心の旅・遠くへ行きたい 1

アクセスカウンタ

zoom RSS 大阪の渡し船

<<   作成日時 : 2008/03/13 22:49   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 15

大阪を流れる川に淀川があります。
淀川から大阪城に向かって分岐すると、名前も大川に変わります。

画像


大川もまた分岐して土佐堀川と堂島川に分かれます。
その辺りが中之島になりますが、今日の話はその下流のお話。

この二つの川が合流したら、今度は安治川と名前が変わります。
それぞれの名前の川は、距離にしても10kmあるかないかでしょう。

今回の小さな旅は、天保山にある日本一低い山と、直ぐ横を流れる安治川の話です。
大阪湾に注ぐ安治川の両岸には、大中小の工場が林立しており、物資を運ぶ貨物船の往来が激しいところです。

画像


そのため安治川には、昔から人が渡れる橋がありません。
橋桁を高くしないと船が通れないため、人は船に乗って行き来するしかなかった。
昔なら櫓を漕いでギッチラコ〜ギッチラコ〜でしょうが、現在はモーターエンジンでスイスイですわ。

安治川に渡し船があると聞いたのは、もうずいぶん昔になります。
朝夕の通勤・通学時は、大在の人がこの船を利用しています。

桟橋は日本一低い山の、真下にあります。

画像


頂上から見ていると、対岸の桜島から乗ってきた人たちが降りてきました。

画像


自転車の人、外人さん、カップルなど10数人が乗っています。

画像


カップルは先のページで、頂上で万歳した二人。

画像


次の船の出航は何時?と聞いたら、0分と30分発の2回だって。
それじゃ次の船に乗ろうかなあ

画像


船着き場には全部で10人がやってきた。
外人さんもやってきて、自転車に大きな旅行バッグを乗せている。

画像


この渡し船は大阪市が運営しており、渡し賃はなんと無料。
バイクは乗せられないが、自転車や乳母車等は乗せられます。

画像


対岸まではホンの5分ほど。
向こう岸には大勢の方が待っていた。

画像


やっぱり外人さんがいる。
港町独特の雰囲気がある町でした。
対岸に見えるのが、天保山側です。

画像


工場街を通り抜けるとUSJの前に出ます。
つまりUSJと海遊館は川を挟んで向かい同士
両方見学するには、この渡し船を利用するとよい。
電車、地下鉄を乗り継いでいくより、この方法が一番早くてタダ\^o^/

今回は桜島駅からJRに乗りました。
ホームに入っている電車はUSJ仕様の車両

画像


ディズニーのキャラクターをメイキングしており、社内もジンベエザメのポスターで一杯。
開館以来5000万人も来ているんやなあ

画像


尚、安治川以外の川でも、渡し船が全部で8カ所あります。
天保山  甚兵衛 千歳 船町 木津川 千本松 落合上 落合下 

画像


暇を見て完全制覇でもしようかなあ
なんせタダやからなあ(笑)  

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

コメント(15件)

内 容 ニックネーム/日時
今日もまた出かけたの?元気やねえ〜。
桜島って鹿児島の桜島しか知らんかった。写真を見てると何だかのんびりして、あったかそうやね。渡し舟って何か懐かしい響き・・・
ただって言うのはうれしいねえ〜。U\(●~▽~●)Уイェーイ!
さよちん
2008/03/13 23:15
さよちんさん今晩は
今日も元気に仕事しとったか。

この記事は前回の記事の続きや。
この後もう一つあるで。
その記事は明日になるけど楽しみにしとって。

ワテも「桜島」の名称を初めて見たときは、大阪に就職したときや。
桜島行きの電車がホームにあった。
桜島って鹿児島の?
しかも頻繁に桜島行きがある
おかしいなあ???

調べてみたら大阪の桜島があった。
港の近くにある工場街へ向かう電車だった。

タダの渡し船は記念に乗っとかないと、いつ廃船になるかわからんもん。
東京の渡しと言えば柴又の矢切の渡し。
でもここは私営で、渡し賃を払わにゃならん。
無料の渡しってあるかなあ?
風の旅人
2008/03/13 23:27
風の旅人さま。

えーっ、風さまやさよちんもそう思われたんだ!
私もです。
「天保山?」、「桜島?」、・・・・・・
「欧米か!」じゃないけれど
「鹿児島か!」って思いましたもの(笑)。

予定の都合で、この渡し船には乗れませんでしたけれど、
いつかきっと乗船してみたいなあ♪
公営で無料って、ありがたいですよねっ。

それにしても、
本当に風さまはフットワークが軽いですね (^_^)
Aki
2008/03/14 03:11
Akiさんおはようさん
ワテの話は古い話でっせ(笑)

大阪の環状線がまだ一周していない時代の頃ですわ。
就職じゃなく大阪に遊びに来たときでした。

その頃は環状線じゃなく半状線(造語)でした。
今の大阪駅の環状線ホームは終点でした。
ホームを降りたらその先に桜島行きの電車が止まっていました。

桜島行き?
鹿児島の桜島行きだけで、わざわざプラットホームがあるの?と思ったもんです。
今の東海道線がまだ省線とも呼ばれていた時代です。
こんなん覚えている人は、もう少なくなってきたかも(笑)

ワテも大阪に住んで40年
今回初めて渡し船に乗ったくらいですから、何か目的がない限り乗りませんね。
でも考えてみると、河口付近に住む人たちにとっては、なくてはならない乗り物ですね。

税金の無駄遣いが国会では論議されていますが、この8カ所の渡し船の経費はすべて税金で賄われています。
これが有料だとしてもおかしくないけど、無料だからこそ残して欲しいですね。
風の旅人
2008/03/14 07:29
川については、知りませんでした。
大阪湾にハーバーレーダーがありました。
今もあるのかな?その辺は父とよく散歩をしましたよ。
そのころの大阪港は黒い海でした。
光化学スモックも絶えず発令されてました。
今は少し、きれいになってるようですね。
hiro
2008/03/14 08:46
hiroさんのはようさん

当時の大阪は高度成長期で、堺の臨海には工場から吐き出す煤煙がひどくて、今の北京の空みたいだった。
毎日毎日スモッグに覆われて、暗くどんよりした天気だったね。

しかしその後黒田革新府政に代わって、公害をなくす取り組みがなされた結果、大阪の空も良くなってきました。

ハーバーレーダーは今でもあると思うなあ
なんせ大阪湾全体を管理しているので、必要なものではないかなあ

安治川の水は綺麗になっています。
スクリューから巻き上がった安治川の水、追加でアップしましょう。
風の旅人
2008/03/14 09:39
おはようございます。
淀川っていう名前の川は知っていましたが
そこから いろんな名前に変化するのは知りませんでした。
それに 渡し舟があるって言うのも しらなかった〜。
舟で川を渡るって 大阪に人には日常なんでしょうけど
そういうことをしたことがない私とかが初めて乗ると
キャイキャイとうるさいだろうな〜〜。
岐阜にも長良川とかに渡し舟があるけど
今は 誰も使っていないんじゃないかな〜。
なんか 意外な大阪を見せてもらった気がしました。
みるきぃ
2008/03/14 09:50
「水の都・大阪」の名前は知っていますが、淀川がこんなに枝分かれしてたくさんの名前の支流があるなんて知りませんでした。
川岸に住んでいる人々にとっては川は生活の一部なんでしょう・・・
無料の渡し舟も良いですね〜

パースも「スワンリバー」のほとりにできた街ですが、川は海のように大きくて広く、生活というより市民のマリンスポーツを楽しむ場として使われています。
渡しの船もありますが、モチロン有料でバス感覚ですね。
生活の中では「眺める川」として、リバーサイドの家はどこも高級な舘でした。
その点「安倍川」は工場地帯の中を流れているだけあって、大勢の人々や船が行き来する道路のような川なんですね。
大阪らしい賑わいの一端が感じられる風景でした。
naoママ
URL
2008/03/14 10:36
USJの目と鼻の先にこんな感じの所があるんですね〜。
大阪は5・6時間ほど滞在した事があるだけ・・どこへ行ったかも覚えてないな。渡し舟、体験してみたい!お天気良かったら気持ち良さそう。なんたってタダがいい(#^.^#)。
「東京には空がない」って言うけど最近は東京も綺麗な空が見えるよね。
リサ
2008/03/14 11:22
みるきぃさん毎度〜でおます。
淀川の本流は大阪湾に注がれています。
大阪市内の入り口に毛間の閘門(けまのこうもん)があって、此処で淀川の支流として、一部が大阪城方向に流れます。
昔はこの水を大阪城に引いたのでしょう。

この支流に入ってから、それぞれの名前が付きました。
川沿いには中之島、堂島、淀屋橋、曾根崎と言った、大阪の北を代表する名前がありまして、演歌の世界ではよく出てくるので、ご存じでしょう。

この渡し船を利用するのは、大阪湾の河口周辺に暮らす人々にとっては、貴重な足となっているでしょう。
でもほとんどの大阪市民は、こんな所に無料の渡し船があるのも知らないと思う。
何せワテも初めての体験ですからね。
キャピキャピ騒ぐ人がいたとしたら、その時はみるきぃさんのグループだけでしょう(笑)

長良川にも「無料」の渡しがあるの?
一度調べてよ。
風の旅人
2008/03/14 14:22
みるきぃさん〜今調べたらありますね。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

小紅の渡し(こべにのわたし)は、岐阜県岐阜市の長良川で運航されている渡し船である。

県道の一部岐阜県道173号文殊茶屋新田線になっている、岐阜市が岐阜県に代わり運営している。

岐阜市の長良川にあり、岐阜市一日市場と岐阜市鏡島を結ぶ。鏡島大橋と河渡橋の間にある。
使用される舟は木製であり、水深の浅いところは竹竿(棹)で、水深の深いところは艪を使用して進む。現在この方法を用いた渡し船は珍しい。
毎月21日の瑞甲山乙津寺(鏡島弘法)の命日には、多数の参詣者が利用し賑わう。
一般の利用客も多いが、風情があることから、最近は観光客の利用も多い。
営業時間:
8:00〜17:00(4月〜9月)
8:00〜16:00(10月〜3月)
運休日:毎週月曜日 (増水時の運休あり)
料金:無料
風の旅人
2008/03/14 14:27
naoママさん今日は
オーストラリアの自然はスケールから行っても、全然違いますね。
何よりも空も海も青いし、しかも広い。
パースの風景なんか見瀬手貰ったら、ここでゆっくり暮らしてみたいと思いますよ。

通勤・通学時間帯なら定員一杯乗っているのでは。
この渡しに乗らなくれば、大きく迂回しないと渡れる橋がないと思う。
それだけに市民の貴重な足となっているのがわかりますね。
風の旅人
2008/03/14 14:38
リサさんコンチャ
大阪に来たことがあるんだ。
5時間では何処をあるいたのでしょう。
あっという間に5時間は経ちますよ。
今度大阪に来たら、せめて1泊なり2泊はしてください。
ゆっくりせんと関西の良さはわかりまへん。

それ以外におしゃべりなおばちゃんもおりまっさかい、尽きることのないおしゃべりで、お楽しみ下さい(笑)

東京の空気も良くなりました。
どこからでも富士山が見えるんだもの。
二昔前までは考えられなかった。
風の旅人
2008/03/14 14:43
長良川の渡し舟を調べてくださって 
ありがとうございます〜〜。
堤防沿いに走っていくと その渡し舟の場所があるけど
渡っているところは 未だに 見たことがないんですよ。
ほんとに いまでも 使われているのかな〜??
今度 日向ぼっこを兼ねて 堤防に
一日 座って観察していようかしら・・・。
みるきぃ
2008/03/15 09:48
みるきぃさんおはようさん
どの辺りかなと思って地図を見ると、西岐阜駅の近くですね。
一日市場とかいて「ひといちば」と読むんやなあ
鏡橋も「かがばし」ですから、地元以外では一発で読めないですよ。

営業時間中なら大きな声で呼びかければ、小屋から出てきて乗せてくれるそうです。
昔は手こぎですが、今は船外機だと書いていますね。
風の旅人
2008/03/15 10:57

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
大阪の渡し船 心の旅・遠くへ行きたい 1/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる