心の旅・遠くへ行きたい 1

アクセスカウンタ

zoom RSS 時代劇の現場・流れ橋

<<   作成日時 : 2008/01/09 01:01   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 20

画像


京都の八幡市を流れる木津川には、時代劇には必ず登場するのがこの木の橋です。
一目見ただけでああぁこれかいなとわかる人は、かなりの時代劇ファン。

画像


ワテも時折テレビでこの橋を見るけど、この橋を知ったのはホンの数年前。
どこに架かっているのか探した結果、意外にも町に近い場所でした。

この正月の4日の日、近所の連中と風呂屋に行った帰りに寄ってみました。
連中の誰もが見たことがないというので、それじゃ連れて行ったげようか。
てなわけでやって来たのがこの木津川。

画像


真冬の川風ってかなり冷たくて、ましてやこっちは風呂上りで、体からは湯気も立っている感じ。
それでも見たいというので土手をあがって、さあさこれでっせ。

橋を歩いてみたいのか、誰とはなしに橋を歩き出した。
ワテは寒いから遠慮するわ。
皆さん行ってらっしゃ〜い

ところがあまりの寒さのため、途中で引き返してきた。
それ見てみいな
早よ車にのろか\^o^/

画像


てなことで、真冬の橋巡りは早々に切り上げましたとさ。

HPから珍しい写真をお借りしました。
大水で橋が壊れた写真です。

画像


写真は2004年の台風時の被害です。

画像


ブログをアップせえ〜せえ〜とかしましい女がおりまして、仕方がなくアップしました。
ホンマに煩いおばはん達や(笑)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

コメント(20件)

内 容 ニックネーム/日時
やれば出来るんやないのぉ〜。う( ̄○ ̄)る( ̄◇ ̄)さ( ̄0 ̄)い( ̄△ ̄)な〜なんて言ってるといいことあれへんよ。うるさい人が居るから不可能が可能になるんや。ウッシッシ〜ウゥッ!! Σ(・"・;) ズボシ…
明日は休みなんだ!だから今、台所をきっれえ〜いに片してやっと座ったところ。明日の朝は朝寝やあ〜。誰が来ても起きひんよ。
今夜は夜更かしして明日は朝寝朝酒・・これは無いな!朝湯はいいなあ〜。
そしてまた久しぶりに大掃除や!うれしい〜♪♪♪
ところでこの橋、時代劇フアンじゃ無いけど見たことあるわ。
結構使われてるんじゃない?上のお二人さん、ホントに寒そうやねえ〜。
女性は震え上がってない?こんなときに風邪ひくんだよ。
さよちん
2008/01/09 01:48
風さんお元気?
松本から5時間くらいかけて帰ってきました。
私は助手席オンリーだけど、隣のメーターみたら、140`とかになってて、
かなり、怖い帰阪でございました。
とろ〜〜〜〜い車に、腹が立つんだそうです。
もっと、気長に〜〜〜、と私は思ってますが。

お風呂上りに木津川まで行くんですか?!
私は土地勘がないので、わかりませんが、
風さんの家の近所?っていうこと?
胃腸風邪が流行っているので、風邪ひかれませぬように!
ぷりん
2008/01/09 09:12
知ってる知ってるこの橋!
父が水戸黄門なんかが好きで良く見ているから。
どのくらいは慣れている場所なのか見当も付かないけど、
寒い中ご苦労様なことでした。
折角温まった後だったのにね。今度は逆にしなきゃ!(^.^)
魔女
2008/01/09 13:54
私も知ってる〜〜〜!!!
今でも 木の橋があるんだね〜。ロケ専用???
しかし お風呂上りに行かなくてもいいのに。。。
風邪は引いてませんか〜〜??
みるきぃ
2008/01/09 13:57
今頃、熱が出て寝込んでおられない事をいのります。

この橋、結構長そうですね!
mugen
2008/01/09 16:02
私も知ってる、知ってる!!
時代劇用に、こんな橋が残してあるのかな〜?
馬や籠にのった旅人や、飛脚が走っていきそうな。
正に広重の世界にタイムスリップ。
「流れ橋」とは、意味があるのでしょうか?
ともっぺ
2008/01/09 16:46
さよちんさんが煩く言わなかったら、アップしてない記事やった。
まあそう胃っても貰える内が花ですわ。
感謝感謝

もう寝たのかなと思ってたら、深夜の訪問でんなあ
ホンマに何時寝るんや。
年なんだから、早よ寝えや\^o^/


何で深夜に大掃除するねん。
周りはやかましゅうって寝てられへんで。

この橋は時代劇には必ず登場しまっせ。
この正月の間だけでも何回も見ているでぇ。
風の旅人
2008/01/09 20:30
ぷりんさん今晩は
無事にお帰りやったんだ。
3日に帰ると言っておられたのに、その後ぜんぜん顔が見えなかったので、もしかして雪の中に埋まっているのかなと思ってました(笑)

5時間で帰ってきたんなら早いですよ。
帰省客で混んでいなかったのですね。
140kmのスピードは褒められたものではありませんが、走れるときに走らないと、どこで混むかわからない。
まあスピード違反で捕かまらなくて良かったなあ

高槻の摂津峡にある風呂屋に行きました。
ここの風呂はツルツルでまさに美人湯。
大阪の風呂屋の中では最高の温泉だと思っています。

その後そのまま帰るのは勿体無いと言う連中ですから、どこかに連れて行けとのりクエストに応えて、誰も行ったことがないというので、流れ橋の見学になりました。

家からここまで車なら30分ほどの距離です。
これが遠いか近いかは、それぞれの判断基準がありますから、さてどうなんでしょう。
風の旅人
2008/01/09 20:43
魔女さん毎度〜
この橋は今では滅多に見られない木の橋ですから、映画撮影には欠かせない橋ですね。
特に京都の撮影場からも近いですから、よく利用されています。

行く順番が風呂と逆かも知れませんが、寒い中であんな川風に吹かれたら、もっと寒く感じるのでは。
湯上りで温まった体だったから、少しは耐えられたのかも(笑)
でも誰も風邪は引いていませんので、ご安心のほどを。
風の旅人
2008/01/09 20:48
みるきぃさん今晩は

こんなに寒い中でも観光客は来ていました。
みんな寒そうだったけど、若い人たちだけに強いなあ
平気な顔して向こう岸まで渡っていました。

ワテは寒いからヤンペや〜(笑)
風の旅人
2008/01/09 20:50
mugenさん今晩は
風邪は大丈夫でした。

この橋は356.5mあります。
木製の橋としては最長ではないでしょうか。
季節のいいときは、多くの方がバーベキューを楽しんでいますよ。
風の旅人
2008/01/09 21:06
ともっぺさん毎度〜
時代劇のために残しているのではありません。
ただ映画関係者から、ぜひとも残して欲しいとの、厚い要望はあります。

この橋は昭和26年に架けらました。
当時生活道路でしたから、永久橋を架けたかったようですが、そのための予算がなく、仕方なく木橋になったようです。

ただこの木津川は暴れ河川ですから、年に数回大水が出ます。
普通の木橋だと直ぐに流されるので、流されない工夫が施されています。
写真を見てもわかるように、太いワイヤーで橋板が結ばれています。

そうすることで大水が出て橋板が流されても、ワイヤーで結ばれた板は、流れに任されて浮いています。
水が引いた後に、その板を引き上げたら橋は元通りになります。

現に2004年の台風のとき、橋は大きく崩れています。
でも直ぐに復元されており、大きな痛手にはならなかったようです。
風の旅人
2008/01/09 21:23
風さん♪
最悪。風邪。食欲もあるし元気なんだけど咳が出るの。
今週は助手当番でバキューム持つと咳コンコン・・・。
合唱練習は歌は咳で歌えないけど他の用事があって行ってきました。
眠くないけど体のためにもう横になります。

なかなか雰囲気のある橋だね。渡ってみたいわ。♪
ソナチネ
2008/01/09 22:14
ソナチネさん今晩は
風邪引きさんかいな
それは大変やんか。

そんな中でも仕事して、合唱団にも顔出して、あまり無理をしたらアカンでぇ。
今日は遊んでいないで早よ寝なさいよ(笑)

この橋見に行きたかったら、いつでも連れて行ったげるでぇ\^o^/
なんだったらこの橋を二人で渡って、近松もののように道行きでも洒落てみようか。
風の旅人
2008/01/09 22:25
遅くればせながら・・・
明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

こんなところがあったんですね〜!初めて知りました。なんだかタイムスリップしたような・・・(笑)いい風景ですね。

わたそら
2008/01/10 11:06
わたそらさん〜おめでとうさんどす。
こっちに帰省してはったんやなあ
こっちと言っても関西に近い三重県らしいが、最近では関西圏に通勤客がおおくなっていますね。

この橋は見た事あるでしょう。
木の橋なんてまずお目にかかれないものですが、この橋は一級河川に架かっているところが面白い。
映画の世界では欠かせない橋ですよ。
風の旅人
2008/01/10 17:16
時代劇は、
昔からよく見てたのですが、覚えてなかった!
こんな橋が近くにあるのは面白いですね。
木の橋っていうのが、親しみを感じます。
わたしも旧い人なのね!!
michy
2008/01/10 17:41
michyさん毎度〜です
この橋を記憶したら、次回時代劇を見てるとき注意してや。
今テレビ大阪系で時代劇をやっていますが、そのうちこの橋を渡るでしょう。

過去の映画でどれだけ登場したのか、それを一目でわかるHPもあります。
まあそりゃすごいでぇ。
古くは丹下左膳が住んでいた橋の下の小屋、越後の縮緬問屋の隠居さん、暴れん坊将軍などなど
まあ一覧表を見たら驚きまっせ。

http://agua.jpn.org/film/data_49a.html

一度ご覧ください。

この橋は八幡市にあります。
京都に向かってR1を走ると、流れ橋の表示がありますから、直ぐにわかります。
お暇なときにでも起こしやす\^o^/
風の旅人
2008/01/10 18:00
流れ橋。HPを見てきました。
七変化どころではないですね。この橋一つで日本国中を撮れるのですね。
昔昔、京都の貴船の近くに「箱根の関」があったのを覚えています。
それ以来箱根の関が出てくるたびに貴船を思い出します。
今はもうないでしょう。映画村が出来ましたから

映画(TV)は面白いですねえ。
風葉
2008/01/10 19:39
風葉さん今晩は
HPを見られたんですね。
面白いでしょう。
上記に掲載したHPは1989年以前に上映されたものです。
1990ねん以降の映画ではこんなものもあります。

http://agua.jpn.org/film/data_49b.html

あぁこれ知っている〜なんて、声が上がりそうなものばっかり。

日本各地の風景が、この橋一本で賄っている。
単純だと言えば単純ですが、こうしてみて見ると面白いですね。

貴船の関所は箱根の関所について、これは知りませんでした。
そんなものがあったんですね。
風の旅人
2008/01/10 22:22

コメントする help

ニックネーム
本 文
時代劇の現場・流れ橋 心の旅・遠くへ行きたい 1/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる