心の旅・遠くへ行きたい 1

アクセスカウンタ

zoom RSS 二月堂お水取り・春はいよいよ明後日から

<<   作成日時 : 2007/03/17 21:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 33

今日は友達が旭川からやってきたので、奈良を案内してきました。
奈良が初めての方なので、何処が良いかなと思いましたが、やっぱり

奈良といえば東大寺

大仏巡りが宜しいやろ\^o^/

画像


奈良公園の鹿を見るのも初めてだけに、芝生の上には糞だらけ。
糞を避けて歩いておられます。
鹿の糞に慣れているものは、全然気にせず踏んづけていますが、初めての方にはチョッとでんなあ

興福寺の五重塔の偉容には、歴史を感じさせます。
当時の職人の技に感動しきり。
東大寺の運慶の仁王像にしてもしかり。

画像


大仏の大きさを比較する物差しとして、蓮の花弁があります。
花弁の大きさと人間の背丈と比較したり、柱をくり抜いた穴がちょうど大仏の鼻の穴の大きさと一緒。
そのことを説明したら、大仏の大きさが実感できます。

画像



二月堂では明日が修二会の最終日
夜ごと大きな松明をかざして、無病息災を念じる善男善女の頭上に、火の粉が降り注がれます。
それも明日まで。

お水取りが終われば、いよいよ関西には春がやってくると言います。
センバツの組み合わせも昨日発表されました。

画像



画像


二月堂からの帰り道、土塀が続く道には、いつも誰かが絵を描いています。
このむき出しの土塀が好きでして、いつもこの道を通ります。


画像


お昼ご飯でもということで、公園近くのこんなお店へ。
吉野本葛を食べさせてくれる太極堂さんへ


画像


友人は早速お土産を覗いています。
矢っ張り気になるんやなあ\^o^/

画像



葛でお腹が膨れるかな?
そう思ったが、葛のフルコースを注文しました。
これが見た目だけでもボリュームがありそう。\^o^/


画像


前菜には
葛酒
かわり葛まり
道明寺の葛きり流し


画像


画像



画像


葛鳥丼
吉野うどん

画像


葛餅
桃ゼリーフルーツ

抹茶

メニューは以上ですが、一つ一つ手を書けた創作料理。
かわり葛まりとは
氷りに冷やした葛が器に入って出てきましたが、ジュンサイの入った
付け汁に入れて食べると、喉越しがタマリマヘンなあ\^o^/

葛鳥丼も胡本葛の白あんと赤あんが入っている、見た目も綺麗だったし葛をトロロ状にしてあって、なかなか良かったですよ。

吉野うどんは細麺ですが、おろし生姜を利かせてあんかけ風に食べさせてくれましたが、この味も癖になりそう。


画像


ところで葛って何から出来ているかご存じですか。
葛の産地は関西では吉野葛が有名。
吉野の山で採れる葛は最高級品。


画像


実は木の根っこです。
この根っこを掘り出してきて、細かく刻んでから粉を挽くわけですが、元々は吉野大峰山で修行する修験者達の食料だったらしい。


画像


葛根を砕き冷たい水の中で攪拌させると、褐色していた葛が何度も洗うことで、真っ白になります。

画像


水から上げて約2ヶ月の間、自然乾燥させたものが高純度の吉野本葛となり、白いダイアと言われる所以です。

カメラを忘れてしまい、携帯の画像です。
やっぱり携帯ではアカンなあ(゚_゚i)タラー

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(33件)

内 容 ニックネーム/日時
風さん♪
おかえり〜寒くなかったですか〜
ソナチネの家から車で奈良はすぐですよ。
写真を見てると行った気になりますね。
四月は奈良に決定。女三人で行ってきますね。
美味しそう。お腹ふくれてたでしょうね。
このくずや寒天やとろっとしたのは大好物です。
吉野葛は高級ですね。(携帯でも綺麗。腕が良い?)♪

ソナチネ
2007/03/17 22:04
ソラチネさんも奈良にはかなり詳しいでしょう。
もしかしたらホームグラウンドですか(笑)

吉野葛は本場の吉野に、一昨年桜見物に行ったおり食べましたが、その時は黒蜜で食べました。
今回は吉野葛のフルコースなので、どんな味付けなのか楽しみながら食べました。

女3人だったら姦しいやろなあ\^o^/
今から覚悟して行きや。
風の旅人
2007/03/17 22:10
奈良といえば大仏さん!そのとおり!(笑)  
友人の方も納得されたしょう。(^_^)  
葛についての解説、ほんとに葛通でいらっしゃる、これはもう葛関係者に違いありません(笑笑)  

すこし逸れますがこの葛の木(つる)?のことを「かづら」と言います.
私はこの「かづら」は方言だとおもって口に出しませんでしたが、数年前葛城山へ行った時、はたと思いました・・葛(くず)と葛(かずら)これは同じものなんですね!目のうろこが・・・でした。方言なのでしょうが正当な言語なんです。私の田舎ではこのつるを時折縄代わりにして利用していました・・が現在は使用しないようですが。長くなちゃってすんません(^^ゞ  え!これ携帯で!なかなどうして、いけていますよ。(^o^)丿
じょうじ
2007/03/17 22:35
じょうじさん毎度でおます。
葛通?そんな大それたことを。

葛と葛城山
なるほど同じ字ですね。
徳島のかずら橋はかずらのツルで出来ていますが、この葛から出来ているのですか。

へえ〜それも初耳。
勉強になりますなあ
風の旅人
2007/03/17 22:48
葛のフルコース、さすが本場ですね。
いったいどんなものだろうと思いましたが、おいしそうですね〜。体にもやさしそう。
それにしても、葛が↑のように作られるとは、ちらとも知りませんでした。
なにかの植物だろうとは思ってましたが。
そしてまた、それが、わが徳島の有名なかずら橋の「かずら」の根っこだったとは!!!
私も目からウロコがポロポロです。
ねこまっく
2007/03/17 23:08
ねこまっくさん毎度〜

奈良の中でも一等地の観光地ですから、葛のフルコースもありますが、えっこんなにするのと正直思いました。
一品だけ食べるとなるとそんなにはしませんが、フルコースとなると清水の舞台から飛び降りてっと。

あっ此処は奈良だった。
奈良なら二月堂の舞台から、飛び降りる覚悟が入りました。

たかが葛でっせ。
でもなかなか美味しいので、女性客が多かったなあ

かずら橋のかずらが葛ですから、ワテも知りまへんかった。
ねこまっく隊員にこの件で、再調査の依頼をお引き受け願えますか(笑)
風の旅人
2007/03/17 23:18
こんばんわ
葛きりも大好きです
(食べ物の話題にすぐに食いついてしまうミイなのです・・・)
京都の鍵屋でよく食べるけど、本場奈良の吉野ではまだ一度も・・・

子どもの頃、大仏さんの鼻の穴の大きさの柱を通り抜けましたよ〜
その頃はどこもつっかえることなくスーッと通れたけど、今じゃどうだろう???
ミイ
2007/03/18 00:17
祖谷のかずら橋が、ここに登場した「葛」から出来ているというのは間違いだと思います。
「葛」と「シラクチカズラ」を一度検索に掛けて下さい。
葛は確かにカズラと読めますが
2007/03/18 07:46
ミイさんおはようさん

葛きりが大好きですか。
それやったら4月中旬に開花する、吉野の千本桜を見に行ったときにでも食べてや〜\^o^/

大仏の鼻くぐりは、子供だったら誰でもするでしょう。
ワテもズッとずっと昔、まだ細身だった頃にくぐりましたが、いまじゃ頭が入るだけやなあ(゚_゚i)タラー
風の旅人
2007/03/18 08:46
伊藤はんご指摘の通りでした。
葛は「豆科でした。
かずら橋で使用しているシロクチカズラは「マタタビ科」でした。

流石に造詣が深いでんなあ
風の旅人
2007/03/18 08:57
お早うございます。
今頃の奈良は寒いでしょう?
お水取りの頃の奈良は足の裏から冷たさが深深と滲みこんでくるのを覚えています。

葛は山では厄介者です。取っても取っても元気ですよ。
高速道路の防護柵にも登りついています。
吉野葛も同じ物なのかしら?

葛も美味しい葛きりになり、葛根湯になると喜ばれます。
コロ・・・?
2007/03/18 10:48
 私も奈良は去年初夏に二度行きました。
 猿沢の畔でオエカキのおばさんの映像、写して流しましたよ。
 シカの〇〇とか云う、土産あったように思うのですが…売れるんかな…心配ですよ。
たそがれ
2007/03/18 12:41
奈良は修学旅行以来ですね
東大寺行ったよ〜
あと鹿が沢山いる鹿公園?
野沢菜っ葉。
2007/03/18 15:36
白いダイヤの登場ですね〜。
吉野葛は、あんまり食べたことないですけど、
飲み物として、食したことがあって、体が温まった覚えがあります。
奈良は、大好きですわ。いいところですよね〜〜。
みるきぃ
2007/03/18 16:23
コロ・・・?さん今晩は
なになに?高速道路のあのツルもでっか?
あれが単にツルと読んでいますが、あれが葛でっか?
なんか話がグチャグチャや〜(笑)

食べられる葛と厄介者のツル
同じものでしょうか
風の旅人
2007/03/18 22:50
たそがれさんコンチャ
鹿の糞
お土産物屋さんに確かに売っています。
このネーミングの是非については、色々言い分があると思いますが、要は美味しいものと想像できるかですね。

買って帰って喜ばれるか、まあ難しいところでしょう。(笑)
風の旅人
2007/03/18 22:53
菜っ葉ちゃん毎度でおます。

修学旅行以来、奈良には来てないようだから、一度おいで。
旦那と一緒に奈良公園で遊びに来たらええで。
キッと想い出になると思う。

鹿の歓迎をうけまっせ\^o^/
風の旅人
2007/03/18 22:56
みるきぃさん今晩は
葛は美容によろしいで。
若い人にはお肌ツルツル\^o^/
食べてよしとなれば毎日でも挑戦してや。

奈良は京都と違って、落ち着いた雰囲気がありますので、一度おこしやす。
風の旅人
2007/03/18 22:59
>あれが単にツルと読んでいますが、あれが葛でっか?
なんか話がグチャグチャや〜(笑)

そうです、あれがまさしく「葛」です。
これは私の持論ですが、吉野で採れる葛が、別段他の地方の葛と変わりはしないのだろうけれど、葛粉を作る過程に於いて吉野の気候はそれに適している・・
そう解釈した方がいいんじゃないでしょうか?

伊藤
URL
2007/03/18 23:50
伊藤はん ホンマやなあ
やっぱいもののツタも、調べてみれば評価が代わりますね。

道路際には無用の長物のように、ツルが繁茂しています。
あれが葛だったとは、いや〜恐れ入りました。
風の旅人
2007/03/19 00:05
いやいや、そういう私達の方でもこれを「葛」とは呼んでませんよ、
俗の名を「藪絶やし」・・あのツルが繁茂し竹林を覆ってしまうと竹の生育が止まってしまう処からの呼称です
伊藤
2007/03/19 00:24
[藪絶やし]確かにツルが繁殖すると、一面他の雑草を寄せ付けませんね。
しかしあのツルが葛とは恐れ入りました。

吉野葛が減ったと言われていますが、良質の葛がなくなったという事かなあ。
高速道路などで見る葛では、良質なでんぷん質が採れないんやなあ
風の旅人
2007/03/19 09:43
おはようございます!
私も。昨年チョー久々に奈良に行きましたよ!安い日帰りツアーで・・・。「正倉院展」を見に行きました。凄い混みようでしたよ。そうして定番大仏様も見て来ました。お土産に葛もち??・・・上品なお味。あと、大仏様の参道のお店で奈良漬も購入・・・・お高めでしたが美味しかった。
風さん、私も大阪参上の際はご案内よろしく〜!
花子
2007/03/19 10:06
花子さんおはようさん

昨年日帰りツアーで奈良まで来たの。
それは強行軍やなあ
ワテも東京日帰りをしたことがあるけど、二度としたくないほど疲れましたがな。

正倉院展をやってましたね。
あの時かいな。
院展をやっているとき、前を通りました。(笑)

その頃東大寺の周辺を散策していたんやなあ
知り合っていたら、落ち合えたのにね。

今度大阪に来る機会があったら、ご案内してあげまっせ。
たこ焼きでもお好み焼きでも、何でも言ってや〜\^o^/
風の旅人
2007/03/19 10:24
こんにちは 

吉野葛があの木から出来るとは知りませんでした
くずはヘルシーで体にも良いらしいし・・・
フルコース、凄く美味しそうですね
良い目の保養をさせて頂いて、
お腹まで空いてきました(^▽^;)
虹はん。
2007/03/19 16:45
虹はん今晩は
今日も寒い一日でしたね。
雪は積もっていませんか。

根っこはどない見ても木ですね。
食べられるとは想像も付きません。
しかし先人はこの根っこを見て、これが食べられるものだと判断できたのでしょうか。
エライもんでっせ。

葛は京都にもありますから、この記事を思い出して楽しんでください。
風の旅人
2007/03/19 20:01
いや〜 私の拙い文章のため皆さん困惑されている様で(^^ゞ
四国のかずら橋が出て来るとはビックリです。
申し訳無いのでここで補足させて貰います。
さて葛(くず)ですがこれは各地で見られる山道脇・線路脇等に見られる木々を覆うつる草です、夏の頃藤に似た花をつけます。吉野葛の原料(根っこ)もこれと同じ物です・・が吉野葛は山奥に生えてる養分を多く含んだ根っこのようです。(場所は極秘) 
大阪地方で知らない人が多いいですが「くず」と呼ぶ人もいます。
私の郷では「かずら」と呼びます。
他の地方では如何でしょうか?。

葛(くず)の語源については次のようです。
葛の語源は奈良県南部吉野郡の国栖(くず)です。国栖には国栖人と呼ばれる土着民たちがいて、古くからそこに群生している蔓草(かずらぐさ)を食用にしたり繊維を織ったりしていたことから、その蔓草を【くずかずら】と言いいつしか【くず】と呼ぶようになったといいます。  ((株)上野忠HPより)

関連HP
http://www.e-kakka.jp/01.html

つずく
じょうじ
2007/03/19 21:03
葛(カズラ)ですが、古代の大和 葛城(カツラギ)は蔦(ツタ)類の多いい処として葛城(カズラギ)と言っていたようです。
尚、一般的に蔦(ツタ)の類全般をかずらといいます。
以上じょうじ流解釈による、コメント記事の補足です。
お騒がせしてすんません。
じょうじ
2007/03/19 21:05
こんなの見つけて来ましたよ。
伊藤
URL
2007/03/19 22:04
じょうじさん今晩は
葛に関して盛りあがってきましたね。
とても良いことでっせ。

今まで雑草とばかり思っていたツルが、実は葛であったなんて、始めて知りました。

葛の語源まで載せていただいて、益々葛のことがよく分かりました。

じょうじさんの田舎は奈良ですか?
今回はホンマに勉強になりました。\^o^/
風の旅人
2007/03/19 22:11
吉野本葛のビデオ見ましたで。
吉野晒しと呼ばれるこの寒い時期に作っているんですね。

このビデオの場所は大宇陀やなあ
昨年4月にこの近くにある又兵衛桜を見に行っているので、今度行くときは葛の館も見に行ってみよう。
ええもんを紹介してくれましたなあ
スンマヘンなあ\^o^/
風の旅人
2007/03/19 22:29
吉野葛で盛り上がっていますね。
私も18日には大宇陀にいました。
又兵衛桜は残念ながら,小さなつぼみの状態でしたが、
周りが余りにも立派な公園に整備されていて、びっくり
しました。
葛の館、この場所にいたのに、気がつかなくて残念。
葛のフルコース、色々な創作料理になっていて、美味しそう
ですね。 豚まんもいいけど、葛料理もいいなぁ!
ともっぺ
2007/03/20 16:23
ともっぺさん今晩は

18日には月ヶ瀬梅林に行ってはったなあ
月ヶ瀬から大宇陀ならホンのチョットの距離。
この情報がもう少しは焼ければ、葛の館を見学出来たのに、惜しいことをしましたね。

又兵衛桜は今少し早いでしょう。
でも奈良は関西では一番早く開花するらしいですから、油断が出来ないなあ\^o^/

その時にはついでに、名物の葛餅でも食べてこうようかなあ
風の旅人
2007/03/20 18:10

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
二月堂お水取り・春はいよいよ明後日から 心の旅・遠くへ行きたい 1/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる