心の旅・遠くへ行きたい 1

アクセスカウンタ

zoom RSS 茶筅の里・日本の茶道

<<   作成日時 : 2008/01/30 00:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 22

茶筅!あぁ茶筅なあ
竹で作ってあるもんやろ。
茶碗の中で竹串みたいなものをクルクル回す奴。
まあ当初はこの程度の認識でしたわ。

それがこの里を訪れるたびに、少しずつわかるようになってきた。
そうなると一度は本格的に茶道注文を知りたくなるもんや。

しかしこの煎茶をはじめ茶道具の種類も色々ありまんなあ
茶匙にも各種がありまして、前回もその一部を紹介しています。

画像


画像


画像


画像


画像


画像


一口に言って、これほど種類があるとは思わなかった。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(22件)

内 容 ニックネーム/日時
風さん♪
冬眠から覚めたら連続アップねえ。いいぞいいぞ。
お茶は奥が深いです。歯科では3人が当番制でお茶をたてるの。
一人の子はもうめちゃくちゃだよ。生クリーム泡立ててるみたい。(笑)
やはりお作法を学んでるといざという時役にたつもんですね。
味は変わらないって先生言ってました。いい加減・・・。♪
ソナチネ
2008/01/30 01:10
ソナチネさん深夜の訪問、スンマヘンなあ
お茶を生クリームを作る要領で、泡立てる人がおりまんのか。
まあやり方は好き好きでしょうが、やっぱり作法に則ってやるほうが、身も心もピシッと決まって、姿形も綺麗にうつるわなあ

今別便で教えて欲しいことがあるので送りました。
風の旅人
2008/01/30 01:17
昨夜は10時過ぎに寝ちゃった!今朝はかなり頭脳明晰!と言いたいけど、さよぴを送り出すまで大声上げててちゅかれた。娘が旗当番でさよぴより先に出かけちゃったから、後を引き受けたら大変やった。私だとすぐ甘えるし。
o(*^▽^*)oあはっ♪ところで茶道と言えば、沖縄の友達が「お茶」をやってて、彼女と会うとデパートへ行って色んな茶道具を見て回ってる。
デパートでも色んな茶器や道具がいっぱい。彼女が色んなものを手にとって見てるのを私は傍から見てるだけぇ〜。今日はあったかいんだって?
私は今から一応化粧や!ガンバ!o( ̄へ ̄o)(o ̄へ ̄)oガンバ!
さよちん
2008/01/30 08:04
流派によっても形が違うし
お茶会の様相でもいろいろ変えると思いますよ。
さすがに いろんな種類が 一同に並べられると
圧巻というか 見事というか。。
一度は 実物を見て見たいですね〜。
ここは 博物館になってるのかな?
みるきぃ
2008/01/30 08:22
さよちんさんおはようさん
朝から孫のお世話で大変やなあ
孫が学校に行くまではヤイヤイ言わないと、準備しまへんやろ。
それで大きな声で叱咤激励して送り出したんか。

そこの町はお母さんが、旗当番するのかいな。
最近何かと物騒やからなあ
しょうがないといえばしょうがないけれど、専門の黄色いママさんなんかいないのかなあ
父兄が交代で出るのは、仕事を持っているだけに大変でっせ。

茶道具はピンキリでっしゃろ。
ワテにはようわからん世界ですわ。

今日は久しぶりに各地、10度を超えていますね。
暖かいとホッとするね。
風の旅人
2008/01/30 11:08
みるきぃさん毎度でおます。

この展示場は高山竹林園と言いまして、実演も行っています。
毎月第1,3日曜日に2回煎茶作りを見せてくれます。
それ以外の日にはビデオが上映されています。
入場無料ですので、こちらにお越しのときはどうぞお越しを。
詳しくはHPを参照してください。

http://www1.kcn.ne.jp/~takayama/index.html

この前来られた伏見からでも、後30分ほど走ればこれます。
その時は是非ご一報をお掛けください。
風の旅人
2008/01/30 11:15
本当は、こちらに書き込もうと思っていました。
連続ですが、お許しください。
2回目の書き込みになる、ミツオカです。
昔から、みっちゃん、みっちゃん、と呼ばれております。
小さい頃はこう呼ばれるのがイヤで(女の子のようで)
仕方なかったのですが、
大人になるとこの愛称が結構気に入ったりしています。
風の旅人さんは、何か愛称というか、ニックネームをお持ちですか?

ところで、私も歌を歌うことは大好きですが、
もっぱら演歌で、若い人たちには少々煙たがられているようです。
風の旅人さんは、なかなかレパートリーが広いようで、うらやましいかぎりです。
しかし、これからもめげずに歌います。

風の旅人さんのブログでは、色々は話題と共に
歌も楽しみにしていますので、
これからも沢山の歌をお聴かせください。
ミツオカ
2008/01/30 17:23
ミツオカさん今晩は
コメントは気にいったページで書いて貰っても構いません。
コメントが書き込まれたら、ブログ主には連絡がありますので、何処でもカマヘンのです。

ミツオカという名前だと、愛称はミッチャンが多いですね。
ワテの同僚にも同じ愛称の方が3人おりました。
そのうち2人は男性ですが、2人とも特に気にしていなかったようです。

特に年を重ねると演歌の好きな方は多くなりますね。
ワテはジャンルにこだわらず、何でも楽しんでいます。

その日のブログの内容にイメージが近い歌を、カラオケで探してきてアップしています。
今後も色々な歌を楽しみながら、ブログ作りをしていきますので、よろしゅう頼みます。
風の旅人
2008/01/30 18:15
風さん今晩は〜♪
茶筅の9割が奈良で作られているとは知りませんでした。
それにこの種類の多さ!流派が沢山有るという事ですね。
お茶の種類にもよってお道具も違って来るんですね。
ちなみに私は表千家、袱紗の色、朱なんですよ。
普段は風さんと同じで電気ポットですケドネ。

sayuri
2008/01/30 21:18
sayuriさん今晩は
茶筅は我が家にもありますが、なんせお茶の手ほどきも知らない家族でして、未だに眠っております。
このような道具は使って初めて生かされるものですから、眠らせておくのは勿体無いだけ。
汎用品で買ってきたので、流派なんか関係ないものですわ。

電気ポットのお湯だけに、飲みたいときはいつも沸いております。(゚_゚i)タラー
sayuriさん宅でも同じようなので、チョっくら安心しました。
これではアカンけどなあ(笑)
風の旅人
2008/01/30 21:32
茶道具は深い。そして高い(爆)

父方のおじい様が嗜んでいらしたけど、
使い方のわからないモノがてんこ盛り。。。
情けない子孫ですじゃ。。。(−−;
ようこ
2008/01/30 22:11
ようこさんコンチャ
実家には茶道具がてんこ盛りでっか(笑)
ホンマに何とかならんかったもんかいな。
せっかくの道具ですよって、使ってやらないとアキマヘンで。

備前焼でも一緒でっしゃろ。
飾っておくものではなく、使ってナンボですがな。
大型ゴミに捨てるようなことはせんときや(爆)

そやけど勿体無いなあ\^o^/
風の旅人
2008/01/30 22:31
凄い茶筅の種類があるのですね。
どの道も奥が深く、こだわりがあるものです。
私の家は昔和菓子屋をやっていまして、結婚したら
抹茶などを立てるかもしれないと、簡単な茶道具一式を
持って嫁入りしてきたのですが、なんと一度も使わず終い。
舅は魔法瓶(古!)で抹茶を立てていましたけど。
そろそろ一度使ってみようかな。
ところでどこにしまったっけ〜?
ともっぺ
2008/01/30 23:28
ともっぺさん今晩は

道具はあっても使わなくてはダメでっせ。
一度も使わないって、そりゃ宝の持ち腐れと言うものやで(笑)
せめて一度お使いください。
でもその前にねずみにかじられていたりして。
その可能性が十分ありそうやなあ(笑)

風の旅人
2008/01/30 23:40
風さん お目覚めですか!

茶筅が沢山並んでいますね
母がお茶(裏千家)をしていましたので
お道具を見ると懐かしいです。
最近は美味しい和菓子があると 
お抹茶を点てて頂きます…
まさら
2008/01/30 23:40
まさらさん今晩は

お母さんがやっていたら、道具も身近にあったわけですね。
今でもお菓子があると、お茶を立てているなんてよろしいなあ
そんな雰囲気が好きやなあ
久しぶりにお茶席の雰囲気を味わってみたくなってきた。
風の旅人
2008/01/30 23:47
こんにちは
茶を点てる時は、ささっ〜と混ぜるだけで泡立ちますが そこでやめたらいかん。美味しくない。
もっとささっ〜と茶筅を動かすと泡が細かく均等になってくる、そこまで行くと 味に深みが出てくる。
 泡の量が減って細かな均一の泡が少し残っているくらいがいい!
こんなことしていては、美味しいお茶を不味くしているだけ。
美味しいお茶を飲みたい、飲ませたいと思うなら しっかり混ぜてみよう。
初めるなら茶碗の内側が滑らかな丸みがあってデコボコしていない物。
茶筅は、細い物(薄茶用)は折れやすい 太い物(濃茶用)は泡が細かくなりにくく初心者には難しいが折れにくい。
 茶筅は竹製品なので先の細い部分から折れたり竹が割れたりする消耗品です。
1本あれば何時までも使えると思わないでください。
時折、お抹茶に茶柱が立つことも覚悟しておいてください。
 美味しくするためには、何十回も何十杯も点ててください。
苦味の少ないお抹茶を選ぶのも美味しいお茶の点て方の一つです。
製造元せよって苦味・渋味・うまみが違います。
薄茶用よりも濃茶用が美味しいです、高いけど。
ひこうちゅうねん
2008/01/31 03:42
ひこうちゅねんさん毎度でおます。
しかしお茶の世界に詳しいですね。

お茶の美味しく飲む極意、何十回となく繰り返し点てることですわなあ
まずやっぱり基本からと言うことになると、俄仕立てでは直ぐに化けの皮がはがれるなあ(笑)
風の旅人
2008/01/31 10:15
とにかく、他人に飲ませよう 率直な意見の聞けるひとに。
お茶菓子で吊られない人がいい。
お茶を選べば(めっちゃ高いが、渋味・苦味のない お濃茶用の中程のお茶)お菓子がなくても喜ばれます。
最高級のお抹茶を一度だけ買ったことがありましたが、薄茶一杯コーヒー並みのお値段になりました(比べちゃダメ)
わたし流の好みの濃茶にすると、一杯5g以上使いますから1缶40gがアッという間にカラッポに。
少ないお小遣いで他の趣味ができないよ〜・・・・・・・しゃぁないなぁ、お抹茶だけは安くできない。
ひこうちゅうねん
2008/01/31 14:12
ひこうちゅうねんさん今晩は
自分で点てたお茶は人に飲んでもらって、感想を聞かせてもらうことで、自分を磨くわけでんなあ

それにしても濃茶って高くつきまんなあ
みんなに気前よく飲んでもらうのも、考えたらうれし泣きやがな(笑)

風の旅人
2008/01/31 21:16
まるで茶筅の林のようです。壮観です!
これだけの茶筅の種類を憶えるだけでも大変そうですね。
はこふぐ
2008/02/03 16:25
はこふぐさん今晩は
この茶筅を見ただけでも壮観でしょう

茶筅も分業の時代ですから、この家は何々流というように、家によって流派別に作ったらっておられるのではないかなあ
風の旅人
2008/02/04 23:20

コメントする help

ニックネーム
本 文
茶筅の里・日本の茶道 心の旅・遠くへ行きたい 1/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる