心の旅・遠くへ行きたい 1

アクセスカウンタ

zoom RSS 産寧坂〜二年坂〜一年坂

<<   作成日時 : 2007/12/06 19:14   >>

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 17

日も落ちてしまうと、観光客は家路へと向かいますが、土産物屋さんはここがかきいれ時。
店からは元気な掛け声が響きます。

お茶でも飲んでいってくださ〜い〜の声に釣られて入ったのが、八橋を売っている店。
元祖とか本家とか色々書いていますが、この店は京で一番古い八橋屋さんらしい。

画像


声に釣られてお茶を貰ったら、どうぞ中に入って下さい。
と言うことは入ったら、何かを買ってくれというコッチャ。
まあええがなあ
座布団も敷いて座る場所もあるし、休憩かねてお茶でも飲もうかなあ

一日中歩いているので、足も痛くなってきている。
熱いお茶はこんな時はよろしいなあ\^o^/

目の前で八橋を買うお客さんが、ずら〜っと並んでいる。
店に入るとき一切れ貰った八橋を口に頬ばると、餡子入りの八橋だった。
甘いので疲れた体には丁度良い。

美味いなあ〜\^o^/
もうチョッと欲しいなあ(笑)
腹も減っているし、こりゃええなあ\^o^/

画像


オバちゃんたちの口元を見ると、目の前の試供品を摘んでおるがな。
味見しとるんやなあ
ホンならワテも味見したろうか
と言うことで、オバちゃんたちの列に入ったと思ってくれ。
この後は想像に任せまっさ。(笑)

もう一杯お茶を貰って、やっと小腹のほうも大人しくなった。
お土産?
そりゃもう、これも想像に任せまっさ。

清水坂を少し下ると、右に折れて石段があります。
ここを降りると三寧坂の始まりです。

画像


坂の両側には、店がズラッと並んでいる。
冷やかしながら帰るのも面白いかも。

なになに?世界一辛い一味と七味?
おちゃのこさいさいって、ワテも良く使う言葉だが、店の名前になっとるがな。
ホンマに世界一辛いんかなあ
世界一だったら辛くて食えんでぇ。

画像


和服を着たおねえさん、チョッと足取りが危ない感じやなあ
坂道やから気をつけや〜

画像


油紙を売る店やったかな?
お客は女性がほとんど、ワテは恥ずかしいので退散した

画像


わらびもちの店
さっき食べた八橋が、まだ胃の辺りにあるからなあ\^o^/

画像


丸い障子に明かりが漏れてきて、ええ感じやなあ

画像


ついに発見
本物の舞妓さんや〜
観光客がわっと取り囲んで記念撮影や〜
ワテもそりゃもう一枚お願いしたでぇ

画像


やっぱり綺麗どすなあ
アップもありますが、このサイズで我慢しとってください。

和傘を軒に吊るした珈琲店があった。
歌麿の絵でしょうか粋ですねぇ

画像


きんつば屋さんがあった。
腹が減っていれば、一つ貰うんだが\^o^/

画像


産寧坂から二年坂の角にくると蕎麦屋があった。
蕎麦屋とかうどん屋があるとやっぱり素通りは出来ない。

画像


この路地が二年坂
かなり暗くて人通りも少ない。

画像


産寧坂があり二年坂もあった、ということは一年坂もあるんかいな。
でも余り聞いた事がないで?
看板があったので見てみると、確かに一年坂がありました。
その長さは100m足らずのカーブをした路地だった
一年坂を歩きましたが、どうってことはなかったなあ

訂正します。
産寧坂は三寧坂とも呼ばれています。
二寧坂及び一寧坂については、二年坂、一年坂に書き改めました。
ご迷惑をおかけしました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
かわいい

コメント(17件)

内 容 ニックネーム/日時
風の旅人さま。

記事を読んでいて、自分も、京の通り沿いのお店を
ひやかしながら歩いているような気分でした。
部屋にいるのに、まるでそこにいるかのように
錦秋の京の街を物見遊山できて楽しいです♪

夕暮れの石畳の坂道、いいですねえ。
温泉街や門前町などにこういった所があると、
ぐっと風情が増してきてうれしくなります。

いろんなお店があって、目移りしますねー(笑顔)。

うん?「世界一辛い・・・」のお店、
よく見ると「舞妓はひぃ〜ひぃ〜」って(笑)。
せっかくの、雅な気分が・・・。
だけどなぜかクスッとしてしまうのは、
やはり京都をつつむ空気のせいでしょうか♪
Aki
2007/12/06 20:28
Akiさん今晩は
冷やかしながら歩くのも、結構楽しいものです。
買う気はまったくないけど、何があるのか見るだけでも面白い。

この三寧坂はいいでしょう。
清水さんにお参りすると、帰りはこの道を下ってきます。

舞妓さんがひぃ〜ひぃ〜の前に何が書いてあったのか、見落としてしまった。
惜しいことしたなあ(笑)
風の旅人
2007/12/06 21:26
風さん:京都を大分楽しまれたようですね?
舞妓さんがひぃ〜ひぃ〜は世界一辛い唐辛子やさんじゃないですか?
この先に石塀小路なんて処も殿方には宜しいのでは?
途中にちりめん山椒のお店とかあったでしょう?(絶品です)
最近はチョコレート・苺の八橋もあるんですよね。
愛ちゃん
2007/12/06 22:32
風さん、おばんです。今日は遅出のさよちんですわ。何故って?理由はタカオ君が知ってるよ。o(*^▽^*)oあはっ♪私は八橋は嫌いじゃ。でもワラビ餅は好き。それかきんつばも大好き!ねえ〜、またミステイクじゃない?上の方の「この店は今日で一番古い八橋屋さんらしい」は「京で」じゃないの?あら!私の間違いかしら?だったらスンマヘンペコm(_ _;m)三(m;_ _)mペコ舞妓さんはやっぱりきれいやねえ〜。写真が小さくて良く見えないけんろ・・・。(・-・*)ヌフフ♪風さんが怒り出さない内に退散しよ!ソナちゃんは随分お疲れのようだよ。今頃(__).。oOグゥー・・・( ~o~)ハッ・・・( -_-)ネヨウ・・・かもよ。
さよちん
2007/12/06 22:46
愛ちゃんコンチャ

帰り道は冷やかしで覗くだけですから、楽しんでなんかいませんよ。
女性のほうがその点では上ですよ。

世界一の辛いら・し・い。唐辛子屋さんは知っているの?
インパクトがあるだけに目に付きますよ。

石塀小路は入らなかった。
なんせ行く所がぎょうさんあるからなあ
ゆっくりお座敷に上がって、チントンシャンの世界でも楽しみたいでしょうが、ワテには似合わないとこや。

ちりめん山椒?
専門店ですか?
清水坂では見たが、ここでは気がつかなかったなあ

八橋の中にチョコに苺ですか。
遠慮しときますわ(゚_゚i)タラー
風の旅人
2007/12/06 23:01
さよちんさん今晩は
今日は遅出かいな。
その理由ってあるのか?
会社で居残りさせられたんじゃないのか。

人のミステークを嬉しそうに探さなくて宜しい。
そんなことしとったら、ええ死に方せえへんでぇ(笑)

舞妓さんは綺麗やったでぇ。
清水さんにお参りにきた記念や、嬉しい出会いでした。

八橋が嫌いかいな。
ほなら今度行くときは、きんつばでも買って持っていったろかなあ。
風の旅人
2007/12/06 23:09
おはようございます ^-^
八橋 美味しいですよね〜。
熱いお茶に甘いもの 最高ですね〜。
本物の舞妓さん これからお座敷ですかね〜。
こういうのを見ると やっぱり京都だわ。
坂に 一寧坂 二寧坂があるとは 知りませんでした。
ひとつ お利口になったわ〜〜 ^-^
みるきぃ
2007/12/07 10:12
舞妓はんにも会えてご機嫌さん。
ところで舞妓はんにもいろんな決まりがあるのをご存知ですか?
何処の街の舞妓はんかわかりましたか?先斗町?七軒?宮川町?
だらりの帯の紋でわかるのですよ。
写真の舞妓はんはまだ出たてですね。簪でわかりますのよ。
舞妓にはチョット詳しいコロ・・・?でした。
舞妓はんは何歳から何歳まででしょう?
コロ・・・?
2007/12/07 10:30
みるきぃさんおはようさん
さすがに食べ物の話になると、飛びつくなあ(笑)
かまへんで、大いに語ってや\^o^/

お座敷がかかっているとすれば、観光客の要望を聞いて、こんなにゆっくり写真に納まってくれるかな?
遠目で見ると舞妓さんみたいだが、アップで見ると違う感じがします。
それでアップでお見せしなかったのですが、真相はわかりません。

ワテも一寧坂は知らなかった。
今回始めて知りました。
風の旅人
2007/12/07 10:42
舞妓さんに聞いた話をお節介に
舞妓は
 ・15歳から20歳までの人です。
舞妓さんの中でもいろいろな決まりがあります。ということで訊いてきました。
 ・舞妓のなって一年間は紅(口紅)は下唇にのみさします。一年過ぎてから上下共に紅をさすことが出来るのです。
 ・舞妓さんといえばだらりの帯ですね。だらりの帯を見るとその舞妓さんの所属している花街と家がわかるようになっています。
 ・着物は振袖、そして肩と袖に縫い上げがしてあります。これはまだ若さを強調しているのです。
 ・もう一つの特徴は頭髪です。舞妓さんの場合は自分の髪で結い上げます。
 ・髪飾りにも決まりがあります。舞妓になって一年以内の人は前飾りに垂れ飾りがあります(藤の花など)一年経つと垂れ飾りはつけません。
 ・髪飾りは一人13個持っています。季節季節で替えます。今は秋ですから紅葉の飾りです。
以上覚えている事だけです。
コロ・・・?
2007/12/07 10:43
二寧坂、産寧坂の石畳情緒があって良いですね。
京都市内の市電が、交通渋滞を理由に廃止された時、その石畳は掘り起こされ、二寧坂や三寧坂、疎水べりの哲学の道などに敷かれ再利用されたとの事。叶わぬ事ながら今、京都に市電が走っていたら良いでしょうね!
mugen
2007/12/07 10:55
コロ・・・?さんおはようさん

舞妓さんにも決まりがあるのですか。
それは知りまへん。
さすがに京都を研究して張るなあもしかして卒論のテーマだったのですか。

上七軒だけは位置からして違いますが、後はわからない帯の紋で何処かわかるのですか。
そうなると提灯の紋を、良く観察していないとわからないなあ 簪でわかるのは季節の柄ですが、左の舞妓さんは紅葉のようですが、右の舞妓さんはなんでしょうか?
菊だったら時期外れやなあ

舞妓さんは中学出た子〜20歳まででしょう。
中には越える子もいるかも?
風の旅人
2007/12/07 11:10
mugenさん毎度〜でおます。

市電が廃止された時に、敷石が売り出されましたね。
その時に敷石だったのですか?それは知らなかったなあ

京都市内で路面電車が走っているのは、嵐電くらいかなあ昔は市電が京都の町を走っていましたが、今と違って車の数も少ない時代でした。

子供の頃に目にした風景は、今では古きよき時代としてますます過去のものになって行きますね。
風の旅人
2007/12/07 11:11
風さん♪
昨日今日と合唱団のミーテングだよ。フー。チュカレタ。
でもでも1年かけて頑張ったから楽しみです。\(^o^)/

京都の写真いいわね。きれいに撮れてます。
京都のお菓子大好きっていうか好き嫌いないからなんでも大好き。(笑)
食べ物も人間も動物もみんな好きなの。好き嫌いないのよ。♪
ソナチネ
2007/12/08 01:31
ソナチネさん深夜の訪問すんまへんなあ
いつも遅いソナチネさんが、ここでは最終便みたいなものですから、これ書いたら寝まっさ\^o^/

あと10日ほどだなあ
喉の調整もしておかないと、風邪引いたら台無しでっせ。
よくうがいして体調を整えておいてや。
いつも言われているからお返しや。

京都の町はええやろ。
たまにブラッと出かけると、気持ちもリフレッシュします。
今回は綺麗な舞妓さんにも会ったし、巫女さんからお酒も頂いたし大満足やった。

何でも食べるソナチネさんと、一度ゆっくり京都でオフ会でもしますか。
なに?大阪の串かつの方が安くて安心やて
まあそうやけどやなあ
京都の雅の世界を満喫しながら、一日過ごすのも、ええもんでっせ\^o^/
風の旅人
2007/12/08 01:40
あれ? 記事の最後に「訂正とお詫び」が・・・。

二寧坂については、
公式HP(http://www.2nenzaka.ne.jp/)にて
「二寧坂」と明記されています♪

一念坂(一年坂)は、
平成4年に整備された道で、
以前は名も無き小路だったようですね(笑)。
「一寧坂」表記を採用している会社もあります。

ですので訂正前の「三寧坂〜二寧坂〜一寧坂」でも、
風さまは、なんら間違っていないと思いますよー!!

以下、参考までに。(「http://www.」略で列記)
●kyoto-osaka.com/guide/spot/0054_ninei.html
●tabitano.main.jp/7ninenzaka.html(www.は不要)
●dog-magazine.jp/kiji0603/kyoto_0603/kyoto0603.html

一念坂の「念」は、清水さんの御利益を
「念ずる」ところからの命名だとか・・・。
風さまの宿題のおかげで、勉強になりました♪♪
Aki
2007/12/09 12:20
Akiさんスンマヘンなあ
ワテも気になって調べました。
どうも諸説があるようで、単なる一,二,三ではなかったようです。

公式HPについても、どれが公式にあんるか、京都市に書かれているものとか、周辺の寺社のHPを参照しても、絶対にこれだというものがないようです。
そこで誰かが書いたもん勝ちみたいな気になって、訂正したほうがいいのではないかと思いましたんや。

次ページのトップに案内掲示板には、一念坂、二年坂、三年坂となっており、まったく統一性がありません。
つまりこれで決まりというものがない限り、ワテのような素人が断定するのは、地元の方に失礼ではないかと考えています。

そこでどうもこの呼び方が、一般的ではないかと思いまして、無難な選択をしただけです。
この坂道の名称についてはもう一度現地を訪ねて、古い石碑を見て考えるしかないでしょう。
この坂道については高名な学者の方も、苦労したんじゃないかなあ
風の旅人
2007/12/09 14:23
産寧坂〜二年坂〜一年坂 心の旅・遠くへ行きたい 1/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる