心の旅・遠くへ行きたい 1

アクセスカウンタ

zoom RSS 竹の響き・都山流尺八演奏会No3

<<   作成日時 : 2007/11/25 23:47   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 20

2曲目は木枯です。
まず曲が流れてきたら、部屋の明かりを消してお聴きください。
雰囲気が伝わってくると思いますよ。

尺八 塩田慈山 都山流大師範

画像


解説が添付されているので、紹介してみたいと思います。

木枯(流祖中尾都山作曲)
晩秋、木枯らしが吹く物淋しい感じを、一管のメロディーに託した小編。
関東大震災のあとの、焼け野原と化した東京で、四辺寂寞とした芝公園の丘の上に立って、うそ寒い風の中の冬木立をながめたとき、胸にこみ上げるような感動を覚えて即興的に表現した曲である。
小品ではあるが、主題展開の方式と緩急の変化によって、全編美しい感情に満ちて些かのすきもない。 (原文通り)

作品紹介の中ではこのように書いておられます。
和尚さんが曲の解説をされた後、いよいよ堂内の明かりを落とします。真っ暗闇の中で、和尚さんの尺八が聞こえてきます。

そう期待して待っていると、堂内の明かりを消しましたが、仏さんの灯りを消すのを忘れているがな。
ありゃりゃ

2年前の雰囲気はこんな感じでした。

画像


堂内の明かりを消して、蝋燭の灯りだけの中で演奏するはずだったが、今回はこんな風に明るいがな。

画像


ワテもカメラを覗いてビックリしましたがな。
こりゃ漆黒の闇とチャウがな(゚_゚i)タラー
はっきり姿が見えている。

注意するわけにも行かず、まあ舞台の演出は、娘さんが担当してはるだけに、お任せするしかない。

暗闇の世界から、尺八の音が響きます。
木々を揺らすかのように、木枯らしの吹く音が堂内に響きます。
その絶妙な音は聴くものに感動を与えました。




木枯

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

コメント(20件)

内 容 ニックネーム/日時
風さん、未だ起きてた!(〃^∇^)o_彡☆あははははっ
だって、短歌10首、結社に送らなきゃなんなかったわ。忘れるとこやった。
25日締め切りなのに、今さっきクロネコのメール便・速達で送って来た。
ああ〜疲れたわ。外、超寒かった!黒い薔薇無かったんだね!
まあ、しょうがないよ。どっかにあればいいのにねえ〜。
尺八の音色、いい音色だよ。余りボリューム上げられないから耳を澄まして聴いてるんだ!明日休みだけど、コメントは明日書くね。だって何人かの人にコメント貰ってるから、もう書けないの。明日にするわ。
さよちん
2007/11/26 01:21
さよちんさん〜おこんばんは\^o^/

寝たんじゃないのか
まさかこの尺八聴いていたらお化けが出そうで、怖くなって音を消したんじゃないやろなあ(笑)

短歌10首も作ったのか。
出来栄えはどないなもんや〜
ここで発表したら、未発表にはならないのかな
内緒にしとって上げるから、先に発表しなよ(笑)

ホナお休みやっしゃ〜
風の旅人
2007/11/26 01:28
風の旅人さま。

いま、余韻にひたっています・・・。
寂寞、寥寥、蕭条・・・、
もの寂しくありながら、凛と締まった美しい調べ。
たかが一本の竹の幹から作られたとは思えないほどの、
尺八の感情豊かな響きに驚いています。

この曲は
風さまのおっしゃるとおり、
部屋の明かりをおとして聴くのがおすすめですね!

寂寞とした・・・その場に、
自分が立っているかのような感覚に包まれました。

風さまは、これを生でお聴きになったのですよね。
パソコンの前で聴いている私たちと違って、きっと、
もっともっと幽玄な雰囲気だったのでしょうね。
うらやましいです・・・。
Aki
2007/11/26 03:16
今は明るいので、もう一度夜に聴きます。

また、またAki様どうなっているのでしょう…
くみ
2007/11/26 08:55
私がコメントすると、その前後に

また、またくみ様どうなっているのでしょう…

最近ソナ様のところでも
同じようなことを言ったような(笑)。

風の旅人さまのところで
掛け合い漫才してしまって、すみません(汗)。
Akiより、くみ様へ
2007/11/26 09:39
akiさんコンチャ
尺八の音が闇の中から聞こえてくる。
その感覚を味わって頂いたんですね。
静寂の中で聞こえる笛の響き
たまらないでしょう

とてもいい体験をさせてもらいました。
風の旅人
2007/11/26 09:43
くみさんおはようさん

暗くなってから、もう一度聴いてください。
きっと感激されると思います。
風の旅人
2007/11/26 09:44
はっはは
二人は何かの縁があるのでしょう。
人の出会いって面白いですね。
風の旅人
2007/11/26 09:46
木枯・・・暗くして聞くと涙が出てきそう出す。
もう10年以上も前になるのに あの寒い朝の真っ暗な中で・・・・星明かりを見つめて過ごした時間を・・。阪神淡路大震災の日の朝でした。
夜が明けたときに見た光景、何が起きたのか?わからないまま時間が過ぎる不安。何時になっても忘れないでしょう。
声明の笛の音に聞こえます。
コロ・・・?
2007/11/26 15:38
さすが、大師範の尺八の音色、素人の私の胸にもジンと響きます。
薄暗いローソクの明かりの中で聞いたら、さぞや荘厳で幻想的な
雰囲気に包まれたことでしょう。
仏さんの灯りを消し忘れたお陰で、尺八を吹く和尚さんの姿を写す
ことができて、写真的には、ラッキーだったんでは?
ローソクだけの写真を見せられても、ど〜も〜〜 (笑)
なかなか珍しい体験ができて、良かったですね。
ともっぺ
2007/11/26 16:06
コロ・・・?さん今日は
今日も暖かい日差ざしで、助かっています。

真っ暗にして聴くと、あの阪神大震災のことが目に浮かびましたか。
一瞬にして崩壊した町の様子は、テレビや新聞でも報じられましたが、ワテも震災後に救援ボランティアで現地に入りました。

暗闇の中で聞こえる笛の音は、人それぞれの思いを蘇み返らせますね。
風の旅人
2007/11/26 16:09
ともっぺさん毎度〜

この雰囲気ええやろ〜

写真的にはそうでしょうが、会場で生で聴く時は、真っ暗の方がもっといいなあ。
ただ今回始めてこられた方に感想を聞きますと、この雰囲気はとっても良かったとおっしゃっていました。
風の旅人
2007/11/26 16:18
ようやく 聴けた〜。
暗くして聴いてくださいって書いてあったから
事務所では 聴けなくて
家に帰ってから 聴きましたよ〜〜。
尺八って 竹で出来てるんですよね。
いい音ですね〜〜。。
しばらく 聞き入っていました。
お寺だといい雰囲気が 増しますね ^-^
みるきぃ
2007/11/26 17:36
みるきぃさん今晩は
わざわざ家に帰るまで待ってくれてたんやなあ
すまんこって\^o^/

心静かにして真っ暗な中で聞いたら、尺八の音がジンジン響いて来るでしょう。

尺八は竹の根っこの部分で出来ています。
ワテも以前一度だけですが、吹かさせて貰いましたが、素人が吹いても全然音が出ませんでした。
難しい楽器ですよ。
風の旅人
2007/11/26 21:21
この時間になると、辺りを暗くして、落ち着いて聞く事が出来ました。
この位の照明がgoodのような気が致しますが。真っ暗だとチョと不安。
お寺でもあることですし(*⌒ヮ⌒*)ゞ
尺八奏者のお人柄が伺える様な、隅々まで神経の行き渡った、
聞き応えのある素晴らしい「木枯」でした。
又時折聞かせて頂きますね♪
sayuri
2007/11/26 21:25
sayuriさん今晩は
今宵は尺八の音を聴いて、ブログ更新でもいかがでしょうか。

和尚さんの尺八、いい音色でしょう。
一人の筝の演奏者として、和尚さんの尺八とジョイントしたくなるのではないでしょうか\^o^/

本堂を真っ暗にして、日本の蝋燭の灯が揺れる中で聴くと、これはたまりませんよ。
もしかして怖がりだったりして(笑)
風の旅人
2007/11/26 21:33
風さん♪
昨夜のコメントのってない・・。
たいした内容ちゃうけど。宝くじあててね。♪
ソナチネ
2007/11/27 08:24
昨夜はBigがトラブッテいたようです。
ワテも書き込みしたのに、消えているのもありました。

宝くじ
当てたいですね。
今年は期待してまっせ。(笑)
風の旅人
2007/11/27 14:11
これぞ尺八?
寂漠とした焼け野原に一人佇み、辺りを見回しても人っ子一人居ない情景が浮かびます。
今迄、都山流の会に何度か出させて頂きましたがこんなに感動した事は有りません。
愛ちゃん
2007/11/28 20:44
愛ちゃんのすごい感動した様子が伝わってきますよ。

愛ちゃんは生田流でしたね。
この尺八の音を聴くと、血が騒ぐんじゃないのかなあ

来年のことを言ったら鬼が笑うかもしれませんが、第11回の竹の響きが開催されると思います。
その時は是非京都の山里に、お越しください。
風の旅人
2007/11/28 21:10

コメントする help

ニックネーム
本 文
竹の響き・都山流尺八演奏会No3 心の旅・遠くへ行きたい 1/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる