心の旅・遠くへ行きたい 1

アクセスカウンタ

zoom RSS 風の盆開幕

<<   作成日時 : 2007/09/01 15:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 24

画像


今日から越中八尾では、風の盆が始まりました。
豊年祈願を願って300年前から踊っています。

画像



画像



明日八尾に向かいますが、気になるのは天気だけ。
雨が降れば風の盆の町流しは中止になるからです。

画像


さてどうなりますことやら。

写真は昨年写したものです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(24件)

内 容 ニックネーム/日時
気をつけて〜〜。
毎年 すごい人だって 聞いてます。
人ごみが苦手な私には 絶対に無理!!
お天気がいいと いいですね〜。
みるきぃ
2007/09/01 15:52
風さん晴れ男だから大丈夫でしょう!
踊り姿 色気がありますねー。
写真まってますよ〜
気をつけて いってらっしゃーい。。。
ぴのこ
2007/09/01 16:50
ホントに息つく間もない忙しさですなぁ〜。感心するわぁ。。。
しかし、行動派はいつまでも若く居られるんだよね!風さんが若いのはその所為かもね。私はどうなるんやろう・・・(ρ_;)・・・・ぐすん
雨が上がるといいねぇ。富山の人もきっとそう願ってるよね。
私は涼しくていいけどさ!今日はおいしいネーブルをどっさり買って来た。
今夜のごはんはネーブルでいいけどなぁ。。。
さよちん
2007/09/01 17:31
風さん、私昨年も見せてもらったような(^ー^* )フフ♪
『風の盆』って、石川さゆりさんの歌があった様な??
この踊りは、他の踊りと違って色気がありますね(^_-)-☆
誰にでも踊れるのでしょうか??
今年の写真も楽しみに待ってますよ(*^^)v
ぷー
2007/09/01 18:20
風さん♪
風の盆の最初の写真、なんか色っぽいねえ。
↑ぷーさんのいう石川さゆりさんの風の恋盆歌は
なかなか色っぽい歌ですね。
今回は歌なしなの?聞かせてほしかった。♪
ソナチネ
2007/09/01 21:20
みるきぃさん今晩は

行く前から盛り上がっているなあ\^o^/
今日はまだ予告編でっせ。

願うべきは天気だけ。
胡弓は雨に弱いから、降ったら中止です。
そうなったら弁当食べに行くだけ〜(゚_゚i)タラー
風の旅人
2007/09/01 21:26
ぴのこさんこんばんはでおます。
男踊りも女踊りもとても色気を感じますよ。
この写真は双方が絡むシーンですが、とても10代の若者とは思えないほどの色気を感じます。

休憩タイムに入ると菅笠を外しますが、そのときの顔はあどけないものですよ。
風の旅人
2007/09/01 21:33
さよちんさん毎度〜
ホンマに元気でっしゃろ
動ける間に何でもしたいと思っています。

今宵は美味しいもの食べて、宜しいなあ
風の旅人
2007/09/01 21:35
ぷーさんコンチャ
3年連続見に行きます。
この写真は昨年のものを転用しています。

踊りにはいくつかのパターンがあります。
盆踊りのように輪を作って踊るときは、このような色気の場面はありません。

このような場面は寄付をしてくれた家には、門付けがされます。
お礼に家の前で踊りますが、その時には色気のある踊りが披露されます。
なかなかよろしいでっせ。
風の旅人
2007/09/01 21:39
ソナチネさん今晩は
ははは よう知っているなあ
石川さゆりさんが歌っていますね。

この曲が発表されてから、風の盆は一躍メジャーな祭りになったとも言われています。

勿論この曲をワテは知ってまっせ。
すでに収録済みですわ(笑)

アップしたときに発表しまっせ\^o^/
もう少しお待ちください。
風の旅人
2007/09/01 21:41
八尾の風の盆に行かれるのですか?
いいですね!
私も大分前に行きましたが、哀愁を込めた胡弓の音が
忘れられません。又行きたいです。
一枚目の写真は本当に色気があって、素敵です。
菅笠を被った踊り手は、みんな美男美女に見えますね。
毎年観光客が増えて、写真を撮るにも苦労します。
素敵な旅便りとお写真を楽しみにしています。
ともっぺ
2007/09/01 23:43
ともっぺさん今晩は
明日の昼から出発するツアーです。
現地に「夜10時に到着して深夜3時」に八尾を出るバスです。
真夜中だけのツアーです。

観光客がほとんどいなくなる丑三つ時に、ワテは町流しを追っておりまっせ。\^o^/
今回は写真とともに、胡弓の音を録りたいと思っています。
雨さえ降らなければ、臨場感のある雰囲気を楽しんでもらう予定です。
風の旅人
2007/09/01 23:50
風の盆は、私も一度見てみたいです。宿がとれないほどの人気だと聞いてます。胡弓も聴いてみたい。風の盆を題材にした歌は多いですね。
タカオ君
2007/09/02 00:44
タカオ君今晩は

風の盆の期間中はまず宿は取れません。
地元はもとより富山市内もほとんどだめ。
好きな人は1年前から押さえているとか。

ワテも2年前に行ったときは、車の中で寝ました。
舞台の前に設置してある椅子の上で、野宿している人もたくさん見かけました。
テント組みもおりましたなあ
そないして三日間を過ごすのでしょう。

昨年は朝日が出るまで町流しを見てましたが、そりゃもう根性でっせ。

胡弓の音が夜の町に聴こえてきますが、これが哀調帯びた音色だけに、その音色に引かれて今年もまた訪れます。
風の旅人
2007/09/02 00:53
始めまして!
以前から訪ねてみたいと思っていた「おわら風の盆」のブログを見せて頂いて、お邪魔させて頂きました。
今日から八尾に行かれるのですね。お天気だと良いですね。
素敵な写真と旅のお便り、私も楽しみにお待ちしています。
お気をつけて!




mugen
URL
2007/09/02 01:03
mugenさんようこそおこしやす

風の盆の記事をアップするのは、これで3度目です。
よかったら以前の記事も覗いてやってください。
No59 No342〜345
トップページから入れます。

明日の午後出発で行きますが、雨さえ降らなければ町流しが見られます。
哀調帯びた胡弓の音を今年もまた聴きに行ってきます。

千葉にお住まいですね。
今ブログをチョコッと拝見しました。
京都の夏は毎年お越しとか、五山の送り火の話や写真がいいですね。
風の旅人
2007/09/02 01:20
おはようございます。
普通お祭りというのは賑やかなのがいいから、人が多くても気にならないけど・・この踊りだけはなんだかあんまりワイワイしないところで
しっとりと見たいような気がします。
気をつけていってらっしゃい!!
魔女
2007/09/02 09:50
早速にコメント有難う御座います。
私はブログを始めてちょうど1年になります。
そんな時に「風の旅人」さんの素敵なブログに出会いました。
旅の達人&写真の達人の様にお見受けいたします。

風の盆の以前の記事も見せて頂きました。
益々、行きたくなりました。
今年の、風の盆のお便りと写真楽しみにしております。
mugen
2007/09/02 09:50
魔女さん毎度〜
大阪は今日も暑いけど、一頃みたいな暑さじゃないので助かっています。

富山の天気はどんなんやろ
気になるのはアチラの天気だけ\^o^/

この祭りは夜の11時以降が勝負。
それまでは観光客の喧騒で、胡弓の音もかき消されそう。
人垣が出来ているな、フラッシュが光っているのが見えたら、そこは町流しが演奏している場所。
行ってみると人でいっぱい。

人垣と光でしか判断できない時間帯は、まだダメですね。
風の旅人
2007/09/02 11:59
mugenさん今日は
ブログを作り始めて1年ですか。

同じように旅の話を書かれておられますので、今後ゆっくり読ませて貰い、旅の参考にさせてもらいます。

今回の八尾への旅
どんな旅になるのかわかりません
深夜だけの訪問だけに、写真の数も少ないと思います。
その代わり胡弓の音を録って来る予定です。
風の旅人
2007/09/02 12:05
踊っている女性の方、とってもお顔が気になります。
きっと、綺麗なんでしょうね。
風さんは、家にいる日の方が少ないのですか?
この暑い時期、気をつけて移動してください。

すみませんが八尾って大阪の八尾と違うんですね?!
何?富山?えっ?どこ?(~o~)
ぷりん
2007/09/03 16:03
ぷりんさん毎度〜
八尾は「やお」とも読めますが、「やお」は大阪ですね。
富山県の八尾は「やつお」と読みます。
富山の八尾はに行くには、富山から岐阜の高山方面に向かいます。

ワテは忙しいときは家におりまっせ。
暇になるとその反動のように出てしまう。
だから膿が出たように一気に噴出ですわ(笑)

今週この後も色々ありまんねん(゚_゚i)タラー
風の旅人
2007/09/03 16:38
おわら風の盆、一度行ってみたいと思っているのですが、なかなか。
浴衣に編み笠といういでたちは、阿波踊りとよく似てるけど
阿波踊りとは全然雰囲気が違いますね。
もともとは阿波踊りもあんな騒々しいのでなく、先祖供養のためのしめやかな精霊踊りだったそうですが・・・。
風の盆は、観光ナイズされずに、300年の伝統を守り続けているのですね。
ちょっとうらやましいです。
ねこまっく
2007/09/04 00:31
ねこまっくさんのところから風の盆は、チョット遠いなあ
スタイルのイメージは一緒ですが、阿波踊りが動であれば風の盆は静の祭りですね。

阿波踊りは先祖供養ですが、風の盆は放念踊りが基調でしょう。
二百十日は大風の吹く頃。
富山それでなくても風に悩まされています。

稲の実るこの時期、台風が来ると大変なこと。
そのあたりで300年も昔から伝わっているのでしょう。
風の旅人
2007/09/04 00:45

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
風の盆開幕 心の旅・遠くへ行きたい 1/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる