心の旅・遠くへ行きたい 1

アクセスカウンタ

zoom RSS 沖縄尚学2度目の優勝

<<   作成日時 : 2008/04/04 17:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

第80回センバツ高等学校野球大会も今日が優勝戦。
どっちが優勝してもおかしくない好ゲームが予想されていたが、結果的には打棒が爆発した沖縄尚学が9−0で聖望学園を倒し、2度目の紫紺の優勝旗を手にしました。

画像


首里高校が初めて甲子園の土を踏んだのは、1958年(昭和33年)のことでした。
当時は本土復帰していない時代なので、甲子園大会への参加資格がなかったが、第40回の記念大会として全国46府県の代表と、特別にアメリカ統治下にあった沖縄県からも、優勝した首里高校が甲子園への出場権を得ました。

画像


その時の逸話が今なお語られているのは、首里高校チームが甲子園の土を持ち帰ったが、那覇港の検疫で引っかかり、やむなく海に土を捨てざるを得なかったことが、今も沖縄の甲子園物語では、語り継がれています。

画像



その後なかなか1勝が出来なかったが、やがて本土に留学した選手が成長して、沖縄でコーチや監督が誕生しました。
本土チームから1勝をあげる、この目標もやがて達成される日が来ました。

1963年に沖縄勢としてが甲子園初勝利を挙げています。
首里高が2度目の出場を果たし、二回戦で日大山形に4−3で競り勝ち三回戦まで進みました。

画像


やがて3年連続ベスト8を果たしたのが、栽弘義監督が率いる豊見城高。
そして準優勝2回連続を果たしたのが沖縄水産高校でした。

画像


そして1999年に甲子園のエースとして投げ抜き、見事初優勝を果たした比嘉公也現監督がチームを引っ張って、見事2度目の優勝を果たしました。

画像


沖縄全土で甲子園で試合がある日は、全然仕事にならないと言われています。
仕事に出てこないか、仕事をしない。
我が親戚の連中も試合がある日はどうしょうもない。
朝から宴会して盛り上がっている。
これが県民性でしょう。

画像


おそらく今日はお祭り気分で那覇の町は騒いでいるでしょう。

画像はすべてNHK中継より撮っています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
早いですねアップ
しかも詳しいですね沖縄情報さすがです
私が記憶に残ってるのは「興南旋風」
軟弱チームがあれよとあれよとベスト4まで進んだと記憶してますが何年のことか忘れました
そういえば今回リニューアルされた甲子園 土を持ち帰るシーンありました??
沖縄尚学の応援にばかり気をとられ汗

盛り上がりは銀座に居た時が凄かったです!
お店の中に中継のカメラも入りインタビュー有りもの凄い応援風景でした
・・こっちは静かで不気味でした車も途絶えて人っ子一人居ない・・
ショッピングセンターに行ったらまだ何のセールもしてませんでした
号外を配る人が居てやっとあ〜本当だって実感しました(笑)
べじまき
2008/04/04 20:56
べじまきさんは沖縄出身者だけに、今回の2度目の優勝はさぞかし嬉しいでしょう。
我が嫁はんは野球のことはからっきしでして、母校が出たときも甲子園に応援に行こうかと行っても、シラッとしてました。
だから家では一人で応援している有様です(゚_゚i)タラー

甲子園の土を持って帰るのは、一回戦組ですね。
優勝戦に出場するチームは、準決勝あたりで持って帰っています。

優勝の瞬間に那覇の町を歩いているのは、観光客くらいでっせ。
沖縄の人はテレビに釘付けや〜

号外が配られると実感しますね。
記念に残しておいたらどうですか。
風の旅人
2008/04/04 21:17
風さん♪
ヽ(゚・^*)^☆.。.:*・゚☆祝☆゚・*:.。.☆^(*^・゚)ノ
職場の昼休みにテレビで応援してた。
風さんの奥様が沖縄だもんね。優勝おめでとうさん。
沖縄の監督は26歳だってね。若い監督。
お( ̄○ ̄;)め( ̄◇ ̄;)で( ̄△ ̄;)と( ̄0 ̄;)う( ̄ー ̄;)
ソナチネ
2008/04/04 23:24
ソナチネさんお今晩は

沖縄では嬉しいことがあると、三線でカチャ−シーのリズムが弾かれる。
すると身体が自然と動き出す。
今宵は県下でカチャーシーが流れているでしょう。

嫁はんでっか
ビール飲んでさっさと寝てしまった。
沖縄人だけど本物でしょうか(笑)

26才の監督イケメンだけに、に早速目を付けているなあ(笑)
風の旅人
2008/04/04 23:31
ねえ〜、埼玉県の高校もいいとこまで行ってたんでしょう?
私は観てないんだけど。会社でそう言ってたから。
奥さんはビール飲めるの?いいねえ〜、風さんと一緒に差し向かいでしょ?。(ёё。)(。ёё)。うふうふ♪沖縄は今頃県下上げてお祝いムードやろね。良かったね!おめでとう!
さよちん
2008/04/05 00:19
さよちんさん毎度〜
ワテの奥さんひょっとして偽物とチャウか
野球にはからっきしですわ。

そやそや相手の聖望学園は埼玉県やった。
埼玉県勢が決勝戦に出たのは、これまた何十年ぶりやった。
両雄戦って結果は結果。
よくぞここまでいい試合をしたと、誉めてあげるしかないね。
風の旅人
2008/04/05 00:24
加齢と共に高校野球は見なくなりましたねぇ〜(相撲も見なくなった)
熱くなった昔が懐かしいです。

其の内、孫が?・・・取らぬ狸の皮算用?アッハハ

奥様も興味が無いですか?
横浜はY高・桐蔭高&慶応高とか強い学校もあったけど・・・
愛ちゃん
2008/04/05 07:34
沖縄は いろんな歴史があるから
高校野球に対しても 思い入れが深いんでしょうね。
いろんな県民性があって おもしろいですね〜
私は〜〜 どんな性格なんだろうな〜。
みるきぃ
2008/04/05 09:33
あいちゃん今日は
相撲は日本人力士が弱くなったので、興味は半減どころかほとんど見なくなりました。
3月場所なんかひどいものでした。
大関以上の取り組みで見たのは1日くらい。

高校野球の場合は郷土の代表が出てくると、一寸は気になりますが、昔みたいに球場まで足を運ぶことはなくなりました。

そのうち野楽しみがあるのですか。
ワテの所はそうなるとまだ10年以上先のことやなあ(笑)

嫁はんはスポーツはからっきしですわ。
選手の名前なんかほとんど知らないなあ
今回の横浜高校はあっけなく負けましたね。
これは以外でした。
それだけ地域格差がなくなってきたんですね。
風の旅人
2008/04/05 09:47
みるきぃさん毎度〜でおま。

沖縄県は日本に復帰するまでは、アメリカの施政権下にありましたから、甲子園への道は遠かった。
初めて登場したのが1958年ですから半世紀前。

出場はしても戦力的には、とても本土チームに勝てるものではなかった。
本土チームはよく打つし、ピッチャーは変化球が多彩。
専門的な知識も乏しく、ピッチングマシーンなんて夢の夢。

本土の大学で野球を学んだ青年達が、やがて沖縄に戻って野球の指導者になっていきました。
そこから沖縄の野球が変わり始めました。

1勝するだけの力が付くと、やがて2勝目を目標にするし、ベスト8ベスト4まで進出する力になりますと、沖縄に戦後は最早なくなったと言わしめたものです。

弱い間は本土チームも遠征には来なかったが、強くなり始めると沖縄に本土から遠征チームがやってきました。
本土チームの強豪と試合が出きる、それだけでも学ぶところは多かった。
交流試合のお陰で、島全体の野球レベルが上がっていきましたね。
風の旅人
2008/04/05 10:05

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
沖縄尚学2度目の優勝 心の旅・遠くへ行きたい 1/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる