心の旅・遠くへ行きたい 1

アクセスカウンタ

zoom RSS 竹の響き・都山流尺八演奏会No6

<<   作成日時 : 2007/11/28 22:27   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 29

画像


都山流竹の響きも最後の曲となりました。

フィナーレを飾るのは残月(峰崎勾当作曲)でした。

尺八 塩田慈山
三弦 中田弘子
琴   中田洋子

画像


画像


画像


パンフレットからの引用です。

「磯辺の松に葉隠れて 沖の方へと入る月の 光や夢の夜を早う
覚めて真如の明らけき月の都に住むやらん 今は伝てだに朧夜の
月日ばかりは廻り来て」
 
このは天明・寛政の頃に活躍した峰崎勾当の作曲。
弟子であった宗右衛門町にある松屋の娘が若くして亡くなり、その追善の曲と言われる。
曲名は法名「残月信女」によるが、暁の空に朧に残る有明の月に、その姿を重ねている。
前歌は物寂しい節付けに始まるが、終わりは明るい手事五段の妙を尽くす手法を用いた名曲である。
                             原文通り

とまあこのような解説が付いています。
これをまず読んでいただいて、曲に集中してみてはいかがでしょうか。
時間は16分とチョッと長いけれど、秋の夜長には丁度いいのでは。

アンコール曲がありました。
なんの曲かなと思ったら「涙そうそう」を、妹さんのピアノと尺八でした。

画像



コンサートが終了すると、皆さんにお茶がでました。
帰りにはお見送りまで受けて、無料なのに何から何まで、えらいすんまへんなあ\^o^/

画像


今日はこの「残月」を聴きながら、さよちんさんからの依頼があった、短歌10編ほどを毛筆で書いていました。
ほぼ半日の間でしたが、和の世界で遊んでおりました。
近々彼女の方でアップがあると思いますのでお楽しみください。

このシリーズはこれにて終了。





残月

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

コメント(29件)

内 容 ニックネーム/日時
長い間楽しませていただきました。
久しぶりに和の世界に浸りました。琴音は清い音色ですね。
尺八も澄んだ音色で、優しく落ち着きます。
有難うございました。
「涙そうそう」は何処に添付されていますか?
コロ・・・?
2007/11/28 22:57
風の旅人さん
今出てきました。添付前にコメント欄に行ったようです。
楽しい合唱です。
コロ・・・?
2007/11/28 23:03
コロ・・・?さん〜すまんすまん
忘れておった(゚_゚i)タラー

今アップしましたでぇ

6回にわたってコンサートの模様を掲載しましたが、喜んでいただき載せた甲斐があります。
また来年が楽しみですが、生きているかなあ(笑)
風の旅人
2007/11/28 23:03
また来年が楽しみですが、生きているかなあ(笑)

風さんが何で生きてないねん!死なへん死なへん≧(´▽`)≦アハハハ
ついに今日で終わりですか!長いことお疲れさまでしたあ〜。
カラオケばかりずあなく、こう言う和楽器に浸るっていいねえ〜。
和太鼓も好きだな!あの猛烈な和太鼓の響き・・・つい身体が固まっちゃうもん。風さん、ホントにお疲れさまでした。さよちん短歌のデジタル書、踏ん張ってあげてね!ものすごう楽しみにしてはるから。
さよちん
2007/11/28 23:56
涙そうそう聴いてたら風さんの声が一番大きく聴こえたよ。
一番前じゃしょうがないわね!風さんのカラオケみたいやわ。(・-・*)ヌフフ♪
さよちん
2007/11/28 23:59
さよちんさん今夜は遅いなあ
明日は遅い出勤でっか

今回でこのシリーズは終わりや。
明日から何をアップしようか。
薔薇のスライドショーでもやろかなあ\^o^/

紅葉を見に行きたいが、明日も明後日も天気が悪い。
しょうがないので短歌の続きでも編集でもしたろうかなあ

和太鼓もええなあ
ときたま演奏を聴く機会があるが、ICレコーダーを持ってないときやった。
今度機会があったら録って来るよ。
風の旅人
2007/11/29 00:05
さよちんさん追加でっか
ワテの声は押さえたんだが、マイクの前でっしゃろ。
入ってしまうんや
歌が好きやから曲が流れると歌ってしまうなあ(笑)
我慢して聞いてくれ\^o^/
風の旅人
2007/11/29 00:09
風さん♪
このシリーズやっと終わった。ほっ。やれやれどすわ。
えっ明日はバラ?それも飽きた。あはははは。
バラは綺麗だからいいよん。ゆるす。あははは〜〜。
何回聞いても風さんの声しか聞こえない。
これはソロです。一番前でも後ろでも風さんの声は響くんだ。
ねえねえ、風さんピアニッシモで歌って〜〜〜〜。
風さんとはひそひそ話し出来ないなあ。(笑)
うちの合唱団に入って。奈良からの人もいるよ。吹田の人も。♪
ソナチネ
2007/11/29 00:29
ソナチネさん今晩は

合唱団に入れ?
アカンアカン
ワテは結構忙しいのでおます。
ヒマに見えているようでっしゃろ。
隠してまんねんで(笑)
図体が大きいから、丸見えやと言いたいのでっしゃろ。
わかっておりまっせ

このシリーズが終わってやれやれ?
なんちゅう事言うんや。
人がせっかく労力使ってやっているのに(`o'゛;)プンプン

薔薇も飽きたのか?
スライドショーの時にも言っていたなあ
ホンなら串かつ&お好み焼きでもアップしたろか(笑)

ワテの声しか聞こえへんか
そんならメロディに切り替えたるわ。
風の旅人
2007/11/29 00:39
そんならメロディに切り替えたるわ。・・・・・・・・・・・・

どこにメロディーがあるんじゃろ。無音の世界じゃ!
さよちん
2007/11/29 00:44
あ!聴こえた聴こえた!これで寝れるわ。
お休みみんみんこっくり(-_-)(_ _)(-_-)(_ _).。oOOこっくり
さよちん
2007/11/29 00:45
さよちんさん〜ややこしい時に来るな(笑)
今削除したとこや。
今度は伴奏だけやで。
最後にチョックラ声が入っているけどな。
もう忙しいコッチャ。

あんたら二人、早よ寝えや〜
遅くまで起きてたら、肌に悪いでぇ
なに?それ以上言うなってか\^o^/
風の旅人
2007/11/29 00:48
風さん♪
歌がないない。やだ〜〜〜。風さんの声入れてよ。聞きたい。
指導先生が言ってたけどお腹から声の出る人は腹式呼吸がきちんと
出来てるからだよ。小さい声でも響くのはいいことなんだよ。
私は声が細いから風さんの声量はうらやましいの。
大きな声でもぜんぜん響かない人います。風さんはすごい才能あると思う。
本格的に勉強したら歌手もいけると思うの。
そんな良い声の人は滅多にいないよ。秋川さんより「千・・」も上手い。
今度生で聞かせてね。楽しみだわ。なんでも歌えるもんね。
もう、本当に寝ます。明日遅刻したら風さんのせいだもんね。♪
ソナチネ
2007/11/29 01:09
ソナチネさんは褒めるのがうまいなあ
それを褒め殺しと言うんやでぇ(笑)
もうアカンで消してしまった。

ワテの歌っている声だったら、明日にでもアップしよう。
罵声が飛ぶかもしれんなあ(笑)

ソナチネさんの声はコーラスやっているから、一度聴いてみたいなあ
一度歌ってみてよ。

生で聞かせるには、カラオケでデートしようか。
その前に串かつ食べに行こか、お好み焼きでもええなあ

さてワテも寝ようかなあ
おやすみ〜
風の旅人
2007/11/29 01:18
ソナチネ様の「これはソロです」発言
・・・に大ウケしてしまいました(笑)。

しかもその音源が掲載されていたのが、
わずか1時間45分のみ!

これはレア度が高いです♪
プレミアがつきそうですね。
ヤフーオークションに出ているかも。

聴けた方々がうらやましい〜。

風の旅人さま。
再掲載してほしいです。
私も聴きたいなあ・・・。
Aki
2007/11/29 04:42
そのあとのソナチネ様の、
必死の、あの手この手の、怒濤の・・・
フォローがすごいです!!

こんなに見事な「手のひら返し」を、
私は近年見たことがありません(笑)。

これでは
風さまも笑うしかないですよねえ(笑)。
Aki
2007/11/29 05:08
どこ?何処?
合唱をバックに遠慮がちの風さんの歌がないやんかあ!
寝て起きたら・・・・魔法かけたんやろか?
かわりに赤ちゃんの声?が・・・・。
コロ・・・?
2007/11/29 11:08
Akiさんおはようさん
肝心の残月の演奏を抜きにして、どうでもいい話で盛り上がって欲しくないなあ(笑)
と言うことでこの話は終わりと言うことで、演奏曲を抜きまっさ。
風の旅人
2007/11/29 11:29
コロ・・・?さん毎度〜

筆者の意図するものと、読み手さんとギャップがあるようなので、再編集しました。
風の旅人
2007/11/29 11:33
和やかなファミリーコンサート、盛り沢山のプログラムで、
ご招待された方々も、満足されてお帰りになった事でしょう。
この石段を暖かい心持で家路に着かれた事でしょうね♪
風さん来年も行かれるのでしょう?私も楽しみにして
居りますね。
sayuri
2007/11/29 12:36
sayuriさんコンチャ
5つの演目と3つのサプライズ。
大満足の夜でした。

市街地から遠く離れた山里で、秋の夕べにこのような宴があるなんて、都会人には信じられない催しです。

来年も機会があれば出席するつもりですが、1年後に娘さんたちの演奏がどんな風に上達しているのか、楽しみにしています。
風の旅人
2007/11/29 12:44
な〜んか、楽しい掛け合い漫才みたい。
こっちの方を面白がっていて、いいのかしら。
「涙そうそう」はどうなっちゃったの?
後から読んだら、わけわかりませ〜ん。
かってに消さないで〜(笑)
オットなんだったけ、そうそう「残月」
なかなかこういうものを聴く機会は少ないですね。
日本人として、しみじみ心に沁みる演奏でした。
ありがとうございました。
ともっぺ
2007/11/29 17:14
ともっぺさん毎度〜でおます。

当初ブログには「涙そうそう」の合唱をアップしてました。
その中にはワテの声が入っていたので、この話で盛り上がっておりました。
本来の筆者が求めているのは、今流れている「残月」の演奏についてであって、ワテの声に関して意見を求めておりませんよって、これ以上のコメントは不必要であり、曲を削除した次第。

滅多に聴くことが出来ない演奏ですので、他の意見については今回だけは、遠慮してほしいなあと思っとります。(笑)
風の旅人
2007/11/29 17:26
風の旅人さま。

ブログの主の望まぬ方向へ
コメント(しかも連続!)してしまい、
申し訳ありませんでした(汗)。

もう少し空気を読めるように、
熟考するよう努めます(汗、汗)。
Aki
2007/11/29 19:39
ご無沙汰しておりました。

尺八の音はいいですね、
妹の主人が、尺八をやっていて、
たまの身内の忘年会に出席したときなんぞ、
聞かせてくれました。
風さんの、
関心の広さ、高さ、すごいなあ!

michy
2007/11/29 20:24
Akiさん今晩は
余り堅苦しく考えなくてもいいのですよ。
その時に流れもありますからね。

せっかくの演奏会ですから、本筋で話題になって欲しかっただけです。
風の旅人
2007/11/29 20:53
michyさん今晩は
身内に尺八が出来る人がいるといいですね。
酒がますます美味しくなりますね。

なんでも興味を持つのが趣味と言えば趣味。
広く浅くですから一つも物にならなりません(笑)
風の旅人
2007/11/29 20:57
風の旅人さん、ここで筝曲を聴けるとは思いませんでした!
私も30年ほどお稽古をして来たのですが、昨年脳梗塞を発症、それまで弾けた曲が全く弾けなくなり、止む無く止めました。
残月は舞台でも弾いた曲で懐かしく聴かせていただきました。
今は歌だけを楽しんでいます。
すずめ
2014/01/23 17:38
すずめさん〜またまた遠い所をお越しいただきまして、ありがとうさんです

以前は筝をやっておられたんですね。
すごいなあ
なんでもこなしますねんや

この親子演奏会はお寺の住職と娘さんのコラボでして、毎年秋に演奏会をされています。
縁あってお知り合いになって、毎年演奏会を聴きに行っています。
昨年は和尚さんがお寺の幹部になられた関係で、暇がなくなったとかで当分休止になりました。

トップページに邦楽の部のINDEXがありますので、よかったら参考にしてください。
風の旅人
2014/01/23 21:23

コメントする help

ニックネーム
本 文
竹の響き・都山流尺八演奏会No6 心の旅・遠くへ行きたい 1/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる