心の旅・遠くへ行きたい 1

アクセスカウンタ

zoom RSS 昨日の夕日

<<   作成日時 : 2007/10/13 10:01   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 18

夕日が綺麗に見えそうな予感がしたので、カメラを担いでいつもの場所へ出かけました。

画像


17:14 大きな雲の中から、太陽が出る瞬間です。

画像


17:21 雲の下から顔出してきました。

画像


17:23 すっかり顔を出した夕日は眩しくて、ジッと見ていられない。

画像


17:24 この時期は六甲山より少し海側、瀬戸内海に沈む夕日になります。
実際は大阪の町が眼下に広がっており、空気が澄んでいれば年に何回か瀬戸内海が見えます。

画像


17:26 夕日が沈む時間となりました。
空が金色に輝いています。

画像


17:27 夕日が完全に没しました。
そろそろ夕闇が始まる・・・と思うでしょう。
夕日が素晴らしいのはこの後です。
上空の黒い雲がこの後どう変わっていくか、お楽しみください。

画像


17:30 上空の黒い雲が、少しずつ赤みを増してきました。

画像


17:32 ジャ〜ン 黒い雲は茜雲に変わりました。

画像


この写真は同じ時刻に撮ったものですが、広角に撮るとこんな感じです。

画像


17:35 太陽の遠いところから、次第に黒ずんできました。

画像


同じ時刻ですが、数十秒違いです。

画像


17:36 ますます暗くなってきました。

画像


17:37 夕日が沈んでから10分間、雲が輝くのを楽しめました。
夕日が落ちたら終わりではなく、その後に起こるドラマ、これが楽しみで夕日を撮影しているようなものです。

昨日の夕日は水蒸気の関係でしょうか、眩しすぎて夕日そのものは綺麗なものではなかったが、その後の雲の輝きを楽しめました。

夕日が落ちる瞬間に、雲が地平線上(水平線)にあると見られず、ガックリ来ることも多いけど、全然雲がない快晴の日も困るわけです。

適度な雲があると、このような夕日が楽しめます。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

コメント(18件)

内 容 ニックネーム/日時
風さん、こんにちは〜♪
素晴らしい映像ですね、見入ってしまいましたわぁ。
朝焼けと夕日は永遠の課題です、ロマンですね。
雲の動きがGood,Good!さすが天候まで気にかけていらっしゃる。
sayuri
2007/10/13 10:48
sayuriさん今日は

昨日は午後から天気もよく、夕日を見るにはベストなコンディションでした。
ただどうな夕日になるのかは、その時にならないことにはわかりません。

今回も大きな雲がかかっており、地平線の上に少しなかったので、少しは期待できるかな?の程度でした。

夕日そのものは大したことはなく、普通だったらこれで尾張ですが、日没後の雲の変化を期待して少し待ちました。
こんな変化があるから、夕日の撮影が止められないですね。
風の旅人
2007/10/13 15:18
凄いねえ〜、風さん。とってもきっれえ〜い!!
眩しそうなのも分かるわよ。写真撮るのホントに上手だね。
明日は休みだけど雨が降るらしい。さよぴの民謡があるって言うのに。
今日も一日仕事頑張って疲れちゃったよお〜ん!!!助けてくでえ〜
さよちん
2007/10/13 18:03
素晴らしい写真ですね。
夕日が沈んでいくのを見るのはもの悲しいのですが好きです。
真っ赤な太陽は明日の元気になりそうです。
雲が黒くなってゆく様は少し怖さも感じるのです。

夕日の沈む頃に散歩をするのが好きでした(過去形)
今は夕日を見る前に家中の戸を閉めてしまっています。
何年夕日を見ていないのでしょう。

今日は夕日を堪能しながら思いに耽りました。有難う御座いました。
コロ・・・?
2007/10/13 20:32
さよちんさんコンチャ

あすはさよぴーちゃんの民謡の発表会だね。
6歳になったさよぴーちゃんの成長振りが楽しみだなあ

夕日も落ちていく様を、こうして連続で見せると面白いでしょう。
夕日にも色々表情があるでしょう。

明日はビデオ係でしょう、頑張ってや。
風の旅人
2007/10/13 21:10
コロ・・・?さん今晩は

真っ赤な夕日を見ると、明日への活力になりますね。
確かに夕日は物悲しくもありますが、家に帰れば母親が夕餉の支度をして待ってくれてました。
そういう意味では家族の温かみを身を感じさせる色ですね。

たまには夕日も見て欲しいなあ
早く戸を閉めないと、獣でも入ってくるのかなあ(笑)
風の旅人
2007/10/13 21:17
とても綺麗な夕日で…ロマンティック♥
昔、元○と榛名や赤城に見に行った事思い出しました。
あはははっ!
風さんと夕日…???うふふっ
くみ
2007/10/14 05:06
くみさんおはようさん

夕日を見に行った相手が昔の・・・
今尚遠い思い出として、記憶があるんだ\^o^/
宜しゅうおまんなあ

ワテと夕日に何かご不満でも(笑)
なんだったら今度赤城山にでも、一緒に見に行こうか
となると三度笠に道中合羽に藁ぞうりも用意せんとあかんなあ\^o^/
風の旅人
2007/10/14 10:58
素晴らしい夕焼けですこと。
わずか20数分でこんなにも空の状態が変わるんですね。
>夕日も落ちていく様を、こうして連続で見せると面白いでしょう。
なるほどね いい勉強になりました。
私だったら多分ね 一番上の写真撮ってすぐ帰るもんね。
これじゃいけませんね。 気持ちに余裕がありませんね。
old マザー
2007/10/14 19:30
old マザーさん今晩は

夕日の写真って面白いですよ。
どんな風に変わるか、まったく予測がつきません。
じっと我慢して待っていると、こんな素敵なものが現れる事があります。

連続した写真を見ると、こうして待ってみるのもいいでしょう。
夕日が落ちた後は、いつもワクワクして待っています。
風の旅人
2007/10/14 21:38
見事な「小焼け」になりましたね!
朝日も夕日も、毎日同じ繰り返しがなされている筈なのに、
朝焼け、夕焼けになるとはかぎりません。
この日は名古屋でも、綺麗な夕焼けが見えました。
残念ながら、高台がないので邪魔物だらけでしたが。
こんな絶好の場所が近くにあるのですか?
わざわざ出かけた甲斐がありましたね。
小焼けまで待つとは、さすがです。
ともっぺ
2007/10/14 22:15
ともっぺさんコンチャ

毎日夕方になると西空を見て、夕日が見えるか気になります。
この時期は5時になると、西日が建物に輝きだします。
そうするとカメラを担いでいつものマイポイントへ馳せ参じます。

でも綺麗に出るかどうかは時の運。
カメラも出さないで、諦めて帰ってくることが多いですよ。

名古屋でも綺麗な夕日が見えましたか。
ワテの家の周りでも建物が邪魔になるので、見通しがきく近くの山に登ったり、農業用水の池の渕に行ったりして、撮っています。

小焼けの素晴らしさを一度経験したら、時間の許す限り、絶対に撮りたくなりますよ。

次はどんな夕焼け小焼けが見られるのかと、ワクワクしてきます。
風の旅人
2007/10/14 22:29
ビルの間に沈んでいく太陽もいいですね〜
絵になりますね・・・
でも日が沈んでから辺りが暗くなるのが早いですね
これからもどんどん日が短くなっていきますね
ミイ
2007/10/14 22:51
ミイさん今晩は

大阪から見る夕日は、ほとんどがこんな感じになりますね。
本当は海に沈む夕日が見たいけど、この町じゃ見られません。
せいぜい池の写る夕日くらいですわ(笑)

最近日が沈むのが本当に早くなりましたね。
他の用事をしていると、気が付いたときは暗くなっています。
風の旅人
2007/10/14 23:19
こんにちは〜
夕日はほんのちょっとの時間で刻々と変化するのですね。
雲が朱に染まってほんとにきれいなお写真ですね〜
はこふぐ
2007/10/15 12:21
はこふぐさんコンチャ

時々刻々と変わっていくので、夕日が落ちてからも期待感でわくわくします。
見ているだけでも楽しいですよ。
風の旅人
2007/10/15 14:31
雲があるから夕焼けはあんなにきれいなんですね。
秋の夕焼けが印象的なのは、うろこ雲のせい?
刻々とうつりかわっていく美しい夕暮れの光景、堪能させていただきました。
そういえば、最近ゆっくり空を眺めることもなかったなあ・・・
カンケーないけど、上の方のビルと夕焼け、「太陽にほえろ」のオープニングを思い出してしまいました。こんなんじゃなかったっけ?(笑)
ねこまっく
2007/10/19 09:58
ねこまっくさん毎度〜でおます
今朝から本格的な雨になっています。

雲のない夕焼けは凄く単調です。
眩しいだけで、後の楽しみもありませんが、このように大きな雲の塊があっても、地平線上に雲がなかったらこんな風に、綺麗な夕焼けが見られます。

忙しいでしょうが、夕焼けを見る時間をチョコッと作ってもらって、西の空を見上げてください。
何かメッセージがあるかもしれませんよ。

太陽にほえろ?
どんなんやったかな?
思い出しませんなあ
風の旅人
2007/10/19 11:35

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
昨日の夕日 心の旅・遠くへ行きたい 1/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる