心の旅・遠くへ行きたい 1

アクセスカウンタ

zoom RSS 通天閣歌謡劇場・ど演歌の世界

<<   作成日時 : 2007/09/16 22:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

朝のテレビ小説・ふたりっ子の中で、主人公の父親が歌謡劇場の歌姫、オーロラ輝子の歌に嵌ってしまったのが、ここ通天閣歌謡劇場でした。

画像



依然来たときは平日で公演はしておらず、この歌謡劇場は土日のみ、朝11時〜午後5時まで開催しています。
入場料は1500円ですが、出演する歌手はプロの方。

画像


歌謡劇場は通天閣の地下にあって、最近エレベーターも新装されて、お年寄りに喜ばれています。

画像


入り口に本日の出演者の名前が張り出されており、今週日は通天閣の歌姫、叶麗子さんがトリをとっている。
彼女の舞台というより、この歌謡劇場そのものが初めての体験。

画像


このブログに見えられるソナチネさんが、よくここに通われている弟さんの影響で、面白さを教えてもらったようです。
一度覗くと嵌るそうなので、チョッと覚悟がいる世界やなあ

画像


会場に入ると一部の前半の部分が、ちょうど終わったときでした。
会場に電気が点されると、わぁ〜ぁすごい人やんか。
座るところがほとんどない。

画像


敬老の日に近いこともあって、サービス券をばら撒いているのかと思うほど、来ているお客さんは爺ちゃん婆ちゃんばっかり(゚_゚i)タラー
まあ中には少し若い人もいるが、決して若いとは言えない人ばかり。

画像


パンフレットを貰ったら、出演者は演歌歌手ばっかり。
これじゃジジババばかりになるのはようわかる。(笑)

画像


それぞれの歌手が持ち歌と、他の歌手でヒットしたものを3曲〜4曲づつ歌ってくれたが、売れてはいないけれどプロだけに上手でした。

画像


ご贔屓筋からの祝儀や花束、写真をプレゼントされて、歌っている本人も正直に祝儀が一番嬉しいと言ってました。

画像


人気どころとなると、胸にいくつも祝儀袋が。
どさ周りの歌手にとって、祝儀は生活の支えになりますね。

場内では熱狂的な応援団からは、声援とともにテープが飛びます。
一時廃止されていましたが、また復活したようです。

ペンライトを両手に持って、常に声援を送っているおじさんもいます。

画像


チンドン屋の歌手もいました。
なかなかユニークな人でした。

画像


この世界は売れてナンボ。
生き抜くのは並大抵じゃないでしょう。

画像


それでも通天閣のお客さんは暖かいですね。
大きな声援を送ってくれるし、テープも飛んでくる。
ファンの暖かい声を支えに、毎日どこかで歌っているのでしょう。

画像


大勢のお客さんの前で歌える。
これは歌手冥利に尽きます。
いつかは花のお江戸でと思っておられるでしょうが、メジャーになるのは一握り。
大変な世界であるのは、どの世界も一緒です。
いつか花咲く日があることを祈るのみですね。

画像


もしかしてソナチネさんの弟さんかな\^o^/

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
風さん♪
わあ〜〜〜〜〜〜〜い。面白ーい。
残念ですが弟ではないようです。弟もペンライトは持ってるけどね。(笑)
トップの写真いいじゃなーい。すってき。
多分歌手の歌とかアップしても文句ないと思うけど、
一応プロ歌手だし〜。私もなんとも言えないわ。わかんないわ。
1部から見て途中で串かつ食べにいくのよ。2部の最後までいますよ。
何かいいのよねえ。コテコテだけど愛があるの。
明日は叶れい子さんかしら?じらさないでよ〜。早く見たい。♪
ソナチネ
2007/09/16 23:25
ソナチネさん姫路からお帰り。
美味しいホルモン食べて良かったなあ
たまには誘って欲しいものや\^o^/

歌謡劇場はコテコテの大阪や。
おっちゃんやおばちゃんたちの熱い声援、なかなか面白かったでぇ。

毎週2回劇場に通っているおっちゃんとも話したが、みんな熱心やなあ
嵌ってしまうとこんな風になるんやなあ
御祝儀をはずんで、ニコニコしておられる。

明日でっか?
勿論叶麗子ショーですがな。

じらさないでと言われても、こっちにも都合がありまんねんで\^o^/
風の旅人
2007/09/16 23:37
新世界界隈は面白いですよね〜
と〜ってもそこだけがアジアってカンジがするんですが・・・
でも一人で歩くにはちょっと怖い気がするのも正直なとこです
こんなコテコテの歌謡劇場も一度見てみたいです
通天閣には何度か上ったけどね!!
ミイ
2007/09/16 23:39
ミイさん今晩は
はいはい若い女性には怖いですね。
でも大丈夫。
若い女性たちで新世界界隈はイッパイ。
串かつ屋の店先は、ネエちゃんたちの独壇場。
ほとんどが彼氏と一緒か、女性グループです。

気の弱いワテはそんな列の中に、オッサン一人では並べませんよ。
仕方なしに好いている店に入りましたがな(゚_゚i)タラー

ミイさんも怖かったら、ワテと一緒に行こうか\^o^/
それやったらワテも並べるでぇ(笑)

一度この辺り探検してみてや。
おもろい町やでぇ。
風の旅人
2007/09/16 23:53
やっぱり、凄い〜〜わ〜!
こういう劇場?行った事ないわ〜

大阪、びっくり!行って見たいわ〜!
くみ
2007/09/17 00:27
くみさん〜まだ起きていたんだね。

ど演歌の世界ですから、バタ臭いでっせ(笑)
それが面白いと思う人は、ドッポリ嵌ってしまう。

大阪に来るときは土日が宜しいで。
この歌謡劇場は土日開催ですから、平日を絡ませると見られません。
じゃあ週末でも来ますか(笑)
風の旅人
2007/09/17 00:32
おはよう〜♪
昨日は結構 雨が降りました。

こんな雰囲気の劇場 行ったことないけど
唄とか演劇好きだから 一度覗いてみたい!!
オバチャンかなぁ〜(゚_゚i)タラー

昨日は「こっく」で「いらっしゃいませ〜」をして来ました。
手伝いに行ったのやら、邪魔しに行ったのやら・・・。
こっそりランチ来る時は ご一緒しますよ〜
ぴのこ
2007/09/17 06:57
売れない歌手でもライブをやるチャンスがあるってことは、幸せだと思います。だから東京から夜行バスに乗って歌いに行く歌手もいます。東京にはこういう場所はないです。売れない歌手はせいぜいカラオケ大会のゲストに呼ばれるくらい。あとは地元のUHFに「逆ギャラ(局からもらうのでなく局に支払う)」でテレビ出演する程度です。
タカオ君
2007/09/17 07:17
昭和〜〜って感じですね。
演歌は聞かないので、私が行っても はまる事はないですけど
大阪の町には はまりそうです。
温かい人が多くて、元気貰えそうです。
みるきぃ
2007/09/17 10:14
何や楽しそうやわあ〜。タカオ君がかなり感激してただけのことはありそうだわ。風さんは嵌まらなかったのね。う〜ん、風さんは演歌っぽくないもんねえ。唄ってる歌はたまに演歌が入る、って感じかな?
風さん、上の記事中、「ソナチネさん」が「シナチネさん」になってるよ。
(〃^∇^)o_彡☆あははははっ!!誤植や。でも当の本人が気づいてないからいいけんろ。。。大阪の人って情が濃いのかなあ〜。
大阪へ行ったの、いつやろう・・・もうかなり昔の話だわ。神戸にも行きたいなあ。友達が居るし。長いこと会ってないよ。元気かなあ〜。
その内、計画立てて行かなきゃ、ね?
さよちん
2007/09/17 11:40
ぴのこさん毎度〜
こんな街の雰囲気が好きなのは、やはり間違いなくおあばちゃんでっせ\^o^/

昨日は雨が降ったの?
こっちは真っ黒い雲が迫ってきたけど、空振りに終わってしまった。
パラッとしただけで、去っていきました。

コックのランチについては、暇を見つけて行ってみたい。
何時になるかわからないけれど、突然思い立った時に行きますので、約束は出来ませんね。
風の旅人
2007/09/17 13:21
タカオ君毎度〜でおます

売れない歌手って大変ですね。
カラオケのゲストくらいでは、生活できませんね。
一発当てる歌手になるには、運も左右されるし、素敵な歌とのめぐり合わせもあるだろうし、この世界も生きていくだけでも大変ですね。
風の旅人
2007/09/17 13:24
みるきぃさんの好きなジャンルとは、全然違いますね。
なんちゅうてもこの世界はど演歌ですから、ワテのジャンルでもない。

嵌る人って演歌も好きだけど、この世界で苦労してがんばっている人への応援でしょう。
いつかメジャーになってくれ
そんな気持ちではないかなあ

相違海ではここのお客さんは、暖かい声援を送っていました。
みるきぃさんも一度おいで。
風の旅人
2007/09/17 13:27
さよちんさん毎度でおます。

ご指摘ありがとさん。
修正しておきました。

ワテは何でも歌うから、絶対これと言うジャンルはありませんね。
その日の気分で歌いますから、演歌ばっかりだと飽きますよ。

でもこの日はポップスも歌っておられました。
ああそうなんだと感心してましたが、演歌ファンからすると、場違いな歌だったかもしれません。

神戸にも友達がいるんだったら一度おいで。
宿泊場所は安くていいところがありますから、紹介してあげる。
大船に乗ったつもりでおいで。\^o^/
風の旅人
2007/09/17 13:35

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
通天閣歌謡劇場・ど演歌の世界 心の旅・遠くへ行きたい 1/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる