心の旅・遠くへ行きたい 1

アクセスカウンタ

zoom RSS 久しぶりに山吹を見ました

<<   作成日時 : 2008/04/29 18:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 31

先日奈良にある不退寺(業平)に行きました。
真っ黄色の山吹が咲いていたので、何枚かを激写。

花をぎょうさん出すと嫌がる方が居るので、今回は一枚だけ(笑)

画像



この山吹を見て思い出すものがあります。
枝を割くと白いスポンジ状のものがあって、それを使って紙鉄砲の玉にします。

紙鉄砲?
子供の時に遊んだおもちゃ
当時は何でも手作りの時代。

細い竹を切ってきて、山吹の白いスポンジ状のものを竹筒に詰めます。
そして空気圧を利用して棒で押し出すと、ポン鳴って飛び出す。
単純な遊びですが、子供時代はこんなものでも遊べました。

いつしか夜店や祭になると、夜店で色の付いたものも売られるようになった。
今の子供にこうした遊びは伝わっていないのは寂しいことです。

性懲りもなくまた一句作りました。
ちょっと気になることがありまして、この言葉届くかな?
読まないでしょうね。

幾枚も一重八重にと載せたる... - 俳句くん - はてなセリフ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(31件)

内 容 ニックネーム/日時
そうそう、そういえばそんなのがあった!!
そのほかにもカヤツリグサ?の茎を裂いて蚊帳みたいにして遊んだり、
オオバコの茎で相撲をとったり!
あの頃っていたるところに想像の余地が転がっていた気がする。
今、そういうのない。
本を読む子も少なくなっちゃったしね。
人間だめになるわ。嘆かわしいことです。
魔女
2008/04/29 19:01
魔女さん今晩は

カヤツリグサもオオバコの茎もやりましたね。
今でもすることがありますよ。

身の回りにあるもので、何でも遊びに使いました。
先輩がいて順次教えてゆく。
それで地域の繋がりも出来て、一つの道具でみんなで遊べました。

今はなんでも買ってきて与える。
これでは想像力も器用さも薄れていきますね。
風の旅人
2008/04/29 21:14
私の方では「玉鉄砲」って言いました。
中に詰めるのは、蛇(じゃ)のヒゲの青い実でした。
だから「玉鉄砲」
実が出来る秋から冬までの遊びでした。
懐かしい!!オオバコの相撲も・・・。
そんな遊びをしたのは、私達が最後の時代でしょうか?
ayaya
2008/04/29 21:39
ayayaさん今晩は
別の名前が出てきたなあ
そしてようわからんのが「蛇(じゃ)のヒゲの青い実」?
さて何の実でしょうか。
同じ田舎育ちだが、こんな風に言う実は知らないなあ

実を詰めるから玉鉄砲なんですが、紙鉄砲から山吹の茎の白い部分、そして青い実に発展したなあ

ワテの子供にもオオバコの相撲は教えましたが、今の子供達って遊びは屋内がほとんど。
路地で遊んだり山や川で遊ぶことも少なくなったので、自然と遊び方も変わってしまいましたね。
風の旅人
2008/04/29 21:47
道灌一行が武蔵国越生にさしかかると突然の俄雨・・
家来は一軒の農家に走り、「誰かおらぬか?」と云えば、
家の中より一人の娘・・「おぉ、コレ!娘ご、ご覧の通りのひどい俄雨じゃ、相済まぬが蓑を貸しては下さらぬか・・」・・娘は無言の侭、会釈をして家の奥に引き下がり、再び家の外へ、手には山吹の花を携えている・・

「七重八重 花は咲けども 山吹の実の(みの)一つだに なきぞ悲しき」

折角ながら、貧しいわたくしの家には、蓑ひとつございません・・
それを有名な和歌に引っ掛けて、山吹の花の一枝を差し出す・・

聞くところによりますれば、山吹は花は咲いても実を付けぬそうであります・・でもこの話旨く出来過ぎてますナ(笑)
伊藤
2008/04/30 00:38
伊藤はん毎度〜
この和歌は有名なくだりでんなあ
兼明親王の後拾遺和歌集から来ている歌でおますなあ

引っかけたところが、機知に富んでなかなか宜しいなあ
しかし何でもよう知っておりまんなあ
風の旅人
2008/04/30 00:46
風さん♪
山吹色ってあるよね。まさに山吹の色そのものだわ。
可愛い花だなあ。
奥様旅行に行ったら寂しくない?もちろん寂しくないよね。♪
ソナチネ
2008/04/30 01:25
あ〜奥様が旅行中で寂しがってるの?
むふふふ(笑)

私は、ぽんぽんって言ってたような・・・
小さいころの遊びは、野球に缶けり陣取りなどなど
主に体を使っての遊びばかり
でも、ひろーーーーい空き地があったからできた
私が遊んだあの空き地や公園は、走り回れるスペースはないな。。。
子供たちが、安全に走り回れる場所も少なくなったね
かっちゃ。
2008/04/30 06:09
ソナチネさんのはようさん

桜花を一杯掲載すると嫌がるソナチネさん
貴女のために山吹は1枚だけにしたよ。
その方が面倒くさくないやろ(゚_゚i)タラー

そんな貴女が可愛い花とおっしゃる?
花を愛でるなんて、そんな気があったん?
それやったらバンバン載せたら良かったなあ(笑)
風の旅人
2008/04/30 07:22
かっちゃ。おはようさん
嫁はんの旅行は3日から1泊でっせ。
寂しいことなんかありまっかいな。
面倒なのは食事の用意くらいですわ。
普段から食事時間帯にいないこともあって、一人で勝手に食べることもあるから、皆さんが思うほどの事はありません。
いなけりゃいないで気楽にやります。

子供の遊び場は昔はもっと広かったと思うでしょう。
大人の感覚で見ると路地も広場も狭く見えますが、子供の背丈からすると結構広く感じるものですよ。

子供の頃に遊んだ場所に立ってみると、よくこんな狭いところで走り回っていたなあと思いますよ。

でも最近は車が多くなって、狭い路地は車の通行もあって、走り回るには危険が一杯です。
広くて安全な遊び場が欲しいですね。
風の旅人
2008/04/30 07:29
山吹のスポンジ状のものを紙弾鉄砲の弾に使うとは初耳ですよ・・
私たちは杉の実(あれは正しく言えば花の蕾なんだけど)を使いましたネ
勿論、そうなると弾の大きさに合った細身の紙弾鉄砲となります。

本来は新聞紙を口の中でクチャクチャ噛んで、柔らかくし、竹の穴に詰め込んで弾としたのですが、今、新聞紙を噛めたって噛めませんよ(笑)
アオキの実も弾の代用として使いました・・
(蛇のひげの実)を弾としたお話も「所変われば品変わる」で中々面白いですね
伊藤
2008/04/30 08:15
伊藤はん毎度〜

新聞紙を口に含んでやったので、紙(噛み)鉄砲の始まりです。
山吹の茎の中には、白い発泡スチロールみたいな繊維が入っています。
それを適度な長さに折って、やっぱり唾で湿らせて使いました。

しばらくすると夜店なんかでも、よく似た材質で色つきのものが売られていました。
子供ですから同じものなのか、別のものかは判断が付きかねます。

杉の実を使いましたが、あまりにも小さいものなので、紙鉄砲には不向きでしたよ。

蛇のひげの実ってわかりますか?
全くわからないなあ
風の旅人
2008/04/30 08:57
「蛇のひげ」の青い実とはコレですよ、

http://blog.goo.ne.jp/a_a_hanako
伊藤
2008/04/30 09:06
伊藤はんすんまへんなあ
この方のブログを覗いたら、何となく見覚えがありました。
しかしこの玉を使ったことはないなあ

ワテの近所のガキ大将が、年下のものに教えなかったんだ(笑)
風の旅人
2008/04/30 09:16
昔はひとり生えで、そこかしこありましたけど、今じゃあんまり見掛けないですよ。

まぁ、竹の口径と実の大きさが一致すれば何でも良いワケですよネ・・
南天の実だって飛ぶかもネ?

伊藤
2008/04/30 09:49
龍のひげの実に反応・・・ブログ見てきました。
あるんですね、うちにも 龍のひげ 繁殖してますが。。見たことないです。
今、、みてきましたが ありません、、
わからないうちになってるのかな?
気つけてみとこ〜っと、 発見だね!

新聞紙で、パン!って・・よく紙鉄砲 作って叩いてたの想いだしました。
花  すきですよ〜
次々、庭のはな がさいてます。
ランタナの葉 が沢山でてきました。
山吹の葉とよく似てます。
hiro
2008/04/30 09:53
すみません。。↑ 新聞紙で作ってたのは父です。
よく 遊んでもらいました。。
hiro
2008/04/30 09:54
私、この明るい山吹色が大好きで・・・
我が家にもこの写真と同じ「ヤマブキ」のお花があります。

ゴールデンウィークの頃、新緑の山々を歩くとあちこちにヤマブキのお花がが見られますが、自然の中で咲いているお花はほとんどが「一重」なんですよ。
山で見る一重は乙女の香りがし、街で見る八重は女盛りの香りが漂いますね。
風さんはどちらがお好みかしら?

風さんと同年代の私・・・
このヤマブキで遊んだ覚えはありませんが、馬トビやらゴムとび、石蹴りに押しくらマンジュウと、これと言った道具はなくても、私たちの子供の頃は毎日外で楽しく遊んでいましたよね。
今は立派な公園があちこちにあるのに、そんな遊びをしている子を見なくなりました。
naoママ
2008/04/30 09:59
昔の遊びの話題がでていますね。
竹筒で作った紙鉄砲もありましたが、ゴム鉄砲なんかも思い出します。
土地が違っても、その頃の遊びは同じなんだなと思いました。
単純な遊びでしたが、自分で作るという喜びがありましたね。

山吹の花を見つけると、「七重八重〜」とすぐこの言葉が頭に浮かび
ますね。貧しい農家の娘が差し出した山吹の花は、八重よりも一重の
方が似つかわしいように思います。
ともっぺ
2008/04/30 15:58
伊藤はんコンチャ
今日は羽島に行って来ました。
この話は後ほど。

蛇のひげでエライ盛り上がりましたなあ(笑)
しかし何で蛇のひげと呼ばれるのでしょうか。
名前一つでどんなものか見たくなる。

竹筒の穴に蛇のひげの実が、ピッタリ合うかなあ
やった人が出来るというのだから、これは出来るんですね。
南天?
かもしれないなあ
風の旅人
2008/04/30 18:20
hiroちゃん宅には庭にあるんだ。
でも見たことがないと言うのもおもろいなあ

>新聞紙で、パン!って・・よく紙鉄砲 作って叩いてたの

これは三角の形にしたものでしょう。
紙鉄砲の紙は弾丸です\^o^/
口の中で新聞紙を食べて(笑)
それをクチャクチャ噛んで、適当な大きさに丸めて竹筒の片方に入れます。
反対の方向から紙の玉を詰めて棒で押し出すと、空気圧を利用してポンと紙の玉が飛び出します。
単なる遊びですが、道具はこのようにして何でも手作りました。
風の旅人
2008/04/30 18:27
naoママさん今晩は

>山で見る一重は乙女の香りがし、
>街で見る八重は女盛りの香りが漂いますね。
>風さんはどちらがお好みかしら?

う〜〜ん〜マンダム(笑)
どっちもええなあ\^o^/
風の旅人
2008/04/30 18:29
ともっぺさん今晩は

当時の子供はなんでも遊びにしてしまった。
荒縄が1本あればそれを使って色々遊びました。
空き缶があれば、けっ飛ばして隠れんぼや鬼ごっこと言うのかな?

三つ又の枝を折ってきては、ゴム鉄砲(ワテの所ではゴムカンと言っていた)

ゴムを幾つも連なったら、それでゴム飛びは女の子の遊び。
釘が1本あれば陣取り合戦。
小石一つでケンケン(笑)
家の中で遊ぶより、外で思いっきり大きな声を出して遊んでいました。

農家の一人娘・・・・文学的世界の話になってくるなあ\^o^/
風の旅人
2008/04/30 18:41
風さん、短歌を作ってるのね!本当に作りたかったんやねえ〜。
私は遊んでるものとばかり思ってた。ところでこの山吹の黄色い花、私も昨日公園で撮ったのが同じものだと思う。後で見てみよう・・・

今日の短歌は相手に作者の気持ちが伝わらなかったと言う意味かな?
何度も何度も書いて伝えようとしたのに・・ってところかしら?
表現はやや理解しにくいけど、言わんとしてることは分かるので、返歌していいかしら?嫌だったら削除してね。

言葉とは 伝えたきゆえ あるものぞ 声にしせねば 分かり難しも

口があるんだからはっきり言葉で伝えましょう!(・-・*)ヌフフ♪


さよちん
2008/04/30 20:51
代理人の返歌ですか。
本人だったら面白いんだが、まあ読みますかな?

返歌に返歌はあるのかなあ
チョッとその道には疎くて。

その君は
パッパラパーの
人らしく
言葉の持つ意味
わかりゃせん
風の旅人
2008/04/30 21:45
風さん、奥が深すぎて分かりませんよ。。。(@_@)
一句と言って読めるって好いですね!!
それをさらさらと墨で書けたら・・・好いな〜〜(^○^)
山吹って、とっても懐かしいですね。
お花で良く遊びましたよ。
蓮華草で髪飾り、とっても嬉しかったわ!ふふふ。
子の年になって、お花を活けるのが楽しくなりました。
自己流なので、専門家が見たら可笑しいでしょうけどね。。。(T_T)
楽しめたら好いんじゃ〜無いかな〜〜♪
風さんは、趣味が多くって好いですね!
ぷー
2008/04/30 22:28
ぷーさん今晩は

意味ですか?
ブログの各ページで花が多いとか、文書が長いとか行って文句タラタラ言う人がおりまんねん(笑)
肝心のそのお方はじっくり読まないで、書き逃げする人(爆)

せっかく苦労してアップしたんだから、文句を言うなという意味ですよ。
でも本人は全然読んでくれない(笑)
チャカしているのですが、漫才みたいなものですわ。

さて幼い日の思い出、ぷーさんも大阪だけに映画「二丁目の夕日」や漫画の
ジャリンコちえみたいな感じでしゃろ。

レンゲ草は丁度今、畑がピンク色に染まっています。
花の首飾り〜でぷーさんも遊んだんや。

活け花も自然流が一番ですよ。
自分が満足できればそれがええねん。

ワテの趣味も一緒。
あくまで自己流でおます。
風の旅人
2008/04/30 22:41
[蛇のヒゲ」で、盛り上げって頂いていますね(笑)「玉リュウ」「リュウのヒゲ」とも言うようです。
見に行っても今の時期は有りません。今は白い小さな花が咲いているかもしれませんね。受粉したら実ができます。そして秋になったら」綺麗なブルーに色付きます。
新聞紙も噛んで、詰めましたね。
私、言うまでもなく女性ですけど・・・。
ayaya
2008/04/30 23:40
ayayaさnコンチャ
やっぱり奇抜な名前が人を引きつけるんですね。
この名前を初めて聞きました。
一度現物を見たいと思っています。
ネットで検索したら写真がありましたが、やっぱり見たことがなかった。

ayayaさんが男の子だったら、ayayaじゃなくてオヨヨになるでぇ。(笑)
風の旅人
2008/04/30 23:45
あららあ〜!!私って本当にパッパラパ〜みたいね。早やとちりもいいとこやわ。スンマセン(*- -)(*_ _)ペコリ
さよちん
2008/05/01 08:08
さよちんさんおはようさん
言葉で思いを託すのは、平安貴族まででございましょうか。
現代人は近頃流行の携帯とか言うもので、直接言った方が早いようですね。

人のブログにコメントを書くときは、その人のブログへの思いに応えて書くものです。
写真の枚数が多くて疲れたとか、文章が長くて疲れたなどと書かれると、作る側の意欲を下がれますし、ガックリ来ます。
こにような発言をするときは、作る側の発言であって、読む側の発言じゃありません。
このことはさよちんさんもよくわかっておいででしょう。

今日から五月です。
気分一新で行きたいところですが、ガソリンの再値上げと諸物価高騰で国民生活はまたもや大ショック。
無駄遣いの処理も出来ないまま、国民に負担を押しつけるなんて、とんでもない政治や。
風の旅人
2008/05/01 09:03

コメントする help

ニックネーム
本 文
久しぶりに山吹を見ました 心の旅・遠くへ行きたい 1/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる