心の旅・遠くへ行きたい 1

アクセスカウンタ

zoom RSS 現代産婦人科事情

<<   作成日時 : 2007/02/14 23:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 22

このところ産婦人科の医者がいないと、韻文やテレビでも取り上げられています。
町に一人も産婦人科の医者がいないところがあります。
奈良県の大淀町でしたか、産婦人科の医者がいないので、
18の病院をたらい回しした結果、妊婦さんが亡くなっています。


画像



赤ちゃんは無事に出産しましたが、お母さんは亡くなり、一度も抱っこしてあげられなかったし、一度も母乳をあげられなかったお母さん。
さぞかし無念だったでしょう。
この事件が起きて初めて、産婦人科がいない市町村が如何に多いことか知らされました。

その為なのか、娘は入院して5日目で退院しました。
普通は一週間ではないのかな
そうしないと後がつかえているのか。

一番上の子の出産の時は、確か一週間でした。
二番目は6日間だったかな?
5日で追い出されるのは、今までなかったことや。

地域に絶対数の産婦人科の医者がいないので、少しでも早く
部屋を空けたいのでしょうか。

最近は医療ミスで裁判になることが多い。
医療ミスはなくさなければならないけれど、次から次ぎに裁判が起きると、産婦人科の医師のなり手もいなくなる。

命の現場ですから瞬時の判断も要求されます。
医者としての永年の経験も必要でしょう。
一歩誤ると命に関わります。
それだけに大変な職業であることも事実です。

少子化問題も論議されています。
女性は生む機械などと、とんでもない発言をした柳沢厚労大臣
この人の頭の中はどうなっているのか。
女性を敵に回して、いつまで大臣をしているのか。
安心して子供が産めない社会にこそ、問題点があるのではないでしょうか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(22件)

内 容 ニックネーム/日時
母の友達の娘さんが
3人目を生むときに
自然分娩がいいということで・・
陣痛促進剤を使わないで
自然に・・・しかし
予定日から1週間・・2週間
まだ 陣痛が来ない・・・
そうこうしていたら
子宮が膨れすぎて・・・
破裂してしまい
子供は窒息死 娘さんの子宮は全摘でした。

野澤菜っ葉。
2007/02/14 23:30
菜っ葉ちゃん今晩は

自然分娩は確かに母体には良いでしょうが、限度というものがあるね。

お腹が張ってしまうまで、待った理由って何だろう。
陣痛が来ないから、家でずっといたのかなあ

本当に気の毒なことやなあ
無医村問題とは違う問題やなあ
医師の対応がどうであったのか、気になるところやね。
風の旅人
2007/02/14 23:42
こんばんは、風の旅人さん
困った現象ですね。これも少子化現象のあおりでしょうか。
身近なところでも、・・とある学校が縮小されて、老人施設に改築されるらしいという噂があります。
「健全・不健全」の秤は人それぞれでしょが、いずれにしても子どもたちの笑顔が溢れる世の中であってほしいなぁと思いますね。
harusika
2007/02/14 23:51
harusikaさん今晩は

奈良の大淀町の問題から端を発しましたが、産婦人科のいない町なんて考えられませんでした。
安心して子供が産める環境作り、これは急務ですよ。

若いお母さんたちには医者がいないのは不安ですよ。
そのために出産を望めないとしたら、これは早急に改善しないと、少子化問題がますます深刻になりますね。

わが町にも小学校の統合で、老健施設に変わろうとしています。
母校の小学校がなくなるのも辛いですね。
風の旅人
2007/02/15 00:00
風の旅人さん、遅くなりましたがお孫さんお誕生おめでとうございます。

多くのお医者さんは真摯にその職務をはたそうとしてらっしゃるのだろうと思いますが
最近はほんとに、医療ミスのニュースをよく聞きますね。
命をあつかってるということに慣れてきてしまうのかなあ・・・。
先日も友人の従兄弟が、ほとんど医療ミスのような形で、まだ30歳というわかさで亡くなりました。やりきれないおもいです。
ねこまっく
2007/02/15 00:00
ねこまっくさん今晩は
ありがとうございます。

医療ミスはなくなって欲しいですね。
昨日まで元気だった人が亡くなるなんて、本当に辛いですね。
無事に生まれてこそ当たり前。
最近は本当に多い。
こうしてアップしたとたん、菜っ葉ちゃんにねこまっくさんの話が書き込まれる。

身近な人の場合は、何と言葉をかけて良いのやら、悔しさで胸が痛みますね。

30才という若さ、本当にお気の毒ですね。
風の旅人
2007/02/15 00:07
産後は、一番大事にしないといけない時期なのに。。
そんなに早く退院ですか。。
でも、アメリカは、一泊2日ですって。。。

生まれてくる子を楽しみにしていたのに、
見ることも出来なかった母親の悲しさを想うと、辛いですね。
死んでも、死に切れないでしょうね・・。
みるきぃ
2007/02/15 09:39
みるきぃさんおはようさんです。

アメリカは1泊2日ですか。
それもまた早過ぎるのでは。
ワテは男ですよって、その辺りはよく分かりませんが、母体には大丈夫なんでしょうか。

日本でも翌日から働いたと言うか、働かされたという話を、昔は聞いたことがあります。

医療事故は無くして欲しいですね。
風の旅人
2007/02/15 09:47
 小子化と云っても欲しくても、出来ない人が大勢いるのを知ってほしいですね。
たそがれ
2007/02/15 13:48
たそがれさん今晩は
少子化の原因は色々ありますね
家庭の事情もあれば、おっしゃるような事情もあります。

安心して子供が産めるような施策が、求められています。
風の旅人
2007/02/15 20:33
深刻な問題ですよね。
昔は優しいお産婆さんがいて家でお産しましたよね。
ひと回り違う弟は家で生れました。
『案ずるよりは産むが安し』とは言いますが命がけですよね。
いろいろと早めに対策をお願いしたいと思います。。。
ぷー
2007/02/16 12:15
ぷーさん 毎度でおます。
この問題は深刻ですね。
一刻も早く解決できるようにして欲しいね。

産婆さんの看板が昔は掛かっていましたね。
今では助産婦さんと呼ばれていますが、助産婦さんのなり手も少ないのかなあ
風の旅人
2007/02/16 13:57
ボクのオカァちゃんは、七人の子供を産みました・・
何人目のお産の時の話かは定かでありませんけど、産気付くも産婆さんは
やって来ません、そうこうしてる内に自力でポンコロリンと産んじゃった、
そして自分で臍のを千切っちゃったんであります。そこへおっとり刀で駆けつけたた、産婆さん「臍のを切る箇所が短すぎる」と云うて怒りはったそうです、しかし昔の人は犬みたいやネ
伊藤
2007/02/16 14:58
伊藤はんのお母ちゃんは気丈な人やったんや。
まあ7人目ともなると手順も分かっている。
自分で臍の緒を切るって、大したものや。

その頃の産婆さん、余程の老婆やったんやろ。
迎えが来てものんびりとお茶を一服して、やおら立ちあがってもおしっこしてから行くべえ〜
そんな慌てんでも赤子はまだじゃ〜とか抜かして、ノンビリしてたんやなあ

ところでこの場合、支払いはどうなったのか。
取り上げ料はキチンと取ったんやろなあ\^o^/
風の旅人
2007/02/16 15:13
『今年は米が不作でナモシ、スマンけんど来年の秋まで
待っておくんなせぃやしな・・』だったかもネ(笑)
伊藤
2007/02/16 15:23
伊藤の爺さんよ、その前の時もまだ貰っとりゃせんがな。
おまんさの家は口ばっかりじゃのう。

そやけん今度の娘っ子の出産やが、たった5日間の入院でしじゅうきゅう万も取られたでがんす。
ちと高いんじゃねえかのう。

アルバイトやフリーターでは保険も持っていないで。
これじゃ貧乏人は子供を作れんがな。
若い人も大変でおますなあ
風の旅人
2007/02/16 20:06
風さん♪
本当、子供が少ないです。生活できないから若い夫婦も
子供作れない〜今の世の中若い人がたいへんです。
東京のどこかの区では、妊娠中から児童手当を出してるって聞きました。
子供を産む人が少なくなっていますね。さびしいですね。

医療ミスだけは許せないです。医師や看護師も
定期的に勉強してほしいですね。
失敗したでは、すまないことですもんね。♪
ソナチネ
2007/02/16 21:00
ソナチネさん今晩は

正職に付けない若い人にとって、健康保険も入っていないのでは。
そうなると出産後に降りる還付金、約35万円が貰えない。
そうなると全額負担になってしまう。
益々子供が持てない状況ですね。

景気回復だと宣伝していますが、若者の雇用拡大をしないと、少子化の歯止めにも成りません。

医療ミスしちゃった〜では済ませられないね。
命を預かる現場だけに、しっかり勉強をして欲しいね。
風の旅人
2007/02/16 21:16
風さん♪こんばんはです。
奈良の医療ミスは許せませんね、内科のドクターがCTとMRIの
撮影した方が良いと行ってるのに、産婦人科のドクターは従わなかった
医師失格ですね。亡くなられた妊婦さんやご家族のお気持ちを思うと涙がでますね。
医学の勉強も大事ですがそれ以前に常識等の勉強して欲しいですね。
医師や教師は勉強だけできれば良いのでなく、人間性や性格等をしっかり
みて免許を交付して欲しいですね。
それから2〜3年に一度適性検査して免許の更新するのもいいと思いますが・・・
ところでお孫さんどうですか?うまれましたかぁ?
無事生まれてくることをお祈りしてますよ!!

やすくん♪
URL
2007/02/17 21:14
奈良の事件は何れ裁判になるでしょうが、勝っでも負けても死んだ人は帰りません。
医療ミスが起きたら泣くのは患者側。
本当になくして欲しいですね。

免許の更新も必要があるかも知れません。
医師免許を持ったから、立派な医者とは限りません。
現場で色々経験して、最新医療も知る必要があるでしょう。
勉強しない医師は患者側からしたら怖いですよ。

孫は無事に9日に生まれています。
母子ともに元気で退院しました。
風の旅人
2007/02/17 21:23
子供を産むことが少なくなった・・もっとたくさん子供をもってほしい・といっている割りに・・・それに反して産婦人科が少なくなって・・安心して産めない。
・・・矛盾・・矛盾・・ばっかり・・。
まころん
2007/02/20 21:34
まころんさん今晩は
本当に安心して子供が産めないね。
若い人に生活力も備えてあげないと、結婚も出来やしない。
そのあたりをしっかり考えて貰わないと、少子化は解決しないね。

子供の数が多くなれば、産婦人科を開業する医者も増えます。
何もかも悪循環ですよ。
風の旅人
2007/02/20 21:42

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
現代産婦人科事情 心の旅・遠くへ行きたい 1/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる