心の旅・遠くへ行きたい 1

アクセスカウンタ

zoom RSS デジタル書ってなんやねん

<<   作成日時 : 2007/11/12 22:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

前ページでデジタル書について、一部触れてみましたが、
久しぶりにやったので、中途半端のままになっています。

そこで解説をかねて載せてみます。

まず用意するもの

PhotoShopのソフト
バージョンは何でもカマヘン
このソフトを使って遊びます。

毛筆で文字を書いて、それをスキャナーで読み取る。

画像


画像を指定

画像


PhotoShopで画像と文字を読み込む。

画像を細工したり文字細工して、好みのものに仕上げていく。

その二つを合成させるだけ。

画像


画像


画像


簡単な説明だけど、こんな感じで作ります。

短歌はさよちんさんから拝借しました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
デジタル写真画とでも、
呼んだらよいのでしょうか?
面白い試みですね。
写真だけでなく、
手書きの文字にも味わいがあります。
michy
2007/11/12 23:27
こんばんは。
なるほど、これがデジタル書なんですね。
スキャナーで読み取るんですね。
私の場合、まずは書道から練習しないと(汗)

前記事の薔薇、綺麗ですね。
岐阜にこんなところがあるなんて知りませんでした。
行ってみたいです。
わたそら
2007/11/12 23:32
michyさん今晩は

写真にキーボードで文字を入力するのは簡単ですが、毛筆で書いたものを取り込む技です。
色々加工して楽しむわけですが、今回の場合は初歩的なものです。
上手な方の作品を見ると、素晴らしいですよ。
風の旅人
2007/11/12 23:33
わたそらさんコンチャ

筆を持つのは小学校以来では(笑)
昨年デジタル書の教室に行って、覚えてきました。
その時何十年ぶりに筆を持ちましたが、文字は書かないと一つも上手になりません。

今回も恥を偲んでアップしてますが、本当は見せられるようなものではありません。

岐阜県は結構面白い町ですよ。
山に囲まれて自然が一杯です。
飛騨地方なんかに行ったら、高山もあるし白川郷もあります。
また馬篭妻籠などの旧中仙道の宿場も数多く残っているし、見るところはい多いですよ。

一度ゆっくり旅をして見てください。
風の旅人
2007/11/13 00:03
PhotoShopのソフトを先ず買わなきゃいけないってこと?
それから風さんの筆文字は趣があって中々いいよお〜。うまいよぉ。
昨夜は早々寝ちゃいました。今日からまた仕事。頑張らんにゃあ〜
今日も寒そうだなあ〜。
さよちん
2007/11/13 07:07
すご〜〜い
手書きっていうことは 風さんの字なんだ。。
毛筆なんて 書けない〜〜〜(ToT)
体型に合わせて 丸い文字しか書けないんです。
いろんなソフトがあるんですね〜〜。
みるきぃ
2007/11/13 08:49
さよちんさん毎度〜
今頃必死こいて仕事しているやろなあ\^o^/

デジタル書は他のソフトでも出来るでしょうが、操作方法がソフトによって違うので、他のソフトでは教えられません。

習字にしても硬筆にしても、練習しないと上手くならないなあ
キーを叩く時間がペンを持つ時間より、極端に長いだけに、これではアキマヘンなあ
風の旅人
2007/11/13 11:10
みるきぃさんおはようさん

このソフトはプリンターを買えば、添付されていると聞いたことがあります。
一度やってみたいなあと思う人は、探してみやさんせ。

ワテの字も癖ですから、自分でも嫌になりまっせ。
それでも人に見せようと思うだけで、真剣に書こうとします。
それがいい結果を生むのではと思う。

筆も太さを変えて挑戦してますが、なかなか難しいなあ。

みるきぃさんも丸文字で良いから挑戦してみては。
なんせ会社の仕事はヒマなんでしょう。
この時期に筆を持っていても、会社の年賀状を今年は筆で書こうかなと思って、現在挑戦中だといえばいいじゃん(笑)
風の旅人
2007/11/13 11:18
こんばんわあ。デジタル書って、どうするんやろうと思ってました。

なんとなく分かったけど、ソフトがないなあ。(タラーッ)
毛筆でなくても、ブログ上の写真に文字を載せるのもこのソフトなんですかネー。

ところで、教えていただいた被写界深度など勉強しましたよ。実践はもうちょっと先かな? 請う、ご期待(えへへ)

ところで、
ゆきべえ
2007/11/14 00:28
デジタル書のことについては、二・三軒隣のご近所に詳しいお方がおりまっせ。
一度門を叩きはったらどないやろ。
親切に教えてくれまっせ\^o^/
ワテより上手に作っておられまっせ。

ワテと一緒に教室に通った同級生ですが、よく勉強した人と、ワテのようにサボりっ放しとの差は歴然としています。

写真に文字を載せるくらいだったら、ペイントでも出来ますよ。
三味線の写真に文字が入っています。
それがペイントで打ち込んだものです。

望遠レンズを使ってポートレートを撮る時には、バックをボカスことで、顔が浮き出てきます。
反対にバックの景色を入れると、顔の表情も景色に取り込まれて、ハッキリしないですね。

被写体に対して後ろの景色をどうするか、写すべきか写さないほうが良いか。
被写界深度を勉強しておくと、スッキリした写真が撮れます。
風の旅人
2007/11/14 00:46
写真に文字が〜^^なかなか面白いですね!
写真に文字が入るとぐっと引き立つ感じですね。(写真だけでもきれいですが)
はこふぐ
2007/11/14 10:55
はこふぐさんコンチャ

毛筆で書いたものと、写真をドッキングさせる。
結構面白いですよ。
特に俳句や短歌と一緒に作ると、両方とも生きてきます。
よかったら練習してみませんか。
風の旅人
2007/11/15 00:16

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
デジタル書ってなんやねん 心の旅・遠くへ行きたい 1/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる