心の旅・遠くへ行きたい 1

アクセスカウンタ

zoom RSS 北海道旅行 No2 舞鶴の赤煉瓦倉庫群

<<   作成日時 : 2007/08/12 21:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 20

画像


バスが舞鶴港に着いたのは、小樽行きのフェリーが出航する4時間前でした。
まずは乗船手続きをしなくてはなりません。
用紙に記入してふと机の上に目をやると、一台のビデオカメラが置いてある。

先客の一人が忘れていったものでしょう。
持ち主はこれから北海道を旅する人だけに、なくなったと知ったら悲しむでしょう。
窓口の係りの人に言って預かって貰いましたが、その後カメラがどうなったのか、無事に落とし主に渡っていればいいのだが。

これから出航までの4時間、のんびり椅子に腰掛けて待つしかないなあ〜
しばらく座っていたがやっぱり退屈する。
テレビは映っているが、音声は聞き取れない。

あっそうや。
舞鶴と言えば赤煉瓦の倉庫群が有名だった。
あそこに歩いていって、夜の倉庫群を撮ってきたろ。

画像


普段なら明るい時にしか見ていない倉庫群。
夜間照明に照らし出された倉庫は、写真に撮るにはピッタリや。
旅行用に携帯の三脚も持ってきている。
夜間撮影には三脚は必需品

と言うわけで倉庫群まで、テクテク歩いていくしかない。
車で来ていたなら直ぐの距離なんだが、港から約10分ほどの距離でも、何となく面倒くさいものや。
港内の灯りが海に写っており、こんな時間帯にこんな所を歩く機会など先ずありません。
なかなかロマンチックな気分に浸れます。

画像


時間だけは十分すぎるほどあるが、全部はとても写せない。
夜も9時を過ぎてしまうと、港に向かう道路は車もほとんど来なくなり、
夜間照明の灯が邪魔されずに済むのはありがたい。

画像


赤煉瓦の美しい色が、くっきりとファインダーに写っている。
最初三脚なしで撮ったが、やっぱりどうしてもブレが生じてしまうので、こういう時の三脚はありがたみが分かります。

画像


赤煉瓦の倉庫の中でジャズの演奏会があるらしい。
ポスターも記念にハイポーズ。

この舞鶴赤煉瓦倉庫群が出来たのは明治時代です。
ここに旧舞鶴海軍の軍需部本部が出来て、全部で12棟の赤煉瓦倉庫が建てられました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(20件)

内 容 ニックネーム/日時
や、、、一番みたい!
ここのブログもお客さんが多いので、
いつも、しんがりだわ!

しかし、下にNo1があった!
そっちがさきね!

といいつつ、
夜景の写真が、とても!!きれい!

さきほど、
家のまわりをうろついて、
夜の写真とりましたが、むずかしい!

生駒山を望遠で撮ろうとしたら、
設定がまずいらしく、
シャッタースピードがあっていなかったのか、
写らなかった、、、、がっかり。
michy
2007/08/12 22:21
おぉ〜〜〜〜〜!!
ロマンティック!!
いいなぁ。。。雰囲気、バッチリ写真に映り込んでますね☆
旅先でこういう普段と全く違う空間に身を置くのって、とっても
素敵だと思うな〜。
ジャズなんて、ばっちりハマるに決まってる!っていう雰囲気ですね。
ようこ
2007/08/12 22:30
風さん、お帰りなさ〜〜い☆彡
大阪の猛暑から一ぬけで北海道とは@@風さんらしいですね。
奥さんにパスされちゃったの、お気の毒。。。好都合でしたか(^m^)
以前お話したと思いますが、北海道は新婚旅行の地。
じっくり読ませていただきますよワクワク*^-^*
夜の赤レンガ、雰囲気抜群ですね、これから各地の写真
益々期待しちゃいます!
sayuri
2007/08/12 22:37
michyさん今晩は

夜間撮影も練習あるのみです。
ストロボを使わずにマニュアルで撮ります。

わずかな光でもとらえるようにするには、絞りを絞って長時間露出することです。
長時間ってどのくらい?とおっしゃるでしょうが、CanonにはTとAのダイアルがあります。
Tは時間、Aは絞りを意味します。
Tで撮るかAで撮るかは被写体次第。
時間優先でとる方法も在りし、絞り優先でとる方法もあります。

こういった建物を撮る時は、色々試すことです。
頑張って生駒山を撮ってください。

風の旅人
2007/08/12 22:38
ようこさん毎度でやんす

夜の波止場はロマンチックですよ。
まだまだ新婚さんのようこ家ですから、旦那の尻を叩いて、宇野港にでも行ってみてください。

大阪から日本海に泳ぎに行っても、こんな時間帯は泳ぎ疲れて眠っている時間。
とても写真を撮りに行くような元気はなかった。

今回のように早く到着しすぎて、それなら暇つぶしにと撮りに行って正解でした。

しかしですね、嫁はんに振られてしまったけれど、こんな素敵な場所があるのを知ったら、しまった〜連れて行って貰うべきだったと悔しがると思いますよ。\^o^/
風の旅人
2007/08/12 22:43
sayuriさん今晩は〜

猛暑の大阪を抜け出しましたが、北海道も負けてはおりませんでした。

北海道は新婚旅行の地ですか。
よろしいなあ〜思い出がいっぱいあるでしょう。
思い出の地が登場すればいいのですが、なかなか思い通りになるかどうか。

ラッキーなことに舞鶴の赤煉瓦の倉庫群が撮れました。
そして最終日にはなんと・・・・乞うご期待\^o^/
風の旅人
2007/08/12 22:49
風さん 今はどこらでしょうか。ご無沙汰しています。
舞鶴といえば岸壁の母、引き上げ船としか思い浮かびませんが立派な赤煉瓦の倉庫郡が残っているんですね。
横浜の赤煉瓦の倉庫、観覧車などパソコン習っていた時夜景を撮りに行きました。北海道にもありますね。でも乞うご期待となっているので期待してお待ちします。
一人旅健康に留意してお楽しみを・・・。
i&i
2007/08/13 10:14
i&iさんこんにちは
毎日暑いですが、パソコン頑張っておられますね。
ワテもボケ防止の予防策として、毎日ピコピコやっていますが、パソコンは頭を使うし指も使うので、かなり効果があるのではと思っています。

旅行は5日の晩に出発して、11日の夜に大阪に帰ってきました。

舞鶴港の岸壁には、辛い歴史がありますね。
戦争がやっと終わって、戦地から次から次に引き上げてきた人達が、興安丸に乗って上陸した場所です。
「岸壁の母」として超有名になりました。

倉庫は明治大正時代に建てられたもので、全国の主要港には残っていますね。
この章の最後にももう一度倉庫群を載せます。
小樽運河の夜景をお楽しみ下さい。

風の旅人
2007/08/13 10:58
旅人さん おかえりなさ〜い!
奥様に振られたんですか? やっぱり〜。
どこの旦那様も一緒みたいですね。
うちは、ラブラブですから〜 いつも一緒ですよ。
まぁ、旦那のご機嫌を伺うのも、慣れてきましたから(笑)
舞鶴の赤煉瓦倉庫群、いい感じですね〜
一枚目の写真なんか、街燈に浮かぶ赤い色が幻想的です。
やはり、ストロボをたかなかったことが正解ですね。
それにしても、深夜の倉庫はちょっと怖〜い。
男一匹、風来坊の旅は、どうなることやら〜
ともっぺ
2007/08/13 15:18
こんにちは&おかえりなさい!
なななんと北の果てに行ってきましたか。私は道産子ながら利尻礼文・稚内に行ったことがありませんよ。天気残念でしたね。本当はこんな時期雨なんてあまり無いのに、この数年?全国ミョーな気象ですね。晴れ男も終了ねハハハ・・・。
赤煉瓦倉庫幻想的で・・・小樽を思い出す???この後のお話も楽しみだわ。
我家は、本日早くに夫は帰省しました。私はこの1週間夏休み。暇で金欠?ですが片づけやらボチボチです。残念なのはいつも行くお店が店主手術(お鼻)の為休みなのが寂びシー。どこにも行かず、近所あたりでゴロゴロそます。寂しい中年・・・・・・。ヘヘヘ
花子
2007/08/13 17:46
うわ〜 素敵〜〜。
赤レンガっていったら 小樽って思っていました。
舞鶴にもあるんですね〜。。知らなかったです。
奥様に振られちゃったんですね〜。
次回は いっしょに行きましょうか〜〜。。
みるきぃ
2007/08/13 18:43
ともっぺさん今晩は
振られた振られたと言わんといて欲しいなあ\^o^/
まあ実際そうなんだけど、ワテも年とともに文句が増えたらしい。

今月末に嫁はんは実家のある沖縄に帰ります。
6才になる孫を連れて行くので、ワテにも一緒に行こうと誘うのですが、沖縄は何度も行ってるので見飽きています。
それでワテは家で留守番をすることになっています。

その間鬼のいない間に洗濯?
いえいえ(゚_゚i)タラー
大きな声では言えまへんが、その間にまた・・内緒\^o^/
ともあれ一人旅は気楽で宜しいでっせ。

ともっぺさんの所は今のところはラブラブでしょうが、そのうち我が家と一緒になりませ。(笑)

夜間撮影ではストロボは使わない方が、建物などが立体感が出てきて、赤煉瓦も自然な形で綺麗に写りますね。
風の旅人
2007/08/13 21:08
花子さんコンチャ
近畿に住む人でも京都や奈良を知らない人が、幾らでもおりまっせ。
北海道は広いから、車がないと何処にも行けません。
道産子も関西人も同じでっせ。

利尻や礼文に行くには稚内まで行かないとダメ。
その稚内が遠すぎる。
まさに陸の孤島という感じですよ
おっとこの話を書くと、先に進みすぎる(笑)
小樽と言えば・・・やっぱり書くのは止めとこう\^o^/
風の旅人
2007/08/13 21:13
みるきぃさん今晩は〜
大都会にある大きな港には、こうした倉庫が残っています。
北から小樽・函館・酒田・横浜・神戸・舞鶴・門司港などワテが知っているだけでもこれだけありまっせ。

こうした倉庫を写真に撮るのは、昼間がほとんどです。
今回は出航が深夜と言うこともあって、時間的に余裕がありました。
待合室で待っているくらいなら、ブラブラ散歩した方がいいもんなあ

次回一緒に行ってくれるの?
ほんなら明日にでも行こうか(笑)
風の旅人
2007/08/13 21:19
舞鶴ってこんなにも洒落た街並みだったのね・・・
知らなかったわ〜
この前の北海道旅行で、船の旅ってのも候補にあったんだけど、時間の都合で飛行機になりました
船旅もいいですね♪
ミイ
2007/08/13 22:19
ミイさん今晩は
関西から北海道に行くには、飛行機でひとっ飛びですよ。
その方がある意味では経済的かも知れない。

船も安くつくと思うでしょうが、長い時間乗っているので、食事やアルコール代もバカになりませんよ。
安いツアーをゲットした方が良いかも。

夜の赤煉瓦の倉庫街は怖くはないですが、誰も一人で歩いている人はいません。
何も起こらないと思いますが、女性の一人歩きはやっぱり勇気がいるかも。
でも夜の雰囲気はいいでしょう\^o^/
風の旅人
2007/08/13 22:43
お帰りなさい。何処へ旅されてるんかと思ってたら、なんと北海道の北の果て! うらやましい!  ゴージャスやなあ!
私はこの夏どっこも行けませーン。せいぜい県内、アゥ〜

風旅さんの記事見て、旅行気分分けてくださーい。

海の夕日って言うのは、船の上からやったんですね。

一人旅は自由気ままでいいもんですね。自然との出会い、おいしいもんとの出会い、素敵な人との出会い… 存分満喫でしょうね。
奥さんも、鬼(?)のいぬまに、おいしいもんたらふく食べはったと思います
よン。



ゆきべえ
2007/08/13 23:00
ゆきべえさん今晩は
ゴージャスと思うでしょう?
ところがどっこい!
美味しいものを沢山食べてきたのは、後で書きますが大学生の若者ですよ
ワテは負けてしまいましたがな(゚_゚i)タラー

何処にも行ってないって言うけど、地元の花火大会でしょう、それにお寺でのジャズツアーにも行ってるやん\^o^/

海の夕日は帰りの船上からです。
今はまだ紹介しません\^o^/
風の旅人
2007/08/13 23:10
時間待ちをじっとしてられない気持ち、分かります(笑)
でも、おかげでいい寄り道ができましたね。
小樽にこういう赤煉瓦倉庫があるってのはきいたことありますが、舞鶴にもあるんですね。
夜はひときわ雰囲気ありますね。
ねこまっく
2007/08/15 14:12
ねこまっくさん今晩は

なんせジッとしているのが嫌いなもので、アチにウロウロしたりコッチにウロチョロしたりして、何とか暇つぶしはないものかと、落ち着きがないですわ(笑)

そんなときにふと思い出したのが、この赤煉瓦の倉庫群。
夜の訪問などはこんな時しか出来ません。
本当に自分自身やった〜と思いましたよ。
良い思いをさせて貰いました。
風の旅人
2007/08/15 22:03

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
北海道旅行 No2 舞鶴の赤煉瓦倉庫群 心の旅・遠くへ行きたい 1/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる