心の旅・遠くへ行きたい 1

アクセスカウンタ

zoom RSS やっと室堂なのに・・・なにそれ?そんなアホな

<<   作成日時 : 2007/10/19 22:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

画像



長野県側の扇沢駅を、トロリーバスで出発したのが午前9時半でした。
その間ケーブルとロープウエーに乗り、その後またトロリーバスに乗り継いで、やっと室堂(標高2450m)に到着したのが午後3時。


添乗員のおネエちゃんが朝出発するときに言っていたのは、室堂では2時間ほど時間をとって、ゆっくり散策してもらうだった。
ところが3連休の中日だけにお山は大混雑。

待ち時間が予想以上にかかって、室堂の散策時間は30分にしてしまった。
それを聞いた乗客はブーイング!!

画像


一番紅葉が綺麗なのは室堂周辺
2時間もあれば室堂を一周できるくらいの時間がある。
しかし30分ではハッキリ言って散策する時間はない。

画像


室堂に始めてきた人ならば、パッと見て終わりでしょう。
なんせ距離感がわからなかったら、お目当てのみくりが池にも行けません。
そうかと言って一緒に連れて行ってあげましょうと言っても、足の悪い人はまず無理ですね。
結局室堂を知っている人は、集合時間に合わせて行動するしかない。

画像


ワテはみくりが池の写真を撮りに行きましたが、午後3時の日差しはすでに西に傾きつつあり、湖面の色も今ひとつでした。
それでも何とか色が出ていますが、昼間の太陽に照らされた湖面はこんな色じゃない。
でもまあ写せただけましかなあ

画像


ここにはみくりが池温泉もあって、前回来た時はここの温泉に入りましたが、露天風呂からは雄山が正面に見えます。

画像


20歳の頃にこの雄山(3003m)から大汝山(3015m)、に行き剣岳まで縦走して、二日がかりで行ったけど、今ならとてもそれだけの馬力はないなあ

画像


当時の記憶では

大阪(車中泊)→早朝富山駅→電車→ケーブル→バスで室堂

登山開始。

画像


室堂→一ノ越→雄山山頂→大汝山→真砂岳→剣山荘到着 (宿)

翌日
山荘出発→前剣→剱岳山頂(2998m)→雷鳥沢 (宿)

翌日
室堂→黒四ダム→扇沢(大糸線)糸魚川(北陸線)大阪(車中泊)
9:00山頂出発

この山並みを見ると当時を思い出します。
若い頃ってムチャも出来たんやなあ

室堂の集合時間は3時40分。
4時のバスに乗って美女平まで下山します。

画像


その途中に見えたのが称名滝ですが、車中からの見学のため画像もイマイチです。
そしてやっと美女平に着いたのが4時半でした。

そこで添乗員からの情報では、ここでケーブルに乗るには2時間待ち。
またかいな(゚_゚i)タラー
当初の計画では5時半から夕食となっている。
そのために室堂の散策時間を切り詰めたのに、ここで2時間も待つのなら、室堂の散策時間をもっと追って欲しい!
そう思っても不思議はないが、ところがどっこい。
添乗員のおネエちゃんは交渉上手\^o^/
なかなかきびきび動く人でした。

画像


添乗員はケーブル会社と交渉の結果、ケーブルに乗る予定を止めて、臨時バスで下に下ろすことになった。
そのお陰で1時間10分待ちで乗れることになった。

画像


立山駅には糸魚川を回って回送して来たバスが待っていた。
駐車場には200台くらいのバスが、山から降りてくる乗客を待っている。
と言うことは我々は朝が早かった分、スムースに降りてきたと言うことか。
果てしないバスの列を見ると、最後の乗客はいつになるのかなあ

画像


そうそう、1泊2日でアルペンルートに来たツアーもありました。
同じ旅行社のツアーでしたが、添乗員が困っていたそうです。

時間通りに進まないから、夕方の富山発大阪行きの特急には間に合わない。
それで予定をキャンセルして、後続の特急に乗ることになったらしいが、全て自由席になったようです。
と言うことは席が空いていなかったら、立って帰るしかないんだって。
これも悲惨やで。

その点では2泊3日の旅行だったので、我々はその晩は富山で泊るので、気持ちだけでも安心です。


追加の写真をアップします。

2003年8月23日に室堂に行っています。
そのとき撮ったみくりが池です。
エメラルドグリーンに輝いています。

画像


画像


白いのは雪渓です。
お盆が過ぎたこの時期でも残っています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
風さん♪
今回の写真は色が綺麗ですね。くっきりととっても綺麗。
また〜。写してるな。女性添乗員さんを…。
私も憧れたな女性添乗員。出来たら海外なんていいね。
英会話もできて…そんな才能ないし普通のおばちゃんになった。
まあ、いいでしょう。しゃーないわ。♪
ソナチネ
2007/10/20 02:22
スイスみたいな景色
行った事は無いけど^^:

綺麗だね〜景色だけではなく
綺麗どころもちゃ〜〜んと撮ってくるんだね〜
富山かぁ〜魚が美味しいよね。
野沢菜っ葉。
2007/10/20 08:55
ソナチネさんおはようさん

昨日の雨も止んで、今日はすっきりした青空です。
今日はご主人と映画に行くんやなあ
宜しゅうおまんなあ
でもこんな日は映画より、郊外に出かけて虫干した方が宜しいでっせ(笑)

アルペンルートの二日目は天気も良く、写真もくっきり撮れています。
しかし翌日は・・・

この添乗員さんは本当に良く頑張っていました。
きびきびした動きは、久しぶりに若さを感じました。
それで記念に一枚。

添乗員の仕事は各地を見られて楽しいでしょうが、世話好きじゃないと出来ないでしょう。
とにかくよく動くこと、そして機転が利くこと。
話が上手なことなど、なかなか大変なようです。

彼女から聞いた話では、60才を過ぎた添乗員さんもいるとか。
ほならワテも出来るやんかと思いましたが、単なる旅好きではアカンやろ。
お客放り出して写真を撮ってしまいそうや(笑)

ソナチネさんは才能に限界を感じたの?
貴女の才能なら今からでも挑戦できまっせ。
普通のオバちゃんでは「mottainai」\^o^/
風の旅人
2007/10/20 09:41
菜っ葉ちゃんの田舎の函館なら、さしずめヨーロッパの港町の雰囲気ありまっせ。

綺麗どころは趣味でっさかい、スンマヘンなあ(笑)
そのうち菜っ葉ちゃんも撮らせてくれるか
菜っ葉ポーズがまた見たくなったなあ\^o^/

富山の氷見に行けば、魚は抜群に美味いで。
でもそれも函館とかわらへんで
ワテからすればどっちも美味しいなあ。
風の旅人
2007/10/20 09:48
初めて「ミクリガ池」を見た時の感動今でも覚えています。高校生の時だから○拾年前かな〜?真夏なのに大きな雪渓が池の周りを取り囲み、エメラルドグリーンorコバルトブルーというか、素晴らしい色でした。鉄分が多くて魚が住めないと聞いた様な気がします。
今の様に整備される前で、美女ヶ原から歩いて登り雷鳥荘という山小屋に泊まった記憶があります。

2度目は3年前。 立山黒部アルペンルート道路の両脇に雪壁がある頃です。
ミクリガ池にも行きましたが、人も多く、昔のような神秘的な感じはありませんでした。
mugen
2007/10/20 14:27
mugenさん今日は

みくりが池に日が当たると、なんともいえない色になりますね。
4年前の8月23日に撮った写真がありますので、それをアップします。
この時期には確かに雪渓が少し残っています。
mugenさんが見たのは、こんな色だったのでは\^o^/
風の旅人
2007/10/20 16:03
黒部ダムっていいところだとは聞いてますが、
未だ一度も行ったことありません。
風の旅人さんと一緒だと、
どんなに待ち時間が有っても見るべきところはちゃんと見せてくれ、撮影ポイントも教えてくれる なんかくっついて行きたいわ〜

>いかに料金を安く上げようかと躍起になって、
>宿泊場所をとんでもないところに泊めさせます。
そうそう 本当にそうよね。でも格安ツアーだと文句言えないしね。
お土産品店の立ち寄り 
写真撮る側からすると回数減らし、散策時間をもっと多くとって欲しいですね。でもこれもやはり格安だから仕方ないか〜
old マザー
2007/10/20 19:50
oldマザーさん毎度〜
黒部ダムの放流は豪快ですよ。
でもこれも年がら年中じゃ放流はしていません。
貯水量が落ちてきたら減ってきますので、全開で放流すれば凄い迫力です。
今回はその点では少なかったなあ

撮影ポイントは時間との勝負ですね。
アルペンルートに入るのは平日に限ります。
今回のように3連休は絶対に避けたほうがいい。
後は季節を選ぶこと。
春夏秋冬何処でもいいけど、ゴールデンウイーク時期のバスルートが開通した直後の「雪の大谷」は是非見てみたいなあ

それと今頃の紅葉時期。
写真で見ると山が真っ赤に燃えています。
出来たら室堂のホテルや山小屋で一泊してみたい。

これすべて天気がよければの話です。
雨が降ってガスが出れば全然見えません。(゚_゚i)タラー
風の旅人
2007/10/20 20:58
こんばんわ!

最後の写真の色のきれいなこと、
やはり良もんはよい!

メインの写真より、おまけ(追加写真)の写真に、
軍パイあげてもいいかしら?
michy
2007/10/20 23:10
michyさん今晩は

最後のみくりが池は「別注」ですよって、どっちが良いのかすぐにわかります。

同じように天気は良かったけど、夕方の時間と真昼間の時間では、これだけ池の色が違います。
同じ行くなら良いときに行きたいね。
風の旅人
2007/10/20 23:16
そうです!ミクリガ池は「別注」の写真のように輝いていました!
今ほど地球温暖化になっていない頃でしたので、雪渓はもっとたくさんあり、池の周りは真っ白な雪で囲まれていました。
エメラルドグリーンと白のコントラストが目を見張る美しさでした。
mugen
2007/10/21 01:19
mugenさんおはようさんです

当時の印象がよほど強烈だったみたいですね。
同じ時期にもう一度登られたらどうでしょう。

雪渓がこの写真より多いとなると、お盆前でしょう。
40年ほど前にお盆前後に立山に登った時、この辺りで夏山スキーを楽しいでいる方がいました。
雪渓は8月下旬までには姿を消すみたいやなあ
風の旅人
2007/10/21 10:29

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
やっと室堂なのに・・・なにそれ?そんなアホな 心の旅・遠くへ行きたい 1/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる