心の旅・遠くへ行きたい 1

アクセスカウンタ

zoom RSS こんな日は「登山」に行こう

<<   作成日時 : 2008/03/12 01:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 25

春の陽気につられて、ブラッと出かけました。
行き先は大阪港周辺です。

画像


天保山に海遊館も出来てから、観光客が押し掛けてきて、最近は人が多くなった。
四国や九州行きの船はここから出ており、発着時には人もいるけど、出てしまえば閑散としていた。

3月は大相撲の大阪場所が開催されており、町中でも時折お相撲さんを見かける。
声をかけたら鳴門部屋のお相撲さん。
この近くに部屋があるらしい。

画像


天保山公園には山があります。

画像


この公園の入り口がここです。
何処が山やねん(笑)

画像



どんな山なのか、それは日本一低い山
海抜がなんと標高4.7mです。
は〜〜い
山頂です。

画像


今日この天保山に、重装備して「登山」をしてきました。
これで2回目や(笑)

一応ここが山頂だとの二等三角点も埋め込まれており、見晴らしはっと言えばこんな感じやなあ

画像


画像



大阪には1000m級の山もありますが、ほとんどが低い山。
特に大阪市内となると、山って何処にあると言われるほど。
他府県では小高い丘くらいのものまでが、○○山と呼称がついています。

有名なところでは天王寺にある茶臼山(標高26m)
他にも聖天山(標高14m)や蘇鉄山(6.8m)あります。

ところが以前にもブログで書いていますが、日本で一番低い山が大阪にあります。
蘇鉄山の6.8mよりも低い山、その名はフジヤマではおまへんで。


カップルも見学に来ていたので、記念に一枚撮らせて貰いました。
登頂記念の万歳です。

画像



江戸時代に航路整備の浚渫工事で出てきた土砂を、この地に捨てたことが始まりです。
当時は20m高さであったようです。

画像


春になると遠く京や奈良から、桜見物に大勢やってきたようです。
その模様が歌川広重の浮世絵になっています。

仙台の日和山(6.08m)も負けはいませんが、天保山と一緒で人工の山です。
その点徳島の弁天山(6.1m)は 自然の山としては一番低い

天保山は国土地理院も日本一低いと認定しており、この山に登れば天保山山岳会から、登山証明書貰えます。
ただしこれを貰うには、大枚10両(円)の金子が必要です。

画像



画像


この証明書は前回の登頂記念です\^o^/

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(25件)

内 容 ニックネーム/日時
風の旅人さま。

懐かしい、・・・天保山ですね。
私も風さまと同じく重装備で登頂しました。
ザイルもピッケルも、酸素も予備食料さえも無しで♪
遭難するとか考えなかったんですから無謀な話です(笑)

登頂成功後の万歳は、やっぱりやるんですね♪
私だけじゃなかったんだ・・・(^o^;

で、なぜ風さまの写真が無いのでしょうか?
山頂に日の丸の大旗を刺して、誇らしげにポーズを取る
風さまの画像があるものとばかり思っていました (^_^)

いえ、仮に普通の恰好でもいいですから、
山頂に立っている風さまの画像を見たかったなあ〜♪♪
Aki
2008/03/12 02:42
風さん、おはようございます♪
春風に誘われて、ブログネタ探索、
風さんのこのスタイル好きだな〜(*^。^*)
我が家の標高650以上?風さん来る時は重装備でお願いね。
ピッケルは要らないけど、酸素は必要かも、
それと。。。たこ焼きとお好み焼きもね♪
sayuri
2008/03/12 09:01
おはようございます〜
この「天保山」知ってますよ〜〜!
登山証明書も 見たことあります〜! テレビで。
数年前に海遊館へ遊びに行ったときに
登山しようかと思いましたが 家族の反対があって
断念した覚えがあります。標高を言えばよかったかな〜。
今度 海遊館に行ったときは 是非 登ってみたいですわ!
ヒールで!!!(笑)
みるきぃ
2008/03/12 09:38
春風に誘われて、家の片付けをする私とは
随分と違いますねぇ〜健康的〜♪
登山なんて!!ビックリ!!登った山が、た、高すぎる!!
そんな凄い登山家だったとは!?
カップルの女の子、7センチヒール?高さの靴で登れるなんて
どんだけぇ〜♪(これ、古ッ!!)

登山証明書は3人?御連れが居たって事よね。
でも、上にナンバーリングされている番号が
トビトビ…それだけ大勢が登っているってことかな?
12月に登って今回だったら、季節が違うから
景観も違ったかな?
今日もお天気がいいよ♪春風さんはどこへ誘うのかなぁ

季実花
2008/03/12 09:41
Akiさんも天保山に登られたことがあるんだ。
かなり昔のようですね。
万歳をしている若者は、自転車で登頂使用としましたが、山頂が狭くて自転車を持ち込めなかった(笑)
やむなく万歳だけでした。

ワテの写真なんか載せたら、熊に襲われたらどないしますんや。
それだけは出来まへんで。
直ぐ横に海遊館がありまんねんで。
熊はおらんけどジンベイザメがおりまんねん
あっジンベイザメは人を襲わないんだ\^o^/
風の旅人
2008/03/12 09:42
sayuriさんおはようさん
季節はまさに春本番
山にも登りたくなる気分で出かけました。
ワテが登れる山と言ったら、こんな程度でしょうか。

sayuriさんの住む辺りは、標高650mですか。
それじゃ酸素がチョッピリ薄いなあ(笑)
たこ焼きとお好み焼持参じゃないと、門前払いされそうやなあ(笑)
それじゃ行くときは、鉄板やソースも担いで行きまっさ。
それだけで遭難しそうやがな(笑)
風の旅人
2008/03/12 09:50
みるきぃさんおはようさんさん
海遊館に来ているんや。
天保山山頂は直ぐ傍にあるから、せっかく岐阜から来たんだから、登ったら良かったのに。
日本一の名称がつくものなんて、そうあるものじゃない。
あっても自称日本一なんてものばっかり。

その点この山は国土地理院が正式に認めている、日本で一番低い山なんだから、今度訪れたときに登ってや。
そしてこの証明書を買ってきて\^o^/
風の旅人
2008/03/12 09:56
季実花さんが家の片付けをしているとき、ワテは小さな「旅」に出てました。
こんな天気がいい日は、海風の当たる場所にくると、気持ちいいですよ。

この登山証明書は前回ここを3人のパーティ登ったおり、発行している天保山山岳会がある喫茶店が休みだったので、郵送をお願いしましたら、後日送ってきたものです。
そのため登録番号はマチマチになっています。

今日もいい天気
さてどうしょうかなあ
奈良のお水取りも後2日で終わり。
午後7時からの大松明を振りかざして、二月堂を渡るのを見に行こうかなあ
風の旅人
2008/03/12 10:09
大阪市港区築港に3歳から、小5までいました。
小2だけ、小豆島。。
天保山公園で遊んだ覚えがあります。
もう、すっかり当時とはかわってます。
ほんとうになにもない公園だったと思います。
なんだか、風さんのブログに来るとなつかしいです。
hiro
2008/03/12 10:30
hiroさんおはようさんです。
築港はこの近くですね。
歩いて10分くらいでしょうか。
この写真にも登場するお相撲さんの部屋が、築港だと思います。

成人になってからこの辺りを訪問したことがありますか?
海遊館も出来たし、この辺りはすっかり変わってしまいました。
地下鉄が大阪港まで開通してからでも、すでに30年は経つでしょう。
今では住之江まで通じています。

hiroさんが此処に来て懐かしさを覚えるのは、あなたが住んだところと、ワテがこれまで訪問した先が、リンクしているからでしょう。
ワテは海のない県(滋賀)で育っているので、海を見ると嬉しくてたまらない。
その中でも白い灯台を見つけると、岬の先端まで行ってみたくなる。
先日これまでに訪問した灯台の数を数えたら、数え切れないくらいあった。
このブログでもそのうちの幾つかをアップしていますよ。
風の旅人
2008/03/12 11:10
ここの山頂を制覇したいわ〜(ノ∇≦、)ノ彡☆ キャハハ
このカプルのノリもいいですね!さすが大阪。
お相撲さんに声をかけたんですね?大きいな〜。
リサ
2008/03/12 12:33
行きましたよ。何年か前に海遊館と住んでたところ(もうないけど)
で、小4のころ好きだった子に会ってきました。(笑)偶然、家にいました。
 
ひえ〜 灯台なんて言わないで。。。
亡き父は、最初 和歌山で灯台守りしてたんだよ。
与那国島の灯台は父が設計したんだよ!笑
hiro
2008/03/12 12:39
もとい。どの部分設計したかは正確に聞いてませんが。。
母から聞きました。今度、くわしく聞いときます。
hiro
2008/03/12 12:46
リサさん毎度でおます。
この山頂を征服したいなら大阪においでませ。
そうそうhiroさんはここが故郷みたいな町やから、案内して貰おうか。

お相撲さんってホンマにでかいなあ
横を歩く人は160cmくらいでしょう。
比較すると大きさがわかるなあ
風の旅人
2008/03/12 14:43
hiroさん一日遅れですが、誕生日おめでとうさん。
リサさんも今月やけど、いつなんやろ
二人の年齢は余り変わらないのでは。

やっぱり久しぶりに訪問してるんだ。
小4と言えば10歳やなあ
30数年前のこの辺りは、何となく寒々としていた感じがする。

地下鉄の話を書いたときに思い出したんだが、独身時代に朝汐橋に来ています。
その頃と言えば40年前です。
地下鉄があって、確か朝汐橋が終点だったかな?

大阪北港に灯台に確かあったなあ
この辺りの海の守りだけに、ご苦労様でした。

与那国!!
今一番行きたい島や。
しかし船の便が悪すぎて、思いつきでは行かれない(゚_゚i)タラー
島に最低3日くらい滞在する覚悟で行かない。
それで躊躇してまんねん(笑)

今度古い歌ですが、「喜びも悲しみも幾年」を仕入れておきまっさ。
もちろん知っているでしょう?
演歌なんか嫌いらしいから、知らないかな\^o^/

♪おいら岬の 灯台守は
妻と二人で 沖ゆく船の〜

メロディが流れてきたら、いつでも歌えるでぇ(笑)
風の旅人
2008/03/12 15:01
その唄は父がよく唄ってたから知ってます。
朝潮橋が終点だったと思います。
そこおりたらすぐだよ、  
物騒なところだったと思う。学校は築港小学校!
和歌山では灯台守だったけど、大阪では何してたんだろう。。
いろいろ部署もかわったからねー

私も与那国には行ってないんです。
飛行機なかったですか?小型の。。石垣から出てないですか?
行っとけばよかった〜
西表島には行ったよ!宮古も黒島も小浜も・・・
hiro
2008/03/12 15:17
与那国に行くには小さな船らしくて、東シナ海の荒波は相当なものらしい。
それを聞いたらとりあえずは話の種に、片道だけでも船を利用したい。
ワテの旅はスケジュール通りの旅はしたくないので、いつも那覇に行ってからどうしょうかと考えてしまう。
泊港から出向する石垣行きの船は?から始まるだけに、いつもとん挫してしまう(笑)

石垣ー与那国間の飛行機も飛んでいますが、全部飛行機となると予算が・・・
年金者でっさかい安くあげないと(笑)
いつか行きたいなあと、夢だけは持っています。

やっぱり当時は朝汐橋までだったんだ。
結構記憶しているやろ\^o^/
駅降りたら駅前は何もなかった。
公団住宅?だったかな
それくらいしかなかった。
風の旅人
2008/03/12 15:36
風さん♪
このへんもいいところね。車ですいてたらめちゃ近いよ。
お洒落なお店も出来てる。観覧車も乗ったよ。

今日は合唱練習でした。『小さい秋見つけた』を歌ってる。
スンゴク綺麗なの。混声の素晴らしさを感じられる。
やっぱり歌はいいわ。良い曲です。風さんも以前歌ってた?♪
ソナチネ
2008/03/12 21:53
大阪のことはなんちゃ分からん。登山は苦しそうじゃ。
でも昔、田舎の山に登ったこと、何度かあるよ。この天保山ってそんなに高くないの?頂上に着いたときのポカリがおいしかったよなあ〜。
さよちん
2008/03/12 22:02
ソナチネさん今晩は
今日は合唱団の練習日やなあ
毎週休まんとよう続いておりまんなあ

「小さい秋見つけた」を練習中でっか。
秋の本番が楽しみやなあ
今年も暇やったら聞きに行きまっせ。

前にMIDIで歌ってました。
秋になるとこの歌がすぐ口ずさんでしまうなあ。
風の旅人
2008/03/12 23:33
さよちんさん毎度〜
なんちゃわからんといっても、海抜4.5mの山くらい、どんなもんかわかりますやろ。
日本一やで日本一。
しっかり見とってや。
なんかすっごいボケかましているでぇ(笑)
大丈夫かなあ\^o^/
ポカリが美味しかった?
さよちんさんの頭がポカリでっせ(笑)
ホンマにコメントのしようがないなあ(爆)
風の旅人
2008/03/12 23:39
天保山と聞くと海遊館しか思い浮かばなかったです。
ちゃんとした山だったのですね。日本一低い山なんですか。今度いったら記念に登ってみたいです。これぐらいの標高だったら私でもらくらく登山できます(笑)
はこふぐ
2008/03/15 20:54
はこふぐさん毎度〜
あんなに可愛かった楽太郎ちゃん
可愛そうになあ
少しは落ち着いたのかなあ
生き物を飼うと当然別れがあるからなあ
また元気を出して、新しい仲間を増やしてあげなさいね。

海遊館とは信号を挟んでいるだけ。
直ぐなので、次回行ったときは登頂してください\^o^/
風の旅人
2008/03/15 21:12
m(−−)mありがとうございます!もうすっかり元気ですよ〜
ご存知のように新しい仲間も増えました。どうぞこれからもよろしくお願いします!
はこふぐ
2008/03/17 10:32
こんな所でコメントを忘れてるがな
すまんのうはこふぐさん

金魚の話が今頃になって、コメントしても一寸遅いなあ
落ち込んでいた頃にコメントしなくっちゃなりませんでしたね。
風の旅人
2008/04/10 00:56

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
こんな日は「登山」に行こう 心の旅・遠くへ行きたい 1/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる