心の旅・遠くへ行きたい 1

アクセスカウンタ

zoom RSS これが餘部鉄橋

<<   作成日時 : 2007/09/08 09:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 38

餘部駅は山の中
町に出るのはメーンストリートを下るしかない。

画像


これが餘部駅のメーンストリート(゚_゚i)タラー
この坂を歩いて下るしか、町には出られません。

画像


みなさん橋を見ながら降りてきています。
下りはまあまあ楽ですが、帰りはこの坂きついでっせ。
大汗をかきます。

そして見上げるとこんな光景が。
画像


段々全容が見えてきましたね。

画像


橋の真下に来ると、大きさもわかるでしょう。
なに?これじゃなく正面から見せろだと。
待て待てその前に飯を食いたいんや\^o^/

やっと見つけた橋の下にレストランがあった。
どうもこの一軒くらいしか、食べるところはないらしい。
もう何でもええで、お腹に入れば文句は言いません。

インド風のカレーライスを注文。
店の中には橋に関する写真などが展示されており、ママさんに聞くと親切に答えてくれました。

食べ物の話は、今回どうでもええ。
そんな事より早く外に出て、橋を撮ってこい!
ヘイヘイわかりましたがな(笑)
慌てさすからレストランの写真も撮っていない(゚_゚i)タラー

何処かに全容が見える場所があるはずや。
海岸通から見上げてみると、イマイチの風景や。

画像


写真に収めるには家も大事だけど、これじゃない。
これじゃ納得できまへん

画像


記念撮影しているけど、この場所ではなあ
チョッと違いまっせお客さん

全容を見るには・・・・・・・あそこや
漁港の上に山がある。
あの位置から撮れば、もしかしてバッチリかも。
そして登山開始
上るにはまた一汗かかないとアカンなあ(゚_゚i)タラー

画像


まあええ線行っているけど、木が邪魔しているなあ
もうチョッと上まで上ろうか(゚_゚i)タラー

画像


波頭も見えるし、まあまあこんなところか。
でも山の天気を見ると、今にも降りだしそう。
雨でも降ってきたら傘もない。
なんせ大阪を出るときは快晴だったし、雨の予報なんか全然なかった。
のんびりしてられないなあ

画像


すぐ左横に二つ目のトンネルも見える。
あそこをくぐって、隣の鎧駅まで歩いたのか。
海岸線はすぐに山だから、当時は道もなかったのでしょう。

画像


漁港に出て撮ってみるが、橋の色がくすんでおり、これではアカン。
天気が悪いから、橋の色が出ないなあ(゚_゚i)タラー
しょうがないなあ
天気も悪いし帰るとすっか。

画像


餘部鉄橋が開通したのは明治45年3月1日。
2年4ヶ月をかけて工事が行われました。

画像


クリックしてください。
橋の説明です。

高さ41.5m、長さ310.7mの鉄橋で、 トレッスル式と呼ばれる鋼材をやぐら状に組み上げた橋脚は日本最大です。

この工事は山の中腹にトンネルを掘って、44mの高さに鉄橋をかける難工事でした。
木の橋には当時のお金で 33 万円もかかっています。
明治末期とはいえ時代のお金ですから、今では幾らくらいになるのかなあ

延べ 25 万人を超える人が工事に携わっており、あまりにも危険な工事だったので、生命保険に加入しています。
これも当時としては非常に珍しいことです。

その時の死亡保険料が2万円ですから、工事の額と比較してもかなりの高額保証だったことがわかります。

そして月日は流れて、こんな悲しい事故が起きています。
この橋の上から列車が強風にあおられて、落下しています。

1986年(昭和61年)12月28日のことでした。
その日は偶然にもワテは滋賀県の比良でスキーをしてました。
今まで晴れていた空が、突然の嵐が襲いました。

山の上だけに比良颪かなと思うほど、強風が吹き荒れました。
雪も降り出しゴンドラも休止するなど、このままでは山から下りられないなあと思うほどでした。

まもなく風も止んだので、急いで下山したことを覚えています。
その帰り道にカーラジオのニュースで、この悲惨な事故を聞きました。
あの風だったらさもありなんでした。

客車は橋の真下にあったカニ工場を直撃
従業員 5 名と乗務中の車掌 1 名の計 6名、負傷者6名の大惨事でした。

原因としては風速25 m/s 以上を示す警報装置が作動していたにもか
かわらず、香住駅で列車を停止させなかった人為的ミスと見られている。

しかしあの日の気象は突然の嵐だったと思う。
はたして香住駅を出発した時、あの強風が吹いていたかどうか。
裁判記録を見ないとわかりませんが、比良山の上で体験したものとして、どうなんでしょう。

さて本題に戻りましょうか。
雨模様の気配もするので、駅に上るメーンストリートをエッチラオッチラ上がるしかありません。
駅前まで車も通れない細い道。
41mの高さまで急坂を上るわけですから、蒸し暑い中ですから上りきったら汗びっしょり。

なんやこの看板は?
この上に撮影ポイント?
しまった(゚_゚i)タラー

画像


またこの急坂を登るんかいな
とはいえこの程度\^o^/

画像


ここから見える風景はふふふ
汗かいた分損したなあ\^o^/

画像


お待たせしました。
これが餘部鉄橋です。
ここからの眺めは最高です。

画像


岬の先まで見えるし、何よりも障害物がない。
これがええなあ
昔はこの位置から撮ろうと思えば、木の上に登って撮影したと聞いています。

画像


そのため普通はこの位置でした。
この位置からだと、邪魔な草木もあるし何よりも目線が低い。
木の上に登りたくなるのもわかります。

それゆえワテも撮影ポイントを探して、向かいの山に登ったんや。
駅に帰ってきたら、すぐ近くにこんな場所があったとは(゚_゚i)タラー

でもこの景色を見て今日は大満足や〜
ケチを付けるなら天気だけ。
晴れていればもっといい写真が撮れたのになあ

この鉄橋はあと2年で廃止され、すぐ山側にコンクリートの橋の付け替える工事が始まっています。
この美しい鉄橋を取り壊して、コンクリートの橋にするなんて、勿体無いなあ

でも維持管理には毎年費用もかかるだろうし、国が保存を真剣に考えて欲しいものです。

帰りの電車を予定より、1本早く乗りました。
ところが豊岡駅で待つこと1時間。

結局後に来る電車と結局同じだった。
あれまあローカルじゃわい。
しょうがないから駅前に出てみると、おや女子高生が\^o^/

てな事を言っている場合ではない。
この看板を見て欲しい。
なんとなんと。

画像


ここ豊岡はコウノトリが40数年ぶりに、自然繁殖したことで話題になった町。
そのため町ぐるみで保護を呼びかけています。
自動販売機で買うだけで、いくらかのカンパになる。
ええ試みやなあ〜
ホンじゃ1本買うとすっか。
小銭はありまっせ\^o^/

画像


駅からコウノトリ公園までどのくらいかかると、女子高生に聞きました。
アンタも好きネエなんて言わんといてや。
歩くと45分〜1時間くらいかかるとのことでした。
1時間の電車待ちでは行くのは不可能。

そして同じルートを乗り継ぎしながら、家に10時半くらいに到着。
帰りは事故の影響もなくスムースでした。
やれやれの旅ですわ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(38件)

内 容 ニックネーム/日時
多数のアングルで撮られた鉄橋が興味深いです。
2回ほど下を通った事がありますが上から見たことが無いのです。
初めて見たのは瀬戸大橋開通の年1988年でした。
日本海側を京都から鳥取に向かって走っているときに
目の前に出現した巨大な橋にビックリした覚えがあります。
まるで暗い夜に表れた怪物のようでした。
立ち止まり辺りをみて事故の有った餘部鉄橋だとわかり
余計に不気味さが増したです。

余談ですが餘部鉄橋事故より19年後の12月25日に
自分の住む近くにある余目(あまるめ)と言う所で
特急いなほ14号が突風に煽られ脱線転覆事故が起きたのは記憶に新しいところです。
地名、季節に類似点があり忘れられない事故です。
下敷きになったあたり工場は撤去されてました
ジバゴ
URL
2007/09/08 12:33
迫力ありますね〜。
はじめて見ましたし。それに 初めて知りました。
思わず ♪鉄橋〜〜渡ると 君の家が見える〜
を 思い出しました。。(古いですね)
たくさん歩いて お疲れ様でした^^
おかげですごく素敵な写真が見れました。
これからも 頑張って歩いてくださいね〜。

みるきぃ
2007/09/08 19:19
大変なご苦労(笑、ありがとうございます。
わたしの、
毎朝のウォーキングの友も、
ご主人と見に行ったんですよ。
わたしは、まだですが、
風さんのおかげで、行かずにすみそう!?

なかなか、素敵なながめなので、
悲惨な事故があったとは思われない。
自然の怖さを感じさせる事故でしたね。
michy
2007/09/08 20:18
餘部鉄橋、写真マニアにはそそられる被写体ですねえ。
昨日の記事では、風旅さんにえらい同情してしもたけど、良くぞここまでがんばりましたね。 苦労して撮った写真は、やっぱり違います!!
はじめから3枚目もいいけど、最後の3枚がヤッターですね。

観光名所というか、歴史的建造物として残して欲しいですね。
ゆきべえ
2007/09/08 21:00
凄い橋ですね
怖いけどでもとっても
緑に映えて綺麗な橋です。

自動販売機のジュースを買うと
募金になるとは考えていますね。
野沢菜っ葉。
2007/09/08 22:36
餘部の鉄橋の写真懐かしく
見せて頂きました。あの鉄橋
何回通ったでしょうか 数え切れないくらい
通りました 大阪からの帰り 餘部の鉄橋を
通ると あぁ帰って来たなぁと 思ったもの
です 
今もあるかどうか 分かりませんが
東浜 から 観光船が出ていて 海から
鉄橋を 眺めると 凄い景色ですよ

風さん 青春18切符で 青春してますね!
まさら
2007/09/09 00:33
今日はわたしの母親たちのご案内ご苦労様でした。よっぼどや行バスで行きたいと思いましたが、又の機会には絶対に行きます。皆様のお年とは30年くらい私ですが。お話はあわせることが出来る出しゅね。
今回は田舎の母にかわりお礼まで
風来坊
2007/09/09 01:49
凄い鉄橋ですね、眺めは最高でしょう。
素晴らしい景色を見せていただきました。
廃止されるのは 寂しいことですね。

風さん 空腹の中 お疲れ様でした。
帰りは何とか無事なようでしたね!!
ぴのこ
2007/09/09 09:11
曇り空とはいえ良い撮影ポイントが見つかって
素晴らしいロケーションです。
コウノトリ募金と共に鉄橋保存の募金もして欲しいですね。
帰りはスムーズでよかったです。

最後の青春切符は何処の旅になるのか楽しみで~~す。
コロ・・・?
2007/09/09 09:30
このブログも皆様のおかげで75,000件のアクセスがありました。
これも私の人見知りしない性格と、優しい心使いの賜物であると自負しております。
しばらく東京で暮らしますネットハウスがどこにあるのかわかりませんので
今日コメントしていただいた方へ…
風来坊が代弁しておきます
皆様が寝静まったときに新しいページを書くのが風さんの癖
皆さんとの生活時間が違いますからね
ではオヤスミナサイ
明日からの臨時国会に備え準備して寝ます
風来坊
2007/09/09 23:08
風来坊のおっちゃん
気を使わせてスンマヘンなあ

昨夜は深夜バスのため、ほとんど寝ていないので、今日はこのまま眠ります。
コメントは明日の朝にでも時間があれば、書くかもしれません。

尚、土曜日からオフ会は3つもありました。
出席していただいた皆さんには、大変お世話になりました。
またお会いしましょう。
風の旅人
2007/09/09 23:23
昨日は、遠路はるばるご苦労さまでした!!

こちらのプログでは、初めてコメントをさせていただきますが、「さよちん」さんのところではいつもコメントを拝見していました。

昨日は睡眠不足でちょっとお疲れの様子でしたが、パワーのある歌声を聴いてさすがと思いました。

くみちゃんと先に帰ってしまい、ゴメンなさいね。また、いろいろとお心遣いをいただき、有難うございました。

旅行がご趣味のようですので、今後とも各地への旅を楽しんで下さい。(信州へは天候が悪く行けなくて、残念だったようですね)

まさと
2007/09/10 21:49
餘部鉄橋を撮影する為に、悪戦苦闘、お疲れ様でした。
お陰さまで、最後の餘部鉄橋を見ることができました。
すっかり忘れていましたが、列車転覆の痛ましい事故が
ありましたね。やはり、こういった教訓も考えて、新し
く架け替えられるのでしょうね。
おや、女子高生・・と、早速カメラを向けたら、
コウノトリ募金の自販機を発見。女子高生がいて良かった。
青春18切符で行って、女子高生に出会って、
無事ご帰宅、メデタシ、メデタシ
ともっぺ
2007/09/10 22:43
ジバゴさん今晩は

やっと東京から帰ってきました。
いまどき東京ー大阪間を9時間の旅でした。
この話はまた後ほどに。

もう1年半前になりますね。
JR羽越本線北余目駅〜砂越駅間でありましたね。
19年前の教訓が今だに生かされていない。
しかし事故現場の名前まで似ていますね。

この橋も見ておられるのですか。
下から見上げると巨大な橋です。
さぞやビックリされたことでしょう。
風の旅人
2007/09/10 23:17
みるきぃさん毎度〜

古い歌ですか?
知らないなあ(゚_゚i)タラー
そんな歌があったんだ。
何時ごろの歌でしょうか?
風の旅人
2007/09/10 23:20
michyさんコンチャ

なに?行かずに済む?
それは困りましたなあ(笑)
青春18切符使って、カニでも食べに行くついでに、見てきておくれやす。
ついでにお土産のほうよろしく。\^o^/

こんな高いところから落ちたら、満員の乗客が乗っていたら大惨事でっせ。
そういう意味では立替工事も止むを得ないなあ
風の旅人
2007/09/10 23:23
ゆきべえさんコンチャ

写真を撮るときも、ベストポジションがあります。
天候にも恵まれて、自分のイメージ通りに取れたら最高ですが、この日は生憎の天気でした。
なかなか難しいものですわ。

いきなりベストの写真を見せるより、ジワジワ見せたほうが面白いでしょう(笑)
この橋のすぐ山側に平行して橋が架かります。
残す方法は保存経費の関係で、難しいのではないかなあ
風の旅人
2007/09/10 23:28
菜っ葉ちゃん
もう北海道から帰ってきたのですか。
台風の被害はなかった?
チョッピリ心配してたんやでぇ\^o^/

この自動販売機で買えば、ほんの少しでも保存基金になるのだったら、1本くらい買いまっせ。
こういうのはいいなあ\^o^/
風の旅人
2007/09/10 23:30
まさらさん毎度〜

海から見る景色は絶好の位置ですね。
バックが晴れたら、海の青色とバックの青空、それに紅の鉄橋ですから、絵になりまっせ。

今でも船が出ているのかなあ
写真を撮るなら早いうちですね。
風の旅人
2007/09/10 23:32
風来坊のおっちゃん毎度〜

土曜日からワテもフル回転や。
おかげで大いに楽しめましたで。
またの機会があれば、是非お越しください。
その時は費用丸抱えで頼みまっせ。\^o^/
風の旅人
2007/09/10 23:34
ぴのこさん今晩は

空腹の中でも先に撮りたくなりまっせ。
腹は減ってもこの機会を逃してなるものか(笑)
そんな感じで意気込んでいましたが、ヤッパリ空腹には勝てません。
レストランを見つけたときは、ホッとしました。
風の旅人
2007/09/10 23:36
コロ・・・?さん毎度でおます
保存方法はどうするのでしょうか。
チョッと気になるところです。

最後の1枚は今日使いました。
都内から自宅の最寄り駅まで。
この話は後ほどに。
風の旅人
2007/09/10 23:38
まさとさん〜昨日はお邪魔しました。
急な訪問だったので、皆さんには迷惑をかけたと思います。
おかげで楽しい時間を共有することが出来ました。
いずれまたの機会でもあれば、そのときは大いに歌いましょう。

今日の予定は天気が悪くて変更しましたが、まあこれは仕方がないこと。
雨の中を無理して行っても、結果はわかっています。
ここはあっさり引き下がったほうが、賢明だと思って判断しました。
風の旅人
2007/09/10 23:41
ともっぺさん今晩は

急な天候不良だけは判断もつかないでしょう。
いつまたこのような事故が起きるとも限りませんので、橋の立替そのものには反対できないでしょう。

女子高生が立っていたから、カメラに撮ったのではオマヘンで。
たまたま撮ろうとしたら、そこに女子高生がきた。
まあどっちも変わらんか(笑)

まあせっかくのことなので、この女子高生にコウノトリ公園の距離を尋ねましたとさ\^o^/

風の旅人
2007/09/10 23:45
費用丸抱え!
おっちゃんが良くランチのまずいお店くらいならいつでも良いよ
人のおなごはんと意気投合したそうでは”
○みちゃんは僕が先に眼を付けていますからね。お下がりをおっちゃんに上げます(笑)デジカメ忘れたのですか?皆様の歌声より不細工な顔を拝見したかったのに。次回があることを期待して今日から貯金を始めます(笑)
風来坊
2007/09/11 00:59
写真は撮っていません。
心にそっと閉まってあります。

見たいと思うのだったら、東京までの切符を明日にでも手配してください。
ついでにワテの分もでっせ。
連れて行って差し上げます。
風の旅人
2007/09/11 01:04
風さん♪
おかえりなさい。楽しくって良かったね。
カラオケ全部で何曲歌ったの?
歌が好きなのね。ブログの輪は広がっていくわね。
今度は温泉?いいわねえ〜。写真楽しみにしてたのに…。♪
ソナチネ
2007/09/11 12:02
ソナチネさんコンチャ

昨日は二日分のコメント書いて、他の部屋を覗いていたら遅くなって、やっと今仕上がったところです。

オフ会は楽しかったですよ。
今度は大阪でやりたいねと言って置きました。

楽しい企画があれば、旅の途中で訪問します。
これがワテの旅のやりかた。
何時でも何処でも顔を見せまっせ\^o^/

オフ会の模様は全然撮っていません。
個人のプライバシーがわかるため、出来るだけ撮らないようにしています。

カラオケは10曲くらいではないでしょうか?
もっとかな(笑)
そのうちソナチネさんの前でも歌ってあげる(笑)
風の旅人
2007/09/11 12:11
>古い歌ですか?
知らないなあ(゚_゚i)タラー
そんな歌があったんだ。

知らざぁ、拙者が教えて進ぜよう(笑)

これは石橋正次の歌で、1972年にリリースされております。

「鉄橋をわたると涙がはじまる」

鉄橋をわたると君の家が見える
  汽車から飛び降り も一度逢いたい
若い二人 つらい二人
  結ばれぬ恋に 君をすて〃
愛をすて〃故郷をすてる
  鉄橋わたると君の家が見える
俺を呼んでいる 俺を呼んでいる
伊藤
2007/09/11 15:00
伊藤はんおおきに〜
35年も前の歌やんか。
これだけ古いと知らないのはしょうがないなあ
歌詞を読んでも曲が出ない。

石橋正次の名前も古すぎまっせ。
この方は他にどんな歌を歌っていたのかなあ
ワテの数あるレパートリーには、入っていないなあ
風の旅人
2007/09/11 15:11

夜明けの停車場に
 降る雨は冷たい〜・・・コレなら知ってるやろ(笑)
伊藤
2007/09/11 16:45
伊藤はん、この歌なら知っている。
ヒットしたのはこれ一曲と違いまっか。

しかし何でも良く知ってごじゃるなあ\^o^/
風の旅人
2007/09/11 17:46
読んで笑えた〜(笑)!
そんな絶景ポイントがあるなら
早く言ってよ〜(苦笑)!!!
分かりやすい所に看板立ててよね〜ぇ(苦笑)
でも頑張って上った甲斐があったってもんだね!
橋の色もキレイに写ってるし、さすが絶景ポイント!
桜うさぎ
2007/09/11 18:27
うさぎちゃん今晩は

ものには順序があるんだよ。
最初からさあどうぞ見てやってください〜では、お客もハラハラドキドキしないでしょう。

どうなるかな?見られるかなと期待をさせないと、面白くない。(笑)
看板は結構わかりやすいけど、ホームから目の前に鉄橋が見えていると、先に目がそっちに行ってしまう。
足元なんか見ていないよ。

後でゆっくり登ってきたら、チャンと見えましたがな
ありゃまあてな調子ですわ。
風の旅人
2007/09/11 21:56
風の旅人さんは歩き回ってたいへんだったでしょうが
おかげで私達はいろんなアングルから鉄橋が見れて、ラッキー?(笑)
この鉄橋、取り壊されてしまうんでしょうかね?
筑後川に架かる鉄橋は、廃止になった後、遊歩道として使われていました。
この橋はずいぶん高いから遊歩道は無理にしても、なにか有効利用して保存できたらいいですね。

コウノトリ自動販売機! すばらしい!!
ねこまっく
2007/09/12 03:29
ねこまっくさんおはようさん

取材記者でもあるねこまっくさんなら、この苦労わかるでしょう\^o^/
いきなり鉄橋を出すよりは、小出しに出したい心境が(笑)

取り壊しかどうかはわかりませんが、維持管理に巨額が必要でしょう。
費用の捻出には町とか県の範疇を越えますよ。

大阪万博の時に太陽の塔の前にあった大鉄傘(大屋根)、維持管理が出来なくて、結局取り壊しましたね。

壊すには勿体無いし、後のこと考えると国の管理下におくしかないでしょう。

自動販売機会社のちょっとしたキャンペーンでしょうが、地方活性化のためにはグッドアイデアですね。

吉野川の堰の保存運動が数年前にありましたが、その後どうなっているのか気になるところです。
風の旅人
2007/09/12 09:53
>吉野川の堰の保存運動が数年前にありましたが、その後どうなっているのか気になるところです。
>>吉野川下流の第十堰のことですね。現在のところ、可動堰化計画は白紙にもどりました。
歴史的にも価値の高い、そしてとても景観のいい堰です。
徳島県では、那賀川上流の細川内(ほそごうち)ダムの建設も、当時の村長さんほか住民運動が実って、ダム中止になったことがあります。
いつも行政は、庶民の感覚より10年くらい遅れていると感じます。もうダムや道路はいらん、ちゅうねん。
ねこまっく
2007/09/12 14:17
ねこまっくさん毎度〜

現在白紙になっているのですか。
住民投票にまで発展して、市長選挙だったかな?
争点にもなったように記憶しています。

歴史的価値のあるものを、後世に残すのも我々の役目かもしれません。
一度ぶっ壊してしまったら、二度と景観も守れないし、自然破壊にも繋がります。

一度近いうちに見に行こうかなあ\^o^/
風の旅人
2007/09/12 18:31

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
これが餘部鉄橋 心の旅・遠くへ行きたい 1/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる