心の旅・遠くへ行きたい 1

アクセスカウンタ

zoom RSS 鯖街道・熊川宿 その3 名水・瓜割りの滝

<<   作成日時 : 2007/11/05 11:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

国道27号線を小浜方面に左折して10分ほど走ると、夏でも枯れることなく湧き出す、瓜割の滝に着きます。

「名水百選」にも選ばれており、瓜があまりの冷たさに割れたと言うところから、瓜割の滝と命名されたとか。

画像


この水は「福井のおいしい水」にも選ばれており、この水を求めて次から次にペットボトル持参で来られていました。

画像


この水を求めるには売店でシールを買うシステム。
お金を出して水を買うなんて、あまり聞いた事がないなあ(笑)
そこまでせんでもええで。
まあ参考までに書いておきまっさ。

シール代金
・ポリ容器1個につき300円
・ペットボトル4個毎に300円
代金は清掃協力金として利用するそうです。

画像


車を降りて天徳寺の境内を通り、杉木立が鬱蒼と茂る中を入っていくと、小さな鳥居がありました。

川のせせらぎを聞きながら石伝いに川を渡ると、岩の割れ目からコンコンと湧き出ていました。

画像


この場所は神聖な修行の場として、立ち入ることが出来ません。
夕暮れ時だったので薄暗くて、写真を撮りましたが、もうひとつでした。
三脚を持って入らなかったので、この暗さではこれ以上は無理。
そこで若狭町のHPから写真をお借りしました。

画像


画像


この2枚の写真をお借りしました。

帰り道も来た道と同じ鯖街道を走りました。
山の中を走っていると、パッと見えたのが、西の山に沈んだこの夕日
でしたが、もうチョッといいタイミングだったら、綺麗な夕日に出会えたかもしれません。

画像


家に帰って嫁はんと食べてみた。
うんうんこの味や
息子に食べさせてやろうと半分残しておいたが、飲み会があったらしく帰りは午前様。

画像


翌日の朝食にも手をつけずに出て行ったので、残された鯖寿司をパクッ\^o^/
これが昨夜食べたのより、もっと旨みが増している。

画像


一日置いたほうが美味いのではと思い、買ったお店に電話しました。
お店で昨日買った鯖寿司が、大変美味しかったとお礼をまず言ってから、実は今朝食べたほうがもっと美味しいのかと言いました。

その日に食べたほうがいいものか、それとも翌日のほうが美味しさが増すものか?と聞いてみました。

まあ人それぞれの味の好みはありますが、地方へ発送もしていますので、翌日到着となります。
賞味期間としては十分持ちますが、早めにお召し上がりくださいとのことでした。
作った日に食べるか、一日くらい寝かせたものを食べるか、それはどうも酢が味にしみる長さで、美味さが変わるようです。

この鯖寿司を買ったてお金を払うとき、お店のオッちゃんがお茶を1本入れてくれました。
帰りに飲んでや〜
この気持ちが嬉しいですね。

お礼に店の電話番号を載せさせてもらいます。

若狭 鯖寿司 「きく家」さん
0770-62-0216



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちわ
瓜割りの滝に行って来られたんですね
少し遅かったんですね、残念です
緑の苔生した岩の傍を流れる水がとっても
綺麗なんですが・・・・
今度は早めに訪れて頂くと嬉しいのですが

此処の水は通ると必ず汲んで来ます
美味しいですよ
シールは一度買うとそのシールを貼った
容器で汲めば何度でも使えます

鯖寿司のお店は「きく家」さんですね
まだ一度も買ったことがないんです
今度買って見ます
虹はん。
2007/11/05 13:01
小浜のほうは あんまり出かけないですから
この滝は 初めて知りました。
お水が有料ですか・・温泉なら見たこともありますけどね。
でも それくらい美味しいのでしょうね。
鯖寿司・・やっぱり だめ〜〜。(>_<)
大概 なんでも食べれるんだけど これだけは・・・ ^-^;
みるきぃ
2007/11/05 13:08
虹はんこんにちは
今日は朝から曇っており、こんな日はボケッとしております。
あまりにもヒマなので、鯖紀行の続きでも。

この店は宿場の奥ですから、小浜側の入り口にあります。
帰られた折にでも立ち寄ってください。
気さくなご夫婦でした。

瓜割の滝に向かったのが3時過ぎでしたから、やはりチョッと遅かった。
晴れた日なら日も差し込んで来るでしょうが、日はすでに西に傾いていたので、明かりが少し足りなかった。

一度タンクにシールに張ったら、以後はタダですか(笑)
そんならしょうがないなあ(爆)
そう言えば車のトランクから、大量のペットボトルを出している人がおりましたわ\^o^/
風の旅人
2007/11/05 13:48
みるきぃさん毎度〜
やっぱり鯖はだめでっか
こんな美味しいものを。
日本海に釣りに行った折りにでも、途中でいくらでも買えまっせ(笑)
お父さんにでも買ってあげて\^o^/

この水は名水だけに職場でコーヒーを飲むのなら、一度味見してみて。
魚ばっかりが有名な町やけど、こんな名水があるのはワテも始めて知りましたで。
風の旅人
2007/11/05 13:55
風の旅人殿、
京都から小浜、三方五湖方面へは行きは国道367号、303号線を帰りは162号線を使いますが瓜割りの滝は何時も素通りでした。
次回はぜひ寄って、福井の美味しい水を飲んで帰りましょう。
お教え頂き大感謝です。
impression
2007/11/05 15:22
impressionさん毎度でおます。
京都から三方五湖方面へのドライブには、少し遠回りでもこのコースはよろしなあ

コースのほとんどが山ばっかりのコースですが、のんびり走るには最高でっせ。
次回走る時は福井の美味しい水が楽しめますね。
風の旅人
2007/11/05 15:39
だいたいにおいて、
どんな鯖寿司もおいしいですよね、
わたしは、大好きです。

う〜ん、一晩寝かせたものも、
酢の味がしみておいしそうだなあ!
是非食べてみたいですね。
michy
2007/11/05 22:12
風さん、こんばんわ!鯖寿司ですかあ。私はどうもこれが苦手で・・・
ホンマに不幸な人生ですわ。塩鯖は大好きなのに、シメサバも食べられないの。何でやねん(T△T)食わず嫌いかも知れない。
それより今の時代は水を買う時代だよ。何故か・・・
くみちゃんがまた入院でショックやあ〜。私は何にも悪いことしてないのに。
風さん、何処かの神社や教会に行ったらお祈りしてきて。
早くくみちゃんが元気になるように・・・って。くみちゃんの身体のこと知ってるから嫌味なコメントを入れさせたくなかったのに・・・。
だって、心臓に悪いもの。(T△T)(T△T)(T△T)(T△T)(T△T)
さよちん
2007/11/05 22:28
michyさん今晩は

鯖寿司は最高ですよ。
梅田にGと言う店があります。
そこは箕島港直送の魚を使っていますが、滅多に食べられない鯖寿司を当たったことがありますが、あの味だけは一生忘れません。
それ以来何度も店に通うのですが、いいのが入っていないと断われます。

その後色々食べますが、あの味に勝るものにお目にかかれません。
風の旅人
2007/11/05 22:37
さよちんさんも鯖寿司やしめ鯖がダメなのか。
可哀想になあ
確かに人によって蕁麻疹が出る人もいます。
その方たちは別にして、こんな美味しいものが食べられないとは気の毒やなあ

くみさんもやっと退院してきたのに、また入院したなあ
何とか早く回復して欲しいと願っています。
神社仏閣で拝んで治るものやったら、そりゃ日参しませ。
今は医者に任せて、じっくり養生して治るのを待つしかないね。
風の旅人
2007/11/05 22:42
鯖寿司をくるんだ竹皮が、なんともヨロシイじゃござんせんか。
昔はお肉を買っても、こんな竹皮に包んでありましたっけ、
竹皮の内側はツルツルして、物がこびり着かないですからねえ・・

『そやっ! 竹皮におりぎりを包んで紅葉狩に出掛けよう・・』
伊藤
2007/11/06 06:31
おはようございます。
 鯖街道にはまりそうです。小浜のHP見てたら、鯖街道を歩くコースが載ってました。昔は細い険しい山道だったでしょうに、女性も鯖などをたくさん担いで京都まで歩いたんですね。熊に襲われた人もいるかも? 朽木から小浜までの鯖街道は通ったこと無いんで、近〃行ってきます。
ゆきべえ
2007/11/06 09:22
伊藤はん毎度〜
子供の頃は遠足に弁当と言えば、この竹の皮に包んでおりました。
防腐効果もあると言われており、何よりも最後はゴミとして捨てられるので、何処の家にでもありましたなあ。

紅葉狩りの前にマツタケ狩りでもどないやろ\^o^/
風の旅人
2007/11/06 09:55
ゆきべえさんおはようさん
今地震がありました。
震度2くらいかな
そちらは大丈夫ですか?

鯖街道も現在はトラックも通れる広さですが、当時は荷車1台が通れるくらいでしょう。
それは道路と言うより、ガタガタした峠道だったのでは。

熊川の道の駅では熊の剥製が飾ってあったし、京大の演習林でも熊の出没がありますから、この辺りを歩くのは怖いですよ。

朽木から小浜への道、一度走ってみてください。
これからは最高の季節でっせ。
風の旅人
2007/11/06 10:09

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
鯖街道・熊川宿 その3 名水・瓜割りの滝 心の旅・遠くへ行きたい 1/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる