心の旅・遠くへ行きたい 1

アクセスカウンタ

zoom RSS あ〜ぁ わびしい昼食や

<<   作成日時 : 2008/02/17 00:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

さあこれから美味しいランチを食うぞ〜と、期待度120%で創作料理「こっく」のドアを開けたら、氷川きよし似のシェフが申し訳そうな顔をしている。

あれ?時間すぎた?
いえ その もう何もないです。
すんません

あちゃ〜食い損なったか。
やっぱり到着時間が遅すぎた。

実は覚えていますか?
ワテはブログの・・・・
あぁ風の旅人さん〜〜

シェフは一度限りのお客を覚えておられました。
そうなるとランチは無理だったので、夕食にもう一度来なければいかんなあ
5時半から始まると言うので、何とかして時間つぶしをせんならん。

3時間を何処で過ごすか。

そうなると行くところは一つ。
ワテのお気に入りは備中国分寺。
ここの五重塔はワテの知る限り、五重塔が一番似合う場所に立っている。

画像


周りに邪魔をする建物がなく、峠を車で下って来ると、遠くからでも五重塔がハッキリと見える。
その美しい姿はいつ見ても素晴らしい。

画像


この五重塔については国分寺の四季として、06年の3月に連載していますので、参照していただけると嬉しいですね。

国分寺を中心にして、吉備路サイクリングロードが整備されています。
歩いていたらこんなもの見つけた。

画像


平山郁夫画伯がこの地に来て、ここから五重塔を眺めた場所だって。
ワテもここに立って五重塔を眺めてみた。

画像


五重塔を配した建物は、今は往時を偲ぶものではありませんが、その昔は
相当な勢力を持ったお寺だったのでしょう。

周りの田畑には、四季を通して花が咲きます。

画像


画像


梅の花がようやく咲き始めました。

画像


桃の木です。


菜の花から始まって水仙、梅の花、タンポポ、桜が咲いたら桃の花と続き、
5月の始めにはレンゲ祭りが行われます。
水田に水を張り、田植えが始まると季節は夏へと続きます。

菖蒲が咲きひまわりと続いていき、コスモスが咲き出すと、そろそろ稲刈りの時期。
柿の実が色づきますと、田んぼは稲株だけがポツンと残されてしまう。

このようにいつ訪ねても何らかの花が咲いており、ホッとできる場所として単身赴任中はよく散歩に来ていました。

画像


あっ書くの忘れていた。
主題の件や。
お昼に食べたのは、おにぎり一個とサンドイッチだけ(笑)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
風さん、こんちゃ!今日はもう居る訳ねえよなあ〜。
寒い中ご苦労さんです。雪降ってるの?こっちはいい天気やあ〜。
私はすっかり快復して愈々明日から仕事だじょん!
しかし、こんな時間にコメント一番乗りなんて珍しいな!
でも、クリックした途端、誰かが書いてるかも知れないけどね!
ところで、ランチは残念だったけど、夕飯は豪勢だったんでしょう?
それもまた続きぃ〜?はい!はい!わかりゃあ〜したよ!
さよちんよろ
2008/02/17 12:09
さよちんさん毎度〜
コメント一番乗りも気分ええやろ。

少し前に帰って来ました。
途中雪が舞うほど今日は冷えています。

ソナチネさん達の演奏を聞いた後、撮影のお礼だと言って、近くの牛問屋でお昼をご馳走してくれました。
寒いのでハイカラうどんを食べましたが、これが値段以上に美味しかった。
ハイからうどんって知っているか?
うどんにてんぷらのカス(衣の細かいもの)と刻みねぎ、それに薄いかまぼこ1枚と何ともシンプルなものや。
値段まで言わすなよ(笑)

「こっく」の話は今夜や
待ってておくれ。
風の旅人
2008/02/17 14:46
あらっ、珍しい・・・ここ、何時もより静かじゃない?
やっぱり日曜日は忙しいのかしらねぇ〜(*´∇`*)

懐かしい国分寺の写真、岡山に住んでいても
一度も写真を撮りに行った事が無い私、
「ケシカラン」と叱られそうですねぇ〜

「こっく」のお話、期待しています♪
もちろん御料理の写真も、よろしくねぇ〜
季実花
2008/02/17 22:45
季実花さん今晩は

国分寺に一度も行ったことがない岡山県人、ぎょうさんおりまっせ。
岡山の職場で聞いたことがあります。
毎日この前を通って通勤している男が、国分寺の良さを知らなかった。
いつも見ている風景って、感動しないのでしょうが、京都や奈良で五重塔をいくつも見ていると、国分寺の五重塔がある風景は、まるで童謡の「夕焼け小焼け」の世界です。

「こっく」の話はただいま製作中。
今しばらくお待ちください。
風の旅人
2008/02/17 23:05
備中国分寺、初めて知りました。
平山郁夫さんが描いているのですね。こんど画集があったら見てみます。
長閑な田園風景の中に立つ五重塔、風情がありますね。
菜の花や、梅の花と絡めて写すといいですね。
四季を通して、日本情緒を感じさせてくれそうです。
ともっぺ
2008/02/17 23:53
ともっぺさん今晩は

倉敷の外れにあっても、旅行者には意外と知られていない。
岡山市の観光協会がもっと売り出したらと思いますが、岡山と言う町はホンマに宣伝力が弱い。
いい所がいくらでもあると言うのに、倉敷だけでええと思っている。

そのため岡山人でさえ、こんなところがあるのと言う始末。
ビルや建物に囲まれた都会の五重塔を見慣れていると、この山手村の五重塔は懐かしい風景ですよ。

四季折々の花が咲くので、周囲の農家の方も協力しています。
蓮華畑は種まきが終わると、立ち入り禁止の処置さえとられますから、五月の蓮華祭りは一面ピンクの絨毯になります。
風の旅人
2008/02/18 00:46
綺麗な五重塔ですね〜。
そこだけ 時間が止まったみたいです。
ランチは 残念でしたね〜
しかし わびしすぎる!!!
他の喫茶店とかには 入らなかったんですね。。
みるきぃ
2008/02/18 09:16
みるきぃさんおはようさん
昼過ぎに高速に入って、昼ごはんは何処で食べるか。
同じことなら岡山まで走って、こっくに行こうと思った。
そうなると途中のPAでサンドイッチで済ませた。
そして2時半くらいに店に着いたが、品切れでした。

5時半に夕食が開始と聞くと、今ここで食事したら夕食が食べられなくなりまんがな
仕方なしにおにぎり一個で我慢したわけや(笑)

ワテの旅は侘しいもんでっせ。
風の旅人
2008/02/18 09:32

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
あ〜ぁ わびしい昼食や 心の旅・遠くへ行きたい 1/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる