心の旅・遠くへ行きたい 1

アクセスカウンタ

zoom RSS ロシア民謡・ともしび

<<   作成日時 : 2008/03/27 01:28   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 23

初めてロシア民謡を知ったのは、なんと中学の数学の時間。
この時の担任の先生が、こともあろうか授業中にロシア民謡を黒板に書着始めた。

「ともしび」と「トロイカ」の2曲でした。

それを先生は授業中に歌唱指導をおっ始めた。
クラス全員で歌うのだから、他の教室にも聞こえているはず。
そんなことお構いなく、みんなで歌って覚えた。

当時ロシア民謡が日本で紹介されて、歌声喫茶などでも大いに歌われた時代です。
おそらく先生は京都まで出かけて、歌声喫茶に行って覚えたのを、生徒にも歌わせたかったんだろう。

今から考えるとずいぶん開けた学校でもあった。
詰め込み教育などない時代なので、自由な教育もできなのだろう。

その時覚えた2曲は今でも覚えているし、その後の人生にも大きく影響したのも確か。
成人してからは歌声喫茶にも顔を出して、歌声の楽しさを身をもって感じている。

その後ロシア民謡をずいぶん覚えたが、今でも歌えるのは「カリンカ」「エルベ川」「一週間」「泉のほとり」など数え上げたらいくらでもあるなあ。

同じ世代のものが集まると、必ずと言っていいほど、この時代に歌った歌を誰かが歌い出します。




ともしび

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた

コメント(23件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます〜
「ともしび」は 知らないです〜。
「カカリン」と「トロイカ」は 聞けばわかるかも。
昔は のどかだったんですね〜
数学の授業なのに音楽に変更してたんですから〜。
今では 考えられませんね〜。
みるきぃ
2008/03/27 10:45
みるきぃさんおはようさん
当時の教育は本当にのんびりしていました。
それだけにワテの頭も悪いけどね(笑)

高校にもユニークな先生がいた。
英語の授業で常磐炭坑節を英語に直訳して、それをみんなで歌えと言うのです。
♪月が出た出た 月が出た ヨイヨイ

これを黒板に英語で書いて皆に歌わせた後、期末試験に出すからしっかり覚えよ。
これが出来たら単位をあげるぞ〜
そりゃ必死のパッチで覚えまっせ。
お陰で何とか全員卒業できました(笑)

歌は人生とともにありますね。
同窓会に行くと話の節々にこの話が出てきます。
今では考えられないほどの教育でした。
風の旅人
2008/03/27 11:17
昔は授業中によく脱線しましたよね〜。そんな先生はやっぱり人気もあったし。
ロシア民謡、いい歌が多いし日本人に合っているのかな。
「泉のほとり」は授業でも習いました。楽しく歌った覚えがあります。
リサ
2008/03/27 12:34
リサさんの学校でも、「泉のほとり」を授業でやったの。
授業と言うことになると音楽ですね。

最近の文科省の音楽の授業では、テレビで人気になった曲を歌わせていますが、当時はテレビから流れてくる歌を、学校で歌っては行けない!見たいな教育でした。

でも良い曲はいくら規制しても広がっていきます。
教えてくれた先生は、今でも心に残りますね。
風の旅人
2008/03/27 15:02
風さんの時代にそんな洒落たことされる先生がいたんですね。
私は中学のとき、「音楽でも英語の授業でもビートルズやカーペンターズ 歌わせてくれたら、勉強になるし、英語も楽しいのに〜」って思ってたら、今、娘の時代では、英語の授業でバンバン、、歌ってますから〜
TVのヒット曲もいい曲はすぐ、学校で歌ってますよね。
時代も変わるものですね。

ロシアで思いましたが、蛍の光はスコットランド民謡なんですよね。。
hiro
2008/03/27 18:04
hiroさん今晩は
本当にそう思いますね。
原語で歌うことで音楽も楽しくなるし、その言葉も覚えてしまう。
音楽をより身近なものとして、教育に取り入れる姿勢が大事だし、子供たちに音楽のすばらしさを教えてくれることは、とてもいいことだと思います。

昔はユニークな先生がいたなあ
そんな先生は生徒には人気がありましたなあ(笑)

蛍の光はそうですね。
日本の歌ではないと知ったのは、卒業してからでした(笑)
風の旅人
2008/03/27 18:11
風さんの歌素敵ですね!
私もこれらのロシア民謡昔歌いました。懐かしいですね!

昔は、先生も生徒も親達も心にゆとりを持っていたのですね。
mugen
2008/03/27 19:34
私はうたごえ喫茶で毎月ロシア民謡歌っていますよ。
名曲が沢山有りますね。
ayaya
2008/03/27 19:40
mugenさんもよく歌われていたんですか。
同じ時代を過ごしてきたものとして、すごく嬉しいですね。

当時は歌の世界でも、色んな歌が輸入されてきており、ワテの中ではあれもこれも受け入れました\^o^/
昭和の30年前半ですから、まだ世間は戦後復興のまっただ中、そのなかで色々なジャンルの曲に接したことが、今に生きている感じがします。
風の旅人
2008/03/27 21:04
ayayaさん今晩は
懐かしい歌やあの頃の歌を歌いたいときは、歌声喫茶は欲求不満を解決してくれます(笑)
たまに行くとスカッとします。

最近は歌う機会もなく、カラオケで探しても数が知れています。
あの曲が歌いたいと思ったときは、歌声喫茶に行けば満たしてくれます。
そのうちayayaさんの顔でも見に行こうかなあ(笑)
風の旅人
2008/03/27 21:08
彼女は私の勤務先をわざわざ訪ねて、何冊かの歌集を届けてくれた・・
手にとってそれをよく見れば、どうやらそれは歌声喫茶の歌集のようだった・・
「僕は歌声喫茶は行ったこと無いんですけど、あなたはよく行かれるんですか?」
『ハイ!仕事の休みの度に行ってます・・伊藤さんも一緒に行って歌いませんか?』
私は笑いながら、「人前で歌うのは照れ臭いからヤメときますよ」と歌集のページをめくりながら答えた・・とその中に「囚人の歌」という歌詞が入っていた、
「あぁ、この歌なら僕も歌えますよ・・」
『あっ!この歌私も大好きな歌なんです」・・と言って彼女は唄いはじめた

♪舟こぐわれは鎖につながれ 苦しい時にいつも想い出す
  自由と平和に身をすててゆけ涙で語る 母の面影

もう、あれから四十年の歳月だ・・彼女は元気だろうか?

伊藤
URL
2008/03/27 21:46
伊藤はん〜懐かしい歌を披露してくれましたなあ
ワテもこの歌知ってまっせ。

当時娘さんだった人も、今では60を越えておられるでしょう。
この話はもしかして名古屋時代でしょうか。

今でも当時の歌集が10冊程度ありますが、ページをめくると懐かしい歌が蘇ります。
歌は変わらないけど、ワテの体型はこの40年間で、ムチャ変わりようですわ
風の旅人
2008/03/27 21:58
ここに来てホッと一息つけました。有難うございます。
最近の歌を全く知らないのですよ。ブログに貼り付けられた曲も知らない物ばかり。なんとなく落ち着かなかったのですが。
ロシア民謡と聞いただけで思い出す曲が何曲かあります。
「ともしび」は勿論です。「囚人の歌」も。
寮監の目を盗んで行った歌声喫茶で時間を忘れて歌ったものです。
懐かしい〜〜〜。でも年もばれましたね。
風葉
2008/03/27 22:22
風葉さん今晩は
此処で載せている歌曲の中には、かなり古いものもありまっせ(笑)
お年を感じる?そうでもないですよ。
じゃあ今度「想いでの歌」特集でもしますか(笑)

出ましたね
ロシア民謡の何が想いでの曲なのか、教えてください。
即興で歌いましょうか(爆)

懐かしいなあ
「寮監の目を盗んで行った歌声喫茶」
今の時代寮監の目なんかあるのかなあ
花も恥じらう女子学生だったら、今でもあるかも知れないなあ。
風の旅人
2008/03/27 22:27
歌を口ずさむ時、遠く過ぎ去った日のことが鮮やかによみがえってまいります・・
歌はまさに人生と共にあり、歌なくして何を語るべきや・・
伊藤
2008/03/27 22:29
伊藤はん
歌声喫茶には彼女と行きましたんか
伊藤はんの原点ともなる歌の数々は、ほとんどがこの歌声喫茶の時代に歌われたものです。

今でも当時の歌を歌っている姿が、目に浮かびまっせ。
風の旅人
2008/03/27 22:33
「ロシア民謡」・・・
懐かしいですね〜
初めて小さなレコードプレーヤーを買ってもらったときに買ったのが
♪雪の白樺並木、夕日が映える♪という歌詞で始る「トロイカ」でした。
ソノラマシートという紙でできていたレコードでした。
中学に入った頃でしたかしら・・・
それから「ともしび」「カチューシャ」「黒い瞳」など、色々なロシア民謡を覚えていきました。

でも「歌声喫茶」に行った思い出はないんですよ。
新宿や銀座の音楽喫茶「アシベ」などは覚えていますが・・・
私の方が若いのかな〜?
そんな事はないでしょう。
仲間に行く人がいなかっただけかもしれませんね。
naoママ
URL
2008/03/28 00:54
naoママさん今晩は
ソノシートのレコードなら知っていますよ。
ワテはその前の針交換の蓄音機の時代の人間ですがな(゚_゚i)タラー
ハンドルでクルクル回して、どんな時代やねん(笑)

「カチューシャ」に「黒い瞳」ありますね。
「黒い瞳」と「黒い瞳の」は別ですが、ワテの知っているのは「黒い瞳の」の方です。
♪黒い瞳の 若者が〜

東京の歌声喫茶については疎いので申しわけありません。
ともしびとかカチュ−シャくらいです。

そのうちカラオケで歌を仕入れてきましょう(笑)


風の旅人
2008/03/28 01:07
ロシア民謡は沢山好きな物がありますよ。
一週間・コザックの子守唄・ボルガの舟歌・黒い瞳の・黒い瞳 等など。
まだまだ だんだん思い出します。歌ってください。
風葉
2008/03/28 22:57
風葉さんこんばんは

出てきましたね。
まだまだあるのですか。
楽しみやなあ

今日新大阪の近くの歌声喫茶に行ってきました。
ロシア民謡幾つかリクエストがありました。

ボチボチ出しまっせ。。
楽しみにしておくれやす。
風の旅人
2008/03/28 23:19
風の旅人さん、私の拙ない歌にコメントありがとうございました。
お邪魔して懐かしい「ロシア民謡」に出会うことが出来ました。私も若い頃新宿のカチューシャにはよく行きました。あの雰囲気が懐かしく思い出されます。お若い方と思っていたのですが、もしかしたら同年代?(@。@)
でも「ともしび」がなぜか再生されないんですダウンロードもできません。また伺いますね
すずめ
2014/01/23 11:14
わお〜すずめさん〜いらっしゃい

よくぞくんな遠くまで覗きに来ていただきまして、本当にありがとうございます。

このシリーズは@〜Bまでありまして、この書き込みは@です。
1000ページになったのを機に新しいシリーズに入りました。
しかしAの方も容量がいっぱいになったので、現在のBに移りました。

Biglobeのブログは音楽が入るので使わせてもらっていますが、無料会員は容量が不足しがちです。
有料会員になればいいのですが(笑)
最近のICレコーダーは高機能のため、1曲アップすれば4MB程度の容量がありますので、一定の曲をアップすれば満杯になりますが、無料会員ではこれは仕方がないですね。

この心の旅・遠くへ行きたい1のページでは、アップした曲をすべて削除していますので、今回のように「ともしび」が流れないのですが、すずめさんがこんなに遠い所にお越しになって、手ぶらで返すわけにはいきませんので、急遽曲をアップしました。

年齢はすずめさんと変わらないですよ。
1945年生まれです。
今後ともよろしくお願いします。

風の旅人
2014/01/23 11:43
すずめさんへ

訂正します
すべて削除ではなく、歌声喫茶で歌ったものは残してありました。
風の旅人
2014/01/23 11:59

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ロシア民謡・ともしび 心の旅・遠くへ行きたい 1/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる