心の旅・遠くへ行きたい 1

アクセスカウンタ

zoom RSS 京都三大祭り・葵祭 No2

<<   作成日時 : 2008/05/16 22:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

午後の出発前に下鴨神社で行われるのが流鏑馬です。
5月3日に同じこの場所で流鏑馬が行われており、その時は的に目がけて矢を放ちます。

この馬場は長さが500mあって、100m間隔に3つの的が置いてあります。
その的を目がけて矢を放って、15日の本番の安全を祈る行事です。

下鴨神社に入ったら丁度走るところでした。

画像


近くに寄りたいけれど、人が一杯で近づくことも出来ない。
この位置からでしか撮れないので、木々の間に入った一瞬を狙いました。
あっという間に通り過ぎていく〜〜

画像


画像


この位置からではダメや
場所を変えるしかない。

点との横に丁度空きがあった。
ここなら何か見られるかも知れない。

画像


どうもここの偉い人らしい。
この流鏑馬を取り仕切る人です。

そこへ先ほどの武者が現れました。
緑色の布を武者に渡しますが、手を一切使わずに、棒と鞭で受け渡しをします。
色が違いますが順番にお見せします。

画像


画像


画像


画像


画像


画像


こうして4枚の布を武者に渡しました。
この行事が終わると行列を作って退場です。

画像


そのあと先ほどの4人が戻ってきましたが、女性と入れ替わっています。

画像


これが流鏑馬行事です。

このあと午後の巡行です。
上賀茂神社に向け出発します。
ええ場所を探しに移動します。

画像


出発場所は大変な混雑が予想されるため、先回りして空いているところを探すように、警備の警察官が教えてくれました。
目指すは北大路通りです。

この人達みんな移動組。
直ぐに北大路通りと思ったがえらい遠くや。
でも歩くしかないねん(゚_゚i)タラー



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
風さん♪
ソナッチは生きてるぞ。(爆)さよちんは生きてるかな?
今、姫路なんよ。仕事のあとコンサート行って姫路にきた。
姫路に着いたのが夜11時半。
コンサート良かったよ。明日帰る。

京都の写真たくさん撮ったねえ。うまく撮れたやん。
葵祭は京都三大祭りの中では地味は祭りだなあ。

明日岩盤浴とあかすりに行くんだ。♪ 
ソナチネ
2008/05/17 01:31
いい場所が確保出来て良かったですね?
居ながらにして流鏑馬を見させて頂きました。
鎌倉でもやっていますが、未だ見たことが有りません。

今日は某フェステバルに行って来ます。
愛ちゃん
2008/05/17 07:17
ソナチネさんおはようさん
生きていたんかいな(笑)
昨日は顔を見せなかったので、ダイエットのために何処かの寺に籠もって行でもしているのかと思ったがな。

昨夜もコンサートですか?
いつもいつもよう行きまんなあ
ワテも出ていくのは好きですが、コンサートはあまりない。
今夜行く予定だったコンサート、急用が入ってパーでんねん

葵祭の写真は今夜載せますが、地味かどうかはその時にでも。

風の旅人
2008/05/17 08:02
愛ちゃん毎度〜でごじゃります。

流鏑馬行事はこの祭でも重要な要素。
行事の詳しい部分が書けませんでしたが、何か意味があるものと思います。

こうした一連の流れを見られる場所に入れて、良かったと思いますよ。
やっぱりポイントになる場所がありますね。
そこに入らないと全体の流れがわからないですね。
風の旅人
2008/05/17 08:05
昔、葵祭りは見たことありますが、流鏑馬はテレビ中継でしかみたことありません。今年も見事に的を射抜くことができたのでしょうか。
風さん、いろんな場面を的確に写しておられますが大変だったでしょね。
mugen
2008/05/17 13:10
祇園祭も葵祭りもTVでしか見たことありません
流鏑馬もこうやって「直に」見せて頂くと興味深いものがあります

前記事のお弁当狙って降りてくる鳥
シドニーでBBQすると必ず襲ってくるヤツ居ました
それも女子供だけ狙うのです
べじまき
2008/05/17 15:28
mugenさん毎度〜
流鏑馬を見るのはワテも初めての経験です。
的に向かって矢を放つのは、巡行が無事に行われるのを祈る行事として5月3日に行われました。
よって巡行の日にはありません。

行事の模様をワンカットだけ写しても、意味が分からないですからね。
部分部分を押さえておかないと、次に見に行くときの参考にするためにはこの方がいいでしょう。
風の旅人
2008/05/17 17:26
べじまきさんコンチャ
こういった行事は運が良くないと見られません。
時間を計ったように到着したお陰です。

女性や子供を狙う鳥、生意気なやちゃなあ(笑)
今回は白いものに興味があるみたいです。
白い紙に包んだマックとかビニール袋に対して、執拗に攻撃してきました。
うっかり手でもって、口元で弄んでいれば襲われています。
風の旅人
2008/05/17 17:30
風さん。。連日 京都ですか、、すごい元気〜行動力にびっくりです。
私 京都にいたのに、1度も お祭り見てないんです。
若いときって、、他に興味があったからね(笑)
風さんちで見せていただきます。。。
hiro
2008/05/17 18:49
hiroちゃん今晩は
京都も行きかけると連続になりますね。
ガソリン代が値上がりしているので、車で何処かに出かける回数は減っていますが、その分電車の移動が多くなっています。

今回も電車賃と昼飯代だけですから、そんなにはいりません
何せおにぎり+コロッケですからね(笑)

若いときは確かに他に興味があるものなんです。
そうでなかったら人生が面白くないよ。
今一番何がしたいか、そのことを真剣に考え、そして行動する。
悔いのない人生を送りたいものですよ。

明日はいよいよ神戸祭です。
見に行く予定しています。
明日の今頃はこのブログで、サンバのリズムが聞こえてくるでしょう\^o^/
風の旅人
2008/05/17 21:12
お祭りの写真を撮るのは、難しいですよね。
なんといっても人が多すぎます。余程前から良い場所を確保して
おかないと、人の頭しか見られないことも・・
場所を変え、人を掻き分け、この写真を撮るのも大変だったこと
でしょうね。
この日は、流鏑馬は行われなかったのですね。
お祭りの行事には、それなりの謂れがあって、古式ゆかしい行事
がいつまでも受け継がれていることは、さすが古都ならではです。
ともっぺ
2008/05/17 21:54
ともっぺさん今晩は

良い位置に入るのは、現場に遅く行っては先ず無理です。
でも今回は非常にラッキーでした。
最初の場面は位置取りが悪くて、後方からの撮影でした。
ここで諦めなかったのが勝因です。

もっと良い位置はないものかと探したら、ちょうどドンピシャリの場所に入れました。
先客が取り終えたのでどいてくれました。
それまでは人の頭越しだったので、ファインダーを覗いて撮れなかくて、腕を上に上げての撮影でした。

運が良かったですよ。
お陰で良いのが撮れました。
風の旅人
2008/05/17 22:14
一時期、葵祭の時といえば 下鴨茶寮で茶会の勉強会の真っ最中だったことが何年間か続いたことがありました。
 ご指導いただいた先生が、おられなくなって下鴨茶寮に出かける機会もなくなってしまいました。
ひこうちゅうねん
2008/05/17 23:26
ひこうちゅうねんさん〜お久しぶり

お茶の勉強もしておられたんですか。
何でもこなしますなあ
感心しまっせ。。

葵まつりとお茶が重なっていたんですか。
それでは見られなかったですね。
一度見に行ってください。
伝統の行事です。
なかなか良いものでしたよ。
風の旅人
2008/05/17 23:31

コメントする help

ニックネーム
本 文
京都三大祭り・葵祭 No2 心の旅・遠くへ行きたい 1/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる