若旦那の前。

画像



鮨を握りながら若旦那が話しかけてくるので、小樽の町の話などを聞く。
地元ネタは結構有り難い。

このお店は入って正解でした。
天ぷらも満足したし、寿司も美味しかった。

店を出て小樽の裏通り?を散策。
表の通りは直ぐ目に付くけど、一つ裏筋となるとなかなか足を運ばない。
見つけたのは利尻屋。

看板見て笑ってしまった
国境の味だって
七日食べたら鏡を見てごらん?
何を食べたらいいのかなあ

画像



まさかほら吹き昆布じゃないやろ
こんなもん食べたらエライこっちゃ(笑)

北の漁場
ここは海産物も含めて色々土産が売っていた。

画像


画像



土産はともかく食べてみたいのはこれ
殻付きウニ
生で食べてみたい。

画像



水槽の中のウニを割って食べさせてくれます。
焼きウニでもよし、生ウニでもいい。
今回は生で食べることに。


画像


ところがこの皿なんだけど、ニイちゃんチョッと汚くないかいと言いたくなりました(笑)
まあ文句は言わないで黙って食べたけど、やっぱりなあ〜見た目も大事だよ。

北海道の土産と言えばこれ
六花亭と北嘉桜

画像


中に入ったら試食もあった。
しかし試食中の写真は撮るわけには行きません(笑)

そのかわりバームクーヘンを焼いていた。
どうして作るのか、その辺りを説明しましょう。

画像


ソーセージのお化けのようなものが、焼きたてのバームクーヘンです。
職人の腰の位置にクリーム色のものがありますが、これがバームクーヘンが出来る途中です。

一回一回薄く塗りつけては、回転炉の中で焼き上げます。
一回転すると1枚焼き上がりますから、その上からもう一度幕を塗ります。
そして何回も焼き上げて、右側のロール状のバームクーヘンが出来上がり。
以上料理教室でした。

名物をもう一つ。
6色のソフトクリーム。
ボリュームがありすぎて、一人で食べるには・・・

画像


食べ物編は以上です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(15件)

内 容 ニックネーム/日時
積丹ブルーというのは知りませんでしたが・・・
大都会の札幌から近い所なのに、このように美しい海が見られるのが嬉しいですよね。
積丹の海は、礼文&利尻の海にも匹敵する美しさでした。
休日の午後から我が家を出て、時々積丹の美国町までお寿司を食べに行きました。
小樽は有名になってから値段が高くなりすぎて・・・
バフンウニも、そのまま殻ごとスプーンですくって食べました。
懐かしい北海道時代の思い出です。
風さんも小樽のお食事はバッチリだったようで良かったですね。
naoママ
2008/08/01 21:00
今までは、観光。
今日は美味しそうな食べも編ですね。
おいしそうです!!!ヤッパリ北海道には行かなくっちゃですね。!!!
ayaya
2008/08/01 22:14
naoママさん今晩は
積丹半島から見る青い海は最高です。
何時の頃から積丹ブルーと言われ始めたのかは知りませんが、なるほど〜積丹ブルーか〜〜確かに納得できる海の色です。

北海道の夏は短いだけに、青い海を見る行き交いも少ないかも。
これほどの海は何時までも残して欲しいですね。

馬糞ウニも今月まで、やっぱり利尻で採れた馬糞ウニを以前食べましたが、何とも言えないほど美味しかった。

積丹もウニが名物で美味しいですね。
せっかくだから食べても良かったんだけど、他にも目が行きますよ。
あれも食べこれも食べたい。
結局ちょっとずつ食べることにしました。

小樽とか札幌で食事がオプションのツアーだったら、自分が普段食べたいと思っているところに行けるから嬉しいなあ

花を見て美味しいものを食べることが出来たので、今回の旅は大満足でした。
風の旅人
2008/08/01 23:16
ayayaさんコンチャ

このシリーズで初めて食べ物を紹介しました。
前の2日間もそれなりに楽しんでいましたが、やっぱりここ一番は海鮮ものでしょう。
せっかくの北海道です。
美味しいものはやっぱり食べなくっちゃ\^o^/

ayayaさんもご主人と一緒に、北海道に行ってください。
風の旅人
2008/08/01 23:21
風さん♪
北海道っていえば美味しいものが多いこと。
でも結構お高くなかった?
美味しいのは間違いないだろうけどね。
今年中に北海道行こうかな?雪の北海道も素敵。

今日も夜ご飯のあと寝ちゃった。明日は休みで嬉しいな。
でももう寝ます。なんか睡魔に取り付かれてるみたいよ。♪
ソナチネ
2008/08/01 23:41
ソナチネさん〜
今回食べた料理はお勧め料理ですから、そんなに高くはなかった。
それより「時知らず」って知っていますか?
鮭の遡上は秋ですが、春から夏にかけて獲れる鮭のことです。
脂がのって大変美味しいのですが、これがウインドウの中にあったんや。
値段聞いたら1貫の値段やった。
それを聞いて止めました(゚_゚i)タラー

若旦那との会話でもこのことが話題になって、ついには鮭児(けいじ)の話になりました。
鮭児というのは数千匹に1匹いるか以内かと言われるほど幻の鮭。
バルブ時代には1本10万の値段が付いたようです。

こんなもん食べる人がいるんだなあ
鮭児が手に入ると友人親戚みんな集めて、大宴会するらしいで\^o^/
風の旅人
2008/08/01 23:56
お仕着せが多いツアーでも、たまにはフリータイムがあると
違った体験ができて、いいものですね。
でも、これは旅慣れていないと、どこにも行けませんが・・。
利尻屋さんの看板は、なんのこと〜?
意味不明だけれど、なんとも楽しい。
生うにのお皿は、ちょっとね〜〜
食べ物談義は、ツアーとは思えないくらい、面白かったです。
ともっぺ
2008/08/02 06:50
ともっぺさんおはようさん
今回のツアーの特色はお昼ご飯でした。
初日は12時が飛行機の中だったので、自前の弁当でした。
二日目は旭川動物園だったので、用意された弁当2種類から選んで、雨の中で食べました(笑)
3日目は積丹のレストランに入るものと思っていましたが、添乗員からどうしますか?なんて言ったときは、正直ビックリしました。
普通はお客さんの中にウニが食べたいという人が必ずいますが、今回は誰も意義を申し出なかった。
これはお客さんが出すアンケートの結果ではないかと思います。

旅が終盤になるとアンケート用紙が配られますが、その中で食事のことが以前からかなりあったんじゃないでしょうか。
同じオプションプランでも、食堂でお仕着せのものを食べるんじゃなく、小樽や札幌と言った大きな町では、お客のニーズに対応できる店が揃っています。フリーにした方がお客さんは喜びます。
このツアーの人気がアップするのは確実です。
風の旅人
2008/08/02 10:01
この看板の意味はワテも分かりません
入って聞いても良かったんだけど、入れば何も買わないで出にくい(笑)

お皿もご覧のように錆びていました。
分からないことはないが、これはチョッと考え物やで。
器を見て食べるなんて詫び寂の世界は、北海道には通じないのでしょう
豪快に食べる、これが北海道かも知れません
風の旅人
2008/08/02 10:01
え〜〜〜。。。
せっかくの生ウニが台無しじゃ(T□T)
ウニに祟られるで。。。

こんなお皿なら、発泡スチロールのお皿の方がいくらかマシ。
がっかりでしたねぇ。。。

教訓として、次回はマイ皿持参で参加とか(笑)
ようこ
2008/08/02 11:47
ようこさん毎度〜
この皿を見て、ただ笑うしかなかったでぇ。
ホンマにどんな商売してるんやろ

マイ皿持参ですか。
考えんとアカンみたいやなあ(笑)

発泡スチロールを使うとそれだけ儲けも少なくなるだろうが、この写真見たら食べる気が失せるでしょう。
ようこさんの場合は備前の器でも持参してや。
風の旅人
2008/08/02 14:29
海水で食べるウニはさいこーでっせ!
しかし、皿が汚すぎ・・・こりゃあかんよ。
花子
2008/08/04 17:34
この皿を見ただけで、食欲落ちるでしょう。、
でもワテは食べましたでぇ\^o^/
ここでしか味わえない味ですから、文句は後回しや(笑)

しかしこんな商売していたら、やっぱりアカンでぇ。
風の旅人
2008/08/04 17:40
風の旅人さま。

一枚目の小樽運河の写真を見ていると、
自分も飛行機でひとっ飛びしたくなります。
小樽は夜景も綺麗ですし、海産物も美味しいですしね♪

風さまが食されたお寿司は・・・
まぐろと、サーモンと、イカと、甘エビと、
あとはう〜ん、何かの貝でしょうか??
きっと小樽ならではの美味しさだったのでしょうね♪♪

いいなあ〜 (^_^)
Aki
2009/02/03 23:28
Akiさん今晩は
小樽は寿司屋通りがあるくらい、ズラッと並んでいます。
何処で食べても美味しいでしょうが、目移りしていけません。
そこで店主のお薦めもあったことだしこの店に入りましたが、入って良かったですよ。
不味かったらブログには載せませんよ。

観光にも色々見るものもあって、とても良いところだし、是非お暇が出来たら一度行けると良いですね。
風の旅人
2009/02/03 23:34

コメントする help

ニックネーム
本 文
北海道の旅 No7 小樽の町1 心の旅・遠くへ行きたい 1/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる