心の旅・遠くへ行きたい 1

アクセスカウンタ

zoom RSS No2 歩いてナンボ・会津若松城・大内宿

<<   作成日時 : 2008/02/25 23:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 30

冬の東北は雪まみれになるのを想像していたが、初日の仙台市内は全く雪がない。
ありゃまあ〜の世界どした。

バスが福島に入ると次第に雪模様になってきたが、それも走っているときだけ。
猪苗代湖で白鳥見学のときでも、雪は全然降っていない。

天気予報では一応晴れから曇りの予報。
これは今回の旅ではラッキーでした。

画像


会津鶴ケ城は今回で二度目。
前回は05年の10月に来ていますが、今当時の模様を調べたら、添付写真が一枚の時代でした。
今なら当時の写真をもっと添付できますが、一枚しかないというのは何とも寂しいものやなあ

同じ場所を撮った写真があります。

画像


画像


画像


画像


紅葉の時期も良かったが、今回の雪のある鶴ケ城もよろしいなあ
お堀には氷が張ってあり、この地の寒さを物語っています。

画像


金沢の兼六園の雪吊りは見事ですが、この鶴ケ城の雪吊りも負けていませんでした。
ただ松の木がまだ若いので、これから数十年先には見事な雪吊りが見られるでしょう。
でもそれまでは生きていないなあ(笑)

画像


会津若松城といえば白虎隊の話になります。
16歳の少年が城主を守る役目に着くわけですが、心ならずも最後は自刃に追い込まれてしまう。

お城の中に展示されている資料を見ると、やっぱり幕府側の立場で書いています。
官軍か賊軍かで分かれた戦ですから、立場の違えば評価も違います。

バスは大内宿を目指して走ります。
ますます雪が深くなってくる山道を登っていきます。

画像


こんなところに温泉宿があったが、崖崩れが起きないものか。
チョッとこの位置から見ると怖いでぇ。

大内宿の案内掲示板
昔はここは大きな宿場町だったようで、参勤交代の行列も、ここで本陣に泊まっています。

画像


雪が深いので都会の人間にはこれをお使いくださいと、こんな掲示板があった。

画像


バスの中でも添乗員が滑り止めをワンセット1000円で売っていました。
10個持ってきて売れたのはたったの3個。
可哀相に添乗員さん、何処に行くにもバッグに入れて持ち歩いていました。

しかしバスガイドさんはそんなもん使わなくても、大内宿には藁が置いてあるからそれを使ったらと、親切に教えてくれました。
それがこれ

画像


さっそく若いオネエチャンたち、1000円が勿体無いので付けてます。
恐らく生涯で初めて藁を触ったのではないかなあ\^o^/

画像


さあさあ歩いてみましょうか。
どんなもんかな
余り格好はええことないけど、格好なんてかまってはいられへんわなあ

画像


写真で見ると仰山つけてるやんか。
さすがに関西人や。
しっかりしとる。

ついでにバスガイドが内緒(笑)で教えていました。
帰るときそっと黙って持って帰りや〜と。
次も使えるでぇ(笑)
もちろん持って帰った人もいました。

画像


真冬のこの時期にも、これだけの観光客が来ています。
雪深い観光地ですが、ほとんどの店が閉まっていました。
季節のいいときには全部の店が開いており、あちこちの店を覗いてお土産物を物色できたんだが、せっかく来たのにチョッと可哀相やなあ

画像


画像


凍り大根を干していました。
一つ300円だが、店が閉まっているようでは、それも買えない。

画像


夕日に照らされて、やっと顔を見せてくれた磐梯山
やっぱり天気は晴れるといいなあ
すっきりとした磐梯山が見られました。

画像


そしてなんと福島旅行を4回目にして、やっと安達太良山の全景がみられました。
残念なことに日没寸前。
でもええねん

アジ丼があの橋の上から見える安達太良山を、是非見て欲しいと言っていたので、これまで05年10月、05年11月、06年11月の3回にわたって福島を訪問しています。

画像


この3回とも雲に隠れて顔を見せなかった。
そして今やっと全容が見られた。

これでアジ丼との約束は果たせたなあ\^o^/

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(30件)

内 容 ニックネーム/日時
鶴ヶ城から大内宿、去年の春に行ったコースで、懐かしいですね。
春と冬とでは、こんなに違うのですね。
雪の鶴ヶ城もなかなか風情があっていいですね。
正に鶴の名のイメージそのままです。

さすがに大内宿は雪が多そうです。茅葺き屋根が雪で埋まって
いますね。
冬場は観光客も少ないのでしょうか?お店が閉まっていて残念。
滑り止めの藁、貰って帰ったの〜?
ここで履くから、様になるのよ〜(笑)
ケチな名古屋人でも、それはちょっと〜
ともっぺ
2008/02/26 00:46
ともっぺさんコンチャ
会津の旅をしておられるのですか。
春だったら桜の時期が最高かと思われます。

雪下ろしの雪が融けないので、屋根の高さまで雪が積もっています。
家の周りでも日常的に使う場所は除雪しています。
そうしないと周囲を完全に雪で覆われてしまいますね。

この宿場はやっぱりお店が開いてナンボですよ。
閉まっていたら観光客は、見て通るだけ〜

ワテは最初から雪靴は用意して行きました。
お陰で全然滑らずに、藁の厄介にはなっていません\^o^/

名古屋人もケチですか。
貰って帰った人は何処の人かなあ(笑)
そこまで聞いていなかった。
風の旅人
2008/02/26 00:58
雪だわ!雪!!
雪国の景色は素敵ですね。
雪を見ると興奮状態に陥る私・・・
日曜日は雪が積もりましたが、風さんちはどうでした?

雪国に行くのに、それらしき靴は履いていかないもんですか?
若い子もいて、楽しそうなツアーでいいなあ。
私はスキー以外、ほとんど出たことないので、
風さんのブログで観光気分を味わっています。

宝くじが当たったら、ゆっくり旅行したい・・・・・・・・
ぷりん
2008/02/26 09:29
ぷりんさんお久し振りです。

雪が大好きなぷりんさんだけに、直ぐに滑る事が頭に浮かんでいるのでしょう\^o^/
日曜日は1CMほど積もったでしょうか。
この前よりは少なかったですね。

スキーやスノボーに行く人なら靴は準備するでしょうが、ツアーのお客さんは雪に対してはど素人同然。
短靴で参加している人もいました。

今回のツアーは後で出てくると思いますが、若い女性が4〜5人参加されていました。
ジイチャンやバアチャンばっかりでは、旅行は面白くない。
やっぱり若い子が参加していると華やぎますよ。

宝くじが当たったら、そのお金で旅に出たい夢があるんや。
あれがしたい、これもしたいと夢は誰にもありますね。
夢を持っているってことは、とっても大事なことやなあ
風の旅人
2008/02/26 09:42
南鶴ヶ城を望めば砲煙あがる
痛哭涙をのんで且彷徨す

嗚呼・まだその顔立ちに幼さの残っていたであろう、白虎隊の少年たちが哀れでならない・・

世に伝えられる数々の歴史は下級層ほど間尺に合わない・・
藩主松平容保は降服し、明治26年まで生き永らえた、
徳川慶喜にいたっては大正2年没という、
その間、明治新政府から
大政奉還の功により勲一等旭日大綬章を授かっているのだから
まったくもって、何がなんだかこの私には分からない?
伊藤
2008/02/26 10:07
うわ〜 鶴ヶ城だ〜〜!!
城マニアとしては 実際に見たいお城ですわ〜。
この時期は お堀が凍るんですね〜〜。
すごい寒さなんだ〜〜。。
それに白虎隊! 資料館も 興味津々です。
大内宿は 合掌造りで有名になりましたね〜。
おそばが美味しいとか。。。それも ねぎで食べる。
藁で 雪の上を歩く・・すごい体験ですね〜。
子供にやらせてみたいわ〜〜。
みるきぃ
2008/02/26 10:08
伊藤はん毎度〜でっす。

白虎隊の悲劇はご承知の通りです。
自刃した時は城は燃えていなかったようです。
周囲の町を燃やして、城が焼け落ちたように見せかけたらしいです。
これはバスガイドの説明です。
真相はワテにはわかりまへんで(笑)

城が燃える火を見て若き青年たちは、藩主も死んだものと思ったらしい。
その中で一人だけ生き残った男がいます。

結局若くして散ってしまった青年たちと、明治新政府の元で美術館の館長になった藩主。
上の人間は得するようになってまんなあ
風の旅人
2008/02/26 10:17
みるきぃさん〜おはようさん
城マニアだったの。
今までにも色々お城の写真をアップしてまっせ。
まあ石垣だけと言うのも多いですが、今までいくつ城を見たかなあ
結構あると思うので、いつか城をまとめてみようか\^o^/

お城の資料館は白虎隊を中心です。
一度遠いけど行って見ないとアカンなあ
一人ではいけない人だから、困ったコッチャ(笑)

大内宿の冬の体験は面白いですよ。
今どき藁を巻いて歩くなんて、滅多にないですよ。
これも貴重な体験です。
風の旅人
2008/02/26 10:23
ご夫妻で、東北湯煙の旅、沖縄生まれの奥様にとって
雪のある東北の景色は新鮮でしたでしょうね♪
風さんの優しいんですね*^-^*
磐梯山、一度行ってみたい所の一つです、
雪を被った磐梯山見るの初めて!美しいですね〜
夕やけのセピアがかかってとってもいいお写真です!!
sayuri
2008/02/26 10:23
こんにちは。
夕日に映える磐梯山もきれいですね〜
関西でもこの頃雪の日が多いので藁の滑り止め使えそうですね。
はこふぐ
2008/02/26 10:32
sayuriさんおはようさん
妻は雪を見て育っていないので、雪への思いは強いものがあります。
そのため雪の体験は何度かしています。

東北の雪は夫婦とも始めてなので、とても期待をしていました。
今回の旅では十分満たされるものでしたよ。
これ以上書いてしまうと、次が困るなあ(笑)

夕日に輝く磐梯山はバスの中から撮ったものです。
動いているけれど、どうにか撮れています。
風の旅人
2008/02/26 10:34
はこふぐさん毎度でっす。
磐梯山の写真は他にもあるのですが、枚数が多くなったので1枚にしました。

雪が降るから藁でっか
西宮ではいりまへんで(笑)
そんなもん巻いて歩いてみ、笑われまっせ
はこふぐさんにお土産にやったらよかったなあ(爆)
歩いておくれやす\^o^/
風の旅人
2008/02/26 10:37
懐かしい鶴ヶ城です。約半世紀前に・・・まだ恥かしげに・・・見たお城です。
秋でした。冬の会津城も素敵ですね。今度金婚式に行って見ようかな。
風葉
2008/02/26 10:52
白虎隊、という名前とハイライトシーンのような情景は何となく知ってるけれどそんな悲しい歴史だったんですね・・・。
藁・・・?触った事あるかな・・ない訳ないか・・でも、ないかも・・。私ならきっと持って帰るわね( ̄ー ̄)ニヤリッ
リサ
2008/02/26 11:12
おぉ〜!いっぱい積もってるね!!!
やっぱり“雪国”はこういうところを言うんだよ。お城も風格があってすごいね。
それにしても観光地なのにお店が開いてないなんて!?
これだけの観光客が来てたら結構な売上げになるはずなんだけど…。
若い者がいないのかな…。
桜うさぎ
2008/02/26 13:06
こんにちは!仙台 雪ないんですね。
てっきり、東北は雪かと。。。
お城も雪があるのと、ないのとでは、全然違った趣がありますね。
歴史を感じる旅ですね。
札幌の雪祭りとか、流氷を1度 観に行きたいとおもってるのですが。。寒さに弱い私共夫婦には、気候のいい時期しか旅行に行きません。。
写真を見ているだけでも、寒そうで、早く温泉に入りたい気分ですね。
次回の更新がたのしみです。
今回は沖縄編、豚足を見ました。(笑)
ソーキソバっておいしいですか?
私、、何度食べても、、いまいちなんですが。。
hiro
2008/02/26 13:06
風葉さん今晩は
お雛様の配置をあの後調べました。
京都と滋賀のお雛様の配置は、男雛が向かって左でした。
平安時代からの様式を残しているようです。

会津の配置については、七段飾りをした人が、明治時代のものについては、男雛は左側だったと思いますが、そんなこととは露知らずに、今風の配置が正しいと思ったんじゃないかな

もしかして新婚旅行先は会津だったんだ\^o^/
そりゃ金婚式には、思い出の地を訪ねて欲しいなあ
風の旅人
2008/02/26 17:58
リサさんの年齢なら、まだ藁が身近なところにあったのでは。
畑の苗木などの支えなどに、藁でくくっていました。
ビニール紐なんかを使ったのは、ずっと先でっせ。

ワテなんか小学校のとき、藁ぞうりでっせ(笑)
年がバレルなあ\^o^/
風の旅人
2008/02/26 18:01
うさぎちゃんコンチャ
雪が一杯積もって、いかにも雪国に来たぞ〜と叫びたくなりまっせ。
屋根から落ちた雪は、一階の屋根までに達していましたから、頻繁に雪どけをされていました。
そうしないと生活道路の確保が難しくなるからなあ

冬場の観光地と言えども、これだけの人が来ています。
この時間でバス5台ですよ。
それでも一軒も店を開いていない。
勿体無いと言えば勿体無いけど、戸を開けると寒くなるので、家に閉じこもっているのでしょう。
風の旅人
2008/02/26 18:06
hiroさん今晩は
冬の観光は寒いところに行くと、本来の面白さがわかります。
流氷ツアーなんか最高ですよ。

バスもホテルも全て暖房しているので、思うほど寒くはありません。
野外の遊びも童心に帰って楽しむべきです。

仙台は元々雪が少ないところです。
日本海側に比べて太平洋側は、雪が少ないですね。

初日は東北三名湯のひとつ、飯坂温泉でした。
歴史は古くて、何でも最古のものと言う触れ込みでした。
ホンマか嘘か、昔のことなので証人はおりまへんわなあ(笑)

豚足は煮込んで食べたら最高に美味しい。
ゼラチン質がドロッと融けて、これが又美味い。
関西の飲み屋で出す豚足は、蒸してあるだけ。
これは全然うまみがない。

ソーキそばについては、好みが分かれると思います。
煮込んでいる間に、うまみ成分が抜けています。
肉だけ食べたらカスみたいな肉かもしれないなあ
風の旅人
2008/02/26 18:17
{{(T-T)}}ブルブル・・・さむっっ((((~~▽~~ ;)))ブルブルブル
とてもじゃないけど、こんな寒そうなところへは行けなあ〜い!!
足も手も凍っちゃうわ。風さんは元気ねえ〜。私はこの前の東京の雪ですら震え上がっちゃった!でもツアーで行く旅って楽しいんだろうねえ〜。
私もこれから旅をしよっかな。一人になったらきっと自由じゃ。
今までは旅行するお金と時間があったら宮崎、って思ってたけど、もう宮崎は暫くいいや。それより大阪へ早く行かなきゃね!
さよちん
2008/02/26 18:56
さよちんさん毎度〜
寒いのは今日の天気でっせ。
大阪はかなり冷え込んでおり、しかも雨が降っています。
東京は雪が降っていませんか。

寒いときには寒いところへ行くのが一番面白い。
寒いからと言って炬燵の守してたら、ええ短歌も生まれまへんで。

梅も桜も咲いているとブログに載っています。
百舌もムクドリもメジロも餌を求めて、飛んできておりまっせ。
一句ひねってみやしゃんせ。

間もなく一人になるので、時間的には多少自由になるでしょう。
見聞を広めるのもよし、大阪に来るのもよし。
いつでも歓迎しまっせ。
風の旅人
2008/02/26 19:06
すいません、町育ちなので本当に藁を知りません。三匹の子豚の一番上の兄ちゃんが藁の家だったのよね〜、くらいで。
畑も近所になかったですな(-_-;)。でもわらぶきの家は見た事ある。何か若くて(物を知らなくて)ごめんね。
リサ
2008/02/26 19:41
お雛さまの飾り方調べていただいて有難うございました。
結論としてしっかりした決まりはないということでしょうね。
時代や飾る人の考えで自由なのでしょう。気が楽になりました。

ズボシ・・・・ハネムーンでした。金婚式をゲットしなくては。
風葉
2008/02/26 20:52
リサさん毎度〜
町育ちでも藁くらいありまっせ(笑)

リサさんってワテより10歳ほど下でっしゃろ。
10歳が昭和40年か。
それやった見ないかもしれないなあ

畑も近所になかった?
丸の内に住んでたのか(笑)
千代田区千代田1番地だって畑くらいあるでぇ。

しょうがない
この歌で昔を思い出してもらうとすっか。
風の旅人
2008/02/26 21:14
風葉さん今晩は
結局のところ伝統と格式を重んじるか、それとも社外国の習慣に合わせる方がいいのか、その人の考え方一つですね。
どっちも正解ということで、お雛様は置いときますか。

ワテより新婚旅行は遠いですね。
ワテとこは信州から東京の周遊でした(笑)
風の旅人
2008/02/26 21:23
風さん♪
ただいま〜〜〜。今日も寒かったね。
雨が降ったらお年寄りのキャンセルが多いよ。
今週は受付当番なんでラッキー。
居眠りしながらぼ〜〜〜としてた。(内緒)
仕事はちゃんとしてるから安心して。
寒そうだけど雪国に行ってみたいな。写真よく撮れてます。♪
ソナチネ
2008/02/26 23:06
ソナチネさん今晩は
今日はすごく寒かったね。
そんな寒い日に病院に薬を貰いに行ってきました。
特に悪いことはないけど、血圧の薬を2ヶ月単位で貰っています。

そこでぱったり友達に出会った。
パートをしている人なんだけど、今日は休みを貰って胃カメラを飲みに来たと言う。

最近仕事でパソコンを使っているけど、全然わからないので教えてと言われて、じゃあ今日休みだったらこの後で教えようか。
てなことで家に行きました。

エクセルをやっているけど、コピー&貼り付けが思うように出来ないのと、保存方法でいつもトラぶっているってことらしい。

そこで手取り足取りしたかったが、それは出来ぬ相談。
お礼はおにぎり一個で教えてきました(笑)
誰もが通る道ですが、同じことを繰り返して覚えるしかありません。

銭の貰える仕事はないものか\^o^/
おにぎり一個で3時間は安すぎるなあ(笑)
風の旅人
2008/02/27 00:20
はい しっかりと今あじ丼が登場です
遅くなりましたね ごめんなさいですよ♪

風丼♪\(*^∇^*)/
どうもありがとうございますぅぅ♪
本当にほんとにおつかれさまですよぉぉ♪

会津のお天気良くて綺麗に見えて良かったですね♪
      ほい あじ丼(*^-'*)>☆   
紫陽花
2008/03/09 22:30
会津の町は二度目ですが、冬の会津は初めて。

雪の鶴ケ城も綺麗で良かったですよ。
風の旅人
2008/03/09 22:38

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
No2 歩いてナンボ・会津若松城・大内宿 心の旅・遠くへ行きたい 1/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる