心の旅・遠くへ行きたい 1

アクセスカウンタ

zoom RSS この時期は何故か第九が流れる

<<   作成日時 : 2007/12/20 12:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

クリスマスシーズンとなると、街にはイルミネーションも飾り付けられ、いやが上にも年末気分になってきます。

昨夜はソナチネさんから、クリスマスコンサートを兼ねて第7回定期演奏会があるので、是非見に来て欲しいとのお誘いがありました。

お誘いがあったので、花束の一つも持っていくのが礼儀でしょうが、不作法者でして手ぶらで行きました(゚_゚i)タラー

会場は800人収容のホールでしたが満員の盛況。
さすがに地域に根ざした合唱団でした。

画像


老若男女で熱気むんむん。
開演時間ギリギリに入ったので、座る場所を見つけるのも一苦労。
やっと見つかったのは、後ろから2列目の中央でした。
まあこの位置なら文句は言えないなあ(笑)

しかしソナチネさんの顔が確認出来るか?
オペラグラスがあれば良かったが、この位置じゃ確認は難しい
案の定それらしき人を見つけて注目していたんだが、後でソナチネさんに聞くと62才の方だったとか。
私をおばあちゃんにしないでと、怒られてしまいましたがな(笑)

演奏 テレマン室内管弦楽団
指揮 延原武春

ヴァイオリン 藤江扶紀
ソプラノ    藤田瑞穂
アルト     中村勢津子
テノール    小川 歩
バス      篠部信宏 


Christmas Concertと言うことで、この時期に相応しい選曲でした。
モーツァルト「ミサ曲第4番 ハ長調 K.317”戴冠式ミサ”」

モーツァルト「ヴァイオリン協奏曲 第4番ニ長調 K.218
         ”軍隊的”」より第1楽章
ベートーヴェン「ロマンス」

指揮者コーナー

ベートーヴェン「交響曲第9番 ニ短調 作品125」より第4楽章

クリスマスキャロル
諸人こぞりて
きよしこの夜

このように盛りだくさんのコンサートでした。

最初の曲「戴冠式ミサ」では、この日始めての演奏種目だったので、出足の部分では緊張しているのが声にも出ていました。
全6章からなる演奏曲ですが、次第に喉もほぐれてきたのか、素晴らしい演奏になりました。

2曲目のモーツァルトを演奏したのは、若干17才の女子高生。
2007年第76回日本音楽コンクール ヴァイオリン部門3位に入る実力者。
いずれは世界に羽ばたくであろうと、指揮者の延原さんも紹介しておられました。

この地域で生まれた音楽家として、皆さんの熱い声援が送られていました。
アンコール曲としてベートーヴェンの曲「ロマンス」をサービス。
演奏を聴いているだけで、この人の将来性を感じるほど、素晴らしい演奏でした。

面白かったのは、素人に指揮をさせたらどうなるか?
壇上に希望者を募ったら、幼稚園児の男の子から盲目の方まで、全部で6人ほど壇上に上がりました。

曲目はベートーヴェンの「運命」
あの出足の部分です。

指揮棒の動き一つで奏者はその通りの演奏をします。
幼い子供達は正しき棒を振るだけですが、中には一丁前に指揮する子もいました。

客席が爆笑したのは、音楽にはチョッと自信がありそうな婦人が登場した時です。
指揮棒を構えて、団員に一声かけて気合いを入れて、右手に指揮棒左手を上げて指揮棒を動かしたが、曲のイメージはわかっているが、緊張の余り思うように指揮棒が振れない。

団員は指揮棒の動きで演奏するものだから、テンポもバラバラ、間延びがしたりで運命の曲が別の曲みたい。
その度から会場はドッと笑いも起きて、見ている方は楽しい企画でした。

最後のベートーヴェンの第9は、毎年定期演奏してきた曲目。
1年目はドイツ語を覚えるだけでも大変な年。
素人集団が集まって第9を歌いたい。
この熱い思いを受けて、今回ソプラノ独唱された藤田先生の指導で、毎年定期コンサートされてきた。
次第に上手になったとおっしゃっていましたが今回で7回目。

始めてこの合唱団の第4楽章を聴く機会を作って戴いた、ソナチネさんに感謝したいですね。

第4楽章だけでも22分間もの長い曲です。
その間に幾度となく合唱部分が入ります。
それを見事歌いこなしたメンバーに、観客から拍手が鳴りやまなかった。

それにしても100人近いメンバーで、この大曲を歌いこなすって大変なことです。
1年間に渡って練習を繰り返して、今日の演奏会にこぎ着ける。

ソナチネさんのブログを読んでいても、指導先生の藤田さんの叱責も時折聞こえてきそうな雰囲気でした。
第9を歌いたいという熱い思いが、団員一人一人の心にあるのでしょう。
この日の演奏は本当に良かった。

譜面を見ないで暗譜している人も大勢おられて、指揮者の動きを目で追っていることはとても良いことなので、今後ますます上手になられるでしょう。

演奏が終わって家路に向かったのはいいが、途中の乗換駅でチョッと一杯。
演奏会の余韻に浸って、一人ビールで乾杯。
そこで終わればいいのだが、自宅のある駅をおりてまたもや馴染みのスナックへ。
余韻の続きは深夜の2時まで飲んでしまった。
途中でソナチネさんから電話も入っていましたが、飲んでいる席だったので放ったらかしにしてゴメンチャイ\^o^/

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
風さん♪
昨日は遠い中有難うございました。
無事に着いたか電話しても出ないから心配しちゃった。
寄り道してたんだ。あはは。(爆)
会場では風さんの席の近くに大男さんもいたんだよ。(笑)
わかんなかった?胴の長い巨人。あははは。
クリスマスキャロルのときおおきなろうそくあったでしょう。
あれは私の27年前のキャンドルソービスした時のろうそくよ。
私の場所わかんなかったのね。プンプン。
最前列に美女がいたでしょう。(笑)
わかんなかったとは。メイクも念入りにしてたんだよ。
先生と役員とで打ち上げして家に着いたとは11時前でした。
お風呂入って寝ました。心地よい疲れでした。
なんかからっぽって感じよ。パワーを使い切った感じ。
1月から新しい曲でまた頑張ります。
今日の仕事は2時から午後診療です。
私のブログアップは週末になりそう。♪
ソナチネ
2007/12/20 13:23
ソナチネさん〜昨日はお疲れさまでした。
大きな取り組みを終えると、ホッとしたと同時に疲れも感じるでしょう。
今日はゆっくり休養したいところでしょうが、仕事があるとそうも言っていられないね。

大男さんってこの写真の中に写っている、頭の禿げた人ですか?\^o^/
この人くらいしか見あたらなかったでぇ(笑)

演奏会終了後の打ち上げ会は、見事に歌いこなした達成感を共感出来る場ですから、ビールがさぞかし美味かったことでしょう。

メークを念入りにされると、男は直ぐに騙される動物ですねん。
座った位置からだと、遠すぎて顔もハッキリ見えません。
まあ今回は個人を見に行くんじゃなくて、皆さんの演奏を聴きに行ったので、ソナチネさんを見るのは、別の機会にゆっくり見させて貰います。

1月から次の曲にチャレンジですか。
来年の年末まで練習を積んで貰って、素晴らしいものを作り上げて下さい。

風の旅人
2007/12/20 14:22
コンバンは!お久しぶりです。
一週間ほど京都に行ってる間に、風さんのブログはどんどん進んでいます〜〜今、全部読んできました。
「今年の一文字」のコーナーで皆さんと風さんとのやり取りとても素敵
ですね。

風さんの文章を読みながら、ソナチネさんの演奏会の雰囲気を想像しながらモーツアルトを聴いています。


mugen
2007/12/20 18:41
mugenさん今晩は

また京都に来てはったんですか。
この時期の京都はどうでした?
寒かったのでは。

1週間も留守にしたら、5回ほど進んでいましたやろ。
一日一話のペースだけに、読み残したらドンドン置いて置かれまっせ(笑)

まあそうは言っても気になる記事があれば、ボチボチ読んで貰えばいいだけです。

今年の一文字はそれぞれの思いがありますから、面白いですね。
日頃ブログでの思いが如実に現れています。

モーツァルトを聴きながらコメントを書いているのですか。
ワテも好きな曲を流しながら、作業をすることが多いですよ。
特のどの曲と言うことはないのですが、その時の気分で流しています。
風の旅人
2007/12/20 21:47
風さん、ただいまあ〜(゜O゜;演奏会の素晴らしさが風さんの説明ですっごく良く分かるよ。感動と感激で涙が溢れそうや。
ソナ姫が分かんなかったんだ!大男さんも傍に居たんだってよぉ〜。
どの人だったんやろね。まさか禿げてなんか無いでしょ!('-'*)フフ
ここにBGMが無いのも珍しいね!でもトップでいつも第九を聞いてるからね!良かった良かった!風さん、いいお酒が飲めたのね。良かったね!
さよちん
2007/12/20 21:54
さよちんさん毎度〜
昨日のコンサートは本当に良かったでぇ。
大男さんですか?
そのまさかは失礼でっせ。(ワテも内心はそうかなと思っています)

BGMを付けなかったのは、12月に入ってからトップ頁に合唱を流していましたから、ダブって載せるのも可笑しいと思って外しています\^o^/

昨日の酒は演奏会の後だけに、美味かったですよ。
風の旅人
2007/12/20 22:02
ソナチネさんがいらっしゃる合唱団の演奏会。
いいですね。こういうのを聴く機会は 
なかなかありません。
この時期ならではの 第九。
一度は 生で聴いてみたいです。
きっと 鳥肌ものでしょうね。。
で 帰りに行きつけのお店で 余韻に浸る。
最高の一日でしたね〜〜〜。
みるきぃ
2007/12/21 09:30
みるきぃさんおはようさん

会場が大阪市内だったので、電車で行けば気にならない距離です。
生で聴く音楽は良いですよ。

今回はソラチネさん達の定期演奏会だけに、居眠りも出来まへんがな
しっかり最後まで聴きましたでぇ(笑)

演奏会が終われば飲み屋で一杯。
在職中なら仕事帰りに一杯は常でしたが、今はそれがないので、こんな時にしか飲めません。
それだけに大阪市内に出ると、つい馴染みの飲み屋に顔を見せたくなりますなあ\^o^/
風の旅人
2007/12/21 09:49
風さん♪
演奏会記事やっとアップしたよ。
あとで花束贈呈を調べたら二人いてヴァイオリニストの贈呈は
56歳の美人でした。この人に間違えたのね。じゃ、ゆるします。
この人は団で一番の美人なの。あはははは。♪
ソナチネ
2007/12/22 13:37
ソナチネさん毎度でおます。

美人と間違えた?
勝手に決めつんといて欲しいなあ(笑)

あの方は団一番の美形でしたか。
後ろ見ているから、余りよく見えなかった。

記事をアップしたのなら、後で覗きに行きまっさ。
待ってておくれやす。
風の旅人
2007/12/22 15:00

コメントする help

ニックネーム
本 文
この時期は何故か第九が流れる 心の旅・遠くへ行きたい 1/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる