心の旅・遠くへ行きたい 1

アクセスカウンタ

zoom RSS 風の盆 NO3 町流し

<<   作成日時 : 2007/09/03 23:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 25

画像

越中八尾の町に胡弓の音が響き渡ります。
最近は胡弓を弾く人が少なくなったそうで、若い人がもっと出てきて欲しいそうです。

画像






町流しに出るときは、胡弓奏者が1〜3人、三味線奏者が3〜多いところでは7〜8人、歌う人が2〜5人くらい。
おどりてが4〜5人。
もっと少ないグループもありますが、この日は小編成のグループは見なかった。

画像


♪わたしゃ野山の 兎じゃないが
   月夜月夜に オワラ 逢いに来る
八尾おわらを しみじみ聞けば
   昔山風 オワラ 草の聲〜


画像


長囃子(前囃子)   越中で立山 加賀では白山
              駿河の富士山 三国一だよ
   囃子         唄われよ わしゃ囃す
   歌(上句)      おわら踊りの 笠きてござれ
   歌(下句)      忍ぶ夜道は オワラ 月明かり
   囃子         キタサノサ ドッコイサノサ

風の盆ではいろいろな歌が歌われるようです。

画像


この日は月夜でした。
そのときに歌われた歌がこの歌です。





二百十日を歌ったものがあります。

画像



女性の歌い手さんもおられます。
男女掛け合いで歌っています。

画像


そしてこんな方も見えました

画像


人垣が出来たのでなんかいな?

画像


アップにしたらこのお方。
誰かわかりますか?

画像


もうお分かりでしょうか。\^o^/
ワテも相当なミーハーしてますなあ(゚_゚i)タラー

画像


日本の道百選にも選ばれた八尾の諏訪町の町並み。
古くて重厚な家が連なっています。





風の盆恋歌

蚊帳の中から花を見る
咲いて儚い 翠芙蓉
若い日の美しい
私を抱いて欲しかった
忍び会う恋 風の盆


私あなたの腕の中
はねてはじけて 鮎になる
この命欲しいなら
いつでも死んでみせますわ
夜に泣いてる三味の音


生きて添えない二人なら
旅に出ましょ まぼろしの
遅すぎた恋だから
命をかけて覆す
おわら恋歌 道連れに

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(25件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして。
おわら行けないのでここで楽しませていただきました。
歌も聴けて最高です。
ありがとうございました。
ジバゴ
URL
2007/09/04 01:27
ジバゴさんいらっしゃい。

大阪からでも越中八尾は遠いですから、簡単にホイホイとは行けません。
行くぞ〜と気合を入れないと行けない距離ですよ。

今回は祭りの雰囲気を一緒に感じてもらおうと思って、音声を録ること夢中でした。
少しは雰囲気を感じてもらったんじゃないかなあ
風の旅人
2007/09/04 07:40
綺麗な人ばっかり撮って、風さんの趣味がわかります!
でも帰って来て、また東京ですか?
私はおいっこの結婚式が土曜日に新宿であります。
そのまま帰ろうかと思ってましたが、
ついでに、あっちもこっちも、と寄るところが増えてきました。
大阪に帰ってきたら、また痩せてそうな・・・・

もし東京で見るからに大阪の人間らしき人を見かけたら
それは私です!(うそうそ)
生粋の大阪の人間ですが、外からはわからんよねえ。
気をつけていきましょね。
ぷりん
2007/09/04 08:57
出た!出た!「風の盆恋歌」・・・やっぱりいいわぁ〜。
しみじみ聞かせてくれますねぇ。歳肌・・・あらら間違った!
鳥肌立っちゃいそうにいいわぁ。この女優さん?奥田えいじ(字が分かんない)さんの奥さんね。名前忘れちゃった。よその男性と一緒でスキャンダルになんないかしら?(〃^∇^)o_彡☆あははははっ!!
へ?今度はまた東京ですか!?何処にそんな記事ありました?
ぷりんさん、何処で読みはったんやろぉ〜。
さよちん
2007/09/04 10:04
お天気も良く ミーハーも出来て(笑)
いい旅行でしたね〜。
往復と食事がついて 一万円って 
高いのか安いのか ちょっとわかりませんけど。
風さんが 次にどこに行くかが 楽しみです^^
みるきぃ
2007/09/04 10:06
物哀しい旋律と歌声が町を流して、ほの暗い闇に消えていく様・・・
艶やかで優雅な女踊りが、細い路地を遠ざかる様・・・
高橋治の小説を思い出しながら聴いていました。
この哀愁を帯びた調べがゆっくりと町を包んでゆく時間の流れも、忙しく生活している私達にとっては魅力の一つなのでしょうね。
益々行きたくなりました!

素敵な写真と歌声と風の盆の雰囲気楽しませて頂きました。
有難う御座いました。
mugen
2007/09/04 10:40
「風の盆恋歌」そうそう、この歌が聞きたかったんよ(^^♪
とっても素敵ですよ!
安藤和津さんでしたっけ??相変らず綺麗ですよね〜。
『忍びあう恋、風の盆』私には縁は無いけれど素敵ですね〜。
ぷー
2007/09/04 15:23
町流しの三味の音と、風さんの歌と両方同時に聞いてみると
なかなか雰囲気がありますよ。
深夜になっても、観光客が随分いるみたいですね。
しっとりとした町流し、雰囲気がつたわってきます。
ともっぺ
2007/09/04 16:59
今日もまた旅の空です。各停の旅ですが餘部鉄橋を見てきました。只今丹波の山の中です
風の旅人
2007/09/04 18:57
思っていたのよりずっとゆったりとした曲なんですね。
確かにこれにあわせて踊ったらなかなか見せてくれるのではないでしょうか。
納得です。
こういったお祭りでは有名人も時々見かけますね。
魔女
2007/09/04 18:57
お疲れ様でした♪
「風の盆」晴てよかったですね〜
さすが300年の歴史、街並みに精冷さを感じます。
菅笠やっぱり色気があるし・・・
胡弓を一生懸命奏でている 青年の姿もいいです。
「風の盆恋歌」ですか?いい味でてますね〜!!風さん
次は東京ですか・・・。
ぴのこ
2007/09/04 19:07
「風の盆」!!
私一度でいいから行ってみたいと思ってたんですよ〜。
何と今年、友人が富山へお嫁に行ったので宿泊先もあるし(笑)
来年は彼らがセッティングしてくれる話になっているので、
今から楽しみにしてます♪

富山は民謡クラブとかがほんとに多いみたいで、うらやましい。
(しかも結構上手い)
結婚式で民謡歌ってるのなんて初めて見たし(笑)
素敵な文化ですよね☆
ようこ
2007/09/04 20:04
風の盆!

なぜか哀愁深く 心にしみじみ響く、風の盆。
小説や映画の題材になるのも、うなづけます。
一度訪れたいです、歌にも感謝(笑)です。

下の記事の、
北海道旅行の夕日!
旅行の最後を飾るのにふさわしい!
圧巻です!!

そんな写真が、とれるようになりたい・・
michy
2007/09/04 22:03
ぷりんさん〜ワテの趣味がわかるのか\^o^/
他にもいっぱい人物を撮ってるんだけど、アップするときはやっぱりなあ〜(゚_゚i)タラー

東京に行く前に、まだ行くところがあります。
今日は青春18切符を1枚使って、小さな旅に行きました。

ぷりんさんも土日は東京ですか。
ほんならどこかで声かけますよって、待っとっておくれやす。大阪のおばちゃんは一発でわかります。
上沼恵美子タイプを探せばええだけや\^o^/
風の旅人
2007/09/04 23:07
さよちんさん今晩は
見事当たりましたなあ
よくわかるなあ
ワテはあれ誰ですかと、隣の人に聞かないとわからへんかった。
説明されている方は、地元の方でっしゃろ。
スキャンダルはおまへんで。
カメラのフラッシュがすごかったもん。
一緒に記念撮影も、気楽に応えておられました。

風の盆恋歌もなかなか宜しいやろ。
ワテの歌とチャイまっせ。
石川さゆりさんのうたでっせ。
間違ごうたらあかんで(゚_゚i)タラー

そろそろお彼岸先取りで、墓参りをかねて上京しまっさ。
風の旅人
2007/09/04 23:13
みるきぃさんコンチャ

もう次の旅の話ですか\^o^/
もう今日仕入れてきましたのでご安心を。

時にはミーハーもしないと、載せる記事に困りまんがな。
岐阜から富山までバスで行ったら、夕食付でそんなもんとチャイまっか。
風の旅人
2007/09/04 23:16
mugenさん今晩は
0時を過ぎると人も次第に減ってきて、2時頃になると町流しがたくさん見られます。
グループごとに各町内を回っていくため、次から次に胡弓の音が聴こえて来ます。

その頃になると観光客も少ないので、町流しの方と一緒に街を歩きます。
観客も大きな声でしゃべらないし、静寂の中で胡弓と三味の音だけが響きます。
それは小説で紹介してある通りです。

この雰囲気を味わいたくて、午後10時〜3時までの深夜ツアーに申し込んだわけです。
この時間帯は最高に良いですよ。
風の旅人
2007/09/04 23:26
ぷーさんもこの風の盆恋歌に惹かれていたんかいな。
ええ曲だけに、雰囲気ぴったりですわ。

忍びあう恋
ぷーさんは経験がないのか。
それは残念やなあ\^o^/
でも今のご主人が優しいからええがな\^o^/
風の旅人
2007/09/04 23:28
ともっぺさん今晩は
ここにアップしている写真は、ほとんどが2時過ぎの写真です。
安藤さんが見えられたのは、1時頃だったかな?
それでも深夜には間違いないなあ\^o^/

ワテの歌は無視してや(笑)
風の旅人
2007/09/04 23:30
魔女さん毎度〜でおます

曲も踊りもゆっくりしたテンポですから、前に進むのも一回に半歩くらいしか進まないですよ。

輪踊りのときは輪の大きさにもよりますが、1時間で1周〜1周半するくらいだと聞いています。

実家がこの八尾で旅館をしていると言う、タレントさんもおりまっせ。

それと知る人ぞ知るですが、胡弓の第一人者と言われる若林美智子さんもこの八尾の生まれです。
この人の胡弓を聞いたら嵌りまっせ。
CDが出ていますから、買ってやっておくれ。
風の旅人
2007/09/04 23:38
ぴのこさん今晩はでございます。

雨が降ったらわやになるところでした。
月明かりを見て、ホッとしました。

菅笠の下を見たいでしょう。
次号でチョットだけのぞかせて上げましょう\^o^/

若い人たちもこの祭りを愛しています。
ふるさとの祭りって、やっぱりいいもんなあ
そのために仕事休んで田舎に帰ってくる。
風の旅人
2007/09/04 23:43
ようこさんその話ワテも乗った(笑)

ぜひぜひワテも招待して\^o^/なんっちゃって(笑)
新婚さんが富山ですか。
期待度120%やなあ

今から申し込んでおかないと、にわか友達がドッと富山に押しかけまっせ。
早いもん勝ちでっせ。
こんなもん有無を言わせたらアカンで。
押しかけるのみ。

接待一切なしでええから、泊まらせてくれたらそれでええねんから。
ようこさんとお友達になりたいなあ(爆)
風の旅人
2007/09/04 23:46
michyさん今晩は

風の盆の雰囲気出てますやろ。
声を出すのもはばかれる深夜の2時に、胡弓の音が聴こえてきまんねん
もうたまりまへんで\^o^/

本当はフラッシュをたいたらアカンねんけど、たかないとブレルし真っ暗やしで、ついたいてしまいます。

深夜の祭りですから、写真を撮るのは難しいですわ。
風の旅人
2007/09/04 23:51
一昨年でしたかツアーでこちらへ行きました。
そのときのようすが目に浮かびとても懐かしいです。
伊豆からでしたのでバスに乗る時間がやたら長く見物時間が少なく、
町は急ぎ足で歩き、踊りは小学校の運動場に作られた舞台のほうのを見ました。したがって町辻での踊りは見れませんでしたけど、
風の旅人さんの画像でその様子を垣間見れて嬉しいです。
胡弓の音色としなやかな手先とがマッチして情緒ありますよね。
 (長いことご無沙汰し・・・すみません)
old マザー
2007/09/05 01:17
old マザーさんお元気に復活されて良かったですね。
伊豆からこの祭りを見に行かれたのですか。
そりゃ遠いわなあ
バスで行くにしても、一番距離のあるところかも。

運動場で演舞をしていますが、そこを見られたんや
ホンマに惜しいなあ
確かに特設ステージですから見られますが、明るいライトに照らされての踊りではなあ(゚_゚i)タラー

やっぱり夜陰の中に聞こえてくるあの音色でっせ。
あれを聴かないで帰ったんなら、金返せと言いたくなりまっせ。
風の盆は一晩夜通しで見て欲しい祭りです。

また行けるといいのにね。
風の旅人
2007/09/05 01:27

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
風の盆 NO3 町流し 心の旅・遠くへ行きたい 1/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる