心の旅・遠くへ行きたい 1

アクセスカウンタ

zoom RSS 鯖街道・熊川宿 その2 名物あれこれ

<<   作成日時 : 2007/11/02 22:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

空は秋の雲が広がっている。
こんな日はドライブは最高です。

画像


熊川宿に現存する建物は、180年くらい前の建物ですが、今でも住んでおられます。
街道沿いの店は旅籠から問屋場、各種の食べ物屋などが軒を連ねていたようです。

街道を行きかう旅人も、新酒が出来ると杉玉を軒に吊るしているので、一杯飲みたくなったでしょう。

画像


この宿場の地酒「熊川宿」

画像


宿場の両側には山が迫っており、ここから良質の葛が採れます。
昔も今も葛湯や葛餅などが売られています。

画像


この店は衣料雑貨店「嶋屋」さん
看板が古くて文字が読みにくいが、農産種子の販売もしていたようです。

画像


旭ツバメ学生服の看板が掛かっている「タカケン商店」さんを、ちょっと中を覗いてみました。

画像


和服の反物が積んでありました。
今も売っておられるんですね。

画像


塩が専売だった頃の看板を見っけ。
旧日本専売公社は煙草と塩を独占していましたが、1997年4月21日に塩専売法が廃止され、一般でも売られるようになりましたが、この看板は当時のものでしょう。

画像


またまた古い看板が掲げている店がありました。
これ何の店でしょう。
だんごや?

画像


だんごと書いているようで、そうでもない。
下の絵は煙草を吸っている絵です。
答えは煙草屋でした

画像


あまりにも古い看板なので、写真を撮っていると店の中からおばあちゃんが顔を出しました。
話を聞いてみると、この看板は明治時代から掛かっているとか。
100年以上の歳月が経過した古い看板ですから、こんなもん夜でも掛けていたら、盗まれまっせと言ったところ、夜は外して家の中に入れるそうです。
やっぱりなあ〜これだけの看板や、歴史的価値があるで。

画像


話しているとご主人も帰ってこられ、近所の奥さんも混じって世間話になりました。

こりゃまた古い乳母車がありました。
籐で編んだものですが、40年位前までこんなん使っていたなあ

画像


そしてこれも懐かしい!
コーラ瓶やんけ
初めて飲んだとき、なんやこのケッタイな味は!
確か1本35円くらいだったかな?
今でもこの瓶で売られているのかなあ

画像


道路に大岩があった。
昔から子供たちがこの岩に乗って遊んだことでしょう。
土地の人に聞いてみると、道路側の面は通行の邪魔になって、大分削られたようです。

画像


こりゃまた非常に珍しいものが飾ってあった。
読んでみると徴兵保険証券とかいてある。
保険金額五百円
保険契約者から受取人まで名前が書いてある。
つまりこれって、徴兵されて戦場で死んだら下りる保険。
こんな保険なんかいらんで。
こんなもん使わない世の中にしたいなあ

画像


手作りのお土産品
松かさで作ったふくろう
1個どないでっか

画像


そろそろ3時
日も大分陰ってきました。

画像


ここにきたらやっぱり買わないと、素手では帰れない。
歩いていると地元のオバちゃんがいた。
美味い鯖寿司を売っている店はどこでっか?
ほならここにお行きやす

画像


今日作った鯖寿司だと言って、出してくれました。
お金を払うとき、これサービスや飲んどくれと缶のお茶を1本くれました。
えらいスンマヘンなあ
お礼にブログで紹介しまっさ。
鯖寿司製造販売兼食事処「きく家」さん
よかったら買ってやってや。

お味の方は次回を待て\^o^/

道の駅「熊川宿」に入ると、おやまあもう売ってるやんか
朝どら「ちりとてちん」にあやかって、早速商売してる。
ここは小浜に近いだけに、そりゃまあそうでんなあ
名物「鯖のへしこ」

画像


小浜と言えば番組で主人公の家が「塗箸」屋さん
どれもこれも105円とチャウで。
下の箸は高いでぇ。(笑)

画像


もうこれで帰ろうかなと思ったが、よく考えたらこの前ブロガーさんの「虹はん」が、ブログで紹介していた写真を思い出した。

そやそやあそこに行ったろ〜

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
うわ〜 時間がすごくスローに進んでますね〜。
懐かしい〜〜とは言えませんが(笑)
こういう昔ながらの雰囲気を
このまま維持していってほしいですね。
変に観光地化にならないでほしいです。
みるきぃ
2007/11/03 22:54
みるきぃさんのお陰で、やっとこのコーナーにコメントが入った\^o^/

ここは見捨てられたようで、悲しいですね。
お陰で一つでも入って、安心しました。

看板などを見ていると、ゆっくり時が流れていますね。
焦って何もすることはない、といっているように感じます。

観光客慣れしていないせいか、ゆったりした雰囲気が感じられますよ。
風の旅人
2007/11/04 00:45
風さん♪
ピンクの蛸でソナチネです。(爆)
たくさんの写真を見せていただいてなんだか行って来たような気に
なっています。お箸も上等のは高いんですね。
鯖のへしこは美味しかったのね。♪
ソナチネ
2007/11/04 23:30
ピンクの蛸が家紋のソナチネさんやんか(笑)

この熊川宿は落ち着いた雰囲気でとても良かった。
倉敷の美観地区なんか人で一杯だし、いかにも観光都市という感じがしますが、ここは違いましたね。
一度連れてきてあげたいくらいや\^o^/

鯖のへしこはお土産に買っていません(゚_゚i)タラー
スンマヘンなあ
風の旅人
2007/11/04 23:36

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
鯖街道・熊川宿 その2 名物あれこれ 心の旅・遠くへ行きたい 1/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる