心の旅・遠くへ行きたい 1

アクセスカウンタ

zoom RSS Love story 4.28この日から始まった

<<   作成日時 : 2008/04/28 11:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

今日は4.28
4月28日と書くより、4.28と書いた方が凄く重みがある言葉に。

画像


1971年の4月27日、初めて沖縄の土を踏みました。
そして翌日、運命的な出会いを果たしています。
それは彼女と出会った日。

画像
デイゴの花

沖縄が本土復帰を翌年に控え、核持ち込みを許すなの声は全国に響き渡っていました。
その辺りの話を少し述べておきましょう。

1969年(昭和44年)の日米首脳会談で沖縄返還を約束した。
沖縄県民の期待とは逆に、米軍基地を存続させたままで、1972年に核抜き、本土並みで変換されることになっていた。
東寺の佐藤首相はアメリカ大統領のニクソンとの取り決めで、非核三原則の拡大解釈や核兵器持ち込みに関する秘密協定など、アメリカの利益を最大限に尊重したことが後々暴露されている。

そうした政治情勢の中で、沖縄の返還には核も基地もいらない、本土にも核を持ち込ませないとして、運動が大きく盛り上がっていました。

画像
27度線上で会場大会・この写真はお借りしました

復帰前の沖縄を見てみたい。
そんな思いで前日に沖縄に旅立った。

那覇空港に降り立ったら、空港もその周辺も米軍基地そのまま。
金網の前に立てば、軍用犬が放し飼いにされているし、不信人物として捉えられたら撃たれるかも知れない恐怖がありました。

画像
この写真はお借りしました

もちろんカメラのレンズを基地内に向けることなど、ある意味では死を覚悟しなければならない緊迫した状況でした。

沖縄の即時無条件変換を求める人々は、沖縄の町を網の目行進して訴えていました。
デモの隊列に入ったら、沖縄の素顔が見られるんじゃないかと思って加わりました。

沖縄の即時無条件を勝ち取る集会があった与儀公園では、本土からきた人たちを含めて、
大勢の参加者があった。

その同じ場所に彼女がいました。
それから37年です。
沖縄を返せ!!
これが夫婦の合い言葉


沖縄を返せ
【作詞】全司法福岡高裁支部
【作曲】荒木栄

固き土をやぶりて
民族の怒りに燃える島
沖縄よ
我らと我らの祖先が
血と汗をもて
守り育てた 沖縄よ
我らは叫ぶ 沖縄よ
我らのものだ 沖縄は
沖縄を返せ
沖縄を返せ





沖縄を返せ

長くなると飽きられるから、この話はこれでおしまい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
その同じ場所に彼女がいました。それから37年です。

長くなると飽きられるから、この話はこれでおしまい。

何で終わりなん?こっからが聞きたいのに・・・
ここから一つの出会いが始まって37年でしょう?風さんの青春を聞きたかったわ。これじゃ尻切れトンボや。飽きない飽きない!!
昔は沖縄から東京へ来るにも船で来てたんだよねえ〜。沖縄の友達が居たから良く話を聞いたことがあるよ。今こそ飛行機で一つ飛びだけど、昔は大変だった。私が18歳か19歳の頃かな?おお〜怖わっ!歳とり過ぎやあ〜。
さよちん
2008/04/28 16:11
今では リゾート地の沖縄しか知りません。
いろんな歴史があったのですね〜。
風さんが 彼女さんに会われたのも 必然の出来事。
それから歴史が刻まれていったんですね。
ロマンティックだわ〜〜。
みるきぃ
2008/04/28 16:34
さよちんさんコンチャ
前作で長いから飽きると書いてあったので、当面は一回一作です。
これ以上は書く気がありませんなあ。
すまんのう
風の旅人
2008/04/28 18:25
みるきぃさん今晩は
沖縄の歴史については学校の歴史教科書でも、正しく載せられていません。
現在大河ドラマで「篤姫」が放映されていますが、そこで登場する島津家の沖縄支配については、現在までは詳しく語られていません。
島津が支配した琉球で人頭税なるもので、厳しい税の取り立てを行っています。

それ以来沖縄の歴史は「薩摩世(ゆ)」「大和世」「戦世」「アメリカ世」そして「大和世」の歴史です。
この間住民は権力者によって支配されてきた歴史でもあります。
風の旅人
2008/04/28 18:40
風さん、今晩は〜♪
やっぱり風さんは、男の中の男!
事実は小説より素晴らしい!
以前奥様が沖縄出身である事をお聞きした時、
ひょっとして。。。って、想像していた通りでした\・o・/
昔も今も正義感の強い、思いやりのある方なんですね。
沖縄に対する思い入れも、今までの記事を読ませて頂くと
薄れていないんですね。素晴らしい W Love story ”
どうもありがと〜〜〜♪
sayuri
2008/04/28 21:28
sayuriさん今晩は
ストーリーもこの辺りで止めておくと、余韻が残って美化されるでしょう。
現実はそうでもないんでっせ。
最後まで書いたらアラばっかり出てしまう(笑)
風の旅人
2008/04/28 21:31
若い頃、良く歌いましたね。このうたも大好きです。
沖縄を返せ(返せ!)沖縄を返せ(オー!!!)
懐かしいです。
先日、その頃の友達20人程でOB、OG会を開いて旧交を温めて来ました。
ウチは結婚を前提に付き合い出して37年。
4月23日が結婚して36回目の記念日でした。
イベントは何も有りませんでしたけど・・・。
ayaya
2008/04/29 00:07
ayayaさん今晩は
この歌こそがワテら夫婦を結ばせた歌です。
この歌はどこでもよく歌いました。

若き日の友と再会できるなんて、さぞかし楽しかったでしょう。
あの日に戻れるだけに、いいもんですね。
ayayaさんの所もそんなになるんですね。
実際にお会いしても本当に若く見えるから、同じようにはとても見えませんよ。

嫁はんも今日がその日だったことを知っていました。
結婚して良かったやろと聞いたら、その答えは何だったと思います?
べつにだって(゚_゚i)タラー
風の旅人
2008/04/29 00:15
風さん♪
風さんにも若い頃があったんや。うっそ〜〜〜。
なんかずっと今のイメージがするのはなぜ?これ褒めてるねん。
奥様との出会いすてきじゃん。
もっと聞きたいな。奥様きっと結婚してよかったって思ってる。
夫婦にはみんなドラマがあるんだ。
ワテとこはもう逃げられなかったの。オホホ。♪
ソナチネ
2008/04/29 01:14
ソナチネさん今晩は
もっと聞きたい?
長いのはイヤだと言ったのは、ソナチネさんでしょうが。
だからもうやんない。
すんまへんなあ

逃げられない?
先に子供が出来たんやな
それやたっら諦めなしょうがないがな

サービスで書いたげる
一緒になるまで手も握ってなかった。
英語で言えばプラトニックラブ。
ソナチネさんとエライ違いや。
風の旅人
2008/04/29 01:19
映画のような お話。。。

沖縄には、新婚旅行で行ったけど(1987.6に)
もう、すっかり観光地でした
タクシーの運ちゃんが「本土の人たち」って言うので??でした
沖縄の歴史を教科書で教えてもらえませんでしたから
メディアを通しての知識だけでした。だから???です。
21年たって私の知識も増えましたから
今度、訪れたときには見方が違うでしょうね。。。
広島ドームも再度、見に行きたい場所
なんか、風さんとの気が合いそうな予感(笑)


どちらさんのご夫婦にも歴史あり♪ですね
かっちゃ。
2008/04/29 09:18
かっちゃおはようさん
今でも「本土の人たち」って言いますよ。
沖縄は島だから、島から見れば本土になりますね。
沖縄県だけじゃなく、他府県の島に行っても「本土」って言いますよ。

教科書は歴史の真実を教えなけれないけませんね。
差別してきた側は黙ろうとする。
人間は平等でなけれなならないし、平和を希求する姿勢がなけれなならないと思う。
広島ドームにも、沖縄の平和の礎(いしじ)にも、是非行って欲しいですね。
風の旅人
2008/04/29 10:14

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
Love story 4.28この日から始まった 心の旅・遠くへ行きたい 1/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる