心の旅・遠くへ行きたい 1

アクセスカウンタ

zoom RSS 山伏が来た

<<   作成日時 : 2007/09/13 22:47   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 23

画像


ワテの住む町の近くに行者堂があります。
毎年春秋には、この行者堂で例祭が行われます。



町にはこの日になると、法螺貝の鳴る音が聞こえてきて、今年も例祭が行われることを知ります。
今年は関西から20名ほどの山伏さんが集まってきました。

朝から周辺の町を練り歩き、その後この行者堂で例祭を行います。

行者堂の周りには結界が仕切られ、一般人は結界の外で見守ることになります。

画像


結界の周りには色とりどりの、護符が吊り下げられております。

ヒノキの枝を高く積んであり、この後これに火がつけられますが、その前に各種の行事が執り行われます。

画像


法螺貝が鳴り響き、行事が開始されます。
若い山伏の方もいますし、女性の山伏さんも参加しています。
法螺貝は素人にはなかなか音が出ません。
これも修行でしょう

画像


オジイチャンの山伏さんもおられて、山伏と言えば怖いものと思っていたが、この方を見るとそんなことがないなあ\^o^/

画像


護摩木もたくさん集められ、これも単にポイッと火の中に放り込むのじゃありません。

画像


一連の行事の中、神刀でエイヤーと厄を断つというのかな?
刀で切るしぐさをします。

画像


四方向の鬼門に向けて斧を振り下ろしたり、矢を放ったりします。

画像


画像


この矢を拾ったら、一年間無病息災で入られるとか、放たれた矢を追いかけて奪い合いになることも。

画像


山伏の問答が始まりました。
一連のやり取りを録音しています。
少し長いけど、良かったら聞いてください。





画像

山伏がやってきました。
双方で法螺貝を吹き鳴らします。

画像

お願い申す〜
一緒にこの場に入れてくれと頼みます。

画像

偽山伏かも知れないとして、問答を吹っかけます。

そして無事に問答に答え、晴れて大峰山で修行したものとして、入山を認められる。

檜の枝に火が付けられます。

画像


画像


煙がもうもうと立ち上がり、ワテも煙に巻かれてしもうた。

画像


火が燃え盛ってくると、結界の周囲に吊ってある護符も、参拝客は取り始めます。

画像


火を取り払い、木を並べて火渡りの準備に入ります。

画像



火渡りが始まる前に清めを行います。

画像


画像


山伏から火渡りが始まります。

画像


一般参拝客も順次渡り始まります。
熱いのかな?熱くないのかな(゚_゚i)タラー

画像


ワテも火渡りをしました。
これで今年は無病息災でいられるでしょう\^o^/

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

コメント(23件)

内 容 ニックネーム/日時
由緒あるお祭りが身近に有るのって良いですね!羨ましいです。
風さんも火渡りをされて、無病息災・・・!
ますます元気で、東へ西へ南へ北への旅が保障されましたね。

mugen
2007/09/14 00:14
mugenさん遅い時間なのに、コメントありがとさん。

火渡りしたけど、さて今年は無病息災でいられるかどうか。
それよりワテを機嫌よう旅に出るこっちゃ
その方が気分はルンルン\^o^/
そうなれば病気を蹴散らして、アチコチまわりたいなあ

ところでmugenさんもよく旅してますね。
ブログ見ると感心しまっせ。\^o^/
風の旅人
2007/09/14 00:21
修験者の問答・・実に興味深く拝聴させて頂きました。

あの歌舞伎十八番の内の「勧進帳」於いてもこんな場面がありますよネ、
義経一行が山伏に化け奥州平泉に逃れる際、安宅の関に於いて、
関守・富樫左衛門より執拗までの詮議が行われます・・
まず山伏の装束に関し、額にいただく兜巾(ときん)は何を意味するものか、胸元の鈴懸は如何なるものか、してその金剛杖は・・
そんな矢継ぎ早の質問にも武蔵坊弁慶は鮮やかに答え切るのであります。
まさに此処に収められた問答内容と酷似しておりますよネ。

伊藤
2007/09/14 01:19
風さん、おっはよ!何だか厳粛な雰囲気が伝わってくるね。
始まりから終わりまで何時間?しかし貴重だねぇ。。。こう言うの。
昨夜は8時半頃寝ちゃった。朝6時半まで爆睡!昨日ね、金町の裕ちゃんが
風さんによろしく伝えてくださいって、コメントが入ってた。
今朝、伝えたからね?じゃ、今日もp(^(エ)^q=p^(エ)^)q ガンバッ♪
さよちん
2007/09/14 07:11
伊藤はん毎度〜でおます。

この山伏問答のやり取り、結構楽しめるでしょう。
歌舞伎役者のように上手くて派手ではありませんが、それでも修行されてきた山伏さんだけに、上手にやり取りしておられました。

これ以外にも一連の音を録っていますが、写真は撮らにゃならんしで、音を録るためにはベストポジションに着けば、写真は撮れないしで、大変でござった(笑)
風の旅人
2007/09/14 09:55
山伏・・・珍しいです。
いろんな儀式があるんですね〜。
タイムスリップしたみたいです。
火渡り 熱いのですか?
みるきぃ
2007/09/14 09:59
さよちんさんおはようさん
今日は仕事に行ったんだなあ
ご苦労さん

いきなり法螺貝の音なので、ビックリしたでしょう(笑)
この模様は2時間かかりました。
最初から最後まで立ち会って、一連の流れを収めました。

金町の裕ちゃんと言やぁ、カラオケスタジオの出合った3人組でんなあ\^o^/
次回お目にかかったときには、よろしくお伝えください。
風の旅人
2007/09/14 10:00
みるきぃさんおはようさん
大阪にもここ数日前から、秋風が吹き出しましたが、今日は残暑が厳しいなあ

中部地方では山伏の姿は、なんかなかなか見る機会がないでしょう。
大阪では電車に乗っていると時折見かけます。
修行の場が奈良の大峰山ですから、修行の行き帰りでしょう。

火渡は熱いのか?との質問ですね。
さてどうでしょう
心にやましい事あらば熱いでしょうが、ワテのように達観していると、火もまた涼しですよ(笑)ホンマかな\^o^/

真相は如何に
答えは一度お試しあれ\^o^/
風の旅人
2007/09/14 10:37
おはようさんどす。
今朝は神域に入って身を清めたようです。
修験者の問答何処かで聞いた事があるような台詞と思って聞いていました。
伊藤様のコメントでこれだったのだとやっと気付きました。

火渡りもして今年も無病息災でルンルン旅が出来そうですね。
おこぼれの旅ブログで楽しませていただきます。
コロ・・・?
2007/09/14 11:06
コロ・・・?さんコンチャ

この年になると近くで何か行事があると、覗いてみたくなりますね(笑)

お二人とも造詣が深いでんなあ
このせりふが何であるか、それがわかるだけでもすごいことです。

ルンルン旅に出るには銭もいるし、何か稼ぎをせな行けまへんなあ
ジジババ相手の教室もボランティアだし、何かええ手はないものか\^o^/
風の旅人
2007/09/14 11:15
興味深く見せてもらいました。近くでこんな伝統行事があって、いいですね。

山伏に女性もおられるんでビックり! 大峰山は女人禁制だと聞いてるし?
この行事のときだけの山伏さんなのかなあ。

ゆきべえ
2007/09/14 11:39
追伸です。風旅さんからの数日まえのマイブログへのコメント、今頃気づきましたっ。すんませーん。
ゆきべえ
2007/09/14 15:10
ゆきべえさんこんにちは。

大峰さんは未だに女人禁制を解いてはいません。
この大峰さんも含めて世界遺産に登録されており、世界各国からの観光客を迎えるに当たって、議論百出していると思います。
1300年守られてきた伝統として、今後も残すしていくのか、難しい面があります。

明治に入って各地で女人禁制を解かれていますが、この修行道場としての大峰さんの果たす役割を考えると、宗教儀式だけに簡単には賛否を出来ない部分がありますね。

さて女性の修験者ですが、この出で立ちからすると信者でしょう。
大峰山の女人禁制と書いた結界門を、越えて修行するのは難しいでしょう。
別の場所で修行されているのではないかと考えます。
これについては次回開催の折にでも、尋ねてみたいと思います。
風の旅人
2007/09/14 15:19
古式にのっとった行者さんの作法、中々興味深いですね。
なかなか山伏を見る機会がありませんが、今でもこういった
方々が大勢修行をしていらっしゃるのですね。
火渡りは熱くなかったのですか?
写真を撮ったり、録音をしたり、さぞや大変だったことでしょう。
又ひとつ、見聞を広めることができました。
ありがとうございました。
ともっぺ
2007/09/14 16:36
ともっぺさん毎度でおます。

毎年春秋の2回例祭が行われ、山伏を見る機会があります。
今までだったらチョッとだけ見て、写真もパッパッと撮るだけでしたが、ブログに載せようとすると、一応最後まで見なくてはなりません。
最近使い出したICレコーダーも、こんな風に使うと、なかなか優れものですわ。

火渡り行事ですが、ここで熱かったとか全然でしたと書いたら興醒めでしょう
神秘性を残す意味でも、機会があれば皆さんも試してください。\^o^/
風の旅人
2007/09/14 18:28
こんばんわ!
なんでも、実行?の風さんですね!
火渡り、怖くなかったですか?(笑
足の裏がやけどしないのかしらん。
試してみるのはちと怖い、野次馬です。
野次馬michy
2007/09/14 23:19
michyさん〜
こんな機会は滅多にないのですから、この機会を逃してなるものか(笑)

最初は熱いんじゃないかな?
煙も出ているし〜さっきまで燃えていたし〜
なんて思っていたら、尻込みをしてしまうので、ええ〜い
この際清水の舞台から飛び降りたろやないけ!
と言うわけで実行しました。

結果ですか?
それはmichyさん自身で体験してください(笑)
風の旅人
2007/09/14 23:27
風さん♪
風さんって面白い人ね。ICレコダー活躍してますね。
明日から3連休で今日は嬉しくて寝れないけどもう寝ます。
明日姫路に行ってきまーす。♪
ソナチネ
2007/09/15 01:23
ソナチネさんおはようさん

今日から3連休でルンルン気分かいな。
その手始めに初日は姫路行きでっか。
夜はホルモン屋でイッパイ飲むのやろ
ええなあ〜ワテも招待して欲しいなあ

ICレコーダーで現場の声を採るのには、手軽で宜しいなあ
大いに活躍してまっせ。
風の旅人
2007/09/15 07:19
風さん、珍しい物…有難うございます。
火渡り熱くないのですか?
真剣に聞き入りお写真に見入ってしまいました。
これからも、良い旅が出来ますように…!
くみ
2007/09/16 02:37
くみさんおはようさんです。
関東の方には山伏は珍しいでしょう。

火渡りはどうでしょうか。
心にやましい事があれば熱いと言われておりますよ。
くみさんなら大丈夫じゃないかなあ
一度試してみますか\^o^/
風の旅人
2007/09/16 07:30
こんばんわ

早速聞かせて頂きました
風旅さんの近くでも良く似た行事があったんですね

問答も聞き応えがありました
こんなにスラスラと答えられれば良かったのですが
なにせお年を大分召した方でしたのでつっかえ
つっかえで大変でした
虹はん
2008/03/27 21:38
虹はん〜遠いところにわざわざ来てもろうて、スンマヘンなあ(笑)

山伏問答は同じものでしょう。
修行の場に入るためには偽物か、本物かを見分けなくてはなりません。
そこで山伏が問答をふっけかて見極めるわけですが、この辺りのやりとりが面白い。

我が町には春秋に行者堂の例祭があり、4月には桜の舞い散る中で開かれます。
風の旅人
2008/03/27 21:51

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
山伏が来た 心の旅・遠くへ行きたい 1/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる