心の旅・遠くへ行きたい 1

アクセスカウンタ

zoom RSS 竹の響き・都山流尺八演奏会

<<   作成日時 : 2007/11/24 01:20   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 16

画像


第10回竹の響き・都山流尺八演奏会が、極楽寺で開かれるとのお誘いのお手紙をいただき、友人知人を誘い合わせて、2台の車で京田辺市の山の中にある、極楽寺に向かいました。

画像


前回演奏会を聞いたのは2年前の11月でした。
和尚さんは昨年病気で入院したと言う。
それでやむなく中止になったようです。

画像


本堂で筝と尺八三弦
この三つの演奏は今回で10回目になりますが、今回も会場の本堂は立ち見が出るほど大入り満員。

お客さんは地元の方、近隣市町村の方、そして我々のように他府県のもの、外国のお客さんが二人も参加されていました。

画像


和尚さんは都山流の尺八の名手。
今回もお嬢さん二人が競演されて、筝を演奏されます。
いわゆるファミリーコンサート。

画像


今回の出し物は次の通り。

1、新娘道成寺  尺八 塩田慈山
            三弦 塩田美穂子
            琴   塩田照美

2、都山流尺八本曲「木枯」 尺八 塩田慈山

3、さくら変奏曲(宮城道雄作曲)
             第一琴  塩田照美
             第二琴  中田洋子
             十七弦  塩田美穂子

4、壱越(山本邦山作曲)  尺八 塩田慈山
                  琴   中田洋子

5、残月(峰崎勾当作曲)  尺八 塩田慈山
                  三弦 中田弘子
                  琴   中田洋子

まず一曲目です。
家族コンサートのいよいよ開始です。

2年ぶりの響きの夕べですから、娘さん二人は緊張したのでしょう。
演奏が段々早くなったそうです。






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
風の旅人さま。

京の都らしい、風流な演奏会ですね。
私も久しぶりに邦楽のCDを聴いてみたくなりました。

鎌倉にある極楽寺くらいしか思い付かない私は、
今回の記事の極楽寺はまったく存じませんでした。
「なになに、京の田辺市かあ」と、
ネット検索してもそれらしいお寺が見つからない・・・。

これ、「京田辺市」という一つの単語だったんですね(笑)。
ものを知らず、恥ずかしいです(汗)。

地名の由来を見ましたら、
和歌山県の田辺市との混同を避けるため、
京都の田辺市という意味で「京田辺市」としたそうですね。
わあー、トリビア発見です!!

今回は、京の都らしい雅びな催しで、
「よろしおすなあ」とつい声がもれてしまいそうです。
自分が日本人であることを再認識いたしました。
Aki
2007/11/24 02:37
風さん、おはようございます。
身が引き締まる思いでございます。
色々ためになります…
またご指導のほど、よろしくお願いします。

私も今度京都に行きます。(^_-)-☆

Aki様おはようございます。
今日は、ニアミス…しませんように(^^♪うふふっ!
くみ
2007/11/24 06:47
お帰りになって、早々のUPありがとうございます<(_ _)>
プログラムを拝見しただけで、演奏者の力量が解ります。
素晴らしい演奏会をお聞きになられて、唸られたのでは?!
録音とは言え、清潔な音が心地よいです。
最初に石川匂当の娘道成寺を持ってくる辺り、和尚様
らしいですね*^-^*かなりの腕前です。
sayuri
2007/11/24 08:01
おはようございます〜〜 ^-^
お正月のような 雰囲気ですね〜。
尺八も筝も あんまり馴染みがないので
詳しくはわかりませんが 
聴いていると 落ち着く音楽です。
お寺に行くまでの階段が 凄い〜〜。。。
みるきぃ
2007/11/24 09:11
akiさんおはようさんです。

昨日は演奏会の後、地元に帰ってから飲み会をしました。
酔っ払った後でしたが、忘れないうちにアップした為に、中身が雑になっています。

今回は演奏会の模様を和尚さんの了解を得ており、ここで皆さんにもご紹介します。

京田辺は京都市の南の端に当たり、大阪と接しています。
この極楽寺は山の中にあって、小さな集落の中にあります。
夜の山道は真っ暗でして、今回2回目ですがナビが付いてなかったら行けないような場所でした。
風の旅人
2007/11/24 09:14
くみさんおはようさん

たまにはこのような演奏会もいいものです。
本堂での演奏だけに気持ちも引き締まってきます。

京都は紅葉が始まりましたでぇ〜
風の旅人
2007/11/24 09:16
sayuriさんおはようございます。

今回で10回を数えますが、本堂には近隣在所からたくさんの方が来ていました。
今回のシリーズは数回予定しており、おいおい紹介させてもらいます。

二人の娘さんの筝の演奏と三弦の演奏、またピアノと尺八の競演もありました。
その話も後ほどにしますが、他に筝の先生と三弦の先生も演奏されており、中身は濃いものでした。

sayuriさんも筝を教えておられるだけに、こうした演奏会は興味があると思います。
順次公開しますので、楽しみにしてください。

2年前に「第9回竹の響き」の模様をブログでアップしていますが、今回和尚さんに録音したものをブログで公開したい旨を申し出たところ、偶然にもこのブログを検索して見つけたと言っておられました。

是非この演奏会の模様を広めて欲しいとのお言葉をいただき、今回は全曲流してみようかと思っています。

お楽しみください。
風の旅人
2007/11/24 09:35
みるきぃさんおはようさんです。
この階段の灯り、和尚さんが竹を切って作られたものです。
中には小さな蝋燭が灯されており、お寺までの参道を幽玄の世界に誘うようでした。

普段遊んでいるカラオケの世界から、本堂で開かれた和の世界、とてもいいものですよ。

パンフレットの中にはアンケートが入っており、それに回答してお返しすれば、来年もお誘いの手紙が届きます。
秋の夕べのひと時の演奏会、また行きたくなりますよ。
風の旅人
2007/11/24 09:44
風さん♪
素敵素敵。和の世界ですね。いいですねえ。
和楽器の響きが新鮮です。
私は木曜から超多忙でした。団の仕事から歯科の仕事からお遊びから
動きまくりでした。でも余計な事を考える暇がなく充実しております。
人生楽しまなきゃ〜。チャンスはゲットして行くのが私風。
今日は主婦して昼寝もする〜〜〜〜〜〜。♪
ソナチネ
2007/11/24 10:31
ソナチネさん毎度〜
こんな雰囲気も宜しいでっしゃろ
年に一度の催しですが、たまには越境して聴きに行くのもよいもんです。

本当に忙しい人やなあ
第九が終わるまではアカンなあ
まあしっかり頑張ってもらって、その後お暇が出来たらゆっくりカラオケでも行きまひょうか(笑)
ワテがビッシリしこんであげます(爆)
風の旅人
2007/11/24 13:30
風さん、ただ今あ〜!!いい音色じゃないですかあ〜。
まるで目の前で聴いてるみたいやわ。こんなステキな演奏に誘われるなんて風さん、幸せね!そうだ!そうだ!ソナチネちゃんの言う通り!人生は楽しまなきゃ!和でも洋でっも中でも何でもいいねん。嫌なことはサラリと忘れて楽しい余生を!(〃^∇^)o_彡☆あははははっ!!今度きっとカラオケ行こうね!大阪で・・・しかし今年は無理やなあ〜。来年やね!もうすぐじゃ!
さよちん
2007/11/24 17:51
さよちんさんお疲れさんです。
家に帰ってきて直ぐにPCでっか
人気者だけに忙しいでんなあ\^o^/

何でも飛びつく性格だから、誘われたらホイホイ行きまっせ。
特に普段接する機会のないものだけに、一山二山越えてでも行きまっせ\^o^/

来年大阪に来るんか
あと一ヶ月とチョッとでっせ。
来るときは早めに言ってや
ワテも忙しくなるかも知れへんで。
風の旅人
2007/11/24 18:07
久しぶりにお竹の音色に酔いました。
その昔毎年、東京日比谷公会堂で中尾都山先生の会に出させて頂いた事が有ります。(私は生田流筝曲)

私が奥許し(五段砧)を頂いた時は野坂恵子先生に替手をして頂きました。
お竹は作田鵠盟だったように記憶しています。
愛ちゃん
2007/11/24 21:10
お寺で演奏会って、今では結構色んな所でやってますよね。
私も実家がお世話になっているお寺さんとこで、よく
演奏会のお手伝いをしたもんです。
今時期はいいけど。。。夏は本当に暑くて大変でした(笑)

尺八という楽器は、色んな楽器とコラボするようになりましたが
やっぱり和楽器との相性が一番良いように思いますね。
ようこ
2007/11/24 21:11
愛ちゃんも演奏されたんですね。

生田流ですか。
このブログにsayuriさんも教えておられます。

住職の塩田慈山さんは都山流の大師範の腕前です。
次回は和尚さんの独奏をアップしますので、お楽しみください。
風の旅人
2007/11/24 21:27
ようこさん今晩は

実家の菩提寺でもこうした演奏会があるのですか。
最近はこうした取り組みが増えましたね。
知人のピアニストも東大寺の大仏殿で、昨年演奏しています。

このお寺でも言っておられました。
普段お寺で集まりがあっても、これだけにお人が集まらないが、竹の響きとなるとこのように満員になると、笑っておられました。

最近尺八や三味線、特に津軽三味線が他の楽器と競演していますね。
新しい分野として、広がっていくことはいいことですよ。
風の旅人
2007/11/24 21:32

コメントする help

ニックネーム
本 文
竹の響き・都山流尺八演奏会 心の旅・遠くへ行きたい 1/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる