心の旅・遠くへ行きたい 1

アクセスカウンタ

zoom RSS 潮来・あやめまつり

<<   作成日時 : 2008/06/10 22:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

あやめ祭の開催に合わせて旅立ちましたが、大阪から一気に潮来に入るにはチョッと遠すぎます。
そこで千葉で一泊した、朝8時19分の電車に乗って潮来に9時53分に着きました。

画像


11時から潮来花嫁さんが舟に乗ります。
それが行われるのは土日だけ。
それに間に合わせようとすると、どうしてもこの時間になってしまう。
それはJR鹿島線は1時間に1本しか走っていないから。

画像


途中の成田までなら幾らでもありますが、成田から向こうがない。
やっぱりローカルでっせ。
えっ何か言った?
何が三都物語や〜ねん
文句を言いたいのは山々でしょうが、今回は文句を言わないように。
とにかくコトコト揺れながら鈍行の旅でした。

画像


花嫁が登場するまでには1時間もあります。
それまではあやめを撮るしかない。
あやめで漢字変換すると菖蒲となります
じゃあ「しょうぶ」と「あやめ」は同じものかというと、全く別の種類になります。

画像


じゃあなんであやめ祭なんだから、あやめが咲いていると思うでしょう。
それが1本もない。
と書けば潮来の観光協会に、1本くらいはありますよと叱られるかも知れないが、とにかくそんな状況でした。

画像


HPより違いの説明をお借りしました。

アヤメ:花は直径8〜10cm。紫か、白。
花弁の付け根が黄色で、紫の編目になっています。
葉はカキツバタ、イチハツに比べて細く、脈の隆起はありません。
白い粉を帯びています。
湿地〜乾燥地まで、大丈夫。

菖蒲(ハナショウブ):花色は白、紫、絞り等、多彩。
大きいものは15cmにも、なります。
花弁の基部は黄色。
葉は直立して剣状。
葉の中央に隆起した、脈があります。
多湿を好むが庭植えも可能。

かきつばた:花は濃い紫。
花の中央に縦に白い筋。
丈は60〜70cm。
葉の表面に筋はなく、すべすべしている。水湿地。


とまあこんな感じで書いています。
わかりますか?

画像


ここ前川園は潮来の駅から歩いて2分、つまり駅前にありますから、見に行くのはとても便利なところ。
駅前には立つと、昔の潮来娘が真っ黒い顔して案内してくれました。

画像


現役の潮来娘は祭の花ですが、駅前のおばちゃんは愛嬌のある人でした。

先にも載せましたが、潮来の伊太郎の記念碑、さぞかし橋幸夫さんに似てるのかなと思いましたが、似てないこともないけど、まあこんなもんでしょう。

画像


祭になると屋台が一杯出ますが、その中に地元の婦人会というのかな?
民芸サークルでしょうか、お婆ちゃんが3人座っておられ、ミニチュアの笠と布草履を作っておられました。
土産物として売っていますが、お土産に買えばいいのだけど、手荷物になるからなあ
ワテは手荷物になるのは嫌いやねん(笑)

画像



他の土産物売り場を覗いたら、花屋さんの店先にこんなものが。
エライ艶めかしいポーズで店先に置いてありました。
何でも地元の画家さんが顔を描いたとか。


画像



可愛い女の子がいました。
家族でこの菖蒲園に来ておられ、夫婦は花の写真に夢中でした。

画像



潮来花嫁さんの出番までは、これでも見てチョ

画像



祇園祭礼踊り

画像



画像



あやめ踊り
画像



画像


てこぎ舟(櫓舟)は40分1000円です。

画像



画像



そしてあれは何だ・・・・

画像



あの乳母車の中は・・・サングラスをかけた犬????

愛犬家には期待できるぞ〜次回まで待て\^o^/

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
風さん♪
アヤメと菖蒲は一緒と思ってた。そうかあ。
なんかややこしい。写真は菖蒲ってことだね。
アヤメはないってことね。アヤメ祭りなのにアヤメないのか。
6月は紫陽花に菖蒲。1年中なにかの花で楽しめるわけか。
週末また姫路。雨なら昼寝して晴れなら菖蒲。
もう寝る。なんかだるくって。今日も仕事忙しかった。♪
ソナチネ
2008/06/10 23:14
ソナチネさん〜ややこしいでしょう。
ワテも一緒と思っていたもの。
写真で見比べると確かに違いがわかるけど、そんなもん翌日になったらすっかり忘れている。

この前川園にあやめが全くないのか?とはよう聞きませんでした。
あると思うけど、ほとんどが菖蒲でしょう。
でも主催者はどう言うか、確認してみたいですね。

又姫路でっか。
しっかりお母ちゃん孝行してきてや。
風の旅人
2008/06/10 23:18
私、今「鎌倉・明月院」のハナショウブをUPしてこちらにお邪魔したら、ナント同じお花が!
風さんは潮来の「あやめ祭り」にお出かけしたと朝ここで拝見したのに、ハナショウブ祭りだったの?
アヤメはもう終わったんでしょうね〜?

私もアヤメとカキツバタとの違いを調べたんですけど、こちらをリンクすれば簡単に済んだのにと残念に思っています。
毎年調べて忘れていますよ(汗)

アヤメを漢字で変換すると菖蒲になるし、本当にややこしいですよね。
naoママ
2008/06/11 01:33
naoママさん今晩は
ホンマにややこしいですね
「あやめまつり」が正式名称です。
ポスターをアップしてなかったなあ
後でアップしとこ。

菖蒲はハナショウブともいいますが、菖蒲がなんであやめになったんだろう。
昔はここにはあやめが一杯咲いていたのかも知れませんね。

先ほどnaoママの新規アップを覗いたら、文章的にもそっくりだったので、一人で笑ってしまいました。
風の旅人
2008/06/11 01:42
あやめと菖蒲・・・・
違いがわかりません^^:
違いが分からない人が多いので
菖蒲だけど・・・まぁ〜あやめ祭りの方が
ごろ的にいいかってことで・・・あやめ祭りにしたのかな?

犬本当にサングラスして可愛い^^
野沢菜っ葉。
2008/06/11 10:22
風さんの行動力はすごいですね〜
私、、、風さんの歳になって そんな行動力あるか自信ありません。。
さよちん 元気づけに行って またまた、あやめまつりですか〜

あやめ踊りまでしてるなんて、見ごたえありますね〜
手漕ぎ船には乗りました?
風情がありますね。。

だいこんさんには笑っちゃいました。
サングラスのワンちゃんも気になるね〜^^
hiro
2008/06/11 10:29
菜っ葉ちゃん毎度〜
よくわからないのがこの二つの関係ですよ。

パッと見いで間違うのが睡蓮と蓮。
よく似た葉っぱですが、花の位置も葉の位置も違う。
もちろん葉っぱも違いますけどね。
でもやっぱり間違って言ってしまう。

犬の写真を期待しとってや\^o^/
風の旅人
2008/06/11 16:11
hiroちゃんコンチャ
遊びに行くと嬉しいもので、何処にでもさっさと移動しますよ。
今回もコッチに来いと声が掛かれば、よっしゃ〜で直ぐに向かっています。
電車で一時間くらいの移動するくらいなら、どうちゅうことがないなあ

さよちんさんを元気づけに行くのが、今回の旅の目的じゃないですよ。
金曜日の深夜に舞子さんとコンタクトが取れて、日曜日の夜カラオケに行く話になりました。
そのことをブログに書いて、翌日の朝上京しました。

しかし夜になってもさよちんさんから何も連絡もないので、日曜日に舞子さんと会うのだけどと言ったら、さよちんさんはビックリして、何で今頃言うのと怒っていた(○`ε´○) プンプン
しかし話をしたら直ぐに納得して、日曜日の夜みんなで会うことに。
これが経緯です。
今回はサプライズも何もなかったのです\^o^/

さっぱ舟には乗っていません。
乗る時間というか、嫁入り舟を見たかったから、そっちを優先しました。
風の旅人
2008/06/11 16:27
潮来花嫁さん、早く見た〜い!
いずれがあやめか、花菖蒲〜?
ふんふん、どう見ても花菖蒲やな〜
真っ黒なお顔の昔潮来娘さんも、真っ白なお肌の大根娘さんも
いいけれど〜
あやめ踊りさんも、サングラスのあん(ワン)ちゃんも
いいけれど〜
とうとう、潮来花嫁さん、見えなかった〜〜
ともっぺ
2008/06/11 16:56
ともっぺさん毎度〜
まあ待っておくれやす。
一気に花嫁出したら、面白くないやんか。
せいぜい他のもので楽しんでください(笑)

今夜にでもアップします。
風の旅人
2008/06/11 17:19
今回は潮来へおでかけでしたか。
あやめ祭り”  菖蒲祭り” アヤメも花菖蒲もチョット見ただけでは違いがわかりません。葉脈を見ると解ると教えられましたが どっちがどっちかさっぱり。五月五日に使うのは菖蒲(アヤメではないです。ショウブです。)ですねえ。こちらは香りもあってよく分かるのですが・・。
花の色数が多いのは花ショウブでしょうね。綺麗な花を見るにはどっちがどっちでもいいです。
潮来花嫁さんはどんな花嫁さんかしら〜〜
風葉
2008/06/11 23:21
風葉さん今晩は
今度は潮来への旅でした。
お洒落な都会じゃなくて、水郷の町ですからど田舎の三都物語ですわ(笑)

あやめと菖蒲の見分け方、ホンマにややこしい。
比較するものを載せようかなあ
たしか葵祭の時、賀茂川で撮った写真があったなあ

こどもの日に使う菖蒲は、このハナショウブじゃないらしいでっせ。
調べてみると次の通りでした。
菖蒲湯に使うショウブはサトイモ科の宿根草で、ガマノ穂の様な花を咲かせ、葉はアヤメ科の植物に似ていますがまったく別の草だそうです。
風の旅人
2008/06/11 23:29

コメントする help

ニックネーム
本 文
潮来・あやめまつり 心の旅・遠くへ行きたい 1/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる