心の旅・遠くへ行きたい 1

アクセスカウンタ

zoom RSS 鯖街道・熊川宿 その1建物

<<   作成日時 : 2007/11/01 21:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

画像


滋賀県境から小浜方面に下ってくると、山懐に囲まれた熊川宿がありました。
周囲の山もわずかに紅葉が始まっており、地元の方に尋ねたところ、今年は暖かいので、少し遅れるようです。

画像


現在は国道27号、303号、367号となっていますが、かっては若狭街道として18里の道を京都に運んだ道でした。
街道筋に出来たのが熊川宿と朽木宿
今回はその二つの宿場町を訪ねました。
写真は熊川番所です。関所と同じものです。
日本で唯一同じ場所に建っています。

画像


18里とは72kmの距離。
大人が1時間で1里(4km)を10時間歩くとして、2日がかりの距離のはずですが、どうも違うようです。

早朝に鯖に一塩振りかけてから小浜を出て、昼ごろに球磨川宿に着きます。
この後夜通し歩き続けて、早朝に京の町に着くと朝市売ったようです。

一人が背負った重量は40kgから60kgとも言われており、背中に背負った状態で峠を幾つも越えていく。
考えただけでも大変なものです。

熊川宿の町並み
切り妻造りの平入と呼ばれるもの
棟を街道に対して直角に置く建物。
街道側からは屋根の三角部分が見えます

画像


同じく妻入りと呼ばれるもの。
棟(むね)を街道に対して平行させた建物。
街道側からは軒が真直ぐに見えます

画像


白壁のなまこ塀もありますし、弁柄を塗った家もあります。

画像


窓の桟にも工夫が凝らしてあったりして、建物を見るだけでも楽しみがありました。

画像


この町は歴史風致地区に指定されており、国の規制がかかっています。
勝手に建替えも出来ないし、修理するにも許可が要ります。
街中で工事中の家には、許可証が貼ってありました。

画像


家の前には琵琶湖から引いているのでしょうか、前川が流れています。
江戸時代には茅葺屋根だった為に、この一体では17回くらい大火があったそうです。
そのための用水として、街中に流れています。

画像


この中にはイモ類や胡桃を洗っているそうです。

大正時代の建物でしょうか、それとも昭和の初期かも
元村役場の建物で、現在は宿場館として公開されています。

画像


この町の建物で古いものでは180年の建物があります。
真新しい建物は、国の指定を受ける前に建てられたもので、混在しているのは仕方がないですね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
今日の写真を見てるとまるで江戸時代に戻ったような錯覚だわ。
後、明治か大正の時代も・・・。でも見学してる人は現代人。このアンバランスが中々面白くて写真ばっかり何度も見てた。
鯖と言えば、つい2〜3日前、千葉県の銚子市と言うところから取り寄せた鯖が天下一品。昔からこの鯖しか食べなかった私が、会社の皆に話して注文しようってことになって、一人5枚ずつ取ったの。すっげえおいしいよ。
ジューシーで・・・。この塩鯖食べたら他のは食べられないんだから・・・。
話が逸れてごめんね。ロールキャベツの件、次を待ってて!バッチリ決めるから。(〃^∇^)o_彡☆あははははっ!!参った(T△T)
さよちん
2007/11/01 22:06
さよちんさん毎度〜

今までに宿場をいくつか見てきましたが、この宿場は観光客も少なくて、しかも町筋が整然としており、静かなところでよかったですよ。

調子沖で取れる鯖ですか。
この時期の鯖は秋鯖とも言われ、脂が乗って美味しいですよ。
食べたのは鮮度が抜群で美味しかったと思います。

大阪に拘りの料理屋があります。
その日店に入荷した鯖を見て、鮮度が悪かったら絶対に鯖寿司にしないオーナーがいます。

鯖寿司!と注文しても、今日はありません。
今日もありません
こればっかり。\^o^/
結局違う魚を食べるしかない(゚_゚i)タラー

ロールキャベツ
次回を期待してまっせ。
頑張っておくれやっしゃ〜
風の旅人
2007/11/01 22:19
おはようさんです。
ここは開拓の村と違って、純和風のしっとりとした、いかにも
日本!という趣ですね。
それにしても観光客?の多いこと!!何処も同じかしら?
ものも洗う「用水」も味わいありますね。
魔女
2007/11/02 08:22
魔女さんの帰り
親の介護も大変でしたやろ。
お疲れさんでした。

北海道の開拓村とはチョッと違いまっせ。
なんせこっちは街道筋の宿場町。
色々な業種が寄り集まって、宿場を構成していたので、旅をする人からお金も落ちるし、結構潤っていたのではないかなあ

観光客は写真に見える10数人だけでっせ。
どこかの団体さんでした。
たまたま同じ時間だっただけで、この団体から離れたら、写真でもわかるように、人っ子一人見えない状態もありまっしゃろ。
のんびりしてよかったですよ。

家の前に前川が流れており、各家からは川で炊事物が洗えるようになっていました。
こういう作りは全国にありますね。
でも今は川の水が汚れており、少なくなってきました。
風の旅人
2007/11/02 09:37
うわ〜 素敵な街並みですね〜。
建物を見てるだけでも ほんと いいですね。
鯖街道ですね!! チェックしておきます。
もう少ししたら 紅葉もいいでしょうしね。。
うわ〜 行きたくなってきた〜〜。
みるきぃ
2007/11/02 09:47
こんにちわ

熊川宿が出てきましたね
何時も通る所なのに見逃していた所が一杯
ありますね
記事を拝見して へ〜そうなんやと
初めて知ったこともあります

葛餅は食べられましたか?
虹はん。
2007/11/02 12:30
みるきぃさん毎度でおます。
鯖街道は岐阜からでも近いから、紅葉したら行っておくれ。
素敵な町並みが待ってまっせ
ブラッと行って、名物の鯖寿司に葛も名物ですから、葛粉を買ってくるのも良いかも。
風の旅人
2007/11/02 15:07
虹はんの生まれ故郷の近くに行きましたで。

熊川宿は山に囲まれ、水も綺麗だし空気も澄んでおり、ええところでんなあ

このルートは何度か走ったけれどいつも素通りでした。
今回初めて熊川宿を訪ねましたが、想像以上に素敵な宿場でした。
観光地化されていないので、町並がとても綺麗でした。

町の方に話を聞いてみましたが、とても親切で親しげに話しかけてこられて、良かったですよ。

葛餅はここでは食べていません。
またの機会にしまっさ。
風の旅人
2007/11/02 15:15

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
鯖街道・熊川宿 その1建物 心の旅・遠くへ行きたい 1/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる