心の旅・遠くへ行きたい 1

アクセスカウンタ

zoom RSS 京都三大祭り・葵祭 No3

<<   作成日時 : 2008/05/17 23:03   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 26

お待たせしました。
いよいよ葵祭の巡行です。


下鴨神社から15分ほど歩いて北大路通りに出てから、人が比較的少ないところを探して、待つことにしました。

巡行は正式名は路頭の儀と呼ばれます。

平安時代の衣装を着た人たち500人が、上賀茂神社までを歩く儀式です。
HPによると馬36頭、牛4頭、牛車2台、輿1台の風雅な王朝行列となっていますが、そんなにいたかなあ
コースは午前中が4km、午後が4kmです。
午後2時20分に下賀茂神社を出た行列は、先頭が目の前に来たのは2時40分。

なんと先頭は騎馬警官です。
御所もあるだけに、京都と東京には騎馬警官外るんや。

画像


行列には順序があります。
まず最初に来たのが勅使でしょうか、それぞれの役割がありますが、詳しいことはわかりません。

画像


画像


画像



画像


巡行の中でも重い荷物を運ぶ人がなんにもいます。
中身は入っていないでしょうが、これ持って4kmの道を歩くとしたら、これはエライでっせ。
交代すると思うけど、暑い日差しの中なので見ていて可哀相でした。

画像



画像


単に傘というわけでもないでしょうが、これも結構思いと思います。

画像



輿の登場です。
葵祭ですから、藤の花が飾ってあります。
この中には人は乗っていません。

画像


牛が御所車を引いており、一緒に歩いている人も大変でした。

画像


画像


予備の牛でしょうか。
この牛は暑いのか、よう鳴きました。
では牛にインタビューをしましょう。





牛の鳴き声なんか聞いたことがない人もいるでしょう。
如何でしたか(笑)

これは何でしょう?
琴みたいな感じやなあ

画像


次に重要な人がおりました。
馬糞や牛糞の掃除をする人。
動物は道路でいきなりやるからなあ(笑)
後ろの方にももう一人いました。

画像


絵日傘の登場です。

画像



画像



いよいよ女官の登場です。
これからは華やかになります。

画像



画像



いよいよ葵祭の主役の登場です。
今年の斎王代は確か27才で料亭・菊乃井さんのお嬢さんです。
新調された十二単が綺麗ですね〜

画像


着物じゃなくて顔の方はどないやねん?と聞かれそうでんなあ
待っておくれやす。
ここではイマイチでして、もっといい場所探しに移動しまっさ。

移動の途中で可愛っ子ちゃん達発見。
こんなもん逃しまっかいな\^o^/

画像


何処かの着物教室の生徒さんか、それとも大学生グループでしょうか。
全員着物姿でした。
着物姿のネエちゃんはいいなあ\^o^/

おっと、葵まつりの巡行の中にも、若くて綺麗な方がいました。

画像


一枚ではたりん?
しゃあないなあ

画像


斎王代です。
ずっと一点を見つめたままでした。
神様ですから笑うことも禁じられているのか、見ていて大変でした。

画像



画像




画像



画像



画像



ここまで来ると皆さんお疲れ気味。
上賀茂神社までまだ1kmくらい残っています。

画像


巡行が通り過ぎたので、観光客は上賀茂神社に向け移動開始。

画像


この辺りがhiroちゃんの散歩道かも。
チャイ真っ赤?
上賀茂橋西詰交差点付近です。

画像


最後の御薗橋を渡っていきました。
ワテはここで見送りましたがな。

画像


さてここから帰るのは、どうしたものか。
歩き疲れてしんどいなあ
バスで帰るか、歩いて帰るか。

ええ〜い〜やけくそや。
賀茂川沿いに歩いて帰ろう。
約3kmの道を出町柳まで歩きましたがな。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

コメント(26件)

内 容 ニックネーム/日時
王朝絵巻の様な「路頭の儀」の華やかな様子が、写真から良く解ります。
行列は随分長いですね。行進する人も、見物人も、牛や馬も暑い中お疲れ様です。
牛・馬糞の掃除係もおられるとは・・・さすがですね!
mugen
2008/05/17 23:32
mugenさん今晩は
巡行の模様を通り過ぎるまで1時間掛かると言われています。
それくらい長い行列です。

この日は本当に暑くて、行列に参加している方は衣装を着ているので、汗だくだったと思います。
見ている方も喉は渇くので、ペットボトルのお世話になりましたが、行列の人たちは飲んでいなかったのかな。

この暑さですから飲まなかったら、脱水症状が起きるでしょう。
幾ら伝統行事でも、そんな配慮はあると思うなあ

牛や馬は垂れ流し。
掃除の人がいないと町の人たちから苦情が出るかも(笑)
風の旅人
2008/05/17 23:38
風さん♪
牛さんの声、かわいいわ〜〜〜。
私、動物が大好き。モオ〜〜〜〜〜って言ってるね。
40秒は短いよ。もっと聞きたい。
牛さんもお洒落してるわねえ。素敵。♪

さよちんも生きてたね。良かったわ。
茶々でお手伝いとか言ってたね。♪
ソナチネ
2008/05/17 23:50
ソナチネさんは変わっとるなあ(笑)
牛が好きなんか。
もしかして丑年かいな\^o^/

40秒で少ない?
これでも長いと誰かに言われると思っていたのに、短いだなんてホンマに牛が好きみたいやなあ

さよちんさんは今頃みんなと宴会中でっしゃろ。
元気で良かった。
風の旅人
2008/05/17 23:55
今年の斎王代さんは御丈夫そうな娘さんですナ・・わたしゃ、金太郎かと思いましたワ(プププッ)
伊藤
2008/05/18 00:11
こりゃこりゃ伊藤はん〜

相手は神様でっせ。
何ちゅうこと言うんや
罰当たり目が怒られまっせ。
風の旅人
2008/05/18 00:48
葵祭って行ったことないけど、何だか。。。
暑くて大変そうだなぁ〜。
倒れちゃう人とかいなかったのかな?
(私は多分間違いなく倒れる組。。。)

暑さの原因でもあるけど、やっぱり衣装素敵ですね♪
ようこ
2008/05/18 13:53
「葵祭り」の様子がとても良く分りました。
ありがとうございます。
この場合の「葵」とは「フジ」のことなんですか?

牛の鳴き声・・・
ちょっとかん高くて興奮気味のようですね。
北海道の牧場で聞いた牛の声は、もっと低く響いていたような気がします。
行列の人も動物も暑さと緊張で興奮状態だったのでしょうね。

見物している風さんも、あちこちの綺麗どころを眺めて興奮状態?
それで加茂川沿いを3kmも歩いて頭を冷やしたんですね。
まだまだパッションがあって良いですね〜

naoママ
2008/05/18 14:53
ありがとうございま〜す!
葵祭りは見たことが無かったので、充分堪能させて頂きました。
牛さんの鳴き声まで入って、臨場感たっぷりです。
今年の斎王さま、新聞で拝見しましたが、綺麗な人ですね。
他にも綺麗な人が沢山いて、報道カメラマンも熱が入りますね。
暑さの中、お疲れ様でした。その後、3キロも歩いて帰ったの?
わぁ、タフですね〜!
ともっぺ
2008/05/18 15:40
ワタシの見たのってほんの一部やったってのがわかりました
牛の鳴き声もこんなんでした!!
ほんまにもぉ〜って鳴くんやねって言ってたんですよ
若者軍団の中にワタシが・・・ってのは冗談!!
巡行の若者女性は京大生と立命の学生が多いらしいですよ〜
ちょっと夢を壊してしまう情報ですが、1日このお祭りに参加して4000円らしいです・・・
ミイ
2008/05/18 18:01
ようこさん今晩は

この日は夏みたいな陽気だったので、巡行に参加した人たちは大変だったと思う。
観光客は暑ければ日陰に入れるし、冷たいものも飲めますが、衣装を着ている人たちはどうだったのか、とても気になっています。

斎王代なんか十二単ですから、この暑さはたまりませんよ。
膝も崩せず大変気の毒でした。
風の旅人
2008/05/18 21:04
暑い中を風さん:お疲れ様!
お陰さまで「王朝絵巻」を見させて頂きました。
やはり、京都は和服姿が似合いますね?

牛や馬は青い祭りなんか関係ない!
切なくて粗相をしてしまう牛馬も居るでしょう?
久しぶりに牛の鳴き声を聞きました。
愛ちゃん
2008/05/18 21:06
naoママさんコンチャ

葵祭に飾る葉は「葵の葉」です。
頭にカモアオイ(フタバアオイ)の花を挿して桂の小枝で飾っています。
御所車の飾りは藤だと思います。
間違っているかも知れませんが、そんな風に見えますね。

牛も大変でしょう。
暑い中を引かれていくのだから、文句の一つも言いたくなりまっせ(笑)

綺麗どころを狙うのは、ワテの趣味ですがな(笑)
風の旅人
2008/05/18 21:19
もうそんな季節になったのですね。
牛さんの声、久しぶりに聞きましたが、やっぱり(と言うか
あたりまえだけど)それぞれ個性があるんですよね。
カラスなんかの声も鳴き方も聞いていると面白い!!
私みたいな(へっへっへ、行ったもん勝ち!)きれいどころもいっぱいで
目の保養も出来ましたね!
魔女
2008/05/18 21:25
ともっぺさん今晩は

この祭は静かな祭なので、音を拾うとしても何もありません。
そこで牛さんに登場していただきました(笑)

今年の斎王代は綺麗ですよ。
でも斎王代に決まってから、人生がひっくり返るほど大変な仕事だと聞いています。
この日がクライマックスでしたが、大変な暑さの中で頑張っていました。

沿道はカメラマンがずら〜り、デジカメ全盛の時代ですから、アマチュアカメラマンばっかり。
いいポイントを探すのも大変でした。

帰りの3kmを歩いたのは、久々に鴨川沿いの風景を撮りたかったから。
でも現在他の記事が幾つも残っているので、この項は一応終わります。
風の旅人
2008/05/18 21:27
ミイさん今晩は
女子大生のアルバイトですか。
着物来て橋の欄干に座っているだけで4000円か。
楽なアルバイトやなあ
全員が着物姿だったので、これは何か企画ものだなと直ぐにわかりました。
どっかの呉服屋さんが依頼したのかな

ミイさんの姿は見えなかったなあ
この辺りにいるはず何だけど\^o^/
風の旅人
2008/05/18 21:30
愛ちゃん今晩は
牛もこの暑さでは鳴きますよ。
もう〜やめてくれ〜

平安装束に身を固め、合計8kmの道を歩くので、参加者も大変ですよ。
横を付いて歩くワテもしんどかったもんなあ(笑)
風の旅人
2008/05/18 21:33
魔女さんコンチャ
綺麗どころはごらんのように、目の保養になりました。
あっ言っておきますが、ワテの好みで撮ってますので(゚_゚i)タラー
他にもぎょうさん女性がおられましたで。

牛の鳴き声にもそりゃ違いはありまっしゃろ。
北海道の方には牛の鳴き声なんか、ちっとも珍しくないんじゃないかなあ
風の旅人
2008/05/18 21:36
うわ〜 綺麗!!
平安時代に遡ったみたいですね〜。
でも 京都って暑いんですよね。。
お姫様も見てる人も お疲れ様です

楽しかったことや面白かったときは、
そのときの様子を細かく
残しておきたいものですよね〜。
多分・・今回の私の記事は 
長くなりそうです(笑)
みるきぃ
2008/05/19 14:31
みるきぃさんコンチャ

もしかして斎王代はみるきぃさんに似てませんか(笑)
以外と似ているかも、でもこんなに若くはないけどなあ(爆)

今回のみるきぃさんの一人旅。
楽しかったと思います。
それを記事にして残していくことは、とっても大事なことです。
みんな纏めてひとくくりで「楽しかったよ、面白かったよ」と、これではもう一つおもしろさが伝わりません。

長くなっても良いから、その時感じたことなんかも含めて、文章を綴って欲しいなあ
期待しています。
風の旅人
2008/05/19 14:39
ありがとう 風さん!
記事が長くなる事に対して 
読み手さんも 面倒だろうな〜って思っていて。
でも 風さんの言葉で ほっとしました ^-^

斎王代・・ 案外 似てるかも〜〜(笑)
みるきぃ
2008/05/19 14:44
みるきぃさんの今回の一人旅、自分の日記なんだから人のことなんか気にしなくて良いよ。
読みたい人は読めばいい。
そう思って自分の楽しかった思いを綴ってください。
時にはスルーする話だってあります。
それはそれで構わないわけでして、ブログで思い出を語るのは、ブログ主の特権です。
頑張って書いてや、なんせパラダイスの会社なんだから。
幾らでも書けるでしょう。
一緒に旅した気分にさせて貰います。

飛行機の色がローカル色だなあ
福岡じゃないなあ
松山かな?
どないじゃ
風の旅人
2008/05/19 14:55
ふっふっふ・・
引っ張るのだ〜〜(笑)
でも 多分 次回で わかるよん ^-^
みるきぃ
2008/05/19 14:58
お〜引っ張れ〜引っ張れ〜みんなでヒットパレー古いなあ(笑)
こんな歌はみるきぃさん世代では知らないやろ
この歌を歌っていた時代は、ザ・ピーナツの全盛期頃や(笑)

そりゃ空港ゲートを出たら、町の話になるわなあ
飛行機で行く距離だし、車では怖くて行けそうもない距離
300kmを越えるでしょう。
風の旅人
2008/05/19 15:03
なんか、牛さん、悲鳴と抗議の声に聞こえます。暑かったのかな? 重かったのかな?
葵祭り、大学生の頃に見に行きました。なつかしいですね。
京都はやはり雅やかですね。こんな行列が歩いてても、町にしっくりきますね。
そうそう、例の川床座敷にスターバックスが進出してるそうですよ。
お座敷は敷居が高いですが、スタバくらいなら、私も気軽に行けるかも?!
風の旅人さん、今度京都に行ったら、どんなものか見てきてください。
ねこまっく
2008/05/25 01:27
ねこまっくさんコンチャ

この日は真夏日のように凄く暑くて、牛も人間様も悲鳴を上げていました。
観光客は日陰もあるし水分補給も出来ますが、炎天下を歩く行列の方々には、本当に気の毒でした。
何処で水分補給しているのか凄く気になりました。

なんせ先頭の方で1時間かかる道のりですから、最後の斎王代の輿などは3時間は掛かって到着したのではないでしょうか。

川床料理が気軽な値段で食べられるんなら、一度行ってみたいですね。
それには連れがいりますがな。
こんな所に一人で行っても様になりません。
ねこまっくさん京都のおいでよ。
一緒に行きまひょう\^o^/
風の旅人
2008/05/25 01:35

コメントする help

ニックネーム
本 文
京都三大祭り・葵祭 No3 心の旅・遠くへ行きたい 1/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる