心の旅・遠くへ行きたい 1

アクセスカウンタ

zoom RSS 関西の春を呼ぶ、奈良のお水取り

<<   作成日時 : 2008/03/13 01:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 21

画像
東大寺の二月堂では、3月1日から14日まで修二会が行われます。
お坊さんがお堂に籠もって、二週間の行に入られる行事です。

その間毎晩松明を燃やして、二月堂の欄干を駆けめぐります。
その間火の粉が飛び散って下に落ちてきます。

画像


この場所に入ると火の粉をかぶります。
そうすると一年間無病息災でいられるらしい。
らしいとしたのは、あくまで確認していないから(笑)

昨年は初めて修二会を見に訪れて、夜七時半から始まる行事なのに、夕方の四時過ぎから境内に陣取りました。
その間ジッと立ったまま。
座ると注意されます。
と言うのも参拝客が多くなると、座ってしまうと場所をとるからです。
ひとりでも多く参拝客を見せてあげたいから、早く来た客はただジッと立ったまま、文句も言わずに待つだけ。

画像

昨年はこの位置に入っています。


途中でトイレが行きたくなったとしたら、人混みをかき分けてトイレに行っても、元の場所に戻れる保証は全くありません。
去年はバッチリ見られたが、今年はどうだろうか。

家を4時に出ました。
まあ場所が悪くっても、何とか見られるだろうと軽く見ていました。

奈良についてまずは腹ごしらえから。
腹が減っては戦ができんってなわけでして、駅前商店街で回転寿司屋に入って、ついでにビールも一本だけ付けました。

よしよし気分もええで。
さあ二月堂へ出発じゃあ。


東大寺の大仏前の池まできたら、可愛いオネエちゃん二人から、写真を撮ってくださいませんかと声がかかった。
よしよしいくらでも撮ったげるでぇ\^o^/

画像


ホナらオッちゃんのカメラでも一枚撮らせてくれる?
ブログに載せるさかいにな〜〜
ええよ〜と一応了解を貰いました。

画像


ひとりはワテの田舎の子やった。
もうひとりは奈良の子
これからお水取りを見に行くというので、一緒に行こうか。
イヤでっか
そうでっか。ホナらさいなら

東大寺の鐘楼まで来たら、人が群がってる。
なんで?覗いてみると警察官が立っている。
つまりここで待っててくれだって。

画像


こんな場所では二月堂まで大分あるで。
全然見えやせんがな
今日は大観衆のため、入れ替え制にするという。

観衆をブロックごとに分けているらしく、ここhs前から5番目の位置らしい。
今夜の松明は11本しか出ないのに、5つ目では見るのは難しい。

画像


中継用のテレビも設置されており、見ることは出来るけど、せっかく此処まで来ているのにテレビ画面では洒落にもならんで。
火の粉を浴びるところまで近づきたいがな。

6時になると直ぐ横で東大寺の鐘が鳴り出しました。。
修行僧がゴ〜ン ゴ〜ン ゴ〜ン ゴ〜ン ゴ〜ン ゴ〜ン撞いたけれど、
間近で聞くと余りいい音ではなかった。
除夜の鐘の音とは違う感じがする。
遠慮して撞いているようだ。

画像


それから1時間半、ホンマに長いで。
しかし待つしかない。
上弦の月を見ながら、ただ待つだけというのも大変や。

画像


そしてようやくその時間が来た。

7時半に境内の電気が消え、後は松明の登場を待つばかり。
しかし映し出される光の帯も、テレビ中継ではくそおもしろくもない。

画像


1本2本と松明が通過すると、ようやく人の群が動き出した。
押しても無駄なのに、こんな時も後ろから押しまくられる。
真っ暗な中を進むのだが、階段もあるから結構危ない。
それでもかまわず押してくる。
ホンマに事故がないのが不思議な位や。

画像


今回は一方通行で二月堂を巡るコース。
この位置から二月堂までまだ150mはある。
隣は千葉からやってきた母娘さん。
実家が奈良なのに、今まで一度も見たことがないのでやっと来られたと語っていました。

7本目が通過したら、ようやくチラッと見える位置へ。
まだまだ写真で撮れる場所じゃない。

画像


9本目くらいで何とか人の頭越しに撮れる位置に。
だが三脚使用禁止だけに、ブレが生じて写真にならず。
こんな時はスローシャッターで、動きのある写真が撮りたいものだ。

画像


境内の立木が邪魔をして、何とか見える位置に入りたいけど押されてブレまくり(゚_゚i)タラー
午後8時に11本目が終わった。
本日終了ですとのアナウンスが、ものすごくむなしく聞こえる。

結局まともに一枚も撮れていない。
人混みに揉まれて帰る道すがら、疲れだけがどっと押し寄せてきたがな。
このままではアカン
なんとかせんとアカン
明日もう一度挑戦したろかなあ\^o^/

結局家に到着したのは10時半
お疲れの一日でごじゃった。

まあこんな写真では、わざわざ部屋を訪れた人には悪いので、昨年の写真でも見せましょうか。
と言っても観光ポスターでっけど。

画像


こんな風に撮ろうと思ったら、銭出して特別席を確保するしかおまへんなあ
一般客の位置からでは、三脚が使えないから、まず難しいのでは。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(21件)

内 容 ニックネーム/日時
風の旅人さま。

二月堂の写真、拡大して拝見すると
とても荘厳で重厚感がありますね!
歴史を感じてぞくぞくします。

この松明の行事は、TVで見たことは何度かありました。
ですが、実際に見学するのがこれほど大変だとは・・・。

待たされて、待たされて、
動き出したら人ごみに揉まれて・・・(^o^;
写真を撮るのも並大抵のことではありませんね。

まさに体を張った記事♪
おかげ様で、私たちは部屋に居ながらにして
松明の画像が見られました。
ありがとうございます (^_^)
Aki
2008/03/13 03:02
風さん、おっはよ!お疲れさんでごわした。
大変な人出のようで、モミクチャにされそうやねえ〜。
でもこう言うのは間近で見たいよねえ〜。折角出かけたんだから。
私はテレビでしか観たことないけど。奈良には昔々のその昔、短歌の結社の全国大会で行ったことがあるだけやわ。あんまり観光してないの。
私は何処へ行っても短歌に刺激を受けた気持ちは何者にも濁されたくない主義だから、終わったら即、その刺激を持ち帰るって感じだったし。
だからさっさと帰って来てた。今日もまた行くの?余り無理したらあかんよ。
さよちん
2008/03/13 08:06
風さんおはようございます〜♪
一年間無病息災、身を持って証明してくれてますよ、風さんが!
ご苦労様でした!今日もお出掛け?モミモミ
奈良東大寺は修学旅行以来行ったことがありません\:^o^:/
風さん独特の解説で、お水取り楽しませて貰いました*^-^*
やはり、その場に出向いた人の話や写真は面白いですよ♪
sayuri
2008/03/13 08:48
風さん・・すごい行動早いし、ブログ更新も早いですね〜
私もだけど・・・あっ。いえいえ。。本当にすごいです。
奈良、京都の伏見に住んでたから近かったのに、2回ほどしか
行ってないです。
お水取りには行ってないです。
ブログを拝見していると。。上手に構成しているので、本当に待って待って
やっと、始まったけど、うまく写真が撮れる位置でなかったーってのが
わかるように作ってますね〜
奈良とか1人で行くのですか?奥様と?お友達とですか?

沖縄の記事、下から(古い記事から)順に読んでます
琉球ガラスのとこまできましたよ。
きれいですよね。
いくつか、購入してます。
シーサーも。。。
最近は本当にいろいろなおもしろい味のあるシーサーが
あって。。。洋風の家においてもおかしくないような
シーサーが沢山ありますね。
私も玄関に飾ってます。
私のブログの風水のところクリッしてもらったら、玄関編で出てきます。
可愛いシーサーですよ〜
hiro
2008/03/13 09:08
あら?自分のブログにもどったら、テーマのところから、風水
消えてました。
また。いつか写真載せますね〜(シーサー)
hiro
2008/03/13 09:11
Akiさんおはようさんです。
人が多いとこんな風に待たされる。
じゃあ何時に行ったらええ場所に入れるか、どうなんでしょう。
昨年は4時で境内の隅っこでした。

そこに入ったら、ただジッと7時半まで待つだけ。
まさに忍耐です。
それがイヤだったので少し遅れて行ったらこの有様です。

昨日は春本番を伺わせる陽気だったのと、12日目は「籠松明」の出る日で、大きな松明が登場します。
それを期待する参拝人で一杯でした。
風の旅人
2008/03/13 09:35
さよちんさんおはようさん
昨夜の人混みに揉まれて疲れました。

ジッと立っているというのは、結構疲れます。
座る場所もなしですから、途中でイヤになりますよ。

短歌で各地を訪ねてきても、さっさと帰ってしまうようでは、楽しみがないなあ
その場で作るとか、メモ書きをしておくとか、その時その時で楽しみ方を考えたらいいのに。
なんか勿体ないなあ
風の旅人
2008/03/13 09:39
sayuriさんおはようさんどす。
お水取りを見に行くのが、こんなにも大変なことがわかったでしょう。
でも14日間で毎日こんな感じではありません。
節節で人が多いようです。
それとこの時期の気候の変動によっても、参拝客の数も変わってきます。
昨日は特別人が多かったようです。
風の旅人
2008/03/13 09:42
hiroさんおはようさん。
伏見にも住んでいたの?
港から離れすぎておりまっせ(笑)
伏見港もありますが、あれは淀川をさかのぼる三十国船の発着場やった(笑)

昨夜のお水取りをそのまま載せたら、チラッと見ただけ〜で終わってしまう。ただ奈良に行きましただけの記事になってしまう。
そこで苦労話の一つも書くことで、今後行かれる人の参考にでもなればと思って、記事を構成したわけです。

写真を取りに行くときは、概ね一人が多いですね。
妻や友人たちと一緒に行ったら、写真はそっちのけになってしまう。
自分が納得できる写真を撮ろうと思ったら、一人でゆっくり回りたい。

沖縄の記事は2シリーズありますから、読むのも大変でしょう。
琉球ガラスだったらまだ序盤だなあ\^o^/
ガラスがだんだん製品に変わっていく様子がおもしろくて、行く度に覗きに行きます。

シーサーも可愛いのがありますね。
我が家にもマスコットとして置いてあります。
風の旅人
2008/03/13 09:56
おはようございます〜
人の多さもすごいですけど 風さんの根性もお見事!
あの人ごみには 近づきたくないな〜〜。
しかし 若いおねえちゃんに 振られちゃったのね〜
一緒に行けば いいことがあったでしょうに〜〜。(笑)
みるきぃ
2008/03/13 10:00
みるきぃさんおはようさん。
それは無理でっっせ。
若いおネエちゃんたちは、オッちゃんなんか相手にしますかいな。
せいぜい写真を撮って欲しいときだけ、寄ってくるだけ
そんなこと百も承知の助や(゚_゚i)タラー

この人混みの中でも先を急ごうとする人がいます。
そんなことしても何もならんのに。
そう思うけど群集心理って厄介なものでっせ。
年寄りは遅い時間に行くもんじゃないなあ
風の旅人
2008/03/13 10:06
伏見には、大学と就職で1人暮らしでした。(説明不足でした〜)
そのころ、両親は舞鶴、横浜と転勤しましたよ。
私も舞鶴の高校に通って卒業しましたよ。
hiro
2008/03/13 10:38
本来は観光とは何の関係のない行事でも観光化されてしまうと
こんなふうなのでしょうね。
ヨサコイなんかもそうだけど、本当に見たいものがなかなか見られない。
見たかったらお金を払わなくてはならない・・・
これってやっぱりおかしくない?
そういう世の中にしてしまったのは誰かなぁ???
魔女
2008/03/13 11:26
旅人さんって本当に行動力があるって言うか…
元気やねぇ〜そのパワーどこにあるの?
今日はお疲れでグッタリでしょうか?
まだまだ、こんなもんではない?ですかぁ〜
今日も元気にどこかにお出掛けしてたりして(*´∇`*)

そうそう…以前にコメントアップするときに時間がかかるって言ってたよね。
私も時間がかかっていたんだけど、更新ボタンを押すと直ぐにアップされるよ。
最初はコメントが無くなったら困るので、本文をコピーしてから更新ボタンを押してたけど、トラブルもなくアップできているので、やってみてくださいなぁ〜…一応は用心のため、本文コピーしてからね!!(*´∇`*)
季実花
2008/03/13 11:41
hiroさんが伏見に住んでいたことに納得しました\^o^/
京都もそれじゃかなり詳しいでしょう。
結婚してやっと今は落ち着いたのかな。
風の旅人
2008/03/13 13:01
魔女さん毎度〜
元々は宗教行事だったはずなんだが、町衆が火の粉を浴びることで、一年間無病息災でいられることを知ったときから、観光化していったわけでしょうが、この行事は何百年前から続いている伝統行事、境内で見るだけならお賽銭もいらないの、まあええんと違いますか。
風の旅人
2008/03/13 13:09
季実花さん毎度〜です
ワテの元気の元は出歩くこと。
出歩くと言っても散歩じゃないでっせ。
カメラ担いでスタコラサッサ。

在職中は出歩くときはほとんど車でしたが、最近は電車を使うことが多くなりました。
一つには途中で美味しいもの見つけた時、それには飲み物がお茶ではなくて・・・と言うことが出来まっしゃろ。

さてっと、これからどうしょうか。
出かけようか(笑)

コメント→OK→更新ボタン
これでやると確かに早いですね。
コピーしなくても大丈夫です。

以前はコメント→OK→もう一つ同じものを立ち上げて、そこでコメント
まあどっちでも可能ですが、早いことは良いことですね\^o^/
風の旅人
2008/03/13 13:19
二月堂のお水取り、一度写真を撮りた〜い、
そうそう、あの松明の炎を横に長くのばしたやつ・・・
風さんの実況中継を読んだら、やっぱり、諦めました。
中に入るのも一苦労、こりゃぁ簡単ではないわね〜
それにしても、いつも貪欲にチャレンジする風さんに
脱帽! ぜひ再チャレンジを・・・なんて気楽に言ってます。
ともっぺ
2008/03/13 17:36
風さん♪
解説面白かった。文章に吸い込まれちゃった。お疲れ様。
スゴイ人だったのね。昔々行った事あるけど〜。
私んちから奈良は近いよ。車ならすぐ。
今は行ってないけど専業主婦の頃は車でしょっちゅう行ってました。
来年は必ず写してね。根性プラス体力がいりますね。♪
ソナチネ
2008/03/13 21:56
ともっぺさん今晩は
一度は見たいと思うでしょう。
混んでいる日とそうじゃない日があるみたい。
昨日は終盤の山場だったので、この人手です。

土日を避けてどないです。
一度お越しやす
風の旅人
2008/03/13 23:15
ソナチネさんコンチャでおま

書くことがないから、こんな風にしか出来まへんわ
おもしろいと言って貰えると、昨日の疲れも忘れてしまう。

奈良には概ね近い距離やなあ
ワテもよく奈良にはブラッと出かけますが、最近は京都より奈良の方が行くことが多くなった。
来年のことはわかりまへんで。
風の旅人
2008/03/13 23:16

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
関西の春を呼ぶ、奈良のお水取り 心の旅・遠くへ行きたい 1/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる