心の旅・遠くへ行きたい 1

アクセスカウンタ

zoom RSS 北海道旅行 No8 さらば礼文よ

<<   作成日時 : 2007/08/21 00:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 16

画像


北海道シリーズを放ったらかしにしておいて、大変申し訳ありません。
よそ道にそれて遊んでばかり。(゚_゚i)タラー

さて3時間の観光バスで、この時期に咲く礼文の花を一応見ました。
バスから降りて、そのまま利尻島に向かう人のために、このコースが作られていることを後で知りました。

なるほどなあ
よその観光地でやっている5時間コースがないわけだ。
全てフェリーの都合で成り立っている。

利尻に向かわないのでワテはここで食事タイム。
フェリー乗り場の食堂には、「どこでも料理ショー」の取材を受けたという、オーナー推薦の料理が出るという。
それではこの店にしましょうか。
狙いは勿論あれですがな

画像


さあさ取り出しましたるは、礼文島で今日採ってきたという新鮮なウニでっせ。
一口にウニと言っても色々ありまっせ。
この時期ならなんと言ってもバフンウニ。
このウニに勝るウニはワテも知らない。

画像


ウニ丼ですよと出されるものは、まずそれはムラサキウニです。
ムラサキウニをバカにしちゃ行けません。
回転寿司などで食べる、正体不明のウニと訳が違います。
本場のムラサキウニを食べたら、他の土地で食べるウニとの違いは明らか。

しかしですよ、ムラサキウニより美味いのが、このバフンウニ。
一口口に入れたら、その甘みったら舌が忘れませんよ。
何時までも甘いのが残ってしまう

前口上はそのくらいにして、次に行こうか(笑)

ところが「なんでも料理ショー」の店で出てきたウニは、ハッキリ言ってバフンウニもどき。
こういっては何だけど、バフンウニの味ではなかった。
と書けば偽物かと思うでしょう。

このことをオーナーに、正直な乾燥を話してみた。
そしたらオーナーは教えてくれました。
「お客さん。8月のこの日(7日)って言うのは、ウニのシーズンが終わる前なんです。予定では8月12日で禁漁期に入りますだって」

今の時期のウニは不味いでしょう。
でもそれは仕方がないことです。
ウニは秋になると卵を放出します。
その前は卵が水っぽくなって、形も崩れます。
それで味が落ちるわけです。

一番美味しいのは5月〜7月くらいが一番美味しいね。
その時のウニを是非食べに来て下さいとおしゃっていました。

前回バフンウニを食べたのは、大雪山に登った時、山には雪渓が残っていたので6月でした。
道理で絶妙なウニの味だった。

画像


食堂を出て、さてどうするか。
漁村を歩いていると、昆布を干しているおじさんに出会った。
遠慮なく話しかけると、干している昆布は天然物という。
チョッとでも日が出ると、サッと干さなければ良い昆布にならない。
雨に当たると昆布は直ぐに腐るとのこと。
これだけ天気が悪いと、干すタイミングが難しいとおっしゃっていました。
もっと大きな昆布が干しているが、あれば養殖物だそうです。

画像


と言うことは利尻昆布としてメジャーになっているのは、全て養殖昆布と言うことになる。

おじさん昆布を一枚手にとって、これをやるから食ってみろ
まだ半乾きの昆布だったら、細く切って口に入れると少し塩味が。
このままでも美味しい味だけど、鍋の出汁として入れると、凄くいい味に仕上がる。
鍋には昆布が一番ええなあ\^o^/

画像


お土産に貰ったこの昆布、帰るまでに一口一口食べていると、家に帰ってきたら小さくなってしまった。(笑)

画像


鴎とウミネコです。
体の大きいのは鴎。

画像



二日間の車中泊だったので、少し睡眠不足気味。
宿に帰って昼寝でもすっか。

結局夕食まで眠ってしまったが、窓を開けて寝ていると寒く感じるほど。
やっぱり北の海は違うなあ

民宿の料理は値段の割にはボッタクリ。
こんな商売していたら、礼文も人気落としまっせ。
これはハッキリと書いた方が良い。
島の評価を落とすような料理では、他の業者さんに迷惑ですね。

翌朝は利尻周りの船に乗った。
天気も快晴に近くなっており、利尻に降りたかったが、そうすると稚内観光が出来なくなる。
あえて利尻を外したが、天気がこんなに回復したら、失敗しちゃったなあ

画像


礼文島を出航する時、民宿を利用したお客さんを大きな声で送ってくれます。
この民宿は名物らしく、ガイドさんの説明の中に入っていました。

画像


彼らは船が見えなくなるまで、大きな声で送っていました。
よく見ると新規のお客さんも、ずっと待たされていたなあ

画像


利尻島に近づいてくると、利尻富士がほぼ全容が見えました。
頂上に雲さえなければ完璧なんやが、惜しいなあ

画像


なんやなんやこの天気は。
こんな天気有りか
そう思わするほど、利尻島は好天気

画像



画像


船のデッキで乗り降りする人を見ていたら、利尻観光大使のタスキを掛けた男性が、一人一人の観光客に声を掛けている。

画像


五色のテープが利尻島の人達と、観光客の手で結ばれています。
こんな風景最近見たことがないけど、実に良いなあ

画像


船の出航する時には昔はテープを投げたものやけど、今時珍しいなあ
ワテの所にも1本まわってきたが、カメラ撮影をしたいために隣の人に上げました。

画像


この観光大使は利尻島出身の演歌歌手で、名前を嶋惇一さん。
30年以上前に発売された畠山みどりさんが歌った曲を、今回リリースしたという。
その曲が「利尻慕情」

出航間際になると嶋惇一さんがこの歌を歌ってくれました。
なかなか渋い声で上手でした。
利尻島や船内でもCDが売っているそうでしたが、気が付くのが遅かった。

五色のテープで送られて、船は岸を離れていきます。
さらば礼文よ〜さらば利尻よ〜

画像


そして一時間ほどの船旅の後、稚内に船が着きます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
ボイスレコーダーが大変お気に入りの様子(゚_゚i)タラー・・・
改めて聴くとなかなかセミプロ見習いクラスですね。(笑)
礼文島良かったでしょうね。なんとなく沖縄の歌のような感じですが
誰かがコメントしてありましたがお声は若い70歳には思えませんな〜〜〜。
もう少し練習を重ね私に挑戦してください。大阪でオフ会なされるときにゲストで来てもいいですよ(何。。。!お断りですか?)
風来坊
2007/08/21 00:41
風来坊のオッサン〜毎度でおます

そりゃ買ったとこですがな、使いまっせ。
使い方次第ではなかなか面白いものも録れまっせ。

この曲は石垣島で生まれた「島人ぬ宝」
島は違うけど島を愛することには、この島の人達も人後に落ちんやろ。
それでこの曲使った次第。
なんか文句ありそうやなあ(笑)
風の旅人
2007/08/21 00:46
紙テープが哀愁〜〜ですね〜。
最後にいいお天気って・・^^;
なかなか いい思い出ですね〜。
リベンジは ありそう??
みるきぃ
2007/08/21 16:14
うに丼・・・・おいしそー!!!
でも6月が一番いいんですね。レブンアツモリソウなんかも見られる時期ですよね。
今度、考えよう!
十八番の「島人ぬ宝」いいですね!!島は島じゃんっ!!(^_^;)
魔女
2007/08/21 20:24
船出の時の紙テープ・・・ノスタルジーで胸キュンです。。。
受験のため初めて沖縄を出るとき当時は船が主流でした
涙の紙テープで親に見送られていつまでもいつまで切れたテープを握りしめてました〜〜〜
それにビックリこれはBEGINの歌ですよね!
あの「島歌」も沖縄のことを歌ってるのにカラオケの映像はあんこ椿の大島だったり歌に国境じゃない県境はない!ってことですね(笑)
そういえば風さんとの出会いは
喜納昌吉さんの「花」からだったことも今思い出しました
沖縄と北海道の昆布は切っても切れない縁が・・
沖縄料理の豚に昆布は今でも伝統料理です
王朝時代から独自に北海道と交易があったと言うのも凄いことです
最後の礼文の記事が沖縄を思い出させてくれるお話だった事感慨深いです。。。
べじまき
2007/08/21 22:17
ばふんうに・・・
10代の頃〜素潜りしてゲットして浜で食してました
ムラサキウニは、私にとってはウニじゃないっす

当分、新装開店は出来そうにありません
ごめんなさい

もりちゃん
2007/08/21 23:16
みるきぃさん毎度〜
紙テープで見送られるって、やっぱりジンと来ますよ。
利尻の観光協会の皆さんが、船が出るたびに見送ってくれるようです。
その点礼文は民宿のニイちゃんだけやった(゚_゚i)タラー

利尻の天気は見事でっしゃろ。
礼文の天気と比べたら、嘘みたいな違いや。
ワテは晴男だけに、行く先々で雨を追っ払いまっせ。

リベンジですか?
もう一度ここまで来るには、このシーズンの料金は高すぎますから、無理だと思うなあ
風の旅人
2007/08/21 23:26
魔女さん今晩は
このウニ丼に乗っているウニは、100gのバフンウニが乗せてあります。
それだけでも値段は決まってきます。

6月に是非行ってください。
レブンアツモリが歓迎してくれまっせ。
お土産にバフンウニ送ってや〜\^o^/
風の旅人
2007/08/21 23:29
べじまきさんコンチャ

船旅をしたのは30年ほど昔のことですか?
ワテもその頃那覇新港から神戸港まで、30時間の船旅をしたことがあります。
そりゃもう退屈で退屈で死にそうでした(笑)

就職試験の時テープで見送られたら、涙涙でしょうね。
あの当時なら島を出ていくと言うことは、簡単には帰れない距離でした。

BEGINの「島人ぬ宝」は、石垣に行った民謡酒場で覚えました。
いい曲だったので直ぐにレパートリーに入れました。
今もチョクチョク歌っています。

沖縄の昆布消費率は日本一でっしゃろ。
今でもよく沖縄料理には使いますね。

「花」もこのシリーズで歌ってまっせ\^o^/
風の旅人
2007/08/21 23:36
もりちゃん今晩は〜
毎日飲んでますか?(笑)

素潜りでバフンウニを食べたの?
いいなあ〜今度潜る時教えて。
青春18切符使って青森まで行くでぇ(笑)

ムラサキウニとの味比べ
勝負になりませんね
バフンウニ食べたら、ムラサキなんかウニじゃないと言いと、確かに言いたくなるなあ\^o^/

新規開店は自分のペースでやったらいいよ。
慌てる必要などないで。\^o^/
風の旅人
2007/08/21 23:40
風さん♪
うに食べたいわあ〜。紙テープの人いいわね。好き好き。
食べる事は楽しいこと。そして歌う事もね。
風さんみたいに活動的な人いいわあ。
でも、夫婦って逆が多いね。
風さんの奥様おとなしいのとちがう?
智恵美ちゃん、大きくなったかしら?♪
ソナチネ
2007/08/21 23:56
ソナチネさん今晩は
食べることと歌うことが大好きなソナチネさんや
このウニ丼が食べたかったら、礼文か利尻に行っておいで。\^o^/
お金払ったらいくらでも食べさせてくれまっせ(笑)

妻はどちらかというと大人でっしゃろ。
でも心は強いでっせ(゚_゚i)タラー

三人目の孫は放たらかしのためか、逞しくなりました。
3人目は構って貰えませんから、自分でなんでもするしかない\^o^/
そのうち写真を載せまっさ。
風の旅人
2007/08/22 00:06
この風景思い出します〜
私たちも・・礼文から帰る船で見送りされたとき・・テープで・・お別れしました・・結構ながく・・切れなかった思いが・・
若かったあのころ何もかもが新鮮で・・・
そうそう・・ウミネコ・・多かったです。
まころん
2007/08/22 22:39
うにーーーーーー!!!!!
うにやーーーーーー!!!!!

で、お土産は?(爆)


昆布もいいね〜。すごくいいお出汁が出るし。
最近、白米炊くときに北海道展で買った昆布入れてるのです。
時間が経っても、ごはんが美味しいですよ♪
そろそろ無くなるから、また買わなくっちゃ〜!
ようこ
2007/08/22 22:40
まころんさんコンチャ

この風景は感慨深いでしょう。
若い時だったら、こんな感じにして貰ったら、感動したやろ。
ワテも見ていただけでも感動しました。
やっぱりテープの別れって良いなあ
風の旅人
2007/08/22 22:45
ようこさん宅にウニ届いていませんか?
おかしいなあ
行く前に住所を教えておかんかいな\^o^/

炊飯器の中に昆布を入れると、美味しくなるの?
それやったら食いさしの昆布が残っていたので、明日いれチャロ\^o^/
風の旅人
2007/08/22 22:49

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
北海道旅行 No8 さらば礼文よ 心の旅・遠くへ行きたい 1/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる