心の旅・遠くへ行きたい 1

アクセスカウンタ

zoom RSS 歌の旅・寒い朝

<<   作成日時 : 2007/01/27 17:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

この時期になると、必ずと言っていいほどよく歌われるのが、吉永小百合と和田弘とマヒナスターズが歌う「寒い朝」がある。

この歌を歌う年代は、殆どが同世代の方。
吉永小百合さんと同じ時代を生きてきたという自負なのか、それぞれの青春を楽しんでいます。


北風吹きぬく 寒い朝も こころ一つで暖かくなる

清らかに咲いた 可憐な花を みどりの髪にかざして きょうも あーあ

北風の中に 聞こうよ春を 北風の中に 聞こうよ春を



画像


寒い日は猿も肩を寄せ合って、寒風に耐えています。
こういう仕種を見ると、幼き頃の遊びを思い出す。

押しくら饅頭 押されて泣くな

男の子も女の子も一緒になって、身体を寄せ合って押し合った
冬の寒さにも負けないで、外で思いっきり遊んだものです。
あの頃は色々な遊びがあったなあ〜
今の子供は外では、殆ど遊ばなくなってしまった。


画像

画像はお借りしました

北風吹きぬく 寒い朝も 若い小鳥は 飛び立つ 空へ

幸せ求めて つみゆくバラの 刺すとげ 今は忘れて 強く あーあ

北風の中に 待とうよ春を 北風の中に 待とうよ春を






この歌をみんなで歌っていると、あの頃の甘酸っぱいものを感じます。
それぞれが思いだしているかのように、歌っているのがとても印象的や。




北風吹きぬく 寒い朝も 野越え 山越え 来る来る春は

いじけていないで 手に手をとって 望みに胸を元気に張って あーあ

北風の中に 呼ぼうよ春を 北風の中に 呼ぼうよ春を・・・・・・



人生には山もあったし谷もあった
多くの峰を越えてきて、そして今がある。




画像




この時期水仙が満開です。
一ヶ月早い梅の便りが届いています。
東北・北海道は雪が少なくて、喜んでいます。
昨日センバツ高校野球の代表校が決定しました。



春の足跡はもうそこまで来ています。
季節感が可笑しくなったけど、まだまだ寒さが続きます。
皆さん体調を崩さずに、お過ごし下さい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
風さん♪
良い歌ですねえ〜大好きです。今、歌いながら
コメント書いてます。歌、聞こえますか〜
ソナチネの清純なソプラノの声〜(笑)
お猿さん可愛い…ほのぼのしてますねえ。

物が豊かな時期の子供達はある意味不幸かも…
昔のほうが、ふれあいが多かった…

選抜の出場校決まりましたか〜
春はもうすぐですね。(*^^)v
ソナチネ
2007/01/27 17:55
昭和三十年代は、優れた歌謡曲が次々と世に送り出された年代だという話も有る様でございます。発展途上の最中とは言え、まだまだ貧しさの残る、あの街・この町に流れた、あの歌この歌・・この「寒い朝」も、そしてあの「いつでも夢を」に於きましても、そんな時代を反映した歌だと思います。
こんな歌を思い出す度に・「あぁ、私達は実にい〃時代を生きてた」・そんな思いも致します。
伊藤
2007/01/27 20:51
ソナチネさん今晩は
清純な?
聞きたい聞きたい
ソプラノで歌って欲しいなあ\^o^/

小学生時代だったら、寒いときは押しくら饅頭や、男女で馬乗りなどして遊んでいた。
馬乗りって分かるかな?

塀に持たれるひとの股ぐらに頭を差し込むと、次の者はその人の股ぐらに後から頭を差し込む、そして4,5人の列が出来る。
敵側は順番に列を作っている相手の背中に飛び乗る。

乗られた方は重みで馬が潰れると又やり直し。
何とかして潰そうとする側と、重みに耐えて先頭の者同士のじゃんけんで勝てば交代する遊びです。

今はこんな遊びも知らないだろうなあ
風の旅人
2007/01/27 21:12
伊藤のオッチャン毎度でおます。
30年代に青春を迎えただけに、何でも手作りみたいな楽しさがあったなあ

歌にしても青春歌謡とか言っていた。
爽やかな感じを売り物にして、今の子より清潔感があったんでは。

潮来の伊太郎さんも、「いつでも夢を」で一皮剥いたんじゃないかなあ
風の旅人
2007/01/27 21:17
風さん♪
知ってます。知ってます。懐かしいです。
やりました。馬乗り、わかります。わかります。
今だったら、若いママさんが危ないとか
うるさくて出来ないでしょうね。
家の中だったら、すごろくや将棋、あやとり
おじゃみ(女の子の遊び)とかもしました。
昔の遊びは夢がありますねえ…
携帯もPCもない時代〜
まあPCは今、私たちも楽しんでいますが…♪
ソナチネ
2007/01/27 21:26
大阪の女の子も、男の子と遊んでいたんや
今の子は異性の股に、頭突っ込むでしょうか。
当時は何も考えなかったなあ

馬乗りは結構危なかったですよ。
ヤンママなんかもいない時代だから、鼻血を流しても鼻紙渡してそれでしまい。

今も昔も子供の遊びには、共通しているのもあるけど、少なくなったのが集団での遊び。
空き缶一個でみんなで遊べた時代や。
良き時代やなあ
風の旅人
2007/01/27 21:48
おさる・・・見てるのって楽しいですよね〜
ずーっと見てても飽きません
悪いことをするサル、いじめられてるサル、お調子者のサル、マイペースなサル・・・見ているだけで何となく性格が分かるのは、人間と近いからなんでしょうか???
ミイ
2007/01/27 22:46
ミイさん今晩は
最近猿の被害が出たと田舎では嫌われものです。

大通りを肩を怒らして歩いていたとか、家の中まで進入したとかで、大騒ぎしてました。

それでも野にいるときは、このような仕種を見せるので、見ていても可愛いですね。
風の旅人
2007/01/27 23:00
・・・・わからない〜〜〜(ToT)

おしくらまんじゅう・・懐かしい遊びですね。
今の子は、ゲームが主流で、体を使って遊ぶことがなくなりましたね。。
昔の遊びを、わざわざ教えないと、遊べない子が多いです。
淋しいですね〜〜。。
みるきぃ
2007/01/28 20:37
歌の旅・・ほとんど歌えますよ。
今の歌はぜんぜんおぼえれません。
題名すら・・横文字でね。ラップとか早口でなに言ってるのか・(@_@)
遊びも変わりました。
お正月の風景だって・・・羽根つき?凧揚げ?百人一種?福笑い?
ひょっとして・・全部ゲームで再現されてたりして〜〜
今年は春が早く来そうですね。風さんも風気をつけてくださいね(*^_^*)
まころん
2007/01/28 20:50
こんばんは、風の旅人さん
まぁ、なつかしい!!今や大女優の小百合サマも、あの頃はスゴォ〜ク可愛かったですよね(^o^)
この歌は映画の主題歌でしたっけ?「キューポラのある街」だったかしら??
harusika
2007/01/28 21:12
みるきぃさん今晩は
今の子供に伝えるべき遊びって、何がええかなあ
危ない遊びと呼ばれるものは、学校やヤンママに禁止されるでしょう。

我々の小さい頃は、寒いときには集団で、何か身体を動かす遊びを考えたし、家に帰っても暖房があるわけではなかった。
今の子は家に閉じこもってゲームでしょう。
そこら当たりが違うなあ
風の旅人
2007/01/28 22:25
まころんさん今晩はでおます。

歌の旅と題して、懐かしい歌を紹介していますが、今の若い人の歌は画面の下にテロップがないと、何を言っているのかサッパリ分かりませんね。

メロディも全然ついていけず、英語混じりの歌だけに、余計分からない。

正月の遊びも変わりましたね。
外で子供の姿を殆ど見かけない。
これで良いのかなあと思ってしまうね。
凧揚げしている子供もいないし、凧も売っていますか?
えらい時代でっせ。

この所暑かったり寒かったりの繰り返しです。
皆さんも風邪など引かないように、気をつけて下さい。
風の旅人
2007/01/28 22:30
harusikaさん毎度〜
幻の酒「小百合の泪」はもう飲み干しましたか?

ご指摘の映画「キューポラのある町」、あの頃の小百合さんは中学生。
この時の主題歌は「未成年」という曲でした。

「寒い朝」は「赤い蕾と白い花」の主題歌として和田弘とマヒナスターズと一緒に歌っています。
当時の映画のポスターがあったので、貼り付けまっさ。
風の旅人
2007/01/28 22:36

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
歌の旅・寒い朝 心の旅・遠くへ行きたい 1/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる